情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




心臓病





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)



心臓病の病院」 
心電図」 
心筋梗塞」 
心不全 
胸痛」 
狭心症」 
鬱血性心不全」 
心臓発作」 
拡張型心筋症







心臓

心臓の重量・・・・300c

心臓を包む膜(心外膜)は大血管に根元でくっつき、そこから外側に折り返されて心臓全体を包むように袋(心嚢)を形成している。

心臓の内側と心外膜の間にできた空間には、少量の液体が満たされていて、衝撃を和らげるクッションとなっている。



心臓は体外に取りだしても、心臓自体がリズムを刻み、しばらく動き続ける。そのリズムの動力源が、右心房にある洞房結節と呼ばれる筋細胞の集まり。

洞房結節で電気信号が自発的に発生し、それが心臓全体に伝わって拍動させる。



心臓の壁は、心臓に特有の心筋という筋肉ができており、それぞれの心筋細胞はお互いにつながっていて、歩調を合わせて収縮できる。

心筋細胞は生命が誕生した初期の段階で分裂を止める。


洞房結節で発生した興奮は、刺激を伝える特別な心筋細胞を通って心臓全体に広がり、さらにすべての心筋細胞に伝えられ、強調して心臓を動かしている。




急性冠症候群(ACS)
心臓の筋肉に酸素や栄養を送り込む冠動脈に血栓ができて血液の流れが悪くなり、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの疾患を引き起こす。

脂質が溜まって血管が狭くなったり、硬化したりすると発症リスクが高まる。

薬剤投与とステントを使う治療法がある。




先天性心疾患(CHD)
(病態)左→右短絡、右→左短絡、狭窄の複合。
(身体所見)・・・心雑音あり。
(心電図)・・・特有の房・室負荷所見
(心エコー)・・・特有の所見
(MRI)・・・シャント、
(胸部X線)・・・・特有の所見




総動脈幹症
重症の心疾患である「総動脈幹症」は先天性異常の中では頻度の高い病気とされる。


心臓の右側と左側を分ける隔壁がキッチリを作られないため、肺から送られる血液と全身を巡ってきた血液とが混じり、酸素供給がうまくいかなく病気。これまでは原因不明とされてきた。


2009年、慶応大学と東京女子医科大学のチームは、新生児100人に1人が発症する先天性心疾患「総動脈幹症」を引き起こす遺伝子を特定した。

特定された遺伝子は『GATA6』




心臓肥大(RGS4)
2008年、国立循環器病センターは、高血圧などの影響で起きる心臓肥大を防ぐ作用に関わるタンパク質『RGS4』を見つけた。
  • RGS4は心臓を保護するホルモンが増加するにつれて活性化していた。
成果は5/19米医学誌サーキュレーション5月号に掲載。


細胞内カルシウムイオン濃度
2010年、理化学研究所と米シンシナティ大学などのチームは、心不全の原因となる心臓の肥大が起きる仕組みの一端を解明。

心筋の細胞内にある受容体の働きで、細胞内のカルシウムイオン濃度が増えて心肥大が起きることをマウス実験で確認した。
心筋細胞の表面にあるホルモン受容体などが刺激を受けると心肥大が起きることは分かっていたが、そのメカニズムは不明だった。

研究チームは細胞表面の受容体が刺激されると、細胞内に「IP3」という物質が増えることに着目。細胞内にあるIP3受容体との関連を調べた。



心筋細胞のIP3受容体を増やしたマウスをつくると、正常なマウスに比べて心肥大が起こりやすくなった。


逆にIP3受容体の働きを抑えると、心肥大を抑制できた。


IP3受容体にIP3が結合すると、細胞内のカルシウムイオン濃度が増え、心肥大を引き起こす作用があるタンパク質を活性化することも分かった。




心タンポナーデ
心嚢血腫

(病態)
心臓・大動脈の損傷や破綻のため、心嚢内に血液が貯留し、心臓が拡張できない結果、静脈血の環流・動脈血の拍出が減少する病態。


心筋は左右の冠状動脈によって栄養されています。
この冠状動脈が血栓などで、急速に血行が障害されると、それ以下の領域の心筋は変性を起こし、軟化します、軟化した心筋は拍動に伴う血圧に耐えられず、破綻し、心嚢内に血液が貯留。

その圧迫で心停止を招く。
この状態を心嚢血腫(心嚢タンポナーデ)といいます。



(原因)
  • 心臓の穿創・挫傷・外傷性大動脈瘤、
  • 心筋梗塞による心筋破綻、
  • 大動脈起始部解離など




心挫傷
乳頭筋・腱索断裂は、
胸骨・肋骨、またはその骨折端による挫圧、衝突・転落時の打撲などで起こる。




心臓震盪
(心臓しんとう)

心収縮の特定の時相(受攻期)に、ボールやヒジなどが当たるなどで、心窩部を打撲された人が、心室細動などから急死する病態。






心臓もガンになる?
患者数は少ないが、心臓にも心臓腫瘍(良性腫瘍と悪性腫瘍)ができる。

良性腫瘍でも、血流障害を起こしたり、血管を詰まらせる危険があるため、検査で見つけたら手術で取り除くのが基本。
  1. 良性腫瘍:
    1. 「粘液腫」・・・・心臓の左心房にできやすく血流障害が起きる可能性があり、失神や息切れなどの症状がでることがある。
    2. 乳頭様弾性線維腫・・・血栓が生じやすく心筋梗塞などを引き起こす。
  2. 悪性腫瘍
    • 心臓で発生するタイプとほかの臓器や組織から転移するタイプがある。
    • 進行がとても早い。





(副作用で心臓病になる・・医薬品)
「アクトス」「コントミン」「ロヒプノール」




肥満を抑える
「2005年、心臓病にかかる危険性が高まる『メタボリックシンドローム』と呼ぶ病気の診断基準が発表された。男性でウエスト85cm(女性・90cm)以上あると内蔵に脂肪が過剰にたまり、心臓病の可能性が高くなる。


内臓に過剰にたまった脂肪を減らしたり、心臓病を予防するカギを握る物質にアディポネクチンがある。この物質は脂肪細胞から放出されるタンパク質で、血液中の糖を減らすインスリンの働きを助けるとされる。


内臓脂肪がたまるとアディポネクチン量が減少し、心臓病の予備軍である糖尿病や動脈硬化になりやすくなる。


大阪大学の研究チームは、狭心症や心筋梗塞などの患者と健常者の血液にあるアディポネクチンの量を調べた。1ml中にマイクロc(1マイクロ=1/100万)を下回ると心臓病の発症リスクが高くなることが分かった。


遺伝子操作でアディポネクチンを作れないようにしたマウスは心筋梗塞が悪化し、アディポネクチンを与えると回復した。


この実験はアディポネクチンの量を増やせば心臓病を予防できる可能性を示している。

アディポネクチンを増やすには体重を減らせばよい。「体重を1割減らすだけで約1.4〜2倍に増えることが分かった」と大阪大学の木原進士講師。
食事などで体重を減らせば、心臓病の予防につながることが科学的に実証された。


2005年9月にアテネで開催された欧州糖尿病学会では、武田薬品工業の糖尿病薬『アクトス』の大規模臨床試験が発表され、一定期間の投与で心臓病のリスクも減少することが発表された。同学会に参加していた東京大学の門脇孝教授は“この薬でアディポネクチンが増えることは実証済み。心筋梗塞予防につながる可能性が出てきた”と説明。ただ、医師の認知度は低い。
世界心臓連合が27カ国で実施した調査では、内臓脂肪肥満の心臓病リスクを認識している日本の医師は38%にとどまり、世界平均(58%)を下回った。肥満かどうかを診るためにウエストサイズを測っている医師も4人に1人しかいなかった。




仕事人間・・・心臓病の恐れ
「K氏はある大手企業の管理職、53歳。自他共にやり手と受け止めている。「より少ない時間でより多くのことを」をモットーに仕事に邁進してきた。

いつも時間に追いかけられているかのように、同時に2つ以上のことを実行しようと焦ることが多い。例えば出勤途中、運転する車の中で携帯電話で仕事上の連絡を取ったりする。
また何事も自分本位でなければ気が済まない。

仕事に関して上司や同僚から批判めいた言葉をかけられると、ひどく激高する。ふつうでも大きな声で早口でしゃべり、しかも断定的な言い回しが多い。自分が興味を持っていることを繰り返し話すという癖もある。

このような行動パターンを米国の心臓専門医、M・フリードマンとR・ローゼンマンは『タイプA』と名付けた。

なぜ心臓専門医が登場するかというとこのタイプの行動パターンを示す人が心筋梗塞や狭心症などの冠状動脈性心臓病を引き起こしやすいことを突き止めたからだ。
タイプAの行動パターンを示し人は成功感や満足感が持つことが出来ず、また他人をいつも競争相手と考える。つねに仕事に駆り立てられている。

このような精神的ストレスは自律神経系やホルモンの働きに変調をもたらす。これが血清コレステロール値を高め、冠状動脈性の心臓病へとつながると考えられている。





せっかち/怒りっぽい
リスクは?


自分の性格を“怒りっぽい”“せっかち”と思っている日本人男性は、心筋梗塞になるリスクが少ない・・・・・
という疫学調査を厚生労働省研究班がまとめ、2008年7/18、発表した。

欧米の研究では、せっかちで怒りっぽい人ほど心筋梗塞になりやすいと言われている。今回の結果はその“定説”を覆すもの。

磯博康・大阪大学教授が、40〜69歳の男女86000名を対象に平均で11年半、追跡調査した。

調査の結果、男性の場合・・・
タイプB(のんびり・温和)グループは、タイプA(せっかち・怒りっぽい)と比べて心筋梗塞になるリスクが1.3倍、高かった。
女性では明確な差がなかった。





(心臓を保護する酵素)
2010年、大阪大学の高島成二准教授と国立循環器病研究センターの北風政史部長らは心臓などを保護する酵素の働きを解明。
成果はネイチャー・セルバイオロジー(電子版)に掲載。

解明したのは『AMPK』という心臓の細胞などに多い酵素で、細胞のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)が減ると活発に働く。

マウスの心臓を調べたところ、AMPKが糖などを運ぶレールである微小管という機関の先端部のタンパク質に作用し、糖を運びやすくしていた。

AMPKは心臓の機能が低下すると活性化することがしられている






ポートアクセス法
・肋骨と肋骨の間を5cmぐらい開き、心臓を薬で止める。
・太ものの血管から人工心肺をつなぐ。
・約5cmの切り口から手術する。





心臓バイパス手術
早稲田大学理工学部の藤江正克教授と岐阜大学医学部の竹村博文教授のグループは、内視鏡型ロボットを開発した。内視鏡と鉗子が心臓の拍動に合わせて動く。拍動する心臓の表面を覆っている血管を縫い合わせる手術をサポートするロボット
医師は画面を見ながら心臓があたかも止まっているかのように見える。

2010年、オリンパスと東京大学の佐久間一郎教授らは日本初の心臓手術支援システムを試作した。内視鏡や手術器具などをつけたロボットアームを医師が遠隔操作する仕組み。小さな穴を胸部に数カ所開けるだけでよく、センサーで心臓の働きを確認しながら正確な手術が可能。
狭心症や心筋梗塞の手術に使う。


装着型
2009年、情報通信研究機構と横浜市立大学のチームは、体につけるタイプの携帯型心電計を開発した。重さ20g。無線で周囲の携帯電話やパソコンなどにリアルタイムでデータを伝送できる。




心筋梗塞や狭心症などの検査に、被爆を避けたMRI(磁気共鳴画像装置)による検査がある。1秒間に24コマと映画並みの撮影。検査は30分ぐらい。
医療機関 所在地
三重大病院 津市
東京女子医大病院 東京都新宿区
2006年7/23日本経済新聞より





心臓電気刺激装置
太ももの血管から心臓に挿入した電極つきカテーテルに電流を送り、頻脈や心室細動を起こさせて、心臓の反応をとらえて記録する。
短時間で心臓のどの部分の機能が衰えているかが分かる。





高脂血症薬に心臓病予防効果
高脂血症の治療薬で、心臓病になる危険や死亡率が低くなる効果に、性や年齢による差がないことが、米ニューヨーク州立大学などの調査で分かった。薬の効果に関してはこれまで、中年の男性を対象にした調査が多かった。化学的根拠に基づく医療(EBM)をすすめる立場から、女性や高齢者を含め、薬に本当に治療効果があるのかどうかを検討した。

高脂血症は、血液中の総コレステロール値が高くなるなどの状態。自覚症状は無いことが多いが、放置すると狭心症や心筋梗塞が起きる危険性が高まる。

食事などの生活習慣に気を付けても改善しない人には薬が広く使われている。

研究チームは、これまで実施された大規模な臨床試験に参加した30817人を調べた。平均の治療期間は5年だった。
薬を使うと総コレステロール値が20%低下。心筋梗塞などの心臓病の発症率は31%、総死亡率は21%、ともに下がっていた。これは男女を比べても、65歳以上か未満を比較しても同じだった。





アリセプト)が心臓病予防にも効果を発揮する
2010年、アルツハイマー型認知症に有効な治療薬「塩酸ドネペジル」(アリセプト)が心臓病予防にも効果を発揮するとする報告を、高知大学医学部と米バンダービルド大学のチームがまとめた。

研究では、米国の認知症患者の中から塩酸ドネベジル服用者と、服用していない患者を約80人づつ無作為に抽出。平均3年間の経過を調べた結果、服用しない患者は36人が心筋梗塞などの心血管疾患で死亡したが、服用者では18人で、死亡する割合が低かった。
チームの佐藤隆幸・高知大学によると、塩酸ドネベジルは神経伝達を促す物質アセチルコリンの働きを強め、アルツハーマー型認知症の進行を遅らせるが、心臓の働きを抑制する可能性があつため、心機能の低下した患者への投薬は控えられている。
佐藤教授は、アセチルコリンが近々細胞でも造られることを発見。
心機能が低下したマウスに塩酸ドネベジルを投与すると生存率が改善したため、研究を開始した。





ニトログリセリン
硝酸化合物で総称で、ニトログリセリンはその代表である。

心臓の動脈を広げて血液や酸素の供給を増やす働きがあるため、狭心症の発作に効くという説明が一般的だ。

だが本当に重要なのは末梢の静脈を拡張させて、心臓に戻る血液の量を一時的に少なくし、心臓にかかる負担を軽くすることである。

硝酸剤は心不全に対して長い間使用されてきたが、現在は耐性が生じることやより効果的な血管拡張剤が出てきたため、心不全の治療における役割は低くなってきた。

最も即効性があるニトログリセリンは飲むと肝臓で分解される。
舌の下に含んで溶かすと早く吸収されて、よく効く。
除放錠や貼り薬もあるが、1日中効くようにすると耐性がすぐに出来る。

体内に薬が無い状態を1日8時間以上作ると耐性が出来にくい。
除放錠の服用は1日1回にし、貼り薬は1日10時間程度はがしておくと良い。昼だけ症状が出る人は夜は使用しないようにする。
舌下錠を立って飲むと一気に血圧が下がって失神することがあるので、必ず座って使用するようにする。

バイアグラと硝酸剤を併用すると血管が拡張しすぎて、ショック状態に陥ることがある。医師の注意を良く守るようにして欲しい」





心筋に注射して心血管を再生させる
2009年、千葉大学の小室一成教授らは、患者の血液から白血球の仲間を採取し、心筋に注射して心血管を再生させる臨床を始めた。

心臓の血管がつまりパイパス手術が必要な患者が対象。

手術の前日に、患者の腕静脈から単核球を集め、手術時に心筋細胞に注射する。






足の筋肉細胞を培養してシート状にし、心臓に張り付ける
2010年、大阪大学の澤芳樹教授らは、重い心臓病の患者2人の症状を、再生医療によって日常生活ができるまで機能が回復した。

患者自身の足の筋肉細胞を培養してシート状にし、心臓に張り付けて機能を回復させた。治療を受けたのは59才と62才の男性。
ともに重度の心筋梗塞で心臓機能が健常者の1/4〜1/3にまで低下していた。







心臓細胞シートにナノサイズの金ワイヤ
2011年、MIT(マサチューセッツ工科大学)は、心臓細胞シートにナノサイズの金ワイヤを入れることで導電性を高め、強い収縮力が出せるようにした。

損傷した心臓の治療に樹脂などでできた足場に心筋細胞を巻いて作った細胞シートが使われつつある。ただ樹脂の足場では導電性が低く、電気刺激を与えてもシート内の心筋細胞の反応がそろわなかった。

研究チームはアルギン酸塩で作った足場に金のナノワイヤを混ぜ込み、シートの導電性を高めた。電気刺激でシート内の心筋細胞がいっせいに収縮することを確認した。






立体画像(3D画像)
  1. 心臓の三次元画像を撮影できる超音波診断装置が東芝メディカルから発売予定。
  2. ネットで中継
    2010年、情報通信研究機構などは、心臓外科手術の様子をインターネットを使って3D(立体)映像として遠隔地で中継して見る実証実験に成功した。
    実証テストには、FAシステムエンジニアリング・NHKメディアテクノロジー・アスナなども参加した。
    神奈川県大和市にある大和成和病院で実施した心臓外科手術の様子を3D用ハイビジョンカメラで撮影、人工衛星「きずな」によるインターネット回線を使って神戸国際展示場で開催していた学会の会場まで伝送した。
    約300人の医療関係者が専用のメガネをかけて約8時間の手術の様子を見た。
    映像はほぼリアルタイムで配信できた。
    今回の心臓弁を交換する手術の場合、2次元画像では執刀医以外は深部の弁の様子を周囲と見分けられなかったが、立体映像にすることで会場でも弁の状態を確認できた。


頭部と心臓の画像診断
  • 2013年、東芝メディカルシステムズは体内に投与した放射性医薬品から放出されるガンマ線を検出し、画像化する装置を発売。
  • 3つ検出器で頭部や心臓の検査に適している。
  • CT(コンピューター断層撮影装置)は組織の形状をみるのに適しているが、今回の装置は組織の機能をみるのに優れている。
  • 虚血性脳血管障害や虚血性心疾患、認知症の診断や治療方針の決定



西洋
ユビデカレン
(コエンザイムQ10)
「アコバシール」「アデリール」「イノキテン」「ウデキノン」「エナチーム」「エミトロン」「オムキノン」「カイトロンT」「カルディック・Q」「カルビキノン」「コエンザQ」「コリマゲン」「コロキノン」「サンキノン」「ジャストキノン」「シンキノン」「スキノン」「セノン」「ソラネキノン」「デカス」「デカソフト」「デカレイン」「デカントレン」「トキール」「トリデミン」「ナブロミン」「ノイキノン」「ノイクール」「ハーテノン」「ハートシン」「ビオレイン」「フルパノン」「ユビデカレノン」「ユベ・Q」「ユベキノン」「ヨウビキノン」「ラコビール」「ラサネン」 強心剤
ニコチン酸トコフェロール
「エテゾール」「NEソフト」「NEコタニ」「ケントン」「ケントンS」「トコエニン」「トコエヌ」「トコニジャスト」「トコニチン」「ニコ」「ニコチロンE」「ニチEネート」「バナール」「VEニコチネート」「ユベラ」「ユベラNスフト」「ユベラニコチネート」 ビタミンE剤
デノパミン
「カルグート」 慢性心不全に
アゾセミド ダイアート 浮腫に
ジゴキシン ジゴキシン」「ジゴシン」 心不全に
塩酸ベラパミル
「オルミトール」「マゴチロン」「ラパテラン」「ロシトール」「ワソラン カルシウム拮抗薬系の降圧狭心症に




心臓病病院ランキング
AAA
内科・
外科
仙台厚生病院 宮城
倉敷中央病院 岡山
内科
のみ
札幌医大病院 北海道
岩手医大循環器医療センター 岩手
太田西ノ内病院 福島
千葉西総合病院 千葉
新東京病院 千葉
東京女子医大病院 東京
心臓血管研究所付属病院 東京
横須賀市うわまち病院 神奈川
湘南鎌倉総合病院 神奈川
金沢循環器病院 石川
長野赤十字病院 長野
愛知県立循環器呼吸病センター 愛知
三菱京都病院 京都
京都市立病院 京都
宇治徳州会病院 京都
兵庫県立姫路循環器病センター 兵庫
市立広島市民病院 広島
徳島赤十字病院 徳島
済生会熊本病院 熊本
外科
のみ
自治医大大宮医療センター 埼玉
国立循環器病センター 大坂
大坂大病院 大坂
近畿大奈良病院 奈良
広島市立安佐市民病院 広島
2005年12/16《日本経済新聞》

内科(710病院)
外科(432病院)

☆調査方法
「治療成績」
「ソフト面」
(クリニカルパス・診療情報の提供・セカンドオピニオン)


「ハード面」ランクA〜




病院名 ハード面 治療成績


市立旭川病院
国立病院機構帯広病院

仙台厚生病院

山形県立中央病院

自治医大病院 A’

自治医大大宮医療センター

千葉県循環器病センター
新東京病院
国保旭中央病院 A’

NTT東日本関東病院
東京医科歯科大病院
三井記念病院
東京慈恵会医大病院 A’


葉山ハートセンター
横浜市大嗜眠総合医療センター A’
北里大病院 A’

立川総合病院 A’

金沢医大病院 A’

岡谷塩嶺病院

名古屋大病院

三重大病院 A’

国立循環器病センター
大坂大病院
岸和田徳州会病院

近畿大奈良病院

心臓病センター榊原病院
倉敷中央病院

広島市立安佐市民病院

愛媛県立中央病院 A’

小倉記念病院

熊本中央病院
済生会熊本病院 A’
☆クリニカルパス(治療計画表)を患者に提供しているか?

☆手術の様子をビデオで記録しているか?

☆患者が手術を担当する術者を指名できるか?
・内科(61.1%)
・外科(63.4%)
術者は、心臓外科部長など診療科のトップが決める。
特定の医師に手術を希望するときは、入院前に部長に希望を伝えるのがベスト。
入院後なら、なるべく早く希望を伝えるべき。

病院によっては、説明する医師と執刀医が違う場合があるので注意が必要。
執刀の前に医師の名前を確認しよう。




病院ランキング(心臓内科
病院名




|





札幌医大病院

253
札幌東徳州会病院 1950
北海道社会保険病院 817
岩手医大循環器医療センター
768
岩手県立中央病院 1164
仙台厚生病院
3827
庄内余目病院
171
太田西ノ内病院
738
土浦協同病院
1293
自治医大病院
1225
群馬県立心臓血管センター
1293
群馬県済生会前橋病院 716
埼玉医大病院
657
自治医大大宮医療センター 1437
埼玉県立循環器・呼吸器病センター 1566
千葉西総合病院
4131
新東京病院 3470
国保旭中央病院 1566
千葉中央メディカルセンター 597
東京女子医大病院
1046
NTT東日本関東病院 609
心臓血管研究所付属病院 974
順天堂大順天堂病院 1216
駿河台日本大病院 426
帝京大病院 1233
東海大八王子病院 225
日本大板橋病院 688
新葛城病院 1028
武蔵野赤十字病院 878
東大和病院 356
横須賀市立うわまち病院

463
湘南鎌倉総合病院 2902
小田原市立病院 372
関東労災病院 1042
富山県立中央病院
810
金沢循環器病院
1023
石川県立中央病院 931
福井県立病院
322
長野赤十字病院
540
県立岐阜病院
1565
順天堂大静岡病院
1457
富士市立中央病院 582
県西部浜松医療センター 842
愛知県立循環器呼吸器病センター
1247
名古屋掖済会病院 649
安城更正病院 1426
名古屋第二赤十字病院 2254
トヨタ記念病院 473
市立四日市病院
1075
大津赤十字病院
497
大津市民病院 549
三菱京都病院
811
京都市立病院 556
宇治徳州会病院 1014
洛和会音羽病院 505
京都第一赤十字病院 728
国立循環器病センター
2099
大坂赤十字病院 754
岸和田徳州会病院 1072
大坂警察病院 944
大坂厚生年金病院 529
兵庫県立姫路循環器病センター
1906
神戸市立中央市民病院 989
神戸大病院 702
和歌山県立医大病院 600
倉敷中央病院
4429
市立広島市民病院
1835
広島市立安佐市民病院 727
徳島赤十字病院
2850
市立宇和島病院
818
済生会熊本病院
2014
熊本中央病院 2175





NYHA(New York Heart Association)の心機能分類
  • クラスT
    1. 心疾患を有するが,身体活動に制約のないもの
    2. 通常の労作では疲労,動悸,呼吸困難,あるいは狭心痛を生じない
  • クラスU
    1. 身体活動に軽度の制約のあるもの
    2. 安静時ならびに軽労作では無症状のもの
  • クラスV
    1. 身体活動に高度の制約のあるもの
    2. 安静時には無症状であるが,普通以下の軽労作で心愁訴を生じる
  • クラスW
    1. いかなる身体活動も苦痛を伴うもの
    2. 安静時にも心機能不全あるいは狭心症症状があり,労作によって増強される。




New York Heart Associationの分類
  • @心臓の機能(cardiac status)
    1. 悪くない(uncompromised)
    2. 少し悪い(slightly compromised)
    3. 中等度に悪い(moderately compromised)
    4. 非常に悪い(severly compromised)
  • A心不全の重症度
    • T 身体活動が制限されないもの
    • U 身体活動が軽度に制限されるもの
    • V 身体活動が中等度に制限されるもの
    • W 身体活動が著しく制限されるもの
  • B予後(prognosis)
    1. 良好(good)
    2. 治療すれば良好(good with therapy)
    3. 治療によりかなりよくなる(fair with therapy)
    4. 治療しても注意が必要(guarded despite therapy)





遺伝子
心臓/動脈をつくる遺伝子
  • 2011年、自然科学研究機構基礎生物学研究所の高田慎治教授らは、心臓や動脈をつくるのに欠かせない新たな遺伝子を突き止めた。
  • 成果は米科学誌デベロップメント(電子版)に掲載。
  • 胎児期に胸のあたりに一時的にできて、将来心臓や大動脈・胸腺・副甲状腺になる「咽頭弓」という組織に着目。この組織で働く遺伝子「Ripp1y3」を働かないようにしたマウスを作製。このマウスは心臓や大動脈に異常があり、すぐに死亡した。
  • また胎児期には咽頭弓の一部がほとんど作られず、この遺伝子が心臓などの発生に必要なことが分かった。
  • 咽頭弓を作る遺伝子には、人の先天的な心臓の異常などを起こす「ディジョージ症候群」の原因遺伝子として「Tbx1」が知られていた。
  • 高田教授らが細胞を使ってテストしたところ、「Ripp1y3」は、「Tbx1」が正常に働くように調節していた。






ホルト・オラム症候群
  • 2011年、東京大学の竹内純准教授らは、先天性心疾患が子どもに引き継がれなかったり、大人になったら心疾患が重症化する原因として、遺伝子の発現に関わる転写因子とよぶタンパク質が関与していることを突き止めた。
    成果はネイチャー・コミュニケーションズに掲載。
    転写因子「Brg1」を一部欠くマウスで実験した。
    10万人に1人が発症する「ホルト・オラム症候群」の原因遺伝子「Tbx5」を一部欠くマウスと交配したところ、心臓の心室中隔が無くなる心疾患(
    心室中隔欠損症)が胎児に必ず現れることが分かった。
    Tbx5を一部欠損させただけのマウスでは3〜4割しか心疾患は起きないが、Brg1と掛け合わせると相乗的作用を引き起こし、必ず重篤な心疾患になる。研究チームは『NKX変異』と呼ぶ先天性心疾患でも、Brg1が発症に関わっていることを確認した。







予防
赤ワイン
  • 赤ワインが心臓病を防ぐことは証明されていません・・・・。
    米心臓協会は22日、ワインの健康神話を否定するこんな注意を医師向けに発表、科学的に証明された予防法を患者に勧めるよう呼びかけた。
    同協会は、赤ワインが血中の善玉コレステロールを増やすとする研究が多数有ることを認める一方、「酒は毎日1、2杯以上飲み続けると高血圧や脳卒中の原因になりうる」と健康への悪影響も指摘。心臓病防止には運動や野菜の摂取などによりワインより優れた方法があると強調している。同協会によると、ワインの消費量が多いフランスでは、脂肪が多い食生活なのに米国に比べて心臓病が少ないことから、ワインの健康神話が生まれた。しかし、ワインが心臓病を防ぐことを証明した大規模な調査は無く、フランスで心臓病が少ないのは野菜や果物の消費が多いなど他の理由も考えられるという。
    地中海食

チョコレートに予防効果
  • 1996年、カリフォルニア大学デービス校は、血液中の脂質の酸化を抑えて心臓病を予防するとされるフェノール化合物をチョコレートが高濃度で含むことを突き止めた。この化合物はワインに多く含まれることが知られるが、チョレートにも同等以上の効果があるという。



ビタミンC・Eで予防
  • 「脂肪たっぷりの食事をする前にビタミンCビタミンEを取れば、心臓病の危険を抑えられる、という最新の研究成果を、米メリーランド大医学部の研究チームが米医師会誌に発表した。悪玉コレステロールによって血流がとどこおるのを、両ビタミンがじゃまするからだと言う。
     20人を3群に分けた。
       (1)「高カロリー食」
       (2)「低カロリー食」
       (3)「高カロリー+ビタミンC、E」
    (1)高カロリー食の人たちは食後の血流が遅くなった。
    (2)低カロリー食と(3)の高カロリー+ビタミンCEの人たちは正常だった。
     高カロリー食に含まれる悪玉コレステロールは、血液中に有害な活性酸素を増やすため、動脈硬化や心臓病を引き起こす恐れがある。ビタミンCとEは、こうした活性酸素の働きを一定程度、阻害すると、研究チームは、見ている。ただ、ビタミンさえ取れば脂肪が多い食事を続けても大丈夫という訳ではない。論文の中で同チームは「心臓病を防ぐには、低カロリー食と適度なビタミン摂取が大切だ









針灸のツボ 心兪は心臓の要穴。
心臓が悪い人は顔が赤くなる。
心の華は面に現れる。
心は神を蔵する。《沢田流聞書鍼灸眞髄》



○心臓の筋肉を強化する精油。
ボルネオール・ガーリック・ラベンダー・マージョラム・ペパーミント・バラ・ローズマリー




○アオツヅラフジ・アカネ・イチイ・イワタバコ・ウシ・ウナギ・ウメ・ウラジロガシ・エビスグサ・オウレン・オオバコ・オトギリソウ・カニ・キュウリ・キンカン・クララ・ケイトウ・ゲンノショウコ・コイ・コウモリ・ザクロ・シイタケ・シカ・ジギタリス・ジャノヒゲ・ショウブ・スズメ・スッポン・スベリヒユ・セミ・センブリ・ソテツ・ダイコンソウ・タニシ・タンポポ・チャ・ツユクサ・トウモロコシの芯・トチバニンジン・ナメクジ・ニシキギ・ニワトリ・ニンニク・ノキシノブ・ヘチマ・マンネンタケ・モッコク・ヤツデ・ヤマゴボウ・ヤマモモ・マムシ・ミツバチ・モグラ・ユキノシタ・ヨモギ。
○[柿のヘタ+クロマメ]



[アンバー][エメラルド][真珠]

を抑制
「エーザイは、動脈硬化などで狭くなった血管の拡張手術を受けた心臓病患者の再発防止に硬化が期待出来るタンパク質(抗体)を開発した。
血管の再狭窄の原因となる平滑筋細胞の増殖を抑制出来ることを動物実験で確認した。国内では年間約40000人が血管の拡張手術を受け、この内40〜50%が再狭窄を起こしている。
 動脈硬化や心筋梗塞などで狭くなった血管の拡張手術をすると、血管の内側に傷が付き血管壁を構成する平滑筋細胞が増殖する。この為、半年ほど経過すると再び血管がつまることが多い。開発した抗体は平滑筋細胞に増殖指令を出す「トロンビン受容体」というタンパク質と結合する働きを持ち、指令の伝達を妨げ増殖を抑制する効果がある。試験管で培養した平滑筋細胞にこの抗体を加えると細胞の増殖が完全に抑制されたという。血管の拡張手術を受ける2日前から毎日2mgの抗体を注射しておいたネズミの血管を手術後14日目に調べたところ、抗体の代わりに生理食塩水を注射したラットに比べ、血管の内側で増殖した平滑筋細胞の厚さは約半分に抑えられていた。」





フラクタル
  • 米ボストン大学は病気の心臓と健康な心臓を鼓動の波形パターンから見分ける新手法を発見した。病気や異常がある場合、波形は単純な自己相似性(フラクタル)を示すが、健康な心臓はもっと複雑で、複数種のフラクタルに変化するマルチフラクタルになっていた。診断技術の開発や治療法の改善に役立つ。

  • 雲や木の皮など自然界の複雑な造形は細かく見ると、部分を拡大した相似形がたくさん集まって全体の形を構成する性質があり、フラクタルと呼ばれる。自然界では通常、1種類の相似形だが、健康な心臓は活動や環境に随時対応するため複数種に変化するとみられる。これまで心臓病の治療薬は心臓に変動を起こす作用を避けていたが、これは同時に悪影響を与えているかもしれないという。






心拍数のゆらぎ
  • 「健康な人の心拍数には『臨界ゆらぎ』と呼ばれる特殊なパターンがあることを東大の山本義春教授(教育心理学)と清野健研究員、早野順一郎名古屋市立大特任教授(循環器内科学)らの研究チームが2004年11/27までに突き止めた。
    研究チームは、
    • 健康な人の心拍数が0.5〜1.1秒間隔でゆらいでいる
    ことに注目。
  • 健康人と自律神経のうち心拍数を上げる交感神経系が弱い患者、心拍数を下げる副交感神経が弱い患者の心拍データで分析した
    心臓を制御する自律神経系の微妙なバランスが生み出していると見られ、心臓疾患や自律神経疾患を持つ人には見つからなかった。
    心拍数は速くなったり遅くなったりと適度なゆらぎを持つ。その大小が心臓疾患の予後に関連するという臨床データもあったが、メカニズムが不明で、心臓病の診断基準に使えるかどうかは疑問視されてきた。
    今回の発見は、心拍ゆらぎの測定が心臓疾患の治療方針決定などに役立つことを示す画期的な成果。」










拍動に成功
2009年、東京女子医科大学の清水達也准教授らは、心臓の細胞を膜状に培養した「心筋シート」を血管に巻き付けて心臓のように拍動させることに成功した。シートを巻いた血管をラットに移植したところ、心臓のように繰り返し血液を送り出した。
研究チームは、ラットの心臓(心室)から心筋細胞を採取。この細胞を、東京女子医大の岡野光夫教授が開発した培養皿を用いて血管内細胞と一緒に培養した。
できたシートは約1.5cm四方で厚さは30μm。
さらに、ラットの首近くから直径が2〜3mm、長さが2cmの大動脈を採取した。培養液の中で作製したシートを6枚巻き付けてから、別のラットの腹部大動脈部分に移植した。すると、血管に巻いた心筋シートの内部に細かい血管ができて栄養が補給されるようになり生き続けた。
移植した血管を調べたところ、収縮・拡張を繰り返して血液を送り出していた。その回数は1分間に最大約100回で、本来の心臓(心室)の拍動数より多少少ない程度だった。
血液を送り出すときに血管内部にかかる圧力は6mmHg。通常の心臓では100mmHg程度だが、“約1割の圧力を再現できた。補助心臓として利用できる可能性がありそうだ”




心筋再生
2009年、大阪大学の澤芳樹教授らは、心臓病患者の足から採った細胞をシート状に重ねて心臓表面に張る再生医療について、補助人工心臓をつけていない患者を対象にした臨床研究を始める。



自力で動く
2009年、早稲田大学と東京大学のチームは、外から電力などのエネルギーを与えないで自力で動くゼリー状高分子を開発した。
植木などの吸水剤に使うニッパムという高分子にmルテニウムという触媒を混ぜ込んでゼリー状高分子にした。
この塊をクエン酸などが入った溶液に浸すと、ルテニウムによる酸化作用でエネルギーを生み、ゲル全体が伸び縮みする。長さ1cm厚さ0.6mmの直方体ゲルを作り、洗濯板のような溝付きの板にのせると約100秒かけて前進する。
形を変えると回転したり、折れ曲がったりもする。
人工心臓や人工筋肉への応用を目指す。



(チタンで血栓予防)
2010年、ハイレックスは補助人工心臓や人工骨を補強するチタン製の部材を開発した。治験を米国で始めた。5〜80マイクロbに加工したチタン線を使い立体的な構造体を作製。これを血栓などができやすい部分に取り付けると生体になじみやすくなり、異物反応を抑えて血栓の発生を防げるという。
補助人工心臓を左心室につないで血液を送り出す場合、従来手法では左心室とつなぐ部分や本体内部などで生体異物反応が起き血栓ができやすかった。

(生分解性素材)
2010年、久留米大学は、生分解性素材製の血管拡張器具「ステント」を開発した。独自の構造を採用することで、器具の拡張性と、収縮しようとする血管への圧力への抵抗力を両立した。
一定期間後は体内で消滅するため、炎症のリスクを軽減できる。



チェック
関連情報
心臓病の病院ランキング
心筋梗塞
心不全
胸痛
狭心症
鬱血性心不全
心臓発作
拡張型心筋症






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査