ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



産後の諸問題(産後の雑病)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





発熱

弛張熱

妊娠の雑病

(妊娠前後の問題)

小児の病気
広告




産後の問題解決に・・漢方薬
葛根湯
  1. 乳腺炎
  2. うなじ・肩・背がこる


  1. 産後出血
  2. 冷え症で、出血過多による貧血


《万病回春》


T帰湯《和剤局方》 


桂枝加朮附湯
  1. 後、脚の立たざる症に本方or「大黄附子湯」《橘窓書影》
  2. 産後ならびに諸病後に、脚の立たざる症あり、桂枝加朮附湯或いは大黄附子湯を用い、証に随って紫円を時々用ゆべし、本症はとかく附子がよろし《老医口訣》


四物湯《寿世保元》
  • 1 冷え症で、皮膚枯燥、色つやが悪い
    2 血脚気
    (産後に起こる下肢の運動麻痺)
    3 産後の痿躄:「+亀板3.0、石決明3.0」《矢数道明》
    4 産後の脚弱
    5 産後の下痢
    6 産後の後陣痛
    7 産後の子宮出血(血崩)
    8 産後の頭痛
    9 産後の舌爛《矢数道明》
    10 産後の脱肛
    11 産後腹痛し、之を按じて反って痛まざるはこれ血虚なり、「+人参・白朮・茯苓」《万病回春》
    12 産後に悪血尽きず、昼は則ち明了、暮れば則ち譫語し、寒熱して鬼を見るが如し:「+柴胡」《寿世保元》


十全大補湯《婦人大全良方》
  1. 産後衰弱
  2. 手術による衰弱
  3. 貧血して皮膚ツヤがない。


真武湯
  1. 産後の浮腫:“産後の水腫は、多く産前の水腫が治らないで産後に及んだもので虚証で、治りにくい、これには真武湯が良い”《鳩峯先生病候記》


大黄牡丹皮湯
  1. 産後、悪露下らず、小便不利、血水壅遏し、少腹満痛し、通身浮腫し、大便難なる者、又、産後、悪露尽きず、数日を過ぎ、寒熱交も作り、脈数急、小腹或いは腰髀の痛劇しき者は、癰を発するの兆也。能く病の情機を審かにし、早く此方を以て之を下す可し。已に膿潰する者も、亦此方に宜し


桃核承気湯
  • 1 悪露残留:
    産後悪露下ること少なく腹痛する者:此湯を煮上げて清酒を入れ、飲み按配宜しくして、徐々に与えるべし
    《勿誤薬室方函口訣》
    2 産後、悪露下らず、小腹凝結して上衝、急迫し、心胸安からざる者を治す。凡そ産後の諸患は、多くは悪露尽きざるの致す所也。早く此方を用いるを佳となす《類聚方広義》
    3 1婦人診を乞う。妊娠すでに6ヶ月なり、先月首より下りて、衆治效無く、30日ばかりにて産せしに、温熱故か死胎糜爛し、逆産にて、首よりちぎれ、体ばかり出でたり。その後種々すれども、首は出ず。ここに難儀千万也。何とぞ出し玉はれと申すにぞ、之を診するに、その人身体血色無く、柴痩して、唇口乾燥、脈微弱なり、腹を按撫するに、首がごろごろと遊移遷転して、あたかも水中にスイカを浮かしたるが如し。余家人に謂て曰く、強て出さんとて、余り腹部を按撫せば、血暈を発すまじともいわれぬ故、薬にて下す可しと云ひ、其の夜1宿して、桃核承気湯3貼用ひければ、翌朝快利して、首は忽ち出でぬ。病者も家人も、再生の思ひをなしぬ。余も此の如き症は始めて視たり。古方の妙なること誠に感截に堪えず、此余が13より70まで。ひたすら古方を信仰して、他念を起こさざりし、しるしならんと思へり《方技雑誌》
    4 “知人の妻、32歳。妊娠8ヶ月で早産し、子宮出血が数日続くので、産婦人科医の診察を受けたところ、胎盤がまだ残っているので、子宮掻爬手術をしなければならないと言われた。この婦人は非常に小心で臆病で手術と聞くだけでも脳貧血を起こしそうだという。漢方で、手術をせずに、胎盤を出す方法はあるまいかと云われ、《尾台榕堂》が桃核承気湯を用いて、死んだ胎児を分娩せしめた例にヒントを得て、この方を用いたところ、3日の服薬で胎盤が勢多。そのあと桂枝茯苓丸を2週間服用して、出血・帯下も止まり、そのまま治ってしまった。この時の桃核承気湯の大黄は3.0、芒硝は5.0を1日量として。これで1日3、4回下痢したという。”《大塚敬節》
    5 産後の腹痛で、悪露の下るたびに、締め付けられるように痛む者に、この方を用いることがある。もし疼痛がいつまでも、ジワジワと続き、痛むところで手で按圧して、反って気持ちよく感ずるものは虚痛と古人が呼んだもので、当帰建中湯の証である。もし按圧して反って疼痛の強くなる者は、桂枝茯苓丸又は桃核承気湯の証である。《大塚敬節》


当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  • 児沈痛=産後のによる腹痛。
    本朝経験、腰腹拘急し、臍下塊あり、時に陣痛をなす者、これ胞宮未だ斂まらず、寒疝を挟むなり。此方主る。
    《雑病翼方》
    2 産婦、悪露綿延として止まず、身熱、頭痛し、腹中冷痛し、嘔して微利し、腰部酸麻し、或いは微腫する者を治す。《類聚方広義》


当帰芍薬散
  • 1 産褥熱
    2 貧血冷え症、疲れやすい。
    3 腎臓病、痔核、頻尿
    4 産後にタンパク尿、高血圧が続くとき。
    5 産後に眩暈を発し、顔面蒼白、四肢厥冷し、尿量減少する証《奥田謙蔵》
    6 産後の血暈、内虚し、気乏しく、崩中、久痢を治す《三因極一病証方論》
    7 妊婦、産後、下利、腹痛し、小便利せず、腰脚麻痺して力無く、或いは眼目赤痛する者。若し下利止まず、悪寒する者は、附子を加う。若し下利せず、大便秘する者は、大黄を加う。《類聚方広義》


独参湯《済世全書》 


人参養栄湯
  1. 産後の体力増強
  2. 微熱、悪寒、咳嗽がとれない
  3. 倦怠感が著しい


八味丸
  • 1 産後の尿閉
    2 産後の水腫、腰脚冷痛し、小腹不仁にして、小便利せざる者を治す。水煮して服す。《類聚方広義》
    3 疲労倦怠感が強い、冷え、夜間多尿。


補虚湯《医学入門》


補中益気湯《婦人大全良方》
  1. 産後元気虚耗して起こる子宮脱《矢数道明》
  2. 子宮下垂
  3. 子宮退縮不全
  4. 肺尖カタル:本方の証が比較的多い。殊に産後或いは心労過労後に発する者によい《矢数道明》



六君子湯《万病回春》




産後の悪露残留

  • 桂枝茯苓丸
    生化湯
    失笑散
    通導散
    桃核承気湯
    排膿散及湯





産後の神経症

  • 桃核承気湯
    女神散
    八珍湯





(産後に起こる下肢の運動麻痺)
産後の血脚気
  • 加味四物湯
    亀板湯
    四物湯

    疎経活血湯
    大防風湯
    独活寄生湯
    補陰湯





産後の衰弱

  • 十全大補湯
    大防風湯
    当帰建中湯
    人参養栄湯
    白薇湯
    補虚湯






産後の下痢
  • 甘草瀉心湯
    桂枝湯
    建中湯
    四苓散+車前子
    四物湯
    真武湯+良姜
    調中湯
    白頭翁加甘草阿膠湯《金匱要略》





産後の肥立ち


  • 当帰芍薬加附子湯




産後の後陣痛
  • 四物湯
    六君子湯










関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査