情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





専門病院






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






CT
BNCT
PET
MRI
X線検査

顕微鏡
内視鏡
放射線療法
超音波
セカンドオピニオン
リハビリ病院
ガン

検査
電磁波

院内感染
医療ツーリズム







専門病院
(消化器科)
  • 平塚胃腸病院(東京都豊島区
    • 大腸ガン手術(年間800件)
      内視鏡・超音波による検査(年間2万件)
  • 川越胃腸病院(埼玉県川越市
    • 胃・大腸手術(年間250件)
      検査(年間13000件)
  • 堀江病院(群馬県太田市
    • 病的肥満で、胃の腹腔膜下バイパス手術
  • 本郷メディカルクリニック(東京都文京区
    • 大腸内視鏡検査(年間5000件)
      患者は1回の受診ですむ。


(甲状腺)
  • 伊藤病院(東京都渋谷区
    • 年間20万人が来院。民間病院で最大規模のアイソトープ設備を持つ。
  • 野口病院(大分県別府市
    • 甲状腺ガン(年間1500件)、
      1万件以上をデーターベース化


(心臓外科)
  • 大和成和病院(神奈川県大和市
    • 冠状動脈バイパス手術(年間200件)
      患者負担を少なくするため人工心肺を使わない手術
  • 葉山ハートセンター(神奈川県葉山市
    • 冠状動脈バイパス手術(年間400件)
      国際的に評価が高い


(呼吸器科)
  • 札幌南三条病院(札幌市
    • 2002年に136件の肺ガン手術を行った南一条病院から分院


(脳神経外科)
  • 北原脳神経外科病院(東京都八王子市
    • 手術(年間220件)、
      救急件数(年間2500件)
  • 富永病院(大阪市浪速区
    • 手術中のライブ中継
  • もみのき病院(高知市
    • ガンマナイフを四国で初めて導入


(整形外科)
  • 船橋整形外科(千葉県船橋市
    • 関節鏡を使い負担の少ない手術。
      スポーツ選手向けのリハビリ
  • 豊見城中央病院(沖縄県豊見城市
    • 人工関節手術(年間500件)


(泌尿器科)
  • 新村病院(鹿児島市
    • 前立腺ガン手術(169件/2003年)


(眼科)
  • 栗橋眼科(静岡県浜松市
    • 涙目・ドライアイ(1300件/5年で)
  • 両国眼科クリニック(東京都墨田区
    • 日帰りの角膜手術で有名。
      白内障、アレルギーの専門医がいる。
  • 長田眼科(奈良市内
    • 未熟児網膜症の治療法を確立した長田誠氏が名誉院長。手術(年間2000件)


(耳鼻科)
  • 神尾記念病院(東京都千代田区
    • 内科や脳神経外科など他領域で有力クリニックと提携。


(小児神経内科)
  • 瀬川小児神経学クリニック(東京都千代田区
    • 子供の睡眠障害の治療研究。
      成人の患者も多い。












「足の診療所」
  • 東京都港区の2013年4月開業
  • 国内初の足の専門クリニック
  • 形成外科・皮膚科・血管外科・整形外科の医師が診療

「神戸低侵襲がん医療センター」
  • がんで手術しない病院
  • 2013年4月ポートアインドに開業
  • 従来の装置に比べて4倍の出力がある放射線治療装置「トゥルービーム」を国内で初めて導入。
  • 神戸大学のスタッフが参加している。

「川越救急クリニック」
  • 2010年、救急車を受け入れる診療所。2013年現在、月に100台の救急車を受け入れ、9月から毎日開業。

「リズム徳島クリニック」
  • リンパ浮腫専門クリニック

「大田記念病院」
  • 脳腫瘍の治療に、磁場が狭いMRIを導入。手術中でもMRIで腫瘍の位置を確認出来る。
  • 通常のMRIは使用時に強い磁場が発生する。







近赤外線・・・1秒で60枚以上を撮影
  • 北里大学は、従来の1000倍の速度で体内の断層画像を作成できる技術を開発した。
    光源から出る近赤外線を生体に当てて、反射の様子から内部の様子を探る断層画像法を改良した。特殊な分光計と多素子の検出器を利用して一度に測定可能にした。
    三次元画像による診断法としてはX線照射が一般的だが、人体に影響がある。今回開発の手法は体の表面から4_b程度の深さまで、リアルタイムで断層画像が撮れる。
    眼底検査や歯科診断で、1秒間に60枚以上の立体画像を撮ることができる。内視鏡に組み込めばガン検査ができる

非造影MRA
  • 2011年、東芝メディカルシステムズは血管を立体的に撮影できる装置(MRA)の国際研究を始める。
    造影剤を使う既存の診断技術と比べて非造影MRAの有用性を1年かけて検証する。
    非造影MRAは被爆せずに撮影でき、造影剤の副作用もない。
    非造影剤MRAは主に腹部の動脈の画像診断に使う。
  • 米国では腎臓病患者の撮影に造影剤を使ったところ副作用を起こした例が報告されており、非造影剤MRAを使う医療機関が増えている


血管診断
  • 2009年、グッドマンは異なる波長の近赤外線を血管内で同時に照射し、組織内で反射した光の情報をもとに血管の内部を撮影する装置を2011年に発売すると発表。
    従来は撮影するために30秒近くかかり、一度、血流を止める必要があった。
    新しい機種では、血流を止めることなく、0.01mm間隔で計測できる。欧州では既に発売している。

3D画像の断面を表示
  • 2010年、東京大学の石川正俊教授らのグループは、3D画像(立体画像)の断面を自在に表示するシートタイプの装置を試作した。
    特殊なシートを宙で傾けたり上げたりすると、その位置に応じて断面が表示される。
    あたかも目の前にある立体物の内部をシートで透かして見ているような感覚。
    臓器や脳を撮影した医療画像を映し、患者に診断結果を説明するなどの用途で実用化を目指す。
    シートの動きに合わせて画像がすぐに切り替わるので、時間の遅れを感じることなく直感的に使える。システムと連動する専用のペンも組み込んだ。シートが映す立体画像に文字や図を描き込める







異なる病気を同時に診断
天文技術を応用
  • 2010年、理化学研究所の榎本秀一チームリーダー達は、ガンや炎症など異なる病気を同時に診断できる検査装置を開発した。
    新装置はガンの検査で普及しているPETなどで使われる複数の放射性薬剤を、一度の撮影で検出できる。宇宙の放射線を検知するのに使う「半導体コンプトンカメラ」を組み込んだ。
    エネルギーが200〜2000KeV(`電子ボルト)の広い範囲をガンマ線を使って捉えることができる。
    約30分の撮影で、ガンや炎症部位の範囲を0.5〜1mmのきめ細かさで特定できる。









手術時にカラーで血管を見る
  • 2010年、高知大学は、外科手術中にリンパ節や血管の状態を可視化できる「近赤外蛍光カラーカメラシステム」を開発した。リンパ管や臓器内の血管をカラー動画でその場で観察できる。
    心臓外科や乳腺外科での応用が期待できる。
    高知大学医学部の佐藤隆幸教授が、瑞穂医科工業などと共同開発した。
    肝機能検査役のインドシアニングルーン(ICG)を体内に注入し、赤外線を照射すると、血中やリンパ液に含まれるICGが蛍光を発する。佐藤教授らは、本来は目に見えない近赤外線を特殊カメラで撮影し、モニターにカラー画像として映し出すシステムを開発することに成功した。
    ICGに赤外線を当てた際の光を画像に映し出せるカメラは商品化されているが、モニター画像はモノクロだった。
    新システムは、血管やリンパ管などの組織が浮き出た近赤外蛍光のモノクロ画像と、リアルタイムのカラー可視化画像を合成することで鮮明なカラー化を可能にした。

放射性物質「モリブデン99」
  • 2010年、放射線医学研究所は、ガンや心臓病の診断に使う放射性物質「モリブデン99」を病院などで製造できる小型装置を開発した。
    手に入りやすいモリブデン100に光速近くまで加速した水素の原子核を衝突させて、モリブデン99を取り出す。
    モリブデン99はカナダやオランダなどの専用原子炉で作り、日本では生産していない、2009年にカナダの原子炉が故障して、生産が中止。今年4月のアイスランドの噴火で空輸が一時停止された。

テクネチウム
  • 2012年、日本原子力研究開発機構はガンや血流などの画像診断に使われている放射性医薬品「テクネチウム製剤」の原料の国産化技術を開発した。
    テクネチウムは注射した薬剤が発する放射線をカメラで検知し、病気の部位などを画像化する。
    テクチウム製剤の原料の金属元素「モリブデン99」は海外の原子炉で人工的に製造されたものを輸入している。
    今回の製造法は国内在庫が多い天然のモリブデンを加熱圧縮してペレットを作る。加熱の際に電流を流すことで所要時間を従来の3時間から5分程度に短縮。
    これに中性子を照射してできたモリブデン99からテクネチウムを作る。






TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報よく使う漢方薬