(オウゴントウ)
黄芩湯



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも






黄芩湯
  おうごんとうの適応画像




(黄芩湯の応用)


アトピー性皮膚炎


胃炎


胃腸型感冒


乾嘔


急性腸炎


急性虫垂炎


月経代償性出血


血便


下痢
  1. 下痢・項背強・腹痛<なし>葛根湯
  2. 下痢・実熱・陽明病大承気湯
  3. 下痢・虚寒人参湯


口渇


口苦


口臭


子宮付属器炎(腹痛ある者)


消化不良


食中毒


心下痞


赤痢
  • オウゴントウの画像


大腸炎


吐血


乳幼児の消化不良


粘液便


発熱


鼻出血(月経代償性)

腹中拘急(腹痛)


腹直筋攣急(右側)


慢性胃炎


盲腸炎


目眩


裏急後重


(黄芩湯の目標)

みぞおちがつかえる人の、以下の症状・疾患に用います

下痢して、心下痞、腹中拘急するもので腹直筋の攣急があり、発熱、頭痛、嘔吐、渇などを目標とする



(黄芩湯の適応)
  1. 腸カタル
  2. 消化不良
  3. 嘔吐
  4. 下痢


(黄芩湯の禁忌)
  1. アルドステロン症 の患者
  2. ミオパシー のある患者
  3. 低カリウム血症 の患者


(黄芩湯の副作用)
  1. 偽アルドステロン症
  2. ミオパシー











(原典)

「黄芩3両、芍薬2両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚」

太陽興少陽合病、自下利者、與黄芩湯。若嘔者、黄芩加半夏生姜湯主之。
  
《傷寒論》巻第四辨太陽病脉證并治下第七


「自下利」=
  • 下剤などを用いたために下痢したのではなく、自然に下痢すること。

◎傷寒脉遅六七日、而判與黄芩湯徹其熱。脉遅為寒、今與黄芩湯復除其熱、腹中応冷、當不能食。今反能食、此名除中、必死。 

《傷寒論》辨厥陰病脉證并治第十二



(参考)


心下痞、腹強急して下利する者に用いる。《薬徴》

「腹強急」=腹がつっぱり痛むこと。


黄芩湯  (傷寒論)
黄芩4.0 芍薬3.0 甘草3.0
大棗4.0


黄芩湯
方剤分類 和解剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫
四傷
六経弁証 太陽少陽合病
衛気営血弁証 気分
三焦 中焦
方剤帰経 大腸経
臓腑弁証 大腸湿熱
効能 ・清熱止痢
・和中止痛
適応 急性胃腸炎
細菌性下痢



(鑑別)
  • 黄連湯
    • 嘔吐、心下のつかえで共通する、下痢は軽い











    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved