ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



神経過敏



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




神経過敏の漢方薬
桂枝加竜骨牡蛎湯


柴胡加竜骨牡蛎湯


柴胡桂枝乾姜湯
  1. 京師知恩街の紙舗政右衛門は、病みての後、怯悸し、障戸の響きを畏る。其の抵觸するところ皆、紙條を粘して之を防ぐ。居常飲食するに味なし。百事皆廢す。然して行歩を妨げず。但、橋梁に遇ときは則り、乗輿してなお過ること能わず。百治、効なし。此の如きものは凡そ三年。
    吉益東洞先生、此を診す。上気殊に甚だし。脇下拘滿し、胸腹に動あり。心中安からず。桂苓朮甘湯及び、芎黄散(大黄1、2)を作りて此を飲む。数日。上逆稍減ず。また柴胡姜桂湯を為りて、之を飲む。数月にして、諸證皆徐く。居ること二、三日、家に蓋匠を召して、政右衛門、正に廡下に出でて、自ら指揮す。脩葺、偶々意の如からざることあり、走りて屋に上がる。之に就きて、その梯を蹈むの易きを知らず。久之して自ら覚り、之を家人に語る。余、之を其の家人に聞きてしか云う


三黄瀉心湯


四逆散


四物湯


半夏瀉心湯


苓桂朮甘湯
  1. 「京師知恩街の紙舗政右衛門は、病みての後、怯悸し、障戸の響きを畏る。其の牴觸するところ皆、紙條を粘して之を防ぐ。居常飲食するに味なし。百事皆癈す。然して行歩を妨げず。但、橋梁に遇ときは則ち、乗輿してなお過ること能わず。百治、效なし。此れの如きものは凡そ3年。
    《吉益東洞》先生、之を診す。上気殊に甚だし。脇下拘満し、胸腹に動あり。心中安からず。桂苓朮甘湯及び、黄散を作りて之を飲む。数日、上逆やや減ず。又柴胡姜桂湯を為りて之を飲む。数月にて、諸證皆除く。居ること2、3日、家に蓋匠(屋根を作る大工)を召して、政右衛門、正に廡下(=軒下)に出でて、自ら指揮す。脩葺偶々意の如からざることあり、走りて屋に上る。之に就きて、その梯を蹈むの易きを知らず。久之して自ら覚り、之を家人に語る。余、之をその家人に聞きてしか云う。」《建珠録》







○カギカズラ・カタツムリ・カノコソウ・シソ。
バレリアン



<1>[真珠]
<2>[エメラルド]







⇒ささいな事でイライラし、過剰反応する。神経質

(副作用で・・・神経過敏)






イライラ
ウツ病
怒りっぽい
不安
ストレス
栄養失調
更年期障害
男性更年期障害







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査