ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




精神障害



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



精神障害の漢方薬
  1. 黄連解毒湯
  2. 甘麦大棗湯
  3. 牛黄清心丸真珠
  4. 柴胡清肝湯
  5. 三黄瀉心湯
    1. 精神不安
    2. 精神分裂病
    3. 24歳男性。口どもりて語ること能はず、また時として夜中に目覚めて、自ら身体の大なることを誇ることあり、来たりて診を乞う。
      診するに、心煩甚だしく、心下痞す。瀉心湯を与える。数ヶ月ならずして諸症悉く治り、言語意の如し。《長沙腹診考》
    4. 心中煩悸し、心下痞する者に用いる《長沙腹診考》
  6. 大承気湯
  7. 天王補心丸
  8. 桃核承気湯
    1. 精神錯乱
    2. 月経時に精神異常を呈する者《大塚敬節》
    3. 精神不安(興奮しやすい)
    4. が原因で精神異常を呈する者に用いられる《大塚敬節》
  9. 防風通聖散







[真珠][サファイヤ][ロードクロサイト][ルビー]





精神障害
身体表現性障害 「身体化障害」
「転換性障害」
心気症
「疼痛性障害」
「身体醜形障害」
不安障害 パニック障害
恐怖症
「強迫性障害」
心的外傷性ストレス障害
「急性ストレス障害」
全般性不安障害
「身体障害」
解離性障害 「解離性健忘」
「解離性遁走」
「解離性同一性障害」
「離人症性障害」
気分障害 ウツ病
「気分変調性障害」
「双極性障害」
「気分循環性障害」
精神ー性的障害 「性機能障害」
性同一性障害
「パラフィリア」
精神分裂病 精神分裂病
「短期精神病性障害」
「分裂病様障害」
「分裂感情障害」
「妄想障害」
摂食障害 「神経性無食欲症」
「神経性大食症」
「むちゃ食い障害」
自殺行為
人格障害
薬物依存症
副作用で精神障害に セレスタミンベイスン」「ルジオミール




(精神障害の診断基準)
主に2つあり、統一されていない
  1. 『ICDー10』
      
    WHOが勧める基準。
      症状についての基準が緩い
  2. 『DSMーY』
      
    米国精神医学界が提唱するもの
       
    恐怖体験の基準が緩い
2つとも、ドイツの精神科医エミール・クレベリン(1896)の考え方を発展させたもの。

生物学的原因による「器質的障害に加えて、「神経症」と「精神病」の間の区別が伝統的に採用されいる。






神経症的 精神病的
  1. パーソナリティの一部が病気に冒されている
  2. 本人は自覚している
  3. たとえば
    • 恐怖症
    • 強迫観念
    • 不安
  1. パーソナリティ全体が病気に冒されている
  2. 本人は自覚していない
  3. たとえば
    • 精神分裂症






米医薬大手、ジョンソン・エンド・ジョンソン子会社のヤンセン協和(東京・品川)は精神病の症状である幻聴や幻視を疑似体験できるシステムの日本語版を開発、無料貸し出しを始めた。医師や看護婦が患者の症状を理解する助けになり、早期発見や治療に役立つという。
開発したのは米ハーバード大学の関連有力精神病院であるマクリーン病院が患者への調査をもとに開発したシステムを日本語化した「バーチャル・ハルシネーション」。ソフトを組み込んだパソコン・立体映像を映すゴーグル・ヘッドホンで構成する。
精神病患者の立場となり、医師と面接しているという設定で疑似体験する



「母親が、息子の様子がおかしいと言って、保健所の紹介で相談に訪れた。息子のI君(21)はもともと無口で友人は少なく、読書が好きな、おとなしい性格の青年である。大学2年の頃から、大学を休むようになった。両親が理由を聞くと、
「大学の雰囲気が何となく嫌だ」
「人生の意義を考えている」などと無表情で答えるだけだった。
正月を過ぎた頃から不眠を訴え、落ち着きがなくなってきた。食事も勝手な時間に摂るようになり、自分の部屋に閉じこもるようになった。無精ひげを生やし、風呂にも入らず、乱雑な部屋の中で何もせずぼんやりと過ごしている。時々独り言を言ったり、ニヤニヤ笑ったりしている。
「部屋に隠しマイクがあって、探られている」
「誰かが自分の噂をしている」などと話す。精神分裂病の疑いがあるので、薬物治療の必要があり、服薬と生活改善のため、クリニックが運営するヤングデイナイトケアという若者向け施設に通うことになった

日本には精神障害者は217万人以上いると推定され、最も多い精神分裂病は20歳前後に発病する。昔はカギのかかる閉鎖的な郊外の精神病院に入院させられ、医療保護という形で疾病管理と同時に全生活を管理されていた。
約30年前から精神病院を開放的なものにしようという機運が高まり、人間的な治療が次第に普及した。今は人権尊重に立場から、郊外の精神病院への入院治療は極めて慎重に検討される。障害の程度も昔と比べ一般に軽くなっており、入院治療の必要性自体も希薄になっている。
今後は、入院患者としてではなく、一般の住民として考え、治療・教育して回復を図るというやり方が重要となる。I君のように基本的には外来、あるいはデイナイトケアで医療を継続し、精神状態の安定を図るという方法だ。
症状がある程度安定した後は、グループホーム、援護寮、福祉ホームなどの施設で過ごしスタッフによる多少の援助を受けながら、自立した生活が送れるようサポートする。次は共同作業所、授産施設、福祉工場で様々な仕事に従事しながら、徐々に力をつけていく。そして、ある程度「実力」がついたら、実社会の仕事に就いて、社会的・経済的・精神的に自立していくのである。
その過程での家族の対応は過保護・過干渉であったり、あるいは過度に批判的であってはならない。態度や言葉で強く表現することは厳に慎むべきである。感情表出を低く抑え、病気への知識を深め、医療や福祉のスタッフと協調していくことが需要である








関連情報 精神不安
不安
精神病
きちがい
精神分裂病
仮面うつ病
うつ状態
性同一性障害
ヒステリー
不安神経症
パニック障害















解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査