情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/


(SFTS)
重症熱性血小板減少症候群





HOME ブログ 病名検索 医薬品検索 漢方薬検索 50音順




ダニ

ダニアレルギー


血小板減少症







重症熱性血小板減少症候群
(SFTS)
マダニが介する感染症

  • この感染症は2009年頃から中国で死亡例が報告されている。
  • 2013年、厚生労働省は1/30、ダニが媒介する新しいウイルス感染症で山口県の成人女性が死亡していたと発表した。
  • 2011年に原因ウイルスが特定されている。
  • 中国では、マダニの一種であるフタトゲチマダニとオウシマダニからウイルスが見つかっている。
  • 致死率は12%
  • 2013年5/23、厚労省によると、山口県の60代女性の体で見つかったタカサゴキララマダニからSFTSの原因ウイルスが検出された。






(severe fever with thrombocytopenia syndrome)
  • ブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新規ウイルス、SFTSウイルス (SFTSV)、によるダニ媒介性感染症である。
  • マダニが媒介する 。マダニの中の
    • 「フタトゲチマダニ」
    • 「タカサゴキラマダニ」

  • 2011 年に中国で SFTS と命名された新規感染性疾患。
  • 2012 年秋、海外渡航歴のない成人患者に、発熱、嘔吐、下痢(黒色便)が出現した。

  • 入院時身体所見では、
    • 明らかなダニ咬傷はなく、
    • 血液検査所見では、
      1. 白血球数(400 /mm3)と血小板数(8.9×104/mm3)が著明に低下していた。
      2. また、AST、ALT、LDH、CK の高値が認められた。
      3. 血液凝固系の異常、
      4. フェリチンの著明な上昇も認められた。
    • 尿検査で血尿、蛋白尿が認められた。
    • 胸腹部単純 CT では右腋窩リンパ節腫大を認めた。
    • 骨髄穿刺検査により、マクロファージによる血球貪食像を伴う低形成髄の所見が認められた。
    その後に四肢脱力および肉眼的血尿と多量の黒色便を認め、全身状態が不良となり死亡した。

  • 入院中に採取された血液からウイルスが分離され、SFTSV と同定された。
  • また血液中に SFTSV 遺伝子が含まれることが確認された。
  • 血清は ELISA、IF 法による SFTSV に対する抗体検査において陰性であった。
  • 病理組織において SFTSV の抗原及び核酸が確認された。

  • SFTSV は 3分節の 1本鎖 RNA を有するウイルスで、クリミア・コンゴ出血熱やリフトバレー熱、腎症候性出血熱やハンタウイルス肺症候群の原因ウイルスと同様にブニヤウイルス科に属する。

SFTSV に感染すると
  1. 6日〜2週間の潜伏期を経て、
  2. 発熱、頭痛、筋肉痛、
  3. 消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)、
  4. 神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、
  5. リンパ節腫脹、
  6. 呼吸器症状(咳、咽頭痛)、
  7. 出血症状(紫斑、下血)
  • 等の症状が出現し、致死率は 10%を超える 。

    2005年に長崎県の60代の男性が死亡していた 。厚生労働省のサイトから










全国に
  • 2013年1月に国内で初めて患者が確認された重症熱血小板減少症候群(SFTS)は、10月末までに、13県で45人が発症し、18人が死亡した。

  • SFTSは1〜2週間の潜伏期間を経て、
    • 38℃以上の高熱や
    • 全身の倦怠感、
    • 下痢、嘔吐
    などの症状が出るほか、
    • 白血球や血小板などが減少する。
  • 重症化すると死亡することもある。
  • マダニに咬まれて感染する。
  • 2014年2/25、SFTSのウイルスが西日本だけでなく、北海道や東北、関東も含む23都道府県で採取されたダニから見つかった。
  • 厚労省研究班が26都道府県で植物や鹿(シカ)に付着したマダニを調べたところ23都道府県でウイルスが確認された。またシカの血液を調べたところ、患者報告例が無い宮城、長野、静岡、三重、滋賀、京都、和歌山、福岡でもウイルス感染症を示す抗体が確認された。
    1. SFTSはウイルスを持つマダニにかまれることで感染
    2. 発熱・嘔吐・下痢を発症
    3. 白血球や血小板の減少を招き、重症化すると死亡することもある。
    これまでに、58人の患者が見つかり、うち21人が死亡している。

インフルエンザ治療薬「アビガン」が有効
  • 2016年、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)に、アビガン(一般名:ファビビラビル)が有効であることを、マウス実験で確認したのは、厚生労働省研究班。
  • SFTSは西日本で患者が多く、6〜30%が死亡する。







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬