ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


再灌流(虚血再灌流障害)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)







広告




虚血再灌流障害
移植手術後、移植された臓器や組織に再び血液が流入すると、白血球などの免疫細胞が活性化され、毒性のある活性酸素を生み出して臓器や組織を傷つける障害を指す。
  • 手術を行うとき、出血しないようにしておいて、腫瘍などを切除する。
  • その後、血液が流れるように再灌流する。このとき、活性酸素が大量にできる。



虚血再灌流障害を抑える抗炎症薬
  • 2009年、アイルランドのベンチャー「オプソナ・セラピューティクス」は、臓器移植後の虚血再灌流障害を抑える抗炎症薬を欧州で開発する。
    開発する薬剤は、人間が本来備えている「自然免疫」システムをコントロールするもの。
  • 自然免疫は体内に侵入してきた未知の病原体などを見つけて攻撃する仕組み。免疫系の白血球には未知の病原体を発見するセンサー『TLR-2』があり、移植された臓器も危険物質と認識してしまう。その結果、危険物質を排除する目的で炎症を引き起こし、臓器を傷つけていた。
    オプソナの薬剤はTLR-2と結合して臓器を危険物質と認識するのをジャマし、臓器を攻撃しないようにした。
    オプソナの薬剤は4月に、欧州医薬品審査庁(EMEA)からオーファンドラッグに認定された。
    TLR-2は、自己免疫疾患の皮膚炎である「乾癬」など幅広い炎症性疾患に関わっている。








関連情報 トル様受容体(TLR)
活性酸素







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査