ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



心下痞硬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





心下痞

むかつき

吐き気
広告




心下痞硬の漢方薬
    1. 腹満・黄疸・裏熱・心煩・尿赤
  1. 桂枝人参湯
  2. 柴陥湯
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  4. 柴胡清肝湯
  5. 柴朴湯
  6. 柴苓湯
  7. 四逆散
  8. 小陥胸湯
    1. 心下部緊張・心下部<薄>・脈浮滑
  9. 小柴胡湯
  10. 小柴胡湯加桔梗石膏
  11. 十棗湯
    1. 心下痞硬<満>・停水・呼吸促迫
  12. 十味敗毒湯
  13. 小半夏加茯苓湯
  14. 人参湯
    1. 産後続いて下利を得、乾嘔して食せず、心下痞硬し、腹痛し、小便不利の者《類聚方広義》
    2. 諸病久しく癒えず、心下痞硬し、乾嘔して食せず、時時腹痛し、大便濡瀉し、微腫の症を見はす者に宜し。《類聚方広義》
    3. 瀉心湯類にも心下痞硬があり、誤りやすいことがある。《大塚敬節》

  15. 半夏瀉心湯
  16. 白虎加人参湯
  17. 茯苓飲
  18. 木防已湯
    1. 心下痞硬・まぶた<色黒>・水腫・喘咳・脈沈緊



(心下痞硬)
「痞」=ただ満するだけで、痛まない。つかえる。
「硬」=かたい。診察して抵抗のあること。
《勿誤薬室方函口訣》
心下痞硬=心下部に抵抗と圧痛を認めるもの。
  • 心下痞硬の程度が強いほど血中アドレナリン濃度が高いとされる。
  • (和漢医薬学会誌:1985)

→「人参は心下痞硬して悸するを治するなり」《薬徴》
  • 呉茱萸湯茯苓飲・乾姜黄連黄人参湯・六物黄湯・生姜甘草湯は皆人参3両。しかして欬唾・涎沫・嘔吐・下利を治するを云い、心下痞硬を治するを云はず。是において仲景の欬唾・涎沫・嘔吐・下利を治する方中を綜考するに、その人参なきもの10に居ること7~8。今人参の本例に依って、此の5湯を用ふるに、之を心下痞硬して欬唾・涎沫・嘔吐・下利する者に施すに、その応響くがごとし。是に由って之を観るに、5湯の証は、壱に是れ心下痞硬の毒なり。《薬徴》
    1. 呉茱萸湯(呉茱萸4、人参・大棗各3、生姜6)
    2. 茯苓飲(茯苓5、朮4、人参・生姜・陳皮各3、枳実1.5)
    3. 乾姜黄連黄人参湯(乾姜・黄連・黄芩・人参各3)
    4. 六物黄湯(黄・人参・乾姜・大棗各3.0g、桂枝2.0g。半夏8.0g)
    5. 生姜甘草湯(生姜5両、人参3両、甘草4両、大棗15枚)





主証と客証
  • 処方を用いる証に、主証と客証がある
  • 主証というのは、いつでも必発の症状で、客証はこの主証があるために、現れたり、かくれたりする症状である。

半夏瀉心湯を例にとると
  • 心下痞硬は主証で、嘔吐、下痢は客証である。
  • だから、心下痞硬という主証がなければ、嘔吐や下痢があっても、半夏瀉心湯のではない。
  • また、心下痞硬があれば、嘔吐や下痢がなくとも半夏瀉心湯を用いるのである《漢方診療医典》





関連情報 心下痞」「むかつき






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査