寒がりの漢方薬
  ■九味檳榔湯


■桂枝人参湯


■大建中湯


■当帰芍薬散


■人参養栄湯


■八味地黄丸



【民間療法】  トウガラシ



久寒 (きゅうかん)
=古い冷えた水毒。



甲状腺異常かも?
供の体温の異常というと発熱が思い浮かぶ。
  • 体温測定で子供に熱があるか否かを心配する人はいても、熱を十分に作り出せない病気を疑う人は少ないだろう。
  • しかし、「寒がり」に病気が潜んでいることもある。

前頸部にチョウの形をした甲状腺という組織があり、ここから甲状腺ホルモンが分泌される。
甲状腺ホルモンは、熱代謝など様々な代謝にかかわっている。
分泌が過剰だと暑がりになり、汗を多量にかいて冬なのに水でシャワーを浴びたりする。逆にこのホルモンが不足すると肌は乾燥してカサカサになり、むくみが出て寒がりになる。

体に必要な熱を十分作り出せないので、寒い季節などはしっかりした防寒対策をしていないと体温が低くなりやすい。
甲状腺ホルモンは、子供では身体や脳の成長発達に不可欠。
成長過程で甲状腺機能低下症になると、背の伸びが阻害されたり、疲れやすいといった症状がみられる。
特に成長障害は100%認められる症状である。

体重の増加はまずまずなのに背が伸びない
以前より寒がりになったと言う場合は、甲状腺ホルモンが不足している可能性があるので、専門医を受診した方がよい。



このホルモンに関連した体温調節障害に
神経性食思不振症』がある。
  • 急激な体重減少が見られ、皮下脂肪が非常に少なくなっている。同時にホルモン系も障害されている。
    皮下脂肪と甲状腺ホルモンの不足が相乗して、大変寒がりになる。時には直腸温で35℃以下の低体温近くになることもあり、このような場合は適切な保温が必要である」






たくさん着込んでもよくありません
  1. たくさんの衣類を着込むと、
    • 「衣類同士のすべりが悪くなり、体が動かしにくく、皮膚を圧迫して血行不良を招きます。

  2. 体を温めるのは、衣類で包まれた空気の層の厚さです。
    • 「例えばコートの下に、あまりに沢山の衣類を着込むと、かえって空気の層が減少したり、同じ空気の量がおなじなのに、着込んだ衣類の重みで身体を圧迫して血行不良を引き起こし、体を冷やします。
    • 体を温めているのは、体内を流れる血液の中の赤血球です。」








関連情報 寒冷過敏症」「神経性食思不振症」「甲状腺機能低下」「橋本病」「アジソン病







    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved