トナカイ
鹿茸
E型肝炎
プリオン病
血小板



鹿の民間療法
鹿の血 人身の血の不足を補う
悪性の腫れ物 角の乾燥末or黒焼末を塗布、又は酢orゴマ油で練って塗布する
遺精 角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む
遺尿
黄疸 角を煎服する
脚気 角を煎服する。
乾燥肉を味噌煮にして食べる
。 
切り傷の出血 角の乾燥末or黒焼末を塗布、又は酢orゴマ油で練って塗布する
強壮・強精 角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む
虚弱体質 鹿茸を服用
血尿 角から製したニカワ(鹿角膠)を、毎日少しずつ飲む
五臓を強める 鹿肉をよく煮て食べる。
筋の急痛に 鹿髄を温かい酒で調服する
虚損を補う 肉を煮熟して五味であえて食べる
乾霍乱に 煙鹿皮を水に漬けて叩いて、汁を取って飲む
下疳 [鹿角・黄柏」各等分に作末しゴマ油で練って塗布する
後の腹痛 乾燥肉を味噌煮にして食べる。 
産前産後の耳鳴り 角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む。
子宮出血
子宮の病気 鹿胎児の黒焼き末を酒で飲む
四肢疼痛 角から製したカワ(鹿角膠)を、毎日少しずつ飲む
神経衰弱 鹿茸を服用。
心臓病 角を煎服する
丹毒 角の乾燥末or黒焼末を塗布、又は酢orゴマ油で練って塗布する。
「鹿角・蛇の黒焼末」混合し酒で練って塗布する
疔癰 角の乾燥末or黒焼末を塗布、又は酢orゴマ油で練って塗布する
中風 角を煎服する。
乾燥肉を味噌煮にして食べる
吐血 角から製したニカワ(鹿角膠)を、毎日少しずつ飲む
難産 角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む。
尿意頻数 角から製したニカワ(鹿角膠)を、毎日少しずつ飲む
寝汗
煩悶・夢多く・悪夢が多い 鹿頭肉汁を絞って飲み、肉を煮て食べても良い
B疽 角を煎服する
フグ中毒 鹿茸を服用。
腹痛 角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む。
慢性の化膿性疾患 鹿茸を服用
腰痛 角を煎服する。
角の乾燥粉末をそのままor(炒黄)or 黒焼末を飲む





鹿

○煩悶と夢が多く、夢も悪夢が多い者を治す。
「汁を絞って飲み、肉を煮て食べても良い。」
鹿

○脚膝の疼痛で地を踏めない。
 「五味を入れて煮て食べる。」
鹿
○五臓を強める。
 「よく煮て食べる」
○鹿肉の成分
  • DHA成分を含んでいる。他の肉にはない成分。
鹿
【基原】
  • 雄ジカの角質化した角

【性味】
  • 味は鹹、性は温

効能効果
  • 活血ム
    1. 慢性の難治性炎症
    2. 寒性の膿瘍
  • 虚労
  • 妬乳を治す
    • 石の上で溶いて汁を塗り、乾いたら乳内の黄水を吸い出す。
  • 腰脊痛に
    • 作末し1日2回温酒で1杯飲む。
  • 男女の夢で鬼物と交合する症を治す
  • 死胎の出ないとき使う

薬能
  • “熱を散じ、血を行らし、腫を消す《薬性提要》



鹿

【基原】
  • 鹿角を煎じて作る
【性味】
  • 味は鹹、性は微温
【薬性歌】
  • 鹿角膠温吐衂血 安胎崩帯虚羸跌

効能効果
  • 気血不足、陰陽ともに虚した者に
    1. 下半身の無力感
    2. 不正性器出血
    3. 吐血・衂血・崩漏・帯下に応用
    4. 虚羸を補う
    5. 癰疽・瘡腫・折傷・腰脊痛に用いる
    6. 再生不良性貧血
  • 腎臓の気の衰えに効く。
    • 炒って珠を作って粉末にして服用。
  • 崩漏と帯下を治す
    • 炒末して2銭を酒服・丸服・煮服。
  • 虚労を補い、髄を治し、肥らせる
    • 末にし1日2回、酒で2〜3銭づつ食べる
  • 安胎薬
  • 血小板減少症

薬理作用
  1. 滋養作用
  2. 止血作用:ビタミンB12含有。
  3. 止痛作用
鹿

【基原】
  • 鹿角を煎じ詰めてニカワにした残渣
【性味】
  • 味は鹹、性は温
【薬性歌】
  • 鹿角霜平補諸虚 安胎腰痛崩漏除

効能効果
  • 収斂止血作用
    • 薄くて量が多い帯下






野生シカの生肉を食べた4人がE型肝炎ウイルス(HEV)に感染したことが分かった。
野生動物の生肉を食べてE型肝炎の感染が確認されたのは初めて。厚生労働省は感染防止のために「野生動物の生食は避けることが望ましい」と全国の都道府県に通知した。
東芝病院(東京都品川区)の三代俊治研究部長らが2003年8/1日に英医学誌ランセットに発表した論文などによると、4人は兵庫県で野生シカの生肉を食べたところ、6〜7週間後にE型肝炎を発症したという。シカ肉と患者から検出されたHEVの遺伝子が一致した

発熱などの症状を訴え受診したAさんは急性肝炎と診断された。父親など家族や友人も相次いで発症し、当初は約2ヶ月前の海外旅行で感染したと見られていた。しかし、医師らが詳しく調べると、知り合いの猟師から譲り受けたシカ肉の生肉を、病気になる約7週間前に食べていたことが判明。切り分けて冷凍保存しておいた残りの肉片からもAさんたちと同じタイプのE型肝炎ウイルスが見つかり、なまにくが直接の原因と分かった
調査に当たった、東芝病院(東京品川区)の三代俊治研究部長は「E型肝炎ウイルスは完全に土着化した」と指摘する。
E型肝炎は海外旅行者が持ち込む輸入感染症とされていたが、最近、渡航歴の無い患者が増えている。特に、野生動物の生肉を食べたことが原因と見られる例が、2003年になった相次いで報告されている。鳥取県ではイノシイの肝臓を生で食べた2人の男性がE型肝炎に感染、このうち1人は劇症肝炎をはっしょうして死亡した。北海道では紫斑のブタレバーからE型肝炎ウイルスが見つかった。
寄生虫感染症に詳しい宮崎大学の名和行文副学長の研究室には、全国の医療機関から年間で400〜500件の検査依頼がある。名和教授らは主な12種類の寄生虫について、感染の有無を2時間あまりで同時に判定・診断できる技術を持つ。午前中に依頼があれば午後には診断結果を報告できる。
陽性と診断されるのは全体の約4割。特に多いのが動物由来の回虫だ。トリやウシのレバーを食べて感染したケースが目立つ。幼虫のまま人間に感染して肺炎や肝機能障害を起こす。命に関わることは無いが、まれに幼虫が神経に入り込んで麻痺することもある
回虫に次いで多いのが、「肺吸虫」。モクズガニや、それを食べるイノシシに幼虫が潜んでいる。名前の通り、肺に吸い付くように寄生し、セキや血痰・呼吸障害の原因となる。このほか最近3年間だけでも30種類以上の寄生虫感染が見つかっている。一般に、寄生虫感染は効果的な薬もあり、命に関わることはあまりない。しかし肺吸虫症はレントゲン写真で肺ガンと誤診され、不必要な入院検査まで実施した事例もあるという。「おかしな症状が出たら、以前に生肉を食べたかどうかを考え、寄生虫感染を疑うことが大事」(名和教授)だ。
E型肝炎ウイルスは63℃、30分の加熱で感染力を失うとされる




BSE(牛海綿状脳症。狂牛病)や変異型クロイツフェルト・ヤコブ病などに似たシカ類の病気、慢性消耗病(CWD)が米国で広がっており、米厚生省などが2002年11/4、CWDが人間に感染しないかどうかなどについて緊急研究を始めると発表。
CWDはBSEなどと同様、プリオンというタンパク質の異常によって起こる感染性の海綿状態症の1つ。シカ類の脳に異常が発生し、異常行動などを起こして死ぬ。
同省によると、国立アレルギー感染症研究所を中心に、サルなどの実験動物を使い、CWDが人間をはじめとする霊長類への感染の危険性を調べる。
「これまでのところ、CWDに感染したシカに接触したり、シカ肉を食べたりした人が、CWDに感染したとの報告はない。しかし、米国内で急速にCWDが広まっているため、人間への感染の可能性を調べることが急務になった」



ライオン・トラの体臭
2010年、ライオンやトラの体臭を畑の周囲に漂わせると、野生のニホンザル・シカが近寄らず、農作物の食害防止に効果のあることを、広島大学大学院生の渡辺麻気さんらの研究チームが確認した。
同じ効果のある糞尿より衛生的で取り扱いやすい。
研究チームは、広島市安佐動物公園でライオンやアムールトラの飼育室の床に布を約1週間敷き、体臭を染み込ませた。
回収して約20cm四方に切って、畑を囲むネットに3〜5b間隔で取り付けるとサルが寄りつかなくなり、ニンジンやカボチャの食害が激減した。
2009年8月から広島県内の農家で実験を継続。2010年3月の日本生態学会で発表。
シカによるアジサイの食害に悩まされていた広島県緑化センターでも同様の効果がみられた。
動物園のサルのように他の動物の体臭に慣れてしまうと、効果は薄かった。




TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬