心臓弁膜症の漢方薬
 
黄蓍建中湯

括楼薤白半夏湯

九味檳榔湯
  1. 心悸亢進、
  2. 肩こり、頭痛、手足の冷え、
  3. 倦怠感、浮腫、
  4. 脚気

九痛丸

桂枝茯苓丸車前子茅根

桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. 神経衰弱、心悸亢進
  2. 疲労倦怠感が強い

炙甘草湯
  1. 動悸が激しく盗汗があったり、ときどき脈が結滞する。
  2. 口が渇いたり、手足が火照ったり、便秘を訴える。脈拍数が多い

五積散
  1. 心臓病で心下に痰飲食痞塞し、動悸、息切れなどして、苦しむ者《矢数道明》

五苓散

柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 臍上で動悸、便秘。がっちりした体格
  2. 精神不安、心悸亢進、不眠、便秘、尿量減少、高血圧。
  3. 心臓弁膜病等にして、胸脇苦満、浮腫、動悸、神経過敏、小便不利、便秘の傾向ある証。《奥田謙蔵》

柴胡桂枝乾姜湯
  1. 心臓衰弱
  2. 頭汗、盗汗、胸内苦悶、動悸、不眠、軟便。
  3. +呉茱萸茯苓
  4. 心臓弁膜病にして、虚状加わり、尿不利、心悸亢進甚だしき等の証には:「苓桂朮甘湯」《奥田謙蔵》
  5. 心臓弁膜症で浮腫のない者に用いる機会がある《大塚敬節》

炙甘草湯
  1. 不整脈、動悸、息切れ
  2. 貧血、血色が悪い。
  3. 動悸、息切れ、脈の結滞を目標として用いる。腹証上では、臍部で動悸の亢進がみられる。また高圧と手足の煩熱を訴えるものもある。貧血と皮膚の枯燥も、本方も用いる目標となる。下痢しているもの、下痢気味のものには用いない方がよい。(漢方診療医典)

小建中湯

硝石礬石散

鍼砂湯
  1. 少年期の弁膜症

真武湯

増損木防已湯
  1. 木防已湯に紫蘇子、桑白皮、生姜を加えたもので、木防已湯の証があり喘咳の強い場合に用いる(漢方診療医典)

大柴胡湯
  1. 胸内に苦悶があり、みぞおちから脇下にかけて堅くはり、便秘気味。

当帰芍薬散
  1. 心臓衰弱
  2. 貧血、冷え症、疲れやすい、頭重、肩こり、頻尿。
  3. 自覚症状が少なく、軽度の浮腫、肩こり、めまい、動悸する。

人参湯

半夏厚朴湯
  1. 心臓喘息
  2. 精神不安、咽喉から胸元にかけての閉塞感。

茯苓甘草湯

茯苓杏仁甘草湯
  1. 一般に心臓がわるくて、息切れして困る。
  2. 胸の中に何か詰まっている感じがする、虚証タイプ

変製心気飲

木防已湯
  1. 心窩部のつかえ、喘鳴を伴う呼吸困難
  2. 浮腫、口渇を伴う
  3. 浮腫があって、喘息のようにゼイゼイする。
  4. 心不全の徴候が見られるときに、最もしばしば用いられる処方で、腹証上では、心下痞堅があり、チアノーゼ、浮腫、喘咳、呼吸促迫、尿利減少のあるものを目標とする。病状が進行している場合には、これにジゴキシン(0.125mg)を1日量として兼用するとよい。これで重症の者が救われることがしばしばである。全治しないにしてもこれで軽快し、あるいは天寿を全うするものもある。
    昭和15年頃から、Yという患者は70歳を超えているが、これを飲んでいると元気で、外出もできるが、1ヵ月も休薬すると、浮腫と肝に肥大が現れ、呼吸促迫と喘咳がひどくなって、安眠ができなくなる。金匱要略では、この処方を用いる場合の脈を沈緊としているが、必ずしも沈緊である必要は無い。(漢方診療医典)
  5. 代償機能の障害があって、肝臓が腫れて、上腹部が板のように硬くて重苦しく、顔面・口唇が暗紫色、喘鳴と呼吸困難、尿量減少
  6. 心臓弁膜症に因る代償障碍(証に由り、茯苓4.0を加える)《奥田謙蔵》
  7. 心臓弁膜症の肺水腫状態、肺循環の鬱血、鬱血肝、鬱血腎、浮腫、腹水に有効。《矢数道明》

六君子湯
  1. 胃腸の弱い患者で、筋肉が弛緩して気力のないものに用いる。貧血があれば、当帰3.0黄蓍2.0を加え、浮腫のあるものには厚朴2香附子3木香1を加える(漢方診療医典)

苓桂五味甘草湯
  • (=桂苓五味甘草湯=苓桂味甘湯)
  1. 顔がいつも酒を飲んだように赤く、頭痛もする。

苓桂朮甘湯
  1. 神経性心悸亢進
  2. めまい、立ちくらみ、不眠、排尿異常。
  3. 四物湯
  4. 心臓弁膜疾患にして、心悸亢進、眩暈、衂血等あり、顔貌蒼白なる証。《奥田謙蔵》








サプリメント・栄養補助食品・健康食品 霊芝」「SOD
コウジン(紅参)」 「有機ゲルマニウム
針灸のつぼ 「身柱」
心下~首筋のコリを去ることが大切
少沢・・・三稜鍼でわずかに瀉血
「百会」
「中衝」「少衝」「膻中」「心兪」「陰谷」「復溜」




 
胸痛
狭心症
コレステロール値が高い
心臓病







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬