ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



視床下部症候群



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



視床下部
=間脳は終脳と中脳の間にあって、視床脳と視床下部からなる。


(視床下部の機能)


自律神経の調節を行う統合中枢

交感神経、副交感神経の機能および、内分泌機能を総合的に調節する。

体温調節中枢

下垂体ホルモン調節中枢

情動行動発現中枢

本能行動中枢(摂食・飲水)
  • 視床下部は、食行動に対するすべての情報を調節し、摂食行動を行わせる情報を発信する。
  • 外側視床下部(空腹中枢)を破壊すると摂食しなくなる。
  • 内側視床下部(満腹中枢)を破壊すると異常摂食を行う。




視床下部症候群の病態
視床下部機能の障害による諸症状

(異常)
  • 思春期からの異常 思春期早発症
    摂食行動の異常 拒食もしくは過食
    飲水行動の異常 口渇感の欠如。
    高Na血症
    体温調節異常 [高体温]
    [低体温]
    [恒温調節不能]
    意識および睡眠障害 睡眠リズムの乱れ
    傾眠
    精神症状 情動行動異常が多い
    下垂体機能低下 プロラクチン(PRL)を除く下垂体前葉ホルモン分泌低下
    下垂体後葉機能異常 [中枢性尿崩症]
    [SIADH]





視床下部の障害の症状
  • MRI画像診断は必須

①視床下部性(低ゴナドトロピン性)性腺機能低下

②肥満

③尿崩症
 

④性腺機能低下と肥満の組み合わせ・・・・・
  • [フレーリッヒ症候群(Fròohlich)]

⑤男児の性早熟は視床下部の腫瘍性病変によることが多い。
  • 腫瘍による思春期発来の脱抑制
  • 過誤腫はLH-RH産生
  • 胚芽腫はHCG産生












関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査