ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




三叉神経痛



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品






神経障害性疼痛

片頭痛

神経痛

疼痛

歯痛
広告





三叉神経痛の漢方薬
葛根湯
  1. 慢性の上顎洞蓄膿症のある38歳の女性が、数日前より右顔面がひどく痛んで、食事をすることもできない。夜も眠れないという。
    診察してみると、右上顎の中央が、拇指頭大に腫れ、少し発赤し、この部を撫でても強く痛む。右鼻腔は閉塞し、右肩が特に凝る。時々悪寒があり、37、8℃の体温。脈は浮でやや数である。
    そこで葛根湯に10.0を入れて与えたところ、その夜の明け方から急に顔が軽くなって、ぐっすり眠り、起床と同時に、多量の膿がノドの方へ出た。続いて、5日間これを飲むと、患部の新しい炎症は消失して、全く疼痛を忘れた。は鎮痛と排膿の作用があるので、これを加えた《大塚敬節》

加味逍遙散

桂枝加朮附湯

桂枝加苓朮附湯

五苓散
  1. (水滞)
  2. 脈菅外を循環する無色の液体が停滞し、偏在した病態を水滞という。


柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡桂枝乾姜湯

柴胡桂枝湯

柴苓湯
  1. (水滞)


四逆散

小柴胡湯
  1. この女性は、3年前に左の下顎部を中心にして、口腔内まで、激しく痛み、種々の手当も効無く、ついに歯科医にかかって、左側の下顎部の歯を全部抜いてしまった。しかし疼痛は依然として続き、義歯を作ったけれども、それをはめるとよけいに痛み、夜間も熟睡できないという。 診察してみると三叉神経の第3枝の神経痛である。この患者は色黒く、痩せてはいるが、筋肉質で、脈にも力があり、便秘している。 肩も凝り、頭も重い。そこで葛根湯に3.0大黄3.0を加えて用いた。これで大便は快通するが、軽快に向かう様子がない。桃核承気湯にしたり、白虎加桂枝湯にしたりしてみたが、いずれも無効。          
    いよいよ困って、疎経活血湯にしたところ、初めて少しずつ軽快に向かい、3ヶ月後には、義歯をはめられるようになり、10ヶ月後には、ほとんど苦痛を忘れるほどに良くなった。けれどもまだ時々痛み、またひどくなりそうだと云う。それに喘息の持病がこの頃起きると云う。腹証上では軽い胸脇苦満があり、腹直筋もやや緊張している。そこで小柴胡湯+葛根湯にし、大黄4.0を加えて用いたところ、初めてサッパリしたと云い、これを1年余り連用した。それから3年になるが、再発しないでいる。小柴胡湯+葛根湯とせずに、柴胡桂枝湯大黄でも良かったのかもしれない。《大塚敬節》


小柴胡湯葛根湯《大塚敬節》

小柴胡湯+桂枝加芍薬湯



大柴胡湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

麻黄附子細辛湯
  1. 冷え、顔面蒼白


抑肝散加陳皮半夏




三叉神経痛
針灸のツボ
  • (特效穴)・天柱

    [角孫][][翳風][下関][頬車][][陶道][大杼][風池][厥陰兪][肝兪][手三里][][陽谿][陽陵泉][外丘]





三叉神経痛
trigeminal neuralgia
疼痛性チック


三叉神経(眼神経・上顎神経・下顎神経に別れ、顔面の皮膚感覚と咀嚼筋を支配する)の疼痛。


好発部位は三叉神経第Ⅱおよび第Ⅲ枝の領域である。
  1. 40歳以後の女性に多い
  2. 発作性に起こる変側性の激しい顔面痛で、誘発部位を有し、食事・談話・洗顔・騒音などにより増悪する。
  3. 前駆症状として発作直前に患部のカユミ・違和感を自覚することがある


三叉神経痛の症状
  1. 顔面の片側に
  2. 刃物で刺されるような激しい痛みが、発作的に起きる。
  3. 痛みは、数秒~数分でいったん消えるが、何度も繰り返す




(原因)




(鑑別)
「三叉神経痛には、臨床上や病理学上の徴候が無いので、痛みの物理的原因を探し出す必要があります。


以下の疾患との鑑別が必要。





西洋医学
(1)Tegretol 200~800mg。
  • 分2~4。少量より始め、効果を見ながら増量する。

(2)Rivotril 2~6mg。
  • 分2~3。少量より始め、効果を見ながら増量する。

(3)Aleviatin 200~300mg。 分3。
(4)Bufferin 4T。 分2。



神経ブロック
  • 神経ブロックの一種「高周波熱凝固」が2006年4月から保険適応された。
    この方法は針の先端(4mm)に電流を流して神経のタンパク質を固める。




痛みの原因・・・MRIで確認
  • 「39歳、女性。昨春より顔左側に痛みを感じるようになり、三叉神経痛と言われました。薬を飲んでいますが、痛いのはあまり変わりません。薬をずっと飲み続けるのはイヤだし、化の痛みなので精神的にも参っています。根本的に痛みを取るための手術を受けたいのですが、大丈夫でしょうか」
◇手術で痛みが消えますか?
  • 手術は根本的な治療法です。その前に、痛みの原因を突き止めなければなりません。三叉神経は脳神経の1つで、顔面の感覚と運動を司っています。一般的に、三叉神経痛の90%は、脳幹へ入る三叉神経の根っこの部分に動脈がくっついて圧迫しているのが原因です。残りは脳腫瘍などの別の病気によるものです。
◇診断は難しいのですか?
  • いまでは磁気共鳴断層撮影(MRI)で神経と血管を両方写すことが出来るので、圧迫を確認できます。脳腫瘍も専門医がMRIで調べれば、まず見逃すことはありません。
◇血管の圧迫を取り除く手術方法を教えてください?
  • 耳の後ろに直径2cmほどの穴を開け、手術用の顕微鏡で脳の奥を覗きながら、三叉神経と血管を離します。離した血管は、再び神経を圧迫しないように綿に引っかけて小脳と大脳の境の膜にくっつけたり、縫いつけたりします。
◇むつかしそうですね?
  • 血管が神経を圧迫している場所は7cmほどの深さにあります。小脳を少しずらして、頭骸骨との間に幅1cmほどの隙間を作り、頭にあけた穴から微細な神経や血管を扱うのでかなりの熟練を要し、平均2時間ぐらいかかります。数日の入院が必要ですが、翌日から普通に生活できます。
◇効果とリスクは?
  • ほとんど場合、麻酔から覚めるとウソのように痛みが消えています。傷口さえふさがれば、通院の必要もありません。頭の手術なので、耳が聞こえなくなったり、フラフラしたりする後遺症も考えられますが、経験豊富な病院だとリスクもほとんどありません。
◇手術の成功率は?
  • 熟練の度合いで異なります。医師に実績を聞いてください。頭の手術ですから。私(田草川豊・三井記念病院脳神経外科部長)は、顔面ケイレンを会わせて年間200件近く手術をしています。成功率は約90%で、残りは手術はうまく言ったのですが、痛みが再発するケースです。
◇他の治療法は?
  • 大きく分けて、抗テンカン剤(カルマバゼピン)による薬物療法と、神経をマヒさせて痛みを消す神経ブロックがあります。どちらも根治療法ではなく、副作用のリスクもありますが、この薬は初期には特によく効き、神経ブロックも1年ぐらいは痛みを抑えられます。又目や耳・歯の病気でも、同様の痛みが起こります





チェック
片頭痛」「神経痛」「疼痛」「歯痛











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬