ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


苓桂朮甘湯



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告




苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

心悸亢進症・心臓弁膜症・神経衰弱ノイローゼ・メニエル・めまい・運動失調症・バセドウ・腎臓病


苓桂朮甘湯(傷寒論)
茯苓6.0 桂枝4.0 白朮3.0
甘草2.0



苓桂朮甘湯
(応用)

①足の冷え

②頭がふらつく

③息切れ

④胃下垂

⑤胃内停水

⑥萎縮腎

⑦運動機能失調

⑧嚥下困難

⑨咳嗽

⑩感情が不安定

⑪顔面神経麻痺

⑫期外収縮

⑬起立性めまい

⑭耳鳴

⑮食欲がない

⑯視力減退

⑰神経衰弱

⑱心悸亢進

⑲心不全

⑳腎炎

㉑身体の動揺感

㉒精神不安

㉓だるい

㉔立ちくらみ

㉕疲れやすい

㉖低血圧症

㉗動悸

㉘難聴

㉙尿量減少

㉚ネフローゼ

㉛ノイローゼ

㉜ヒステリー

㉝冷える

㉞貧血

㉟頻尿

㊱不安神経症

腹部軟弱

㊳浮腫

㊴片頭痛

㊵耳鳴り

㊶メニエール

㊷めまい

㊸目がかすむ


苓桂朮甘湯








むくみ気味の、以下の症状・疾患に用います。
  1. 神経性心悸亢進症
  2. めまい
  3. メニエール症候群
  4. ノイローゼ
  5. 不眠症

立ちくらみ・めまい、あるいは動悸がひどく、のぼせて頭痛がし、顔面が少し紅潮したり、あるいは貧血し、排尿回数多く、尿量減少して口唇部が乾くもの。
  1. 神経性心悸亢進
  2. 神経症
  3. 充血
  4. 耳鳴り
  5. 不眠症
  6. 血圧異常
  7. 心臓衰弱
  8. 腎臓病




(苓桂朮甘湯のポイント)
①めまい・動悸などの自律神経系の失調状態に用いる。

②貧血がひどいときには、四物湯と合方する(=連珠飲)

③白苔は薄く、舌全体が腫れて見えることが多い



(原典)
「茯苓4両、桂枝3両、白朮3両、甘草2両」
右四味、以水六升、煮取三升、分温三服、小便則利。


◎心下有痰飲、胸脇支満、目眩、苓桂朮甘湯主之。
       《痰飲嗽病脉證并治第十二》


◎夫短気有微飲、當從小便去之、苓桂朮甘湯主之、腎気丸亦主之。













苓桂朮甘湯 6.0 4.0 3.0 2.0
苓姜朮甘湯 6.0 3.0 2.0 3.0
苓桂甘棗湯 6.0 4.0 2.0 4.0
茯苓甘草湯 6.0 4.0 1.0 3.0
茯苓杏仁甘草湯 6.0 1.0 4.0


鑑別
リョウケイジュツカントウ
苓桂朮甘湯
(太陰病)
頭痛、眩暈、呼吸促迫、心悸亢進、上衝、胃内停水、腹部軟弱、足冷、尿利減少、頻尿、身体動揺感、脈沈緊
リョウキョウジュツカントウ
苓姜朮甘湯
(少陰病)
心下悸、腰脚寒冷、小便自利、脈沈弱
シンブトウ
真武湯
(少陰病)
心下悸、眩暈、手足厥冷、陰虚証、脈沈弱
トウキシャクヤクサン
当帰芍薬散
(厥陰病)
心悸、眩暈、貧血、血症、脈弱

ゴレイサン
五苓散
(少陰病)
小便不利、水毒、口渇、脈浮






関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








ブログ通販TOP広告TOP

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved