なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
中鎖脂肪酸

チェック
脂肪酸必須脂肪酸」「トランス脂肪酸(TFA)」「脂質







脂肪酸には分子の長さにより長鎖・中鎖・短鎖に分類され、多くの植物油やラードは長鎖から成り立つ。
長鎖の脂肪酸(炭素数が8以上)は主にグリセリドとして油脂の構成成分で、リン脂質やステロール、臘などにエステルとして含まれている。




アスリートにとって脂肪は効率の良いエネルギー源として需要となる。ところが、摂取しすぎると体重が増加し、膝や足首など関節への負担が大きくなったり、持久力が低下してしまう。そこで「中鎖脂肪酸」が注目を浴びている。
中鎖は長さが約半分で、母乳や牛乳などに含まれる脂肪分の3~5%に含まれている天然成分。
1960年代から未熟児の栄養補給など医療用途に活用されてきた。
「中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすく、体に脂肪が付きにくいのが特徴」とお茶の水女子大の近藤和雄教授は説明する。
一般の食用油に含まれる長鎖はリンパ管や静脈を通り脂肪組織・筋肉・肝臓に運ばれ、分解・貯蔵する。一方、中鎖は「肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、効率よく分解される」と近藤教授。
吸収のスピードは約4倍、代謝スピードは約10倍早いため、蓄積脂肪になりにくいのだ。
効果のある中鎖脂肪酸。だが、これを含んだ食用油が市場に登場したのは2003年1月が初めて。発煙点が低いため揚げ物に不向きで、泡立ちの問題もあり食用油に応用できなかった。それを日清オイリオグループが独自の酵素技術を生かし商品化に成功した。
「適量の脂肪をタイミング良く摂ることが、スポーツにおける食用油の摂取ポイント。中鎖を含んだ食用油を上手に利用することが大切」とアスリートの食生活を指導する管理栄養士は口をそろえる。
成人の男女78人を対象に、通常の油と中鎖の油に分け3ヶ月間、毎日摂取した試験では体脂肪率・体重・腹部脂肪面積・ウエストのすべての項目で減少したという。アスリートだけでなく、「特に肥満気味の人は中鎖脂肪酸を使った食用油に切り替えることをお勧めします」と近藤教授。




PNAS2011年5/10
過食や絶食をすると、体は交感神経のはたらきでエネルギー消費量を増減させて、血糖値などを正常値に保つ。このエネルギーバランスの維持には、主なエネルギー源であるグルコースに加えて、腸内細菌食物センイからつくる「短鎖脂肪酸」も重要と見られていた。
京都大学の木村郁夫助教らは、マウス実験で、短鎖脂肪酸が交感神経を介して、バランスを直接コントロールしていることを明らかにした。
(短鎖脂肪酸が血液脳関門の透過性を高める)
交感神経にある受容体が短鎖脂肪酸で活性化されると、エネルギー消費量が増えた。
逆に、絶食時などに短鎖脂肪酸からつくられた「ケトン体」は、同じ受容体を介して交感神経を抑制していたという。
エネルギーバランスがくずれると、肥満や糖尿病になりやすい。
食事と腸内細菌の関係が健康維持に重要。


健康情報

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬