ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




セルベックス(テプレノン)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



消化性潰瘍治療薬





消化性潰瘍治療薬
一般名 テプレノン


名:
「アンタゴスチン」「アントベックス」「イナノニン」「エクペック」「クラーレン」「コバルノン」「セピマン」「セフタック」「セループ」「セルテプノン」「セルベックス」「デムナロン」「テルプレン」「テルペナ」「テルペノン」「テレベス」「テレベックス」「テンベロール」「ピクリール」「ヒシテロール」「フォルテイックス」マイザック」




胃潰瘍。
急性胃炎の粘膜病変を改善。
慢性胃炎の急性増悪期。
胃粘膜・胃粘液層中の粘膜修復第一因子である高分子糖タンパクの合成を促し、粘液中のリン脂質の濃度を高め、粘膜防御能を高める
胃粘膜病変に伴う粘膜増殖帯細胞の増殖能の低下を改善。
胃粘膜プロスタグランジン量を増加。
粘膜防御因子強化作用がある胃炎・胃潰瘍薬。



1日150mg  分3









1.眼瞼の発赤・熱感。
2.下痢
3.GOT上昇
4.GPT上昇
5.頭痛
6.総コレステロール値が上昇
7.全身にカユミが出る(→中止する)
8.口渇
9.吐き気
10.腹痛。
11.腹部膨満感
12.便秘
13.発疹
非特異的な副作用が発現。







うつ病改善
2017年、
岡山理科大学のチームは、ストレスを与えてマウスをうつ状態にすると、脳内でHSP105というタンパク質が減少すること注目。

テノプレン(セルベックス)という医薬にはHSP105を増やす作用があり、マウスをうつ状態にしながら投与すると、HSP105が増加し、その後、ウツ症状が改善した。

脳由来神経栄養因子(BDNF)というタンパク質も脳内で増えており、詳しく調べた結果、HSP105がBDNFを介して抗うつ作用をもたらしていることが分かった。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬