毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう


HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬







乳幼児の突然死症候群

〜Z
新生児薬物離脱症候群   
 (厚生労働省
英語名:Neonatal withdrawal syndrome or Neonatal abstinence syndrome
  • 妊娠中お産が近づいてから、けいれんを抑える薬、不安感などの精神的な症状を和らげる薬を使用していたお母さんから生まれた赤ちゃんに薬の作用として、
    • 「ぐったりしている状態」や
    • 「手足をブルブルふるったりする状態」
    があらわれることがあります。
    薬の影響がより強い場合には
    • 「けいれん」や、
    • 「息をとめる」
    などの一時的な症状が現れることがあります。
    こうした赤ちゃんの一時的な変化を新生児薬物離脱症候群と言います。
    新生児薬物離脱症候群をそのまま放置すると、お母さんが生まれてきた赤ちゃんを一般的な家庭環境で育てることが困難になります。また、お産の前に投与された薬だけでなく、日ごろ摂取している嗜好品が、赤ちゃんの生まれてからの症状に影響を及ぼすことがありますので、お産をする施設の担当医に使用中の薬や嗜好品を正直に話してください。そうすることにより、新生児薬物離脱症候群を起こしやすい薬や嗜好品であるかどうかを確認して、必要であれば赤ちゃんが生まれた時から新生児薬物離脱症候群をチェックして、必要に応じた治療をすることができます。
新生児薬物離脱症候群とは?
お産の前に投与された薬や常用している嗜好品が、胎盤を通過して生まれてきた赤ちゃんに一時的な効果を及ぼし、その物質が赤ちゃんの体から排泄される過程で、赤ちゃんの脳、消化管や自律神経の症状が一時的に現われることです。
  • 脳の症状として、
    • 筋肉の緊張がなくなってグッタリしたり、
    • 不安興奮状態で手足をブルブルふるったりすることがあります。
  • もっと重い症状として
    • 息を止めたり、けいれんしたりすることがあります。
  • 消化管の症状として、
    • 下痢や嘔吐がみられる場合もあります。
  • 自律神経の症状として、
    • たくさん汗をかいたり、熱をだしたりします。
これらの症状は、他の病気でも見られますので、検査によって他の病気との区別を必要とする場合もあります。




早期発見と早期対応のポイント
  1. 欧米では、ヘロインやメサドン(経口でヘロインと似た作用を持ち、半減期が長い。日本では販売されていません)の麻薬常用妊婦から出生した児の新生児薬物離脱症候群の症状について詳細に報告されている。
  2. 日本においては、麻薬常用者の頻度が低くあまり問題にならず、抗てんかん薬や精神神経用薬服用妊婦から出生した児の新生児薬物離脱症候群が問題となる。
  3. 新生児薬物離脱症候群を発症する非麻薬性の薬物を表1 に示す。この症候群を発症する頻度の高い新生児の早期発見には、妊婦の常用している薬物や嗜好品を問診により聴取することが不可欠である。そして、この症候群発症の可能性のある児においては、チェックリストスコアを経時的に記載する。チェックリストスコアは、
    • Finnegan ら(表2)や
    • Lipsitz(表3)のスコア
    が国際的には知られているが、
    • Finnegan らのスコアを簡略化した磯部らのスコア(表4)
    も有用である。これにより早期の治療を行い、母親の児に対する不安感の除去および児の症状の重篤化を予防する。


表1 新生児薬物離脱症候群を発症する可能性のある麻薬以外の主な母体投与薬物および嗜好品等
  1. 催眠・鎮静剤
    • 1)バルビツール系薬物
      • バルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタールナトリウム、アモバルビタール、アモバルビタールナトリウム、ペントバルビタールカルシウム、ペントバルビタールナトリウム、チアミラールナトリウム、チオペンタールナトリウム
    • 2)非バルビタール系薬物
      • フルニトラゼパム、ニトラゼパム、ブロモバレリル尿素
  2. 抗てんかん薬
        フェノバルビタール、フェニトイン、カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウム
  3. 抗不安薬
        クロルジアゼポキシド、ジアゼパム、メダゼパム
  4. 向精神病薬
        クロルプロマジン、ブロムペリドール
  5. 抗うつ薬
        ノルトリプチリン、イミプラミン、クロミプラミン、フルボキサミン
        塩酸パロキセチン水和物、塩酸セルトラリン
  6. 非麻薬性鎮痛薬
        ペンタゾシン
  7. 気管支拡張薬
        テオフィリン
  8. 嗜好品
        アルコール、カフェイン


表2.新生児薬物離脱症候群の管理における評価点数 
(Finnegan スコア)
(兆候と症状) (評価点数)
甲高い啼泣 2
連続的な甲高い啼泣 3
哺乳後1 時間未満の睡眠 3
哺乳後2 時間未満の睡眠 2
哺乳後3 時間未満の睡眠 1
Moro 反射の過多出現 2
著しいMoro 反射の過多出現 3
興奮時の軽度な振戦 1
興奮時の顕著な振戦 2
安静時の軽度な振戦 3
安静時の顕著な振戦 4
筋緊張亢進 2
全身けいれん 5
激しい指しゃぶり 1
哺乳不良 2
吐きもどし 2
噴水様嘔吐 3
軟便 2
水様便 3
脱水 2
頻回のあくび 1
くしゃみ 1
鼻づまり 1
発汗 1
斑点形成 1
38.3℃未満の発熱 1
38.3℃以上の発熱 2
60 回/分以上の呼吸数 1
陥没呼吸を伴った60 回/分以上の呼吸数 2
鼻の擦りむき 1
膝の擦りむき 1
足指の擦りむき 1
生後初日は1 時間毎に、2 日目は2 時間毎に、それ以後は4 時間毎に点数をつける。
7点以下は経過観察し、8 点以上になれば薬物療法をする。




表3.新生児薬物離脱症候群評価点数 
(Lipsitz スコア)
兆候 評価点数
0 1 2 3
振戦
(手足の筋活動)
正常 空腹時または刺激時に最低1 回 安静時に、中等度または顕著に増加哺乳時または気分の良い時に治まる 安静時に、顕著に増加または継続発作様の動きを継続する
興奮性
(過度な啼泣)
なし わずかに上昇 空腹時または刺激時に中等度から重度 安静時にさえ顕著
反射 正常 亢進 著しい亢進
便 正常 爆発的であるが、正常回数 爆発的で、1 日8 回以上
筋緊張 正常 亢進 硬直
皮膚擦過傷 なし 膝や肘の赤み 皮膚の裂け目
呼吸数 回/分 <55 55-75 76-95
反復性くしゃみ なし あり
反復性あくび なし あり
嘔吐 なし あり
発熱 なし あり
1 日2 回、授乳の前90 分で評価した。点数は、退院あるいは生後1 週間までつけた。
臨床的には、4 点以上と未満で症状を分けることができた。


表4.新生児薬物離脱症候群のチェックリスト(磯部ら、1996)
症状と所見 点数 症状と所見 点数
A.中枢神経系 B.消化器系
  傾眠 1   下痢 2
  筋緊張低下 1   嘔吐 2
  筋緊張の増加 1   哺乳不良 2
  不安興奮状態* 3 C.自律神経系
  安静時の振せん 3   多呼吸 1
  興奮時の振せん 2   多汗 1
  易刺激性** 2   発熱 1
  けいれん 5 D.その他*** 1
  無呼吸発作 5
  • 注:バイタルサインを記録する時間以外でも症状があれば項目にチェックする。
  • *:睡眠障害、哺乳後の啼泣、なき続けること
    **:モロー反射の増強を含む
    ***:その他の症状として、頻回の欠伸、表皮剥離(鼻、膝、踵)および徐脈などに注意
【治療】8 点以上で治療することが多いが、それ以下でもけいれん、無呼吸の頻発や母親の育児困難症状等により治療を適応することがある。


表7.新生児薬物離脱症候群のための鑑別検査
一般検査
  • 1) 末梢血検査、感染症(CRP 等)、肝機能(AST,ALT)
    2) 一般検尿


鑑別診断のための検査
  • 1) 血糖の変化
    2)血清カルシウムとリン
    3)血清電解質
    4)血清総タンパクとアルブミン/グロブリン比
    5)血清マグネシウム
    6)血清カルシウム評価のための心電図QTc 時間
    7) 感染症の診断のための細菌学的検査
    8)尿中還元物質とアミノ酸分析
    9)血液ガス検査
    10)髄膜炎否定のための髄液検査
    11)頭蓋骨レントゲン写真を含む頭部画像診断
    12)その他:心エコー等

麻薬性新生児離脱症候群と合併症のための特殊検査
  • 1)麻薬や考えられる原因物質の血中・尿中検査
    2)B 型肝炎抗原を含む性感染症の血清学的検査
    3)子宮内感染症のための臍帯血を含む血清IgM の変動
    4)脳波検査


治療方法
  1. 非麻薬性の新生児薬物離脱症候群の治療は、チェックリストスコアの8点以上で考慮される。
  2. 本邦ではジアゼパムとフェノバルビタールが主に使用される。
    • ジアゼパムは8 時間毎に1〜2mg が投与されるが、吸啜反射の減少や遅発性のけいれんが認められることがある。フェノバルビタールは16mg/kg の初回投与で維持量として2〜8mg/kg/day が使用される。
  3. その他、クロルプロマジンも使用されている。
  4. SSRI による新生児不適応症候群は対症的な治療が主であり、原因のSSRIなどを直接新生児に投与した報告もあるが一般的ではない。
  5. 欧米での新生児薬物離脱症候群は、麻薬性薬物での発症が多い。
    英国およびアイルランドの最近の調査では、ヘロイン常用妊婦のメサドンの維持療法中に生まれた新生児の薬物離脱症候群が多い。
    その離脱症候群診断に対して、Finnegan(52%)が最も多く使用され、Lipsitz(7%)、Liverpool(7%)およびRivers (6%)のスコアが使用されていた。その他、12%の施設は各自の施設で作成したスコアを、10%の施設は不明であった。治療の開始は、48%の施設において8 点以上で行われており、22%の施設はそれ以下でも行っていた。治療は、オピオイドと多剤服用妊婦からの新生児薬物離脱症候群に対して硫酸モルヒネを第一選択として使用していた。最も一般的な投与量は4 時間毎の40μg/kg 投与であった。新生児薬物離脱症候群のけいれんに対してはフェノバルビタールが第一選択とされていた。
    初回負荷量は、55%の医師が15mg/kg、25%が20mg/kg、残りが10mg/kg であった。
  6. コクランのシステマテックレビューでは、モルヒネやdilutetincture of opium などのオピオイドが、フェノバルビタールやジアゼパムより効果において優れており、初期治療として使用されている。また、クロルプロマジンの使用は投与された児がけいれんを発症しやすいことにより推奨されていない


典型症例概要
症例-1)てんかん母体より出生した新生児
  • 母親は、てんかんとして診断され、抗てんかん薬としてカルバマゼピン200mg を1 日2 回内服していた。
    妊娠後、在胎21 週5 日切迫流産にて産科に入院した。
    切迫流産の治療としてウテメリンの投与を受けた。在胎37 週0 日より分娩進行した。分娩前の薬物血中濃度は、カルバマゼピン 7.03mg/L、カルバマゼピン‐10,11-エポキシド 0.42 mg/L であった。在胎37週1 日に回旋異常にて鉗子分娩となった。アプガースコア1 分7 点、5 分9点であった。出生後、新生児薬物離脱症候群の発症観察のため、チェックリストスコア(表4)を経時的に記載した。出生後の経過は、生後20 時間でスコアは6 点になり、生後30 時間で無呼吸発作が発症し11 点になった。その後もスコアが13 点まで上昇したのでフェノバルビタール16mg/kg の投与を行い、維持量として8mg/kg/day を投与し、スコアは減少した。
症例-2)てんかん母体より出生した新生児
  • 母親はカルバマゼピン400mg/day、 フェニトイン290mg/day、 フェノバルビタール150mg/day 内服中の妊婦である。児は在胎40週5日、出生体重3,792g で出生した。アプガースコアは、1分8点、5分9点であった。
    出生後、新生児薬物離脱症候群の発症観察のため、チェックリストスコア(表4)を経時的に記載した。生後24 時間で振せん、易刺激性、多呼吸、発汗が認められスコアは6 点になった。その1時間後には不安興奮状態になり9点まで上昇した。児の血液・生化学検査を行い、血糖、血清電解質等に異常なく、頭部超音波検査にても異常は認められなかった。治療としてジアゼパム1mg 静注した。その9時間後にはスコアは1点まで急速に低下し、生後48 時間に一時的に4点になったが、以後多呼吸のみの1点で経過した(図1)。


TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬