ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



脂肪塞栓症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





深部静脈血栓症
突然死
血栓
バリックス
肺梗塞
肺性心
呼吸困難
広告



脂肪塞栓症 (Fat Emboli Syndrome)
脂肪塞栓症

@骨髄由来の脂肪が血中に入る一方、浮腫などによる循環血液量の減少によるカテコールアミン分泌とリパーゼ活性化を介して血中に脂肪酸が動員されると、癒合して脂肪滴となり、肺毛細血管に塞栓する。


A(外傷)
この「脂肪塞栓」は外傷の80〜100%に認められ、そのなかの、1〜3%に臨床症状が出現する。


B(骨折)
交通事故などで骨折したあとで、骨折は治るものと説明を受けていたにもかかわらず、いったん、脂肪塞栓症群が発症すると救命も難しくなる。→死亡もある。


C交通事故後の脂肪塞栓は、 などと症状が似ているので、解剖が必要になる。



脂肪塞栓症の症状
  1. 骨折12〜24時間後から低酸素血症
  2. 意識障害
  3. 精神症状
  4. 呼吸困難







脂肪塞栓症の診断
  1. 皮膚点状出血
  2. X線病変(吹雪像)
  3. 頭部外傷と無関係の脳神経症状
  4. 低酸素血症(<70mmHg)
  5. ヘモグロビン低値
  6. 頻脈
  7. 発熱
  8. 尿中脂肪滴







関連情報 深部静脈血栓症突然死血栓バリックス肺梗塞肺性心呼吸困難







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査