ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



五行の色体表



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)







五行が表す象意
広告




五行 木性 火性 土性 金性 水性 五行の性質と抽象
ex水瀉は水に属するから腎を用いるが如し。
五臓 心包は火性であるが他のすべての臓器の活動と関係する
膵臓は孤独の府といって三焦に属する
五腑 小腸 大腸 膀胱 これに三焦を加えて六腑となる。
三焦は火性であるが他のすべての臓器の活動と関係する
五親 水子 木子 火子 土子 金子 相生の関係を示す。
五根
(口)

(二陰)
感覚器。二陰=性器と肛門
五宮の所属。目が悪ければ肝を治する。
二陰は前陰(生殖器を含む尿道)と後陰(肛門)。
五主 血脉 肌肉 皮膚 五充ともいう。五臓が栄養を補充するもの。
ex皮膚病は肺大腸を治す。
五支 面色 唇(乳) かみのけ
五臓の精気の発すところ
五気 湿 季節の外気、病気の外因
五季 土用 季節の配当。ex春は肝を病み易し。
五方 中央 西 方位の配当。
五えと
五兄弟
甲乙 丙丁 戌已 庚申 壬癸 十干の配当。
五色 色の所属。各病人の皮色を診て診病に用いる。
ex黒きは腎、青きは肝。
五志 感情の所属、過ぎれば内傷を起こす
ex怒るは肝病。はなはだ怒る時は肝を傷る。
五精 こん
しん
いち
意智
はく
せいし
精志
精神の所属。
ex脾は意と智とを主る。神は心に属する。
五液 なみだ
あせ
よだれ
はなじる
つばき
体液の所属。
ex 涎は脾よりいずる。
五役 各臓のもつ役割。
五声 よびさけぶ
ものいう
うたう
かなしみなく
うなる
病人の出す音色や音
五変 にぎる
うれい
しゃくり
せき
おののく
五臓の病変の発現。その性状。
五香 あぶらくさい
こげくさい
かんばしい
なまぐさい
くされくさい
病人や病室の特有のニオイ
五味 すっぱい
にがい
あまい
ぴりっと
からい

しおからい
味覚の所属。
各病人の好む食味。
また五臓の要求する味。過ぎれば害となる。
五音 かく

きゅう
しょう

音階の専門的熟語
五音 カキクケコ (牙音)
タチツテト
ナニヌネノ
ラリルレロ
(舌音)
アイウエオ
ヤイユエヨ
ワイウエヲ
(喉音)
サシスセソ (歯音)
ハヒフヘホ
マミムメモ
(唇音)
五調子 雙調 黄鐘 一越 平調 盤渉 音律の名、調子の専門熟語
五位 八卦(易)の割り当て
生数 五行発生の数理原則
成数 生数に地の数五を加えるとと成数となる
五悪 湿 蔵のきらう外気の性状。
五穀 むぎ
きび
あわ
(稗ひえ)
いね
まめ
五臓の食用・薬用となる穀物
五畜 鶏(犬) 五臓の食用・薬用となる家畜。
擬人化して体質診断に
五菜 にら
らっきょう
あおい
ねぎ
まめのは
五臓の食用・薬用となる野菜
五果 すもも
あんず
なつめ
もも
クリ
五臓の食用・薬用となる果実。
五経 足厥陰 手少陰 足太陰 手太陰 足少陰 各蔵の属する経絡












解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査