パーキンソン病
アルツハイマー病
トリプレットリピート病
狂牛病
プリオン病
小胞体



タンパク質が変異
  • 「欧米で開発中の抗がん剤『17-AAG』に、神経変性疾患を引き起こす変異タンパク質を分解する働きがあることを、名古屋大の祖父江元教授(神経内科)のチームが突き止め2005年9/12付けのネイチャーメディシンに掲載。
    神経変性疾患の1つである球脊髄性筋萎縮症(手足のふるえ・筋肉萎縮)の原因タンパク質の遺伝子を組み込んだマウス54匹のうち、半数に17-AAGを投与。
    投与しなかったマウス・・・生後25週目までにすべて死んだ。
    投与したマウス・・・・・・生後25週目で約8割が生存し、
    16週目の筋肉量・・・投与していないマウスの半分。
    16週目の変異タンパク質量・・・投与していないマウスの1/4」

神経細胞の変性を防ぐ化合物
  • 名古屋大学の祖父江元教授と勝野雅央研究員らは、神経細胞の変性を防ぐ化合物を特定した。胃薬の成分として実用化されている物質で、動物実験では神経細胞に異常タンパク質が蓄積するのを防ぎ、『球脊髄性筋萎縮症』と呼ぶ病気の治療に役立つことが確認された。
    アルツハイマー病など他の神経変性疾患も飲み薬で治療できる可能性が出てきた。
    特定したのは胃薬に使われる『GGA』と呼ぶ化合物。異常な細胞内タンパク質をなおす「HSP」と呼ぶ物質をGGAが増やすことに着目。球脊髄性筋萎縮症を発症する遺伝子改変マウスを使って寿命が延びるかどうかを調べた。
    GGAを0.5%、または1%含む水などを使って治療したマウスでは筋肉の萎縮が抑えられ、9割近くが150日生きた。治療をしない場合は萎縮が進み150日まで生きるのは約2割だった。
    GGAは一般的な胃薬に含まれているので安全性は問題ないという。研究グループはGGA以外でもホルモン剤など2種類の化合物に治療効果があることを動物実験で確認済み。患者の状態に合わせてうまく薬を使えば高い効果が発揮できる蚊もしれない

SBMA(球脊髄筋萎縮症)
  • 2012年、頭痛治療薬「ナラトリプタン」がタンパク質の一種「CGRP1」を減少させて、筋萎縮などを引き起こす神経変性疾患の症状を抑えることを、名古屋大大学院医学系研究科の祖父江元教授らのチームが突き止めた。
    成果は米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に掲載。
    神経変性疾患は神経細胞の内外にタンパク質が異常蓄積して細胞が障害を起こし死ぬことで起きる。
    研究チームは、男性のみに発症し、筋力低下や筋萎縮を引き起こす「球脊髄筋萎縮症(SBMA)」に着目。SBMAを発症させたマウスの遺伝子を解析すると、CGRP1が通常より増加していた。体内でCGRP1が作られないように遺伝子を改変したSBMAのマウスは症状が改善した。
    さらに人間の培養細胞に複数の薬を投与して効果を調べた。
    その結果、ナラトリプタンを投与すると約5日後にCGRP1が半減した。






CCT(分子シャペロン)
  • 科学技術振興機構と京都大学などのチームは、細胞内のタンパク質が正常に働くのに欠かせない『分子シャペロン』と呼ぶ物質が、神経細胞で異常なタンパク質が凝集するのを妨げていることを突き止めた。
    異常タンパク質が溜まると、神経細胞が死んでアルツハイマー病などの深刻な病気が発症する。神経変性疾患の新しい治療法や予防法の開発につながる成果。2006年917のネイチャー・セル・バイオテクノロジーに掲載。
    細胞内では、分子シャペロンの力を借りることで、新たに合成されたタンパク質はきちんと機能できるようになる。
    研究チームは、代表的な分子シャペロン『CCT』が、ポリグルタミンタンパク質の凝集を妨げ、細胞死を防ぐことを突き止めた。凝集体のタネが出来る段階を、CCTがジャマしていた。
    ポリグルタミンタンパク質の凝集は、神経変性疾患の1つであるポリグルタミン病を引き起こすことで知られる。


  • (シャペロン)=他のタンパク質分子が正しい折りたたみをして機能を獲得するのを助けるタンパク質の総称である。かえ添え役。

神経変性疾患に共通する発症の仕組み
  • 2013年、東京医科歯科大学の岡沢均教授らは、認知症や運動失調など様々な症状を引き起こす神経変性疾患に共通する発症の仕組みを突き止めた。
    神経細胞の中にあるDNAに生じる傷を治すタンパク質の働きがジャマされ、損傷が蓄積した細胞が死んで失われる。
    成果はネイチャーコミュニケーションズ5/8(電子版)に掲載
    DNAには紫外線や放射線などでキズが出来る。
    「VCP」というタンパク質がキズの修復にかかわるが、研究チームはこれまでにハンチントン病や脊髄小脳変性症で生じる異常なタンパク質とくっつきやすいことを見つけていた。
    研究チームはまずVCPの神経細胞内での分布を調べたところ、患者では異常タンパク質に取り込まれて本来あるべき細胞の核内では減っていた。
    神経変性疾患を発症するモデルマウスでは、機能が弱まる脳の部分の神経細胞でDNAの損傷が蓄積していた。
    神経が失われるショウジョウバエにVCPを補給すると寿命も延びた。
    認知症の原因の20%を占める前頭側頭葉変性症では、VCPそのものに異常が起きるタイプがある。
    アルツハイマー病でも神経細胞でのDNA損傷の蓄積を示す研究報告がある。

知的障害にかかわるPQBP1の立体構造
  • 2014年、東京医科歯科大学の岡澤均教授と富山痔あがくの水口峰之教授は、脳の中にあって知的障害の発症に関わるタンパク質の詳しい立体構造を突き止めた。
  • 解析したのはPQBP1という遺伝子が作るタンパク質。
  • 神経変性疾患の原因遺伝子の1つと考えられている。







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査