なおるコム/治るかも
HOME病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
色盲

チェック
見えにくい




よく使う漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴





◎網膜の光を感じる神経に、数十ヘルツの低い周波数の神経波(二相性活動波形)を与えると赤色を感じる神経が敏感となり、その倍の周波数を与えると紫を感じる神経が敏感となり、色盲は改善していく。
 
赤の色盲:[44ヘルツ]
 紫の色盲:[78ヘルツ]
がベストである。







2010年、米ワシントン大学の研究チームは、赤色と緑色を識別するのに必要な赤オプシン遺伝子を雄リスザルの網膜に導入したところ、約5ヶ月後、コンピューター画面上の赤と緑の典を識別するようになった。
これまでは、視覚に関連した神経機能は発育の初期段階で形成され、それ以後は変わらないとされてきた。
寛胸利隔丸
健脾退翳丸
清肝退翳活血丸
明目磁朱丸
養肝散







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬