ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



洗肝明目湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告




洗肝明目湯
<1>角膜実質炎
     

<2>鞏膜炎
     

<3>硬化性角膜炎
     

<4>虹彩炎
     

<5>春季カタル
     

<6>ベーチェット病




洗肝明目湯
実証にして炎症、充血、疼痛等刺激症状のある角膜結膜の疾患に広く応用される。
経過の長引く難治とされている角膜疾患には特に必要の剤である。
  • 蔓荊子=肝経に入り、血を涼まし、目赤を治す。
    木賊=肝胆の経に入り、目翳を去る。
    菊花=肝を平にし、目を養い、G膜を去る。
    r藜子=肝を散じて補し、目を明らかにす。
    決明子=肝経に入り風熱を除く、一切目疾を治す。
    石膏=熱を清め、火を降ろす。
    南天実=筋骨を強め、気力を益す。














関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査