情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





脊柱管狭窄症






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











ロコモティブシンドローム」 
間欠性跛行
」 
腰部脊柱管狭窄症
エラスチン





脊椎管狭窄症
=「脊柱管狭窄症」腰部脊柱管狭窄症

(症状)
  1. 数十メートル歩くと、尻から足にかけて焼けるようなジンジン感が起こり、歩けなくなってしまいます。多くの場合ジンジン感は両足に放散し、数分間休憩していると、また歩けるという(脊髄性間欠跛行)
  2. 電車の中で立っているだけで間歇跛行を起こすこともあります。
  3. 自転車なら何時間でもこげるのに、歩くのはダメが多い。
  4. 脊柱を後ろに反らすと悪化する。
    • ・・・前屈みになると脊柱管が広がるため。









間欠性跛行
  • しばらく歩くと脚がしびれて動けなくなったが、しゃがんで一休みすると、再び歩けるようになった・・・・・。
  • こんな経験のある人は腰部脊柱管狭窄症の可能性がある、

  • 脊柱管とは背骨の中に空いている穴を指す。
    この穴の間を神経が通っているため、脊柱管が何らかの理由で狭まると、神経が圧迫された状態になる。そうなると、神経に酸素や栄養が行き渡らなくなり脚のしびれや痛みを引き起こす。

  • 脊柱管の狭窄はは先天的や事故で起きることもあるが、加齢で関節部分や黄色靱帯など脊柱管の周囲の組織が厚くなるのが一番の理由とされている。
  • 60歳以上の高齢者が圧倒的に多く発症している。


  • この病気の代表的な症状が
    1. 間欠性跛行と呼ばれる歩行障害。
      最初は普通に歩けるが、50〜300m進むと歩くのが困難になってくる。
    2. ただ、腰を折り曲げてしゃがみ込むと脊柱管の圧迫が一時的に解消するため、短時間の休憩で再び歩けるようになる。

  • 症状が進行すると
    • 排尿や排便に支障を来したり、
    • 足の指先に力が入らなくなったり
    することもあるという。


治療法は3つ。
  1. 脊柱管を広げるストレッチなどの運動療法。ただし、体を反らせると逆に脊柱管が圧迫されてしまうため、専門家の指導を受けた方が良い。
  2. プロスタグランジン製剤の服用。この薬には血流を改善する効果があるとされ10年ぐらい前から使われ出した。
  3. 手術


民間療法










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬