情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





手少陽三焦経
(TE)





針灸のツボ/ すべてのツボ/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)












<10>Triple Energizer Meridian (三焦)(23穴)
三焦経は
  • 環指の端の関衝(TE-1)に起こり、上って第4第5掌骨間の液門(TE-2)・中渚(TE-3)の2穴を経て、上って腕関節骨側中央の陽池(TE-4)を循り、橈骨・尺骨両骨間を上行して外関(TE-5)・支溝(TE-6)・会宗(TE-7)三陽絡(TE-8)・(TE-9)を経て、肘関節外側の天井(TE-10)を貫き、上膊外側の清冷淵(TE-11)・(TE-12)・臑会(TE-13)を循り、肩に上がって肩甲関節部の(TE-14)・肩貞(SI-9)の2穴を過ぎ、小腸経の秉風(ヘイフウ:SI-12)に至り、それより肩井(GBー21)の後方なる(TEー15)の穴に出で、肩井(GBー21)を過ぎて鎖骨上窩に入り欠盆(STー12)を過ぎて下行し、(CVー17)に交り、散布して心包を絡い、横隔膜を貫いて下り。循って三焦に属する。即ち胃の上口にて上焦に属し、(CV-10)の分にて中焦に属し、陰交(CV-7)の分にて下焦に属する。
  • その枝別は、(CVー17)より上って欠盆(STー12)に出て、上って大椎(GVー14)に会し、側頸部の(TE-16)を経。耳後に至って翳風(TE-17)・(TE-18)・顱息(TE-19)を過ぎ、上って耳上の角孫(TE-20)に出で、顳I(ショウジュ:こめかみ)部の懸釐(ケンリ:GB-6)・頷厭(ガンエン:GB-4)を経て、屈曲して頬に下り眼下の(ケンリョウ:SI-18)に至る。
  • 又別の枝別は、耳後の翳風(エイフウ:TE-17)より耳中に入り、耳前の聴宮(SI-19)に出で上って耳門(TE-21)・(TE-22)の2穴を経て客主人(カクシュジン:GB-3)の前を過ぎ、目の外眥の(ドウシリョウ:GB-1)に至り、絲竹空(TE-23)に至って胆経に交る。

手の少陽三焦経
  • 関衝・液門・中渚の旁。
    陽池・外関・支溝会す。
    会宗・三陽絡・四ナに配す。
    天井に合して清冷淵に去る。
    消^・aじく翳風。
    脉・顱息・角孫通ず。
    耳門・和ク・絲竹空。
  • 手の少陽三焦経の脉は小指の次指の端に起こり、上って次指の間に出て手の表腕をめぐって臂外両骨の間に出て、上って肘を貫く。臑外をめぐり、肩に上って足の少陽胆経の後ろに交じり出て、缺盆に入り、チ中に交わり、散じて心包を絡い、膈に下り、偏く三焦に属す。其の支なるものはチ中より上って耳後を挟み、直ちに上って耳の上角に出て、以て屈して頬に下りK(目下をいう)に至る。
    脳戸の後を項となす。目下をKとなす。その支なるものはチ中より上って缺盆の外に出て、項に上り、大椎を過り、をめぐり、上って耳後を挟み、[翳風][][顱息]を経、直ちに上って耳の上角に出て、「角孫]に至り、[懸釐][頷厭]を過り、及び[陽白][晴明]を過り、屈曲して頬に下り、Kに至って[觀ク]の分に会するなり。

  • 臂骨の尽るところを腕となす。
    臑の尽るところを肘となす。

  • 手の少陽三焦経は小指の次指の端、[関衝]穴に起こり、上って次指の間に出て、[液門][中渚]を歴、手の表腕の陽池を循り、臂外両骨の間に出て、[外関][支溝][会宗][三陽絡][]を循り、乃ち上って肘を貫き、[天井]穴に抵る。

  • 三焦手の少陽の脈は薬指の端に起こり上り両指(薬指と小指)の間に出て手の表腕(ひょうわん:手の甲と関節部)を循り、前腕の両骨間の外側に出て、上り肘を貫き上腕の外を循り肩に上り、足の少陽の後で交わり出て、缺盆に入りP中(だんちゅう:任脈の穴で両乳の中央)に散布し、心包に連絡し横隔膜を下り、三焦(上焦中焦下焦)を順次循り属する。
     その支脈はP中より上り缺盆に出て、項を上り耳後(じご)を繋(つな)ぎ、直ちに上り耳の上角に出て、ここから屈曲し頬に下り、目の下に至る。
     その支脈は、耳後より耳の中に入り、出て耳前に走り、客主人(きゃくしゅじん)の前を過ぎ前の支脈と頬で交わり、目の鋭眥(えいし:目尻)に至り足の少陽胆経に接する。







経穴名 適応する症状・病名 参考



TE-1
(カンショウ)
[関]は関所、経気の出入り口。
[衝]は要衝の意味。

頭痛、咽喉腫痛、発熱
ひじが上がらない。

突発性難聴
咽喉部の腫痛
舌のこわばり

清三焦之熱、醒神開竅。

刺絡療法
解熱作用
三焦経の井穴で、経気が最も盛んなところでこの名がある
(取穴)手の小指の次指の端にあり、爪甲を去ること韭菜のごとし。
斜刺0.12寸



TE-2
(エキモン)
頭痛、結膜炎、耳聾、咽喉腫痛、手臂痛、瘧疾
清熱瀉火・安神定志。
○鍼の誤りを戻す穴・・・中焦より上野鍼の過ちで気絶したのを戻すには、液門に鍼すれば直ちに治る。(沢田流針灸神髄)

[液]は、水液。[門]は出入り口。
三焦経の栄穴。この経穴から水気が出入りしているのが名の由来。
「三焦は決ナの官、水道出づ」
(取穴)手の小指の次指の間、陥中にあり。
○沢田流では中指と環指の本節前の間の陥中(沢田流針灸神髄)
直刺0.3〜0.5寸



TE-3
(チュウショ)
唖聾、耳鳴、肩背痛

頭痛・目赤・咽喉腫痛
清熱開竅・舒筋開竅。
ギックリ腰にも

[渚]は、水に浮かぶ小さな島や中州を指す。三焦の水道は大きな川に似ている。その川の渚にあるので中渚の名がある。
三焦経の兪穴
(取穴)手の小指の次指の本節の後ろの間、陥中にあり。
直刺0.3〜0.5寸



TE-4
(ヨウチ)
「三焦の原穴として小腸乳糜管や胸腹のリンパ管の循環や吸収を促し心臓に精気を賦与する」
肩こり、子宮位置異常、
腹直筋強直、腸間膜神経痛、
妊娠嘔吐、ヒステリー
口内乾燥、間歇熱、
腕の関節炎・リウマチ。
五十肩、神経痛
瘧疾。
宣肺解表・開竅聡目・舒筋利節。

心下の動気も疝気に関係があって陽池の灸でとれる。(沢田流)

[陽]は、手の背側を指す。[池]は。陥凹・間隙のことで、形が池に似ているから、この名がついた。
三焦経の原穴
(取穴)手の表腕の上、陥中にあり。
直刺0.3〜0.5寸



TE-5
(ガイカン)
上肢関節痛・マヒ。半身不随、耳下腺炎、耳鳴、落枕(失枕)

熱病・頭痛・頬の痛み
三焦経の絡穴
本経から別れて手の厥陰心包経をめぐる。
八脈交会穴の1つで、陽維脈に通じ、鎮驚熄風・通経活絡の作用がある。
(取穴)腕後、2寸、陥中にあり。分かれて手の心主に走る。
直刺0.5〜1寸



TE-6
(シコウ)
肩臂酸痛、便秘

耳聾・耳鳴り・胸脇部の疼痛
解熱作用

L[照会]・・・照会と組み合わせて便秘に。
L[外関][大陵]・・・組み合わせで腹痛・大便秘結に。
[支]は、肢に通じ、狭いところを[溝]という。
上肢前腕の骨と筋に挟まれたところにあるので、この名が付いた。
通経開竅・活絡散・調理臓腑の作用がある。
(取穴)
腕後、3寸、両骨の間、陥中にあり。
陽池の上3寸、橈骨と尺骨の間にとる

直刺0.5〜1寸



TE-7
(エソウ)
耳聾、上肢痛、テンカン。

疏経活絡作用
三焦経のげきけつ
[会]は、会合の意味、[宗]は、集まること。
経気が集まるところなので会宗の名が付いた。
(取穴)腕後、3寸、空中1寸にあり。
直刺0.5〜1寸




TE-8
(サンヨウラク)
他の三陽経の病邪を解消する。

頭痛、耳鳴、丹毒、猩紅熱

聾、臂痛、失語。

「全身性の急激なる炎症及び疼痛を治す」

通絡・開竅・鎮痛作用。

[三陽]とは、手の三陽経のこと。
[絡]は、この経穴で3つの陽経が交会することから、三陽絡の名がある。
(取穴)
臂の上大交脉、[支溝]の上、1寸にあり。

直刺0.5〜1寸

TE-9
(シトク)
上歯痛、耳鳴、片頭痛、
三叉神経痛、前腕の神経痛、
肩背疼痛、半身不随(上肢)、止痛、腎炎。

疏筋活絡作用。
[]は、水路の意味。
長江・黄河・淮河・濟河の4つの川をと呼んだ。
(取穴)
肘の前、5寸、外廉(臂経の外側をいう)陥中にあり。
天井の下5寸、橈骨と尺骨の間にとる
直刺0.5〜1寸



TE-10
(テンセイ)
片頭痛、胸臂痛、項背痛、瘰癧
。癇症
清熱化痰・疏経利節の作用。
[天]は、上半身のこと、天井星に応じていることからこの名がついた。
三焦経の合穴。
肘の後で屈曲したときに出来る陥没した凹部にある。
経気が深部に集まるところ。
直刺0.5〜1寸




TE-11
(セイレイエン)
肩臂痛
・偏頭痛
清熱涼血・疏筋活絡の作用がある。
[清冷淵]は、寒冷で清涼な水を深くためている淵。
三焦に停滞した熱邪によって起こる疾患を、寒冷の性質で治す働き。
肘の上2寸にあり。肘を伸ばして臂を挙げてこれを取る。
直刺0.5〜1寸

TE-12
(ショウレキ)
頭痛、頸項去痛、臂痛
消渇の特効穴。
疏経活絡・清三焦之熱の作用。

[消]は、消える、散るの意味。
[]は、邪気が停滞して治りにくい、熱が津液を傷めるという意味。
「消」とは、散る。「」とは水溜まりを指す。三焦経の流注は井、淵を経てここに来て浅くなることに由来。
(取穴)
清冷淵と臑会の中央にとる。
肩の下臂外の間、腋より斜めに肘分に下行するにある。
直刺0.5〜1寸



TE-13
(ジュエ)
肩臂痛

疏経通絡の作用。
[臑]は、上腕のこと。
[会]は、この経穴(臑会)が手の少陽三焦経と陽維脈との交会穴からこの名が付いた。
肩の前廉、肩頭を去ること3寸にあり。
直刺0.5〜1寸


TE-14
(ケンリョウ)
中風・半身不随に特効あり。
皮膚病一般。
肩胛関節リウマチ、関節炎、
上腕神経痛、顔面神経麻痺、三角筋ロイマチス

上肢のシビレ、筋無力
疏筋利節の作用。
[肩]は、肩関節・肩の端を指す。
[]は、骨に挟まれた陥没(凹部)のこと、
直刺0.5〜1寸


TE-15
(テンリョウ)
肩こり、頭痛、高血圧、
中風、上肢の神経痛。

臂痛で上がらない、頸項部疼痛。

舒筋利節の作用。
気胸に注意

[天]は、体の上部をいい。ここでは肩胛骨を指している。
[]は、骨に挟まれた陥没(凹部)のこと
手少陽三焦経・足の少陽胆経・陽維脉の交会穴。
直刺0.3〜0.5寸


TE-16
(テンユウ)
耳聾、頸項強、片頭痛

顔面部の浮腫。
止痛利節・清頭明目の作用。
[天]は、体の上部をいい。ここでは頭頂部を指している。
[ユウ]は、窓を意味し、頸部にアナ(竅)があるように見えることからの名がついた。
頸の大筋の外、缺盆の上、天窓の後、天柱の前、完骨の下、髪際の上にあり。
直刺0.5〜1寸



TE-17
(エイフウ)
耳疾患、顔面神経麻痺、
コウガンカシャ ・顎関節症
三叉神経痛、歯痛、耳下腺炎、扁桃炎、喉頭カタル、シャックリ。

聴覚神経障害、顎関節障害、歯痛、寝違え、項強、片麻痺。
通風疏絡・開竅益聡の作用がある。
顔面・聴覚神経障害の常用穴

[翳]は、隠す、蔵すという意味。
[風]は、翳風穴の並びに[風池]があり、風池同様に、風証を治す作用があるので、この名がある。
手少陽三焦経・足少陽胆経の交会穴。

翳風は耳垂の裏側にある陥凹にあり、耳垂に隠れている。
耳の後ろ、尖角陥中にあり。これを按せば耳中に引きて痛む。
(取穴)
耳垂の後方、乳様突起の後下方、胸鎖乳突筋の後縁にとる。

直刺0.5〜1寸

TE-18
(ケイミャク)
耳聾、耳鳴、頭痛
・ひきつけ
清熱散風の作用。
刺絡療法

[ケイ]は、癇症(ひきつけ・ケイレン)のこと。
[脈]は、血絡のこと。
ケイミャクは耳の裏側の青筋の立った絡脈(耳後浅静脈)のところにあり、小児の痙攣などを治すことから、名づけられた。
ケイ」とは鶏の足を意味する。耳後の血脈はそれに似ていることから、名づけられた。

(取穴)耳本の後足青脈の中にあり。
横刺0.3〜0.5寸



TE-19
(ロソク)
耳鳴、嘔吐、中耳炎
・小児の驚癇
清熱散風の作用。
[顱]は、頭の意味。
[息]は、休息の意味。
顱息は、寝るときに枕が当たるところ。
(取穴)耳後青脉の中にあり。
横刺0.3〜0.5寸



TE-20
(カクソン)
眼病・耳疾患(耳鳴り)・歯痛。歯ぐきの腫れ
脳の充血を去る。
部紅腫
流行性耳下腺炎
清熱散風の作用。

[角]は、耳尖(耳の先端)のこと。
[孫]は、小絡のことで孫脈を指す。
角孫は、耳の上尖でここから支脈が出ていることから、この名がある。
手少陽三焦経・手太陽小腸経・足少陽胆経の交会穴。
(取穴)耳郭中間の上、口を開いて空有るにあり。
横刺0.3〜0.5寸



TE-21
(ジモン)
耳疾患と眼科疾患に特効あり。耳聾、耳鳴、中耳炎

疏通経絡・開竅益聡の作用。
[門]は、経気の出入りするところ。
耳珠上方、前切痕の前の陥凹にある。
(取穴)
耳の前、起肉耳に当たって欠けたる中にあり。
耳珠の前上方、聴宮SI-19の上にとる
直刺0.5〜1寸

TE-22
(ワリョウ)
耳鳴、頭痛、牙関緊急、顔面神経マヒ

ワリョウは顔面部の鼻・口・耳・眼の7つの竅を正常にする作用がある。
[和]は、正常に働くという意味。
[ りょう]は、骨に挟まれた陥没(凹部)・間隙のこと
耳門の迂遠間隙にあるので、ワリョウと呼ばれている
(取穴)耳輪起始部の直前に取る。
斜刺0.3〜0.5寸




TE-23
(シチククウ)
片頭痛、眼病、顔面神経マヒ
コウガンカシャ
清熱散風の作用がある。
[絲竹]は、細い竹葉、眉毛
[空]は、凹み、陥没の意味。
絲竹空は眉毛の外端の陥凹にあるので、この名がある
手少陽三焦経・足少陽胆経の交会穴。
(取穴)眉後陥中にあり。
横刺0.3〜0.5寸







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬