ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



心下痞(しんげひ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




心下痞に用いる漢方薬
  1. 安中散
  2. 胃苓湯
  3. 温清飲
  4. 黄連解毒湯
  5. 加味逍遥散
  6. 甘草瀉心湯
    1. 心下痞塞・心煩・動揺<気による>・神経症状<甚>
  7. 桂枝人参湯
  8. 香蘇散
  9. 呉茱萸湯
    1. 心下部の膨満:心下部が膨満し、胃がつまったようだと訴えることが多い。この腹部の状態も大切な目標の1つ。《大塚敬節》
    2. 心下の苦悶(重圧感)
    3. 胃部停滞の感ありて、或いは心煩し、或いは嘔吐を発し、脈微にして沈なる証《奥田謙蔵》

  10. 五苓散
  11. 柴胡桂枝湯
  12. 三黄瀉心湯
    1. 心下痞・上逆・便秘・水気なし。
    2. 心下痞・炎症充実。
    3. 胸中に血積するを治す:「犀角地黄」《済世抜萃方》

  13. 滋陰至宝湯
  14. 炙甘草湯
  15. 四逆散
  16. 生姜瀉心湯
    1. 心下痞塞・溜飲・ゲップ・動揺<水気的>
    2. 心下痞満・臭気。

  17. 小半夏加茯苓湯
    1. 霍乱、涎沫を嘔吐し、医反って之を下し、心下痞を作すを治す。《聖済総録》

  18. 参蘇飲
  19. 清心蓮子飲
  20. 大建中湯
    1. 心胸中寒えて痞し、数ば痛みてヲし、飲食すること能はず、腹皮起こり出でて、頭足有るを見すは、大建中湯之を主どる《医聖方格》
    2. 太陽病、重ねて復た汗を発し、陽虚し、耳聾し、而して叉手(サシュ)して自ら冒ふ者は、慎みて小柴胡湯を誤り用いること勿れ。大建中湯に宜し《傷寒諸論》

  21. 大柴胡湯
  22. 釣藤散
  23. 通導散
  24. 二朮湯
  25. 二陳湯
  26. 人参湯
  27. 麦門冬湯
  28. 半夏瀉心湯
  29. 半夏白朮天麻湯
  30. 茯苓飲
    1. 心下痞・胃内停水<甚>・拍水音<著>・虚証

  31. 茯苓飲合半夏厚朴湯
  32. 附子人参湯
  33. 平胃散
  34. 木防已湯
  35. 抑肝散
  36. 六君子湯
  37. 苓桂朮甘湯




心下痞(しんげひ)
心下痞堅
  • みずおちがつかえて硬いこと。
    「痞」=つかえることで、患者の自覚症状。
    「堅」=医者が診察して他覚的に抵抗をおぼえて硬いこと。
    →「芒硝」「木防已湯」

心下石ハ
  • みずおちが石のように硬い。→「芒硝」

心下支結
  • 心下部に腹直筋が硬く突っ張っている状

心下悸
  • みずおちのあたりで動悸がすること。

心中痞
  • むねにつかえる

結胸
  • (けっきょう)
    胸が石のように硬く隆起している状態






関連情報 心下痞硬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査