情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





性同一性障害
(GID)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)





性同一性障害
Gender Identity Disorder
  • 自分の性別に強い違和感を持ち、別の性になりたいと望むもの。
    身体的な性と心理的な性が一致しない
    自分が考える心理的な性別と、肉体的な性別が一致しない障害。





性転換手術を容認へ
  • 性転換手術は心理的な性に合わせて身体を整形する手術。
    「日本精神神経学会の特別委員会(山内俊雄委員長)は23日までに、性転換手術を「治療の最終手段」として容認した上で、対象者と実施施設を限定する内容の治療方針をまとめた。
      対象者:
    1.年齢20歳以上
    2.希望する性別で1日中生活する「実生活テスト」を一定期間以上続けている。
    3.手術の危険性などを理解し文書で同意している




診断 複数の精神科医で行う。




女装して出勤したことなどを理由に解雇された男性が、地位確認と未払い賃金の支払いを求めた仮処分申請で東京地裁は性同一性障害のため、女性としての行動を抑制されると多大な精神的苦痛を被る状態にあったと指摘。「女性の容姿で就労することを認め、配慮を求めることには相当の理由がある」とした。

大阪市北区の美容整形外科「W形成クリニック」で2002年2月に起きた性転換手術の死亡事故は、麻酔薬の副作用を起こした患者への適切な処置が不十分だったことが大阪府警捜査一課などの調べで分かった。同課と天満署はW院長(51)を業務上過失致死容疑で近く書類送検する予定。
性転換手術の死亡事故で刑事訴追されるのは初めて。
調べによると、死亡したのは性同一性障害を抱えた東京都内の男性で、W院長の執刀で女性への性転換手術を受けた。手術開始3時間後に呼吸困難になるなど容体が急変し、翌日、肺水腫などを引き起こし死亡。W院長は気道確保などの処置を十分に取らないまま手術を続行した疑いがもたれている。
クリニックには患者の容体急変に対応する救命機器や入院施設はなかった。
設備がある他の病院への転院も翌日だった。



2010年、日本の生別適合手術で草分けだった埼玉医大。1998年日本で初めて正当な医療として適合手術を行った。担当教授の退職後中断していたが、2007年から中断していた手術を再開している。
埼玉医大以外では、岡山医大、札幌医大で行っている。




を投与
2011年、性同一性障害で女子として生活している12歳の男児に、大阪医科大病院(高槻市)で、抗ホルモン剤を投与して思春期の体の変化を抑える治療を始める。
男性としての成長に伴う精神的な苦痛を緩和するには、抗ホルモン剤の投与が有効と判断。2月から始める予定。
男性ホルモンと女性ホルモンの分泌を抑える抗ホルモン剤「LHRHアゴニスト」を月に1回注射する。健康保険の適用外。






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査