ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エックス線自由電子レーザー施設
(SACLA)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



エックス線自由電子レーザー施設 
SACLA(さくら)
SPring-8 Angstrom Compavt free electron Laserの略。

  • 夢の光といわれているレーザーを操って、極微の世界を観察できる最先端の装置「さくら(SAKLA)」が2012年から兵庫県佐用町で稼働する。
  • レーザーのように鋭く、エックス線のように明るい光の性質を合わせ持つ。
  • 日本企業500社の技術の結晶。
  • 生体の化学反応を時系列で観察できる。
  • 多くの化学反応も途中経過が不明なものが多い。
  • 新レーザーは品質がそろった光を立て続けに照射できるので、タンパク質の構造が刻々と変わる様子を追跡出来る。





タンパク質の構造が鮮明に
  • 理化学研究所はSACLA(兵庫県佐用町)を増強する。
  • レーザーを取り出すビームラインを3本にする。
  • エックス線自由電子レーザーは細胞内で生命活動を担うタンパク質がどう働くのか?、化学反応がどう進むのかをを直接観察できる。
  • 理化学研究所は2014年を目標に、エックス線自由電子レーザー施設(SACLA)の能力を100倍に引き上げる。

  • 従来はぼんやりとしか見えなかったナノメートル(ナノ=1/10億)大の微小タンパク質の結晶もクッキリ観察できる。

生きた細胞の内部を観察
  • 2014年、西野吉則・北海道大学と理化学研究所のチームは、生きた細胞の内部構造をナノレベルで観察する技術を開発しT。
  • SACLAを活用。
  • 牛乳の中にいる細菌を生きた状態で微小チップに閉じ込め、X線自由電子レーザーを照射した。
  • X線自由電子レーザーの発光時間は10フェムト秒以下と極めて短い性質のため、細胞が死ぬ直前の状況を捉えることが出来た。





関連情報 X線装置」「PET」「CT」「BNCT」「超音波







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査