情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



四診





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






熱証・寒証

実証・虚証






四診(漢方)
望診・聞診・問診・切診がある。


望診
  • 病人を眼で診ること。
    1. 患者の栄養状態、
    2. 骨格、
    3. 皮膚の状態
    4. 粘膜の色
      • (瞼、口中、口唇、歯齦)
    5. 浮腫
    6. 起居動作、
    7. 大小便の色、形状、性質、量などを観察、
    8. 舌の状態
      • (舌苔、色、亀裂、形、乾湿)
      など
  • 栄養状態が良く肥満し、筋肉がよくしまって弾力のある者

  • 肥満していても、
    • 筋肉にしまりが無く、色が白く、水太りで、骨格の脆弱な者は虚証で、黄蓍の配合された薬方、たとえば防已黄蓍湯などが用いられる。


    痩せていても、
    1. 血色が良く、筋肉のしまりの良い人には、実証のものが多く、
    2. 痩せていて、血色が悪く、筋肉のしまりがよくない人には、虚証のものが多い


    平素の体格や肥満・やせは・・・・
    • 病気になったときの虚実の判定の目標にならないことがある。
    • たとえば平素は頑丈な体格をしている人でも、徹夜でムリを重ねた時やひどい心労の後に病気になった時などは、虚証になっていることがある。








聞診

  • ○又
    • 口臭、
    • 体臭、
    • 膿汁、
    • 帯下、
    • 大小便
    などの排泄物の臭気を嗅いで知る








問診
  • ・患者の既往症、
  • ・家族の病歴、
  • ・現在悩んでいる病気の経過や
  • ・今までの治療法、
  • 主訴、
  • ・日常の生活環境及び精神的誘因などを問う








切診
患者の身体に直接手を触れて診察する。
  • 脈診や腹診。
    皮膚の
    • ・熱感、
    • ・乾潤、
    • ・弛張、
    • マヒ
    • ・強直の有無、
  • 内蔵器官の位置、形状、 項背、四肢の触診など







触診を数値化
2015年、富士通は漢方医師の触診をデータ化するためのグローブ型触感センサーを開発した。

圧力がかかると電荷の状態が変わる誘電体薄膜を検知素子として利用した。



外部から電流を流さなくても使える。

漢方医療では腹部に直接触れる触診を病変や体調の判断材料とする。

ただ、判断基準は医師の主観に依存していて、客観的に把握するデータが無かった。







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査