肝炎
病気
ストレス
肝臓ガン
二日酔い
肝機能障害

薬物性肝障害




検査で異常を示さない肝障害
検査にでない肝障害
  • と訴えるばかりで、科学的な方法を駆使してあらゆる肝機能検査をやってみても、どこといって異常を示さない。
    医学上では病気でない、ということなのだが、漢方的腹診法をやると、胸脇苦満の腹証を呈している。
  • そこで、「あなたは肝臓の働きが弱っている」というと、患者はきまって「病院の先生は、血液の検査も尿の検査も異常を示していないから、肝臓は全く悪くないといわれた」と答える。
    これは全肝臓の細胞の80%がおかされない限り、肝臓はその機能障害を示さないからである。」
    寺師睦宗著「成人病の漢方療法」p110〜p111)





脳次第?
  • 「酒に強いか弱いかを左右する脳の遺伝子を日本の研究グループが見つけ、24日発行の米科学誌サイエンスに発表した。
    発見したのは理化学研究所脳科学総合センターの宮川剛研究員と岡崎国立共同研究機構・生理学研究所の八木健助教授らで、酒への感受性を半価させつ脳の遺伝子としては3つ目。「酒の強さ」には、アルコールを分解する酵素が官桂している事が分かっているが、脳の中枢神経も拘わっている事が更に裏付けられた。
    この遺伝子は[fyn]と呼ばれ、恐怖感を弱める事が知られている。研究グループはこの遺伝子を欠損させたマウスを作り、行動を調べた。
    マウスを仰向けにすると、通常は1秒以内にひっくり返って4本の足でたった状態に戻る。だが、体重1kg当たり3.5gと、泥酔状態になる量のアルコールを注射したマウスでは、戻るのに40分ほどかかり、この遺伝子を欠損させたマウスは80分と、2倍の時間がかかった。
    宮川研究員は、「アルコールを分解する酵素や、脳で働く様々な遺伝子の作用が総合して、酒への感受性は決まる。この遺伝子は其の1つだ。ヒトにも同じ遺伝子があり、酒への強さに関係していると思う」と話している
顔が真っ赤になる・・・遺伝子の違い
  • 酒を飲むと顔がまっ赤にある現象は「オリエンタル・フラッシング」と呼ばれる。
  • アルコールで血管が拡張して顔が赤みを帯びる例は欧米人にもみられるが、全身が赤くなり、吐き気や頭痛などの症状を伴うのはアジア人に限られる。
  • それは、肝臓でアルコールを分解してできる「アセトアルデヒド」が関わっている。アセトアルデヒドは体内で濃度が高まるとアレルギー症状を引き起こす生理活性物質「ヒスタミン」がつくり出され、悪酔いを引き起こす。
  • アセトアルデヒドを分解する酵素に、N型(きちんと働く)とD型(うまく働かない)がある。
  • この遺伝子配列を突き止めた原田勝二・元筑波大学教授によれば、“両親からN型を受けついだ人とD型を受け継いだ人では、酵素の働きに理論的に16倍もの差が生じる”という。原田教授が調べた結果
  • 酒に弱いD型は
    1. 日本・・・・・・・・44%
    2. 中国・・・・・・・・41%
    3. タイ・・・・・・・・・10%
    4. ハンガリー・・・・2%
    5. スー族・・・・・・・2%
    6. ナバ族・・・・・・・2%
    7. 中東・・・・・・・・・0%
    8. 欧州・・・・・・・・・0%
    9. アフリカ・・・・・・・0%






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査