情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



心電図






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)





心電図







心電図(ECG)
  • Electrocardiogram, ECG(英)
  • Elektrokardiogramm, EKG(独)・・・(エーカーゲー)
  • 心臓には[右心房][右心室][左心房][左心室]という4つの部屋があります。
    右心房の上にある洞結節という部位で発生する電気刺激が、
    • [洞結節]→[房室結節]
    • →[ヒス束]→[右脚肢]
    • →[左脚肢]→[プルキンエ線維]
    という電線のような伝導路を経て右心室および左心室の筋肉に伝えられて筋肉が収縮して拍動します。
    心電図検査では、これらの電気的信号の流れと筋肉の収縮が分かります。





心電図・・・発生源は
・・・洞結節(Sinoatrial node:洞房結節)
心臓には、洞結節と呼ばれるペースメーカーとしての働きをする場所がある。

  • 洞結節は、右心房の上、上大静脈の開口部の前方に位置している。


このペースメーカーこそが、「分極」「脱分極」「細分極」という生体細胞の基本動作そのものを営むところ。
  • 洞結節の大きさ・・・・厚さ約1_b、直径が数_bぐらいの細長い楕円盤。
  • 洞結節が、心臓を動かすためのスパークプラグに相当する。

成人の場合、この発電源で、1秒に1回くらいの割合で「脱分極」という基本動作が繰り返される。
  • これを『洞調律』と呼んでいる。
  • 心拍数に当たる。
  • 洞結節で発生する電位も活動電位と呼ばれる。
  • 約80_ボルトの起電力がある。


(活動電位)
  • 洞結節→心房へ移動(0.8〜1m/秒)
  • 心房→房室結節(0.03m/秒)
    •   (心房が収縮し、血液を心室へ)
  • →プルキンエ線維(4m/秒)








心筋梗塞の心電図
  • 心筋梗塞では、心筋に血液が巡らなくなる(虚血)。そのため、組織が破壊されて(壊死)しまう部位ができる。すると、心電図上ではR波が小さくなる。
  • R波の波高が小さいほど、梗塞が起きている範囲が大きいことを示す。
  • S波からT波の部分がプラス方向へ持ち上がる(ST上昇)
  • 梗塞部位では脱分極が不完全で電位が上がらない




心電図


刺激伝導系



波形 波形の意味 接続時間(sec)
P波 心房の興奮
心房の脱分極を示す
0.07〜0.12
PQ間隔 房室間興奮伝送時間
房室間の興奮の伝導時間を表す
0.12〜0.20
QRS波 心室興奮の開始
心室筋が興奮するときに発生する波。
心室の脱分極を示す。
0.06〜0.10
T波 心室興奮の終了
興奮した心室筋が回復していくときに発生する波
心室の再分極を表す。
0.10〜0.25
ST間隔 心室全体が興奮
心室筋が一様に興奮している時間
脱分極の完了と再分極の始まりを表す。
0.10〜0.15

心電図/ST低下/ST上昇/Q波


心電図の波形と意味
心房の興奮      (0.07〜0.12sec)
PQ 房室間興奮伝導時間(0.12〜0.20sec)
QRS 心室興奮の開始   (0.06〜0.10sec)
ST 心室全体の興奮   (0.10〜0.15sec)
T 心室方墳の終了   (0.10〜0.25sec)




心電図のデータを無線で転送
  • 2016年、日本光電は無線によるネットワーク接続が出来る小型心電計を発売。
  • タッチパネルで操作しやすい
  • 標準的な検査の「12誘導心電図」と、心筋梗塞などの診断に役立つ「導出18誘導心電図」が測定できる。




関連情報 心臓病 
心筋梗塞」 
心不全 
胸痛」 
狭心症」 
鬱血性心不全」 
心臓発作」 
拡張型心筋症」 
脚気」 
高脂血症」 
耳鳴り」 
突然死








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査