ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



脂肪萎縮症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





脂肪肝
レプチン
広告




脂肪萎縮症
治験始まる
  • 2010年、京都大学の中尾一和教授、海老原健准教授らのチームは、体の脂肪組織が無くなる難病「脂肪萎縮症」向けに医師主導治験を始めた。


ホルモンの「レプチン」を注射で補い、糖尿病脂肪肝などの症状改善を目指す。
  • 3年後をめどに薬の承認をめざす。
  • 治験の期間は2年。
  • 対象患者は3人以上。
  • レプチンを約5ヶ月、毎日投与する。
  • 京大はこれまで別の患者12人で症状の改善効果を確認した。
  • 国内患者・・・推定100〜200人。


治療薬・・・「メトレプチン」
  • 2012年、塩野義製薬は希少難病である脂肪萎縮症の治療薬の製造販売承認を厚労省に申請した。
  • 脂肪組織から分泌されるレプチンというホルモンを皮下注射で投与する。
  • 脂肪組織が消失・減少してしまう脂肪萎縮症は、難治性の糖尿病や高中性脂肪血症などの症状を引き起こす。
  • 2013年、「メトレプチン」の製造販売が承認された
  • レプチンというホルモンを皮下注射し、糖尿病や脂肪肝の症状を改善する。










関連情報 脂肪肝レプチン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査