毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう ブログ 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

身長がのびない
(低身長症)



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬












ターナー症候群

亜鉛

ダウン症

ミトコンドリア病




低身長症
成長ホルモンと甲状腺ホルモンの分泌が関わっているとされる。
  1. 下垂体が原因:・・・・成長ホルモンが有効
  2. ターナー症候群:・・・成長ホルモンが有効
  3. 軟骨異栄養症
    1. 成長ホルモンは正常に分泌されている
    2. 岡山大学医学部の清野佳紀教授(小児科)の臨床で、成長ホルモンの注射が有効。


酔い止め薬に骨を伸ばす作用
  • 2013年、名古屋大学大学院医学系研究科の鬼頭浩史准教授らのグルー包は、乗り物酔い止めに使われる「メクロジン」に骨の伸長促進作用があることを突き止め。プロスワンに発表した。
  • 成人でも120〜130abと低身長の難病軟骨無形成症の治療に応用できる可能性がある。
  • 軟骨無形成症は遺伝子の突然変異により、骨の成長を抑制する受容体「FGFR3」が過剰に活性化して発症し、低身長だけでなく、脊柱管狭窄などを引き起こす。
  • 研究グループは、風邪薬や痛み止めなど認可済の医薬品186腫をラットの軟骨由来の細胞に添加して調べた。
  • メクロジンにFGFR3の作用を抑える効果を見つけた。





成長ホルモン分泌不全症低身長症
(病態)骨端腺閉鎖以前の成長ホルモン(GH)分泌不全
(検査)
  • インスリン負荷試験・・・6µg/ml以下
    アルギニン負荷試験
    L-ドーパ負荷試験
    クロニジン負荷試験
    グルカゴン負荷試験
    血清IGF-T(ソマトメジン)
    血清IGFBP-3値・・・・低値
    両手X線画像
    視床下部MRI
    下垂体MRI
    尿中GH
    睡眠時GH分泌
    性ホルモン測定




  • 身長が低くなった・・・チェックしましょう
    • 骨粗鬆症
    • 脊椎骨折









授乳中に、低リノール酸のスキムミルクを継続的に与えられた乳児に、
  • ・成長障害
  • ・血小板減少症
  • ・脱毛症や
  • ・魚鱗癬
などを引き起こすことがある。









「小学校3年生のO君はクラスの中でも飛び抜けて背が低く、同級生との差は年ごとに開いていた。母子手帳や学校の健康手帳を開くと「成長曲線」が載っているが、彼の身長はこの一番下の線から遠く離れていた。検査の結果、身長の伸びに大切な成長ホルモンがほとんど出ていないことが分かった。

成長ホルモンは脳下垂体で作るが、分娩時の障害(逆子や仮死)や腫瘍などにより産生が妨げられることがあり、これが低身長の原因となる。

O君は成長ホルモンを投与する治療によりぐんぐん背が伸び、同級生に追いついてきた。

一方、成長ホルモンの分泌が正常でも身長がなかなか伸びない子供もいる。私たちのところに低身長の検査に来る人の9割が成長ホルモン分泌は正常で、このうちの多くが身体的には何ら異常が無く、前述の成長曲線の一番下の線に沿って大きくなっているよな子供たちである。
現在のところ、このような子供たちのホルモン治療は保険適応になっておらず、たとえ治療しても思い通りに背が伸びる訳でもない。ここで問題なのは、彼らの心の負担だ。背が低いことを理由にいじめられたり、親の心配がかえって重圧になったりするのは悲しいことだ。
身長をどのようにとらえるかは主観の差が大きいが、1つの目安は成長曲線である。大きくはずれていたり、まだ身長がかなり低いのに思春期の兆候が現れたりした場合は専門医に受診を勧める。








「米国のスローン・ケタリング記念がんセンターのD・グルデ博士らの研究グループは身長の高低を遺伝的に決めている因子を見つけた。人間の身長は遺伝的な要因と環境要因によって決まるといわれるが、背の高い人と低い人では特定のホルモンを感じ取る受容体の数が違っており、ホルモンに対する細胞の感受性が遺伝的に異なるという。
 
身長決定因子はアフリカの現地人と米国人を対象に、遺伝的に身長が低い人と高い人の白血球を比較して割り出した。
研究の結果、遺伝的に背が低い人は『IGFー1』というホルモンに対する細胞の感受性が低いことが分かった。
[IGFー1]は肝臓で作られるホルモン。
幼児期や思春期に多く分泌され、骨の成長を促す働きを持つ。共同で研究にあたった国立ガンセンター分子腫瘍部の服部豊研究員は「身長は遺伝的に決まった細胞表面のIGFー1受容体の数によって左右されているようだ」と話している。




「成長障害のDNA診断」で高度先進医療の認定を受けている病院・・・・神戸大学医学部附属病院




スタチンが効く可能性
  • 京都大学iPS研究所は、低身長になる難病にスタチンが効く可能性を突き止めた。
  • 病気の患者から採取した皮膚細胞からiPS細胞を作り、スタチンを与えると軟骨細胞の増殖を促した。

低身長症に使う成長ホルモン製剤
  • 「サイゼン」











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬