ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



小柴胡湯



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)








小柴胡湯の目標


小柴胡湯
(応用)
  1. IgA腎症
    • 浮腫が無くて、発熱、悪心、食欲不振、胸脇苦満などのある者に小柴胡湯を用いる。(漢方診療医典)
  2. アデノイド
    • 一般にアデノイドの症候があり、腹診上胸脇苦満を認め、頸部リンパ節が腫れたり、神経過敏の傾向があるものによい。桔梗2,0g石膏5.0gとして用いる(漢方診療医典)
  3. アンギナ
    • 2~3日をすぎて熱がなお冷めず、咽痛するものは桔梗2.0g石膏10.0g。体質が強壮のもので胸脇苦満がひどく、便秘の傾向のある者は大柴胡湯桔梗・石膏に大黄1.0gを加える(漢方診療医典)
  4. イライラ
  5. 胃潰瘍
  6. 胃痛
  7. 陰痿
  8. 陰部掻痒症
    • 身熱し、小便渋滞するを治す:「竜胆草・黄連・車前子」
  9. 円形脱毛症
    • 「牡蠣」が良く効く。私は小柴胡湯牡蠣で、10数人の円形脱毛症を治した経験がある。服薬期間は数ヶ月~1年くらい《大塚敬節》
  10. 黄疸
    • 諸種の黄疸にして、腹痛、嘔吐を発する証《奥田謙蔵》
  11. 悪心
  12. 悪風
    • 悪風して時に発熱し、気鬱し、胸満感あり、汗出でて尿利減少する証《奥田謙蔵》
  13. 嘔吐
    • 陽毒傷寒、四肢壮熱あり、心煩、嘔吐止まざるを治す:「麦門冬・竹葉」= 人参飲子《備全古今十便良方》
    • 肝炎・胆嚢炎・流感・猩紅熱・腎炎などの初期にみられる嘔吐に、この方が良く用いられる。腹証として、胸脇苦満・心下痞硬が認められ、舌にはうすい白苔がつくことが多い。《大塚敬節》
    • 乳幼児の風邪や急性胃腸炎などのさいに五苓散でなければ治らない嘔吐がくることがある。熱のある場合でも、熱がない場合でも、どちらでもよい。
      はげしい口渇と尿利の減少があって、嘔吐を繰り返して訴える者を目標とする。嘔吐は1回に大量の水をドッと吐くのが特徴で、吐いた後で、水をほしがり、それを飲んでしばらくたつとまた吐く、吐くとまた水をほしがるので、このさい尿の出が少なくまいかをたずね尿利の減少があれば五苓散の適応症である。
      多くの場合、1回または2回の服用で嘔吐が止み、口渇も無くなり、熱のある場合は発汗し、尿利が増加して下熱する。
      また嘔吐に下痢を兼ねることもあり、嘔吐に腹痛を兼ねることもあり、嘔吐に頭痛を兼ねることもある。この場合でも口渇と尿利の減少を目標に用いる。(漢方診療医典)
  14. 怒りっぽい
  15. 往来寒熱
    • 強い悪寒が来て、そのあとで熱が出る。その熱が下がってまた悪寒が来て熱が出るという状態。《大塚敬節》
  16. 咳嗽
    • 熱嗽、痰濃く、鼻熱し、腥気あり。冷水を飲めばしばらく止む者を治す。《雑病翼方》
    • 感冒・気管支炎・流感・肋膜炎・肺結核などで、鳩尾がつかえて食欲が減少し、舌がねばり、或いは白苔がつき、或いは口が苦く、胸が重苦しく、咳嗽する者に用いる《大塚敬節》
    • 風邪胸脇に迫り、舌上白苔ありて、両脇に引いて咳嗽する者:「五味子・乾姜」《本草衍義》
    • 寒熱瘧の如く咳嗽甚だしき者:「葛根・草花・天花粉」《和田東郭》
    • 寒熱して脇痛み而して咳嗽する者は、肝熱が肺に移りたるなり:「青皮・桑白皮」《万病回春》
  17. 潰瘍性大腸炎
  18. かぜ
  19. 肩こり
    • 肩から首にかけて凝る。
    • 肋膜炎・肺結核・肝炎・腺病体質・頸部リンパ節肥大などにみられる肩凝りに用いる機会がある《大塚敬節》
  20. 化膿症
    • 「桔梗石膏」《湯本求真》
    • 小柴胡湯は瀉肝湯の気持で下疳瘡の類に用いる。下疳瘡などで、頭痛、発熱し自汗などのある時には、猶更のこと、この方に竜胆、延胡索などを加えて用いる《老医口訣》
    • 下疳瘡、または便毒、嚢癰(陰嚢の腫れる病)等の類、凡そ前陰にある病には、小柴胡湯を用いる。《医方口訣》
  21. 体がだるい
  22. 肝炎
  23. 肝臓機能障害
  24. 癇癪持ち
  25. 感冒
    • 伏暑、発熱汗渇、暑が心胞に入りて語たざるを治す:「茯苓」《万病回春》
    • 傷寒にて発熱し、経水適々来たり、昼は則ち明白、夜は則ち譫語する者を治す。これ熱、血室に入るなり:「生地黄」《古今方彙》
  26. 吃逆
  27. 胸脇苦満
    • 季肋下に膨満抵抗があること
    • 胸脇部が脹って苦しい
    • ネクタイが嫌い・苦しい《螺王人》
    • 胸部膨満感ありて心悸亢進し、時時腹痛し、その脈沈遅なる証《奥田 謙蔵》
    • 何となく、季肋下に充満感があるという自覚症状だけのこともある《大 塚敬節》
  28. 口が渇く
  29. 口が苦い(口苦)
  30. 月経前緊張症
  31. 元気がない
  32. 減酸症
  33. 甲状腺腫
    • 急性甲状腺腫で、甲状腺が赤く腫れて痛み、熱のある者に桔梗石膏を用いて、2、3日で全治したことがある(漢方診療医典)
  34. 更年期障害
  35. COPD
  36. ジンマシン
  37. 耳下腺炎
  38. 耳聾(耳が聞こえない)
  39. シャックリ
  40. 子宮付属器炎
  41. 食道ケイレン
  42. 食欲不振
    • (食べたくない)
    • 一婦人、寒熱へだてて起こり、口苦く、咽乾き、頭痛し、食を欲せず、眼中に時に紅影を見るを治す。:「当帰・香附子・羚羊角」《方読便覧》
  43. 視力障害
  44. 小児科
    • 小児の原因不明の熱
    • 小児の心神不安
    • 小児食停に、外邪を兼ね、或いは瘧の如きを治す《勿誤薬室方函口  訣》
    • 小児の温熱は、悉く能く治療す《易簡方》
  45. 心下部で動悸
    • 心下悸し小便不利する「黄芩、茯苓4.0g」《龍野》
  46. 心下痞硬
    • 脇下痞硬・・・大棗、牡蠣4.0g《龍野》
    • 心下痞満には:「黄連・枳実」《古今方彙》
  47. 心煩(胸苦しい)
  48. 神経質
  49. 腎炎
  50. 腎盂炎
  51. ストロフルス
  52. 頭痛
  53. 精神分裂病(統合失調症
  54. 舌質(紅)
  55. 舌苔(薄白~白~白膩)
  56. 全身性エリテマトーデス
    • 慢性期に入り、胸脇苦満の柴胡証を表しているときに用いる。血の証を兼ねたものには桂枝茯苓丸を合方する。ときに五苓散を合方することもある(漢方診療医典)
  57. 喘息
    • 緩解期に飲むことで体質改善する:「半夏厚朴湯」or「麦門冬湯」
  58. 腺病質の体質改善
  59. だるい
  60. 胆嚢炎
  61. 血の道症
  62. 疲れやすい
  63. テンカン
  64. 糖尿病
  65. ネフローゼ
  66. ノイローゼ
  67. 肺炎
  68. 肺結核
  69. 発熱
  70. ひきつけ
  71. 微熱
  72. 腹痛
  73. 浮腫
  74. 不眠症
  75. マラリヤ
  76. 麻疹
  77. 慢性肝炎
  78. ゆううつ
  79. リンパ節炎
  80. 肋間神経痛








(小柴胡湯の目標)
胸や脇腹が重苦しく、疲れやすく、微熱があったり、悪寒と熱感が交互にあったり、食欲が無い人の、以下の症状・疾患に用います
  • ・「感冒」
    ・「気管支炎」
    ・「胃腸病」
    ・「肝臓疾患」
    ・「貧血」
    ・「吐き気」
    ・「嘔吐」



抗炎症剤、抗ストレス剤、体質改善剤として使われる。






(禁忌)
  • ・インターフェロン製剤を投与中の患者
  • ・ 肝硬変や肝ガンの患者および 慢性肝炎で
    • 血小板が10万/mm3以下の患者
  • ・慢性肝炎で
    • 血小板が15万/mm3以下の患者
    • (肝硬変に移行している可能性がある)

副作用
  • 間質性肺炎
    偽アルドステロン症
    ミオパシー
    肝機能障害・黄疸



(注意)
  • 薬剤過敏症
    • ・発疹
    • ・かゆみ
    • ・ジンマシン
  • (消化器)
    • ・便秘・食欲不振
    • ・胃部不快感
    • ・嘔吐・下痢
    • ・吐き気・腹痛

  • (泌尿器)
    • ・血尿
    • ・残尿感・膀胱炎
    • ・頻尿・排尿痛












(藥対の解説)
  • 柴胡
    • 胸脇部の消炎を去り、解毒と胸脇部のうっ滞を除く。

  • 半夏生姜
    • 胃内停水を去り、悪心嘔吐を鎮め、食欲を増進させる。

  • 人参大棗甘草
    • 胃の活動力を高め、胸脇や心下の不快感を無くす。





小柴胡湯 (傷寒論)
柴胡7.0 3.0 半夏5.0
人参3.0 大棗3.0 甘草2.0
生姜4.0




小柴胡湯
方剤分類 和解剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫
四傷
六経弁証 少陽病
衛気営血弁証 気分
三焦 上焦
方剤帰経 心・心包・胆経
臓腑弁証 肝鬱化火
効能 ・疎肝解欝
・清熱透表
適応 胃炎
咽喉炎
肝炎
肝機能障害
気管支炎
胸膜炎
耳下腺炎
神経症
熱性病
中耳炎
肺炎
肺結核
リンパ腺炎















半夏瀉心湯 6 3 1 3 3 3 3
小柴胡湯 5 3 7 4 3 2 3
大柴胡湯 3 3 6 4 3 2 1
柴胡桂枝湯 4 2 5 1 2.5 2 1.5 2 2.5
黄連湯 6 3 3 3 3 3 3





(鑑別)
  • 小柴胡湯(少陽病)
    • 胸脇苦満、往来寒熱、頸項強、食欲不振、心下悸、心下痞硬、心煩、舌白苔、微熱、小便不利、頭痛、嘔吐、神経質、耳聾、脈弦細(弦数)、半表半裏証





  • 呉茱萸湯(少陰病)
    • 嘔吐、胸満、心下軟、手足厥冷


  • 小建中湯(太陰病)
    • 腹痛、煩熱、腹皮攣急




チェック
漢方3000処方」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査