ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


(ショウセイリュウトウ)
小青竜湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告



小青竜湯の目標


小青竜湯
(応用)

アレルギー性鼻炎
  • a 毎年、秋から冬にかけて定期的にクシャミと鼻漏が出る女性に、冷え症で、小便が頻数で、心下部が硬く、水様性の鼻汁が出るというのを目標にして、小青竜湯を用いて著効を得た。
    心下部に水飲があって、表の邪気を伴い、この水飲が動揺して上昇し、クシャミの頻発、鼻汁過多となり、甚だしい時には涙が出てよだれが流れ出す《漢方診療医典》


胃内停水
  • 胃内に停水あり、頭重く、身体疼痛し、悪寒あり、脈浮細なる証。《奥田謙蔵》
  • ヘソの両側の腹直筋が緊張し、胃のあたりを叩くとポチャポチャと音がする


咳嗽
  • 喘咳し、心下満ち、時々発熱し、脈やや浮なる証。《奥田謙蔵》
  • 咳逆し、微喘し、心下部痞満し、尿不利にして脈数、或いは乾嘔し、或いは眩暈を発する証。《奥田謙蔵》
  • 脚気肺に迫り、人をして喘嗽せしむ:「プラス檳榔」《証治要訣并治類方》
  • 咳嗽頻発し、呼吸促迫し、逆上甚だしく、脈浮大にして力ある等の者には、証に由り本方に石膏を加える。《奥田謙蔵》
  • 呼吸困難がなくて、しきりに咳の出る者にも用いる《大塚敬節》


喀痰あり(タンが出る)
  • 咳をして、泡沫状の痰を吐く者が目標になる《大塚敬節》


間質性肺炎
  • 小青竜湯には軽度の強心作用が認められる。咳、水様の痰を目標に用いる。《漢方診療医典》


感冒
  • 感冒で頭痛・発熱・悪寒の表証があると同時に、腹痛・下痢の裏証があって、咳をする者に小青竜湯の証がある。これを用いて、表邪を散ずるとともに裏の水をさばくから治る《大塚敬節》


気管支炎
  • 急性気管支炎で、のどがゼイゼイして、咳と共に泡のようなタンが出る者
  • 気管支炎にして、微熱有り、腹満を自覚し、口渇を訴え、心下部膨満して咳喘を発し、背部に悪寒を感じる証。《奥田謙蔵》
  • 咳が頻発し、喘鳴を伴うこともあり呼吸が苦しくて泡のような痰の出る者によい。早朝に咳のためか顔が浮腫状になっている者は小青竜湯を用いる目標である《漢方診療医典》
  1. 中等症までの気管支炎に対し単独で十分な効果を発揮する。咳と水様性が良い目標となる。鼻アレルギーに有効な薬剤。(EBM)


気管支拡張症


気管支喘息
  • 気管支喘息には、ときに麻杏甘石湯との併用がよいことがある。
  • 基礎治療薬として柴朴湯、半夏厚朴湯などを併用がおすすめ。
  • この方を気管支喘息に用いるときは、発作時ばかりでなく、発作の収まっている時にも永く続けていると、発作を防ぎ全治に至らしめることが出来る《大塚敬節》
  • 気管支喘息には小青竜湯の応ずるものが多いが、痩せて貧血し、腹部は軟弱無力で胃部に振水音を証明し、食欲不振を訴え、手足が冷え、脈が微弱であれば、小青竜湯や麻杏甘石湯などの麻黄剤を用いない方がよい。もし誤ってこれを与えると、全身の疲労感が甚だしくなり、呼吸困難がかえってひどくなることがある。《大塚敬節》
  • “心下水気”を胃内停水と考えて、小青竜湯の腹証に胃の振水音をもってくるけれども、気管支喘息では小青竜湯の効く場合には、胃部の振水音を証明出来ないことが多い。《大塚敬節》


気管支肺炎


結膜炎
  • 心下に水飲があって、その上方または表にあふれ出て、結膜に炎症、充血を起こし、流涙がはなはだしく、浮脈の傾向がある。飲の証の1つ。アレルギー性結膜炎にもよい。《漢方診療医典》


下痢
  • 脈促にして頭重く、喘咳して熱し、尿不利にして下痢し、或いは少しく裏急後重の状ある証。《奥田謙蔵》


呼吸困難
  • 気管支喘息・気管支炎・肺気腫などから来る呼吸困難に用いる《大塚敬節》
    ある程度の腹力のある者に用い、腹部の軟弱無力のものには用いないのがよい《漢方診療医典》
    小青竜湯を与えて却って、病勢が増悪して、咳がひどく出るようになった患者がある。1例は30歳位の男性で、1人は30歳位の女性であった。2例とも刺激性の激しい咳と、発作性の呼吸困難を起こしていた。私はこれに小青竜湯を与えたが、1、2日の服用で、咳がひどくて夜も眠れなくなったといって服薬を中止した。考えてみるに、これらの患者には地黄や麦門冬などの滋潤剤の配剤せられた処方を用いなければならなかったのに、逆に小青竜湯で水を去って乾燥せしめたから、却って咳がひどくなったものであろう。小青竜湯は“心下水あり”という者を目標にしているが、これを単に胃内停水と狭く考えてはならないと痛切に感じた、《大塚敬節》


自汗
  • 胸痛、頭疼、悪汗、汗出ずるに発汗剤を与ふること禁法なれども、咳して汗ある症にやはり小青竜湯にて押し通す症あり。麻杏甘石湯を汗出ずるに用ゆるも此の意なり。一老医の伝に、此の場合の汗は必ず臭気甚だしいと。一徴とすべし。《勿誤薬室方函口訣》


腎炎
  • 急性腎炎で熱があり、尿量減少と浮腫がある者
    腹診すると、ヘソの両側の腹直筋がピーンと突っ張っている
    慢性腎炎にして、喘息を発し、尿中タンパクを認める証。《奥田謙蔵》


頭重


頭痛


喘息
  • a 季節の変わり目、前線通過の前後に発作を引き起こす者
    b 発作の前にくしゃみ・鼻水が出て、呼吸が苦しくなる者
    c 喘息にして、表証尚あり、頭痛、微熱し、脈浮細或いは浮弱にして、時々泡沫様希薄痰を喀出する証。《奥田謙蔵》
    d 瞑眩を起こして治ることがある。細野史郎氏はこれを用いて、子宮出血があり、それとともに喘息がすっかり治った例を経験し、私はひどく下痢して喘息の治った例をもっている《大塚敬節》
    e 中等度改善以上が52.2%(多施設症例集積研究)


痰が多い(泡状水様)


尿量減少


ネフローゼ


肺気腫


肺結核


肺真菌症
  • 肺真菌症の治療は、慢性気管支炎や気管支喘息の治療に準じて行う。小青竜湯は比較的体力のある者に用いられる。咳嗽の強い場合は小青竜湯プラス杏仁4.0または小青竜湯プラス杏仁4.0石膏10.0。
    体力がなく小青竜湯が用いられない場合は苓甘姜味辛夏仁湯を用いる。《漢方診療医典》


鼻炎
  • 鼻水やクシャミが頻繁に出て、鼻水過多症となっているものによい。分泌物は水様稀薄のことが多い。脈は浮で上衝気味のものである《漢方診療医典》


鼻水


浮腫
  • a 懐妊して四肢浮腫あり、既に娩して復た腫る。胃に物あり、胸脇に賁突し、暈倒し、気絶す。腥めて後、短気、喘悶し、脈弦数なる者、《友益》曰く、是れ心下の停水、肺を衝く、産後の水源未だ全く除かず、復漿薬を受く。故に溢れて腫を為すのみ。すなわち「小青竜湯マイナス麻黄プラス杏仁・前胡・陳皮・茯苓・厚朴」を与う。小便漸く利して癒ゆ《皇国名医伝》
    b 越婢加朮湯や小青竜湯は急性期の浮腫に用いられたが、利尿薬が発達したことにより、あまり利用されなくなった。また、麻黄に含まれるプソイドエフェドリンにプロスタグランジン生合成阻害作用が想定され、腎血流量を低下させて腎機能を悪化させる可能性があるので、高齢者や腎障害のある患者には麻黄剤は慎重に投与する必要がある《漢方診療医典》
    c 感冒後、腎炎となって浮腫をきたした者《木村長久》


小青竜湯の目標


(目標)
  • 体力が中等度の人で、喘鳴、咳嗽、呼吸困難、鼻症状などがある場合に用いられる。
    1. このとき、泡沫水様のタンや水様鼻汁、クシャミを伴うことが多い。
    2. 呼吸困難のないときは、腹部は比較的軟らかく、上腹部の腹直筋の緊張(軽度)と心窩部の振水音を認める。
    3. 気管支喘息では発作的ばかりでなく、発作の無いときにも用いられる。
    4. やせて顔色が悪い、胃腸が弱い人は用いないほうがよい。



(禁忌)
(慎重に)

(副作用)

(相互作用)

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • (自律神経系)
    • 不眠・発汗過多・頻脈・動悸・全身脱力感・精神興奮
  • (消化器系)
    • 食欲不振・胃部不快感・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢
  • 麻黄が主薬なので、やせて顔色が悪い・胃腸が弱い人には向かないことが多い。


小青竜湯 (傷寒論)
半夏6.0 麻黄3.0 芍薬3.0
甘草3.0 桂枝3.0 乾姜3.0
細辛3.0 五味子3.0



(鑑別)
  • 小青竜湯(太陽病)
    • 咳嗽、喘、鼻水、頭痛、眩暈、浮腫、胃内停水、尿利減少、下痢、少腹満、発熱、悪風、脈浮細数

  • 麻黄湯(太陽病)
    • 咳嗽喘息、発熱、筋肉痛、表証、脈緊

  • 麻杏甘石湯(太陽病)
    • 喘咳、汗出、口渇
    • 体力中等度以上、口渇、自然発汗の傾向、身体の熱感。

  • 神秘湯(太陽病)
    • 咳、喘、呼吸困難

  • 麦門冬湯(少陰病)
    • 喘咳、咳逆上気、乾咳
    • 体力中等度、激しい乾燥性の咳嗽、のぼせ、咽喉乾燥感と不快感、身体の熱感。

  • 苓甘姜味辛夏仁湯(少陰病)
    • 咳嗽、喘鳴、浮腫、無熱、虚冷、陰証
    • 体力低下、貧血、冷え性、心窩部振水音。


  • 香蘇散
    • 体力低下、感冒の初期、胃腸虚弱。

  • 小柴胡湯(少陽病)
    • 喘咳、胸脇苦満、食欲不振、脈弦

  • 木防已湯(陽明病)
    • 呼吸困難、動気、心下堅













ヨクイニン




麻黄湯 5 5 4 1.5
麻黄加朮湯 5 5 4 1.5 5
麻杏甘石湯 4 4 2 10
麻杏薏甘湯 4 3 2 10
大青竜湯 6 5 3 2 10 3 3
小青竜湯 3 3 3 3 3 3 6 3
麻黄附子甘草湯 3 3 0.6
麻黄附子細辛湯 4 0.6 3
越婢湯 4 1.5 10 3 3
越婢加朮湯 4 1.5 3 10 3 3







関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査