ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



疝気



TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床


  寒疝
気の流れが悪い
手術後の不定愁訴
睾丸が冷たい」「睾丸が腫れる
不安」「ストレス」「疼痛



疝気の漢方薬
  烏苓通気散《万病回春》

加減香苓散《万病回春》

加減柴苓湯《医学入門》

気疝飲《医学入門》

行気香蘇散《万病回春》

五積散《万病回春》
  1. 腰痛、神経痛。所謂疝気で、足の冷えとのぼせを訴える者《矢数道明》

呉茱萸湯
  1. 疝:陰嚢より上を攻め、刺痛して刺しこみ、嘔などもあり、何れ上へ迫るものを治す「+附子」《呉菎》
  2. 寒疝腰痛し、尺脈沈遅なる者を治す「+附子」《方読便覧》

三和散《医学入門》

聚香飲子《医学入門》

十味蒼柏散《医学入門》

神効湯《万病回春》

疝気一方《寿世保元》


川練湯《万病回春》

当帰建中湯

当帰四逆湯《医宗必読》

当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 古人が疝と呼んだ病気には、下半身に寒があって、上半身に熱のあるものがあり、これに、この方を用いる《大塚敬節》

桃仁当帰湯《証治準縄》

白葱散《医学入門》

立効散《証治準縄》

苓桂朮甘湯
  1. 疝:「+柴胡・小連翹」《本朝経験》

和気益栄湯《万病回春》




疝気(せんき)
疝気とは?
  • 下腹部から睾丸に波及する劇痛を訴える総称。
  • 腸神経痛等の、冷えにより増悪する移動性かつ一過性の下腹痛。


主薬
  • 「疝気には、小茴香・川楝子を主薬とすべし」《万病回春》

《仲景》は痰飲を寒飲と云い、疝気を久寒と云う




針灸のつぼ 疝気というのは気の滞りです。
今の医学ではこれが分からぬ。

疝気が悪いとガスがたまっていけません。

疝気を治すには、手の陽池と腹の中脘(CV-12)へ灸をすえればよい。
心下の動気も疝気に関係があって陽池の灸でとれる。
胃下垂も胃拡張も中脘(CV-12)で治ります。」
《沢田流聞書鍼灸眞髄》







術後の疼痛
40歳、女性。15歳で虫垂炎、18歳で慢性副鼻腔炎、19歳で卵巣嚢腫の手術を受けた。さらに、28歳では子宮外妊娠、30歳では急性腹症のため手術を受けました。35歳頃から全身の体調が思わしくなくなり、痒痛・頭痛・腹痛に悩まされています。冬にはシモヤケが出来るようになり、冷えに敏感で電気毛布を必ず使っています。椎間板ヘルニアと診断を受け、牽引療法などを受けましたが改善しないため、また手術を薦められています。

何度か手術を受けた後、原因がハッキリしない慢性疼痛に悩んでいる方は少なくない。質問者は何度も手術を受けた後、徐々に体力に自信が無くなり、精神的にも不安定になって、痛みに敏感になった。
夏にはクーラーで頭痛や腰痛が起こり、夜は電気毛布などで体を温めないと眠ることが出来なくなった。痛みは必ずしも神経支配と一致しない。ことから「心因性」の痛みではないかと言われている。また慢性膵炎の疑いなど原因不明の腹痛のため、内科や心療内科に通院しているという。
このような状態を古人は『疝気』と呼び、血行を良くし、体を温め、疼痛を緩和する漢方薬を伝えている。質問者の場合は当帰四逆加呉茱萸生姜湯 という薬をおすすめする









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved