情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





柴胡







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






柴胡(さいこ) BUPLEURI RADIX


[柴胡]

山野に自生し、または栽培される多年草、セリ科ミシマサイコの根あるいは全草。
セリ科Umbelliferae 狭葉柴胡Bupleurum scorzoneraefolium Willd.
(ホソバミシマサイコ)の根あるいは全草。
ホタルサイコ、オオホタルサイコ=「南柴胡」

《神農本草経》:「胡(シコ)」で収載
和柴胡とよばれているものはセリ科の多年草ミシマサイコ(カマクラサイコ)の根。唐柴胡とよばれる輸入品のうち、南柴胡とよばれているホタルサイコの根は使用にたえない。北柴胡とよばれているものはミシマサイコの根である。《大塚敬節》

味は苦、性は微寒。寒瀉燥升散

心包・肝・三焦・胆経。

辛凉解表薬


“柴胡味苦瀉肝火 寒熱往来瘧疾可”
“味苦、能く肝火を瀉し、寒熱往来、瘧疾均しく可なり”
《万病回春》




(解熱・消炎・解欝・鎮静)

○肝を通し、欝を開き、表裏を和解する。熱を退け、陽を引き上げる。
  <1>寒熱往来
  <2>瘧疾
  <3>胸脇苦満
  <4>久痢・脱肛・子宮下垂
  <5>月経不調

○胆病の主薬。「切って水煎し服用。」
傷寒の解肌に良い。「水煎服。」

○熱労と骨節の煩痛を治す。

○瘡瘍:肝胆経を狙て柴胡を用いるが定石なり
《勿誤薬室方函口訣》

○解熱・肝機能を良くし、鬱血を消し、気を高める。

○急性肝炎、初期・発熱:
  • 「・大青葉・連翹・黄柏・梔子・蘆根」


○肝炎で胆道感染を併発:
  • ・金銀花・延胡索・金銭草・青皮」


○肝硬変、胸脇部疼痛・不快感、鼓脹:
  • 「・青皮・木香」

  • を去る《万病回春》
  • (醋炒):活血止血作用が強まる。 「醋柴胡」
  • (酒浸):止痢作用が強まる。 「酒柴胡」
  • 浸炒):虚熱を去る効力が強まる。「血柴胡」
  • (蜜炙):止咳作用が強まる
  • 鬚および頭を去って粗布を以て之を払拭し、剉み用ふ。《薬徴》



<1>解熱作用
<2>肝機能改善作用
<3>中枢抑制作用
<4>抗炎症作用

サイコサポニンは、胃粘膜を刺激し嘔吐を起こしやすいので、鎮嘔剤(半夏、乾姜、・・)などを配合することが必要。






【薬対】
『柴胡+
『柴胡+甘草』
『柴胡+枳殻』
『柴胡+
『柴胡+香附子』
『柴胡+細辛』
『柴胡+青皮』
『柴胡+薄荷』
『柴胡+白芍』
『柴胡+竜胆草』
漢方薬 柴胡桂枝乾姜湯
柴胡桂枝湯
柴胡加竜骨牡蛎湯
四逆散
小柴胡湯
大柴胡湯
補中益気湯








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬