リウマチ・神経痛
①患部に熱を持つ。
②関節炎・リウマチ
③座骨神経痛。
④冷えると痛む。
⑤比較的体力がある


まきょうよっかんとう
麻杏薏甘湯
①三叉神経痛

かっこんかじゅつぶとう
葛根加朮附湯
①三叉神経痛
②後頭部神経痛

肩こり・五十肩


かっこんとう
葛根湯
①冷え症で痛い。
②四肢の麻痺感、
③屈伸困難


けいしかじゅつぶとう
桂枝加朮附湯
①関節・筋肉リウマチ
②自然発汗があって、
微熱・悪寒。


けいしとう
桂枝湯
①関節炎(風湿)。
②膝関節腫脹。
③筋肉萎縮 
④下肢知覚麻痺


けいしゃくちもとう
桂芍知母湯
①神経痛・関節痛
②筋肉痛・腰痛。


そけいかっけつとう
疎経活血湯
①冷え症。
②座骨神経痛・腰痛。
③易疲労性、
④胃腸が弱い。
⑤冷えや湿気に順応性が乏しい


ごしゃくさん
五積散
①膝関節炎
②リウマチ

③水ぶとり体質。
④色白で汗をかきやすい


ぼういおうぎとう
防已黄蓍湯
①筋肉のケイレン。
②緊張による痛い。
③頓服


しゃくやくかんぞうとう
芍薬甘草湯
①筋肉攣急
②四肢厥冷。

③座骨神経痛
④胆石疼痛
⑤排尿痛。


しゃくやくかんぞうぶしとう
芍薬甘草附子湯
①慢性関節リウマチ。
②半身不随
③神経麻痺


だいぼうふうとう
大防風湯
①座骨神経痛・腰痛
②疲労倦怠感が強い。
③手足が冷え、夜間多尿。


はちみがん
八味丸
①座骨神経痛・腰痛。
のぼせ症で足腰が冷える。
便秘
④生理不順


とうがくじょうきとう
桃核承気湯
①座骨神経痛・腰痛。
貧血・冷え症
③血行不良
④凍傷になりやすい


とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
①座骨神経痛・冷え。
②婦人機能不全を伴う腰痛
③手掌のほてり


うんけいとう
温経湯
①座骨神経痛。
②腰脚部の強い冷感。
③全身倦怠感・尿量増加
りょうきょうじゅつかんとう
苓姜朮甘湯




  神経痛の漢方薬
  ■越婢加朮湯


■葛根加朮附湯
  1. 実証
  2. 悪寒、発熱、頭痛、肩~クビにかけて凝る
  3. 上肢の神経痛に用いることがある《大塚敬節》

■葛根湯


■芎帰膠艾湯


■桂枝加朮附湯
  1. 虚証
  2. 関節のむくみ、冷え、
  3. 微熱、ねあせ


■桂枝加竜骨牡蛎湯


■桂枝茯苓丸
  1. 血分に属し動かし難きは:「桂枝茯苓丸附子」しばしば験あり。《橘窓書影》
  2. 打撲の後遺症として、手足の神経質要の疼痛に用いる《大塚敬節》

■桂芍知母湯


■健歩丸


■五積散
  1. 虚実中間証
  2. 普段から寒さや湿気多くなると、冷えや痛みがでる
  3. 痛みが足、腰、背などにあって、しかも軽く、慢性の経過で、久しく治らない者に用いる。冷え症で、脈も沈んで弱く、腹に力のないものを目標にする(漢方診療医典)


■五苓散


■牛車腎気丸


■柴陥湯


■柴胡桂枝湯


■柴胡疏肝湯
  1. 肋間神経痛に用いる。胸部に炎症、腫瘍などがあって、それに併発するものに用いる機会がある。肺ガンと診断された患者の激しい胸背痛がこれで治ったことがある。腹筋は一体に緊張している。本方は四逆散を原方とするのであるから、服証は四逆散のそれに準ずる(漢方診療医典)

■四逆散


■芍薬甘草湯


■芍薬甘草附子湯
  1. 虚証タイプ
  2. 筋肉や関節が、ケイレンするように痛む


■小建中湯


■小柴胡湯


■小青竜湯


■疎経活血湯
  1. 虚証
  2. 腰~足にかけて痛み、
  3. 冷えると痛みが増す
  4. 坐骨神経痛に用いる。本方は万病回春にでていて“遍身走り痛んで刺すが如く左の足痛尤も激しきを治す。左は血に属す。多くは酒色によって損じ傷れ金脈空虚し風寒湿熱を被り内に感じ、熱が寒を包むときは痛んで筋絡をやぶる。是を以て昼は軽く夜は重きに宜しく、経をすかして血を活し湿をめぐらすべし。此れ白虎歴節風に非ざるなり”とあって、左の足の痛みが甚だしいことと、昼よりも夜がひどく痛むこと、酒色の過度が原因であることに注目していたところ、まさに、この処方の正証と思われる冠者に遭遇した、その患者は平素から酒客でよく飲む方であるが、仕事が忙しいための疲労と夜更けまで酒を飲むための睡眠不足がかさなり、左足の坐骨神経痛となった。しかも痛みがひどくて夜間は全く眠れない。それが5日間も続いたという。そこで本方を用いたところ、その夜は少々眠れるほどに痛みが軽くなり、2、3日で安眠できるようになり、10日たつと便所に歩いて行けるようになり、1ヵ月ほどたって仕事ができるようになった。ところで、この処方は右足の坐骨神経痛にも効があり、左足に限るわけではない(漢方診療医典)


■大柴胡湯


■桃核承気湯
  1. 瘀血によるものに「附子」《浅田宗伯》
  2. 打撲の後遺症として、手足の神経質用の疼痛に用いる《大塚敬節》


■当帰建中湯


■当帰四逆加呉茱萸生姜湯


■当帰芍薬散
  1. 29歳主婦。
    今から4~5年前に盲腸の手術をしてから腰が痛くなり、昨年、骨盤腹膜炎を患って手術した。2~3年前から、腰痛のせいか、膝の下がだるく、土踏まずの下の外側の筋が痛い。いろいろな薬を飲み、神経痛の注射もしてみたが、いっこうに効かない。時々立ちくらみや頭痛も覚えるという。もともと冷え性で生理不順の傾向もあったので、当帰芍薬散を飲み続けたところ、今ではすっかり元気になり、畑仕事に励んでいる《山田光胤》


■風湿舒筋丸


■防已黄蓍湯


■防風通聖散


■麻黄附子細辛湯
  1. 虚証
  2. 体力低下し、無気力で、全身倦怠感、悪寒
  3. 手足の冷えや痛み
  4. 神経痛様疼痛ありて顔面蒼白、尿意頻数、大便に異常なく、脈沈なる等の証。《奥田謙蔵》
  5. 「ロイマチス」様疾患にして、熱候無く、脈沈微にして、数、舌苔なく身体疼痛、手足に冷感ある等の証。《奥田謙蔵》

■麻黄湯


■麻杏薏甘湯
  1. 実証
  2. 肌荒れ、汗が出る、むくみ
  3. (夕方になると悪化「日哺所劇者」)
  4. 諸種の神経痛、及びその類似疾患等、《奥田謙蔵》


■苓姜朮甘湯
  1. 虚証
  2. 冷え、倦怠感、頻尿








神経痛の中で三叉神経痛は、顔面にある神経で、第一枝、第二枝、第三枝とそれぞれ支配している部位が異なるので、どの部位が犯されるかによっって、痛む部位もちがってくる。
坐骨神経痛は臀部から下肢にかけて起こる神経痛で、肋間神経痛は胸部にくる神経痛で、上腕神経痛は上腕にくる神経痛、これらは同じ神経痛であるが、漢方治療では、使用する薬剤が異なる(漢方治療)
針灸のつぼ “リウマチや神経痛はいずれとも痛む穴所に直ちに灸せよ”









◎以下の精油で温湿布する。
    <1>カミルレ
    <2>クラリセージ
    <3>ラベンダー
    <4>マージョラム
    <5>ローズマリー



<1>青緑色
<2>藍色



サファイア



○アオギリ・アオツズラフジ・アカネ・アカマツ・アカメガシワ・アサガオ・アロエ・イタドリ・イチイ・イチジク・イノコズチ・イワタバコ・ウシ・ウスバサイシン・ウド・ウマ・ウメ・ウラジロガシ・エビスグサ・オオツヅラフジ・オキナグサ・オトギリソウ・オナモミ・オモト・カイコ・カキドウシ・カタツムリ・カニ・カボチャ・カラタチ・キササゲ・キジ・キハダ・キランソウ・クコ・クチナシ・クマ・ゲッケイジュ・ゴシュユ・ザクロ・サフラン・サラシナショウマ・サンショウ・シャクヤク・ショウガ・スイセン・セキショウ・ソクズ・タラノキ・チョウセンアサガオ・チョウセンニンジン・ツチアケビ・ツワブキ・トウガラシ・ドクダミ・ドジョウ・トチバニンジン・トリカブト・トンボ・ナツメ・ナンテン・ニシキギ・ニッケイ・ニワトコ・ニワトリ・ニンニク・ネギ・ネムノキ・ノキシノブ・バショウ・ハトムギ・ヒトツバ・ビヨウヤナギ・ヒヨドリジョウゴ・ビワ・ヘチマ・マムシ・マタタビ・メギ・メハジキ・ヤツデ・ヤマゴボウ・ヨモギ・ワサビ。





神経痛・・チェックしましょう
手足に力が入らない、ものをうまく持てない 重症筋無力症
手足はシビレて感覚が低下、視力も低下 多発性硬化症
足や腕がマヒして無感覚になる ギランバレー症候群
からだ全体がふるえる。動作が遅い、転倒しやすい パーキンソン病
からだのシビレ、痛み、筋力低下、マヒ、発汗の異常 ニューロパシー
歯みがきやひげそり、化粧のとき痛みが走る 三叉神経痛
肋骨にそって痛みがある 肋間神経痛
片方の臀部・太ももの後ろ、ふくらはぎが痛む 座骨神経痛





神経 neuralgia
鋭く激しい発作性の痛みを神経痛といいます。
  • 特定の末梢神経の分布に沿って痛みます。
  • 痛みは繰り返して起こり、、痛まない時にも神経の走行する部位を指で押すと痛みが生じる。

神経炎」と異なり、疼痛は発作的・反復して、一定神経支配領に起こり、間欠期には痛まない。

  • 原因が
    分かっている 症候性神経痛
    • ・骨の変形
    • ・炎症
    • ・腫瘍
    • ・変形
    • ・外傷
    見つからない 特発性神経痛


  • 痛みが起こる末梢神経によって
    • ・三叉神経痛
    • ・舌咽神経痛
    • ・後頭神経痛
    • ・上腕神経痛
    • ・肋骨神経痛
    • ・大腿神経痛
    • ・座骨神経痛






神経痛の原因
  1. 脊椎・脊髄の異常・変形によって知覚神経が圧迫されて起きる。
      「立てない」→「起立障害
  2. 糖尿病
  3. 腫瘍
  4. 貧血
  5. 薬物
  6. アルコール中毒




関連情報 神経」「疼痛」「三叉神経痛」「座骨神経痛」「疝痛」「気痛」「痛みが激しい」「テンカン」「ヒステリー」「筋肉攣縮多発性関節炎」「結節性多発動脈炎」「関節炎」「結核性関節炎」「筋筋膜症」「関節症








    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 

 よく使う漢方薬   通 販
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved