ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



セレネース



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





精神安定剤
A群(高力価群)、ブチロフェノン誘導体
一般名 ハロペリドール


[エセックチン][ケセラン][コスミナール][スイロリン][セポンスク][セレネース][ハロジャスト][ハロステン][ハロペリドール][ハロミドール][ブロトポン][ペルネス][ヨウペリドール][リントン][レモナミン]



◎脳の中枢に直接作用して、幻視・幻覚・異常行動など精神病の症状を抑えます。
◎D2-受容体を遮断するブチロフェノン系の抗精神病薬。
◎中枢神経系におけるドーパミン作動系、ノルエピネフリン作動系などを抑制する。





◎フェノチアジン系のクロルプロマジンよりも強い。
精神分裂病
躁病
定型的精神病薬。



初期・・・1日0.75〜2.25mg(徐々に増量)
維持量・・・1日3〜5mg




1.強力な中枢神経抑制薬を投与中の者。
2.昏睡状態
3.重症心不全
4.パーキンソン病
5.本剤及びブチロフェノン系薬の過敏症がある者
慎重な投与
が必要
1.栄養不良の者。
2.肝障害
3.ケイレン性疾患。
4.血管疾患
5.
高齢者
6.小児
7.心疾患がある者。
8.脱水状態の者
9.低血圧
10.薬物過敏症



1.中枢神経抑制薬・飲酒で相互に作用が増強する。
2.エピネフリンとの併用で、逆に血圧降下する。
3.リチウムとの併用で以下の症状が起きる。
  心電図に変化。
  重症の錐体外路症状
  持続性のジスキネジア
  突発性のSyndrome malin
  非可塑性の脳障害
4.カルバマゼピンとの併用で作用が減弱する。




○治療有効濃度範囲
トラフ値・・・8〜17ng/ml(成人)

○中毒症状
[アカシジア]
[鎮静]
[パーキンソン症候群]
[呼吸困難]
[意識障害]

○特異的解毒剤・・・無し。
トラフ値・・・・
薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物の濃度。薬の血中濃度は、急襲後に最高濃度となり、平衡状態に達した後、時間の経過とともに代謝・排泄によって一定の速度で減少する。
従ってトラフ値は投与直前値となる。



妊婦へ
の影響
投与しない
乳幼児へ
の影響
授乳を避ける
使用上
の注意
投与1〜3日でジストニア発作、数日〜数週間でアカシジア。パーキンソニズムなどの錐体外路系副作用を起こしやすいので、投与初期には抗パーキンソン病薬を併用する。
ただし、ブロモクリプチン・LーDOPAは用いない。
参考 統合失調症の治療薬[ハロペリドール]など旧タイプの向精神病薬を使い続けると、舌や口がひとりでにモグモグ動いたり、手や足がよじれたりする『遅発性ジスキネジア』と呼ばれる副作用が投薬開始から数年で出てくる。
ただ、この副作用が出る患者は約3割ぐらい。筑波大の有波忠雄教授らは300人の患者を対象に遺伝子の個人差と副作用の関係を調べた。その結果、脳内物質ドーパミンのD2受容体と連携して働く『HSPG2』『KCNB2』『GABRG3』という3つの遺伝子にある個人差が副作用の発症と関連していることを、2006年、突き止めた






セレネース副作用(五十音順)
  1. アカシジア(静座不能)
  2. 悪性症候群




    [無動緘黙]
    [強度の筋強剛]
    [嚥下困難]
    [頻脈]
    [血圧変動]
    [発汗から発熱]
    →中止。
    ☆体冷却・水分補給などの全身管理が必要。
    ☆悪性症候群で、白血球増加・血清CK上昇
    ☆ミオグロビン尿を伴う腎機能低下
    ☆筋強剛を伴う嚥下困難から嚥下性肺炎(死亡例あり)
  3. イレウス
    麻痺性
    イレウス
    腸管麻痺
    著しい便秘
    腹部膨満
    食欲不振
    腸内容物がうっ滞
    腹部弛緩
    悪心
    嘔吐
    →中止。
    ☆悪心嘔吐は発現しないことがある(本剤の制吐作用のため)
  4. インポテンツ
  5. ・咽頭攣縮・・・・中止し、処置必要。
  6. ・嘔吐
  7. ・黄疸
  8. 横紋筋融解症
    • 横紋筋融解症 CK上昇
      血中ミオグロビン上昇
      尿中ミオグロビン上昇
  9. ・悪心
  10. ・角膜混濁(長期・大量投与で起きる)
  11. ・角膜の色素沈着
  12. ・かゆみ(掻痒感)・・・・中止し、処置必要。
  13. ・肝障害・・・・中止し、処置必要。
  14. ・眼調節障害
  15. ・起立性低血圧・・・→減量又は中止
  16. ・血圧低下・・・→減量又は中止
  17. ・月経異常
  18. ・下痢
  19. ・幻覚
  20. ・倦怠感
  21. ・口渇
  22. ・光線過敏症・・・・中止し、処置必要。
  23. ・喉頭攣縮
  24. ・高プロラクチン血症
  25. ・興奮
  26. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
    • SIADH 低ナトリウム血症
      低浸透圧症
      尿中Na排泄増加
      高張尿
      ケイレン
      意識障害
      →中止。水分補給
  27. 呼吸困難・・・・中止し、処置必要。
  28. ジスキネジア

    遅発性
    ジスキネジア
    口周部の不随運動
    四肢の不随運動
    →中止。
    ☆中止しても不随運動が続くことあり。
  29. ジストニア




    ケイレン性斜頸
    顔面・喉頭・頚部の攣縮
    後弓反張
    眼球回転発作
    →抗パーキンソン薬投与など
  30. ・持続勃起
  31. ・焦燥感
  32. ・食欲不振
  33. ・女性型乳房
  34. 心室頻拍・・・→減量又は中止
  35. ・心電図異常・・・QT間隔の延長、T波の変化→減量又は中止。
  36. ・水晶体が混濁(長期・大量投与で起きる)
  37. ・錐体外路症状
  38. ・頭重
  39. ・頭痛
  40. ・体重増加
  41. ・腸管マヒからマヒ性イレウスに移行する。
  42. ・潮紅
  43. トルサデポアン・・・→減量又は中止
  44. ・乳汁分泌
  45. ・ねむけ
  46. ・パーキンソン症候群

    パーキンソン
    症候群
    振戦
    筋強剛
    流涎
    寡動
    歩行障害
    仮面様顔貌
    嚥下障害
    →抗パーキンソン薬投与など
  47. ・発熱
  48. ・発汗
  49. ・白血球減少
  50. ・鼻閉
  51. ・貧血
  52. 頻脈・・・→減量又は中止
  53. ・不安
  54. ・不眠
  55. ・浮腫
  56. ・便秘
  57. 発疹・・・・中止し、処置必要。
  58. 無顆粒球症

    無顆粒球症
    発熱
    咽頭痛
    全身倦怠
    →中止。
    血液検査必要
  59. ・めまい
  60. ・抑うつ



厚生労働省副作用情報
  • 無顆粒球症1
    薬物過敏症1
    ジストニー3
    麻痺性イレウス2
    向精神薬悪性症候群7
    肺塞栓症1
    遅発性ジスキネジー
(平成20年4/1〜9/31)
  • アカシジア
    ジストニー
    心電図QT延長
    大発作痙攣
    低酸素脳症
    悪性症候群
    新生児一過性頻呼吸
    心室細動
    心室性頻脈
    離脱症候群
    腹部コンパートメント症候群
    死亡
    ジスキネジー
    悪性症候群
    肺炎
    呼吸抑制
    てんかん重積状態
    突然死
    白血球数減少



ハロペリドールの検査
同義語 セレネース、ハロスチン、プロトポン、ケセラン、ハロマンス、ネオペリドール
ハロペリドールはブチロフェン系抗精神病薬で、統合失調症や躁病の治療薬として用いられる。主に、ドーパミン受容体の遮断作用により効果を発揮する。
基準値 有効治療域:3〜17ng/ml(血清)
検査目的 副作用防止のための最適投与量・投与方法を設定するため。
薬剤の
影響
フェノバルビタール・プリミドン・カルバマゼピン・ジアゼパムは・・・・ハロペリドールの代謝を促進し、低下させる
レボメプロマジンは・・・ハロペリドール濃度を上昇させる









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬