毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

失明
(盲目)




HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬




黄斑変性症
糖尿病性網膜症
網膜剥離
皮膚粘膜眼症候群
(スティーブンス・ジョンソン症候群)

黒内障
側頭動脈炎
緑内障
エイズ
多発性硬化症
ベーチェット病






失明の危険
  1. 加齢性黄斑変性症
  2. リウマチ性多発筋症(PMR
  3. 多発性硬化症
  4. 網膜色素変性症
    • 余り聞き慣れないが、欧米で失明原因トップの疾病だ。日本でも数千人の患者がいて年々増加傾向にある。眼球内でカメラのフィルムにあたる網膜が萎縮、視力が低下して失明する病気で、原因はおろか効果的な治療法もまだ見つかっていない。現在では網膜色素細胞の再生や、劣化防止を促す治療物質(タンパク質)注入や細胞移植が有望とされている。
      「経口薬や血管からの注射、目薬を通じた薬品が眼球内には届きにくい。そこで眼球内に直接、治療薬を入れる方法を考えた」とトム・シェパード最高経営責任者(CEO)は説明する。解決策としてニューロテックが見いだしたのがカプセル化技術。治療物質を生成するように遺伝子操作した細胞を小さな穴の開いたカプセルに入れて、眼球内に固定する。カプセルの穴は眼球内に入った異物を攻撃する抗体分子より小さく、抗体分子が通り抜けられないため、免疫作用は起こらない。一方で、細胞に必要な酸素や栄養素は穴を自由に通り抜けるため、眼球内で長期間にわたってタンパク質を生成し続ける。カプセルの埋め込みに必要な手術は約15分。細胞は1年程度生き続けるという。
      遺伝子操作で長寿命化したヒトの網膜細胞そのものの移植技術も同時に進めている

      遺伝子
      大阪バイオサイエンス研究所は、網膜で光を認識している細胞の遺伝子を発見した。遺伝子を取り除いたマウスには光認識細胞がほとんど無く、失明状態になった。
      大阪バイオ研の古川貴久研究部長らは、光を認識する『網膜視細胞』が成長する様子を詳しく調べた。網膜視細胞の成長過程で『Otx2』という遺伝子が、細胞の成長とともに働き。成長が終了すると減少することが分かった。Otx2を持たないマウスは、網膜視細胞に成長せず、失明することが判明。
      古川部長は、網膜視細胞が実際に機能するために重要な役割を果たす遺伝子を1999年に発見している。今回発見した遺伝子は、網膜視細胞に成長するのに重要な遺伝子。両方の遺伝子が無いと、光を認識することが難しく失明するという。研究成果は2003年11/17発行のネイチャーニューロサイエンスの電子版で発表
  5. 眼オンコケルカ症
    • 米クリーブランド大学病院とケースウエスタンリザーブ大学などは、寄生虫によって引き起こされ失明に至ることもある眼オンコケルカ症の原因が、寄生虫の媒介する細菌であることを突き止めた。この細菌を標的として新しい治療法を開発できるとしている。
      マウスを使った実験で、寄生虫が運ぶウォルバキアという細菌にタイする免疫反応が角膜の炎症を起こすことが分かった。熱帯地方に多く見られる眼オンコケルカ症の患者は世界中で1800万人に上り、重い皮膚炎を起こすほか失明する場合もある。成果は米科学誌サイエンスに発表した





ミドリムシの遺伝子を注射
東北大学の研究チームは、ミドリムシの遺伝子を注射することで網膜の機能を一部回復させ視力を回復させることに成功した。
玉井信・先進医工学研究機構長と富田浩史准教授らは、池や川にすぶ微生物『ミドリムシ』の遺伝子『ChOp2』に着目した。光を受けると視神経を刺激するナトリウムイオンを取り組む特殊なタンパク質を作る。

遺伝子をウイルスに組み込み、失明しているラットの目に注射した。6週間後、ラットは目の前で回転する物体に合わせて頭を振るようになった。回転数に応じて頭の振り方も変化した。

遺伝子が網膜の中で特赦タンパクを作り光を感知、視神経に情報が伝達できるようになったとみている。感知する光の波長は短いものが多く、「青白の風景が見えている可能性がある」と富田准教授。
2007年度中に、臨床試験への学内倫理委委員会へ申請する予定。



遺伝子「ChR2」
東北大学の冨田浩史准教授らのチームは光を受けとる働きをする緑藻の遺伝子をラットの眼の細胞に組み込んで、失われた視力を回復させる実験に成功した。
緑藻の遺伝子「ChR2」を組み込んだ遺伝子組み換えラットを作製し、効果を確認。「ChR2」は光を受けて、脳へ視覚情報を伝達する神経節細胞の働きを助けることが知られている。









2009年、大阪大学の不二門尚教授らは、病気で視力を失った患者を対象に、臨床研究を始める。失明かそれに近い患者の眼球の裏側に電極チップをつけて電気で刺激すると、物体の輪郭が分かるようになる。約1ヶ月装着してもらい有効性や安全性を調べ3~5年をめどに実用化する。





2010年東北大学の八尾寛教授らは、緑色LED(発光ダイオード)で脳の神経細胞を操作する技術を開発した。
遺伝子組み換え技術を使い、緑藻類が持つ光を感じ取る特殊なタンパク質をマウスの神経細胞の中で合成させ、これにLEDを当てて神経細胞を活動させる。

脳内の特定の細胞を働かせることができた。BMIや失明の治療に応用可能。
研究チームは単細胞の緑藻類クラミドモナスが持つ「チャネルロドプシン」という光を吸収するタンパク質を改変した。
緑色に反応するタイプの一部の構造を青色に反応するタイプに組み込み、青と緑の両方の色に反応する新しい光感受性タンパク質「チャネルロドプシン・グリーン・レシーバー」を作った。
新タンパク質の遺伝子をマウスの大脳皮質の運動野に注入したところ、運動野の神経細胞で新しいタンパク質が発現した。そこで、3~10ヘルツの緑色LFD光を胸に当てたところ、特定の神経細胞が活動し始めた。別の周波数に変えると活動は弱まった。





スターガート病
2010年、米バイオ企業のアドバンスト・セル・テクノロジーはES細胞(ヒト胚性幹細胞)をつかった臨床試験の承認をFDAから取得した。
徐々に視力が失われる遺伝性眼病「スターガート病」が対象。
スターガート病は10代の発症例が多い難病で、有効な治療法がない。





セロトニンの働き
(視覚を失ったラットのヒゲの感覚が鋭敏になる)
  • 2011年、横浜市立大学の高橋琢哉教授らは、視界を遮られたラットが、失った視覚のかわりにヒゲの感覚を研ぎすます仕組みを突き止めた。
  • 目が不自由な人は耳が良く聞こえるとされるが、仕組みはよく分かっていなかった。
  • 成果は米科学誌「ニューロン」に掲載。
  • まぶたが開かないようにしたラットで実験。6日後に、途中で途切れている橋を渡っても、目が見えたときと同じく正確な経路をたどることができた。
  • 視覚の代わりにヒゲの感覚が増強され周囲の状況を感じ取れるようになったという。
  • また、ヒゲの感覚を担う脳の領域の働きを調べると、神経同士の情報伝達を担う物質「セロトニン」が増えていた。
  • セロトニンが働きかける分子も増えていた。


ほうれん草からとれるタンパク質・・・視力回復
  • 米エネルギー省オークリッジ国立研究所と南カリフォルニア大学のグループは、ホウレンソウからとれるタンパク質を使って、失明した人の視覚を回復させる手法を考案した。
  • 病気などで網膜の光を受け取る部分だけが損なわれれている場合、視神経は正常なので、光を受け取る働きを回復させれば、光を感じられると推測している。
    ホウレン草の光合成を担うタンパク質で実験したところ、光を受け取ると最大1ボルトの電圧を発生できた。
  • 失明した人の網膜を電気で刺激すると、光を感じたように認識することも別の実験で確認済みで、このタンパク質で網膜の働きを捕らえる可能性があるという





失明(盲目)の漢方薬
  1. 黄連解毒湯石膏
    1. 「薬種商の○○の妻、60余才は、平素から頭痛持ちであった。ある日、暑気を犯して稲毛村に往き、帰る途中でにわかに頭痛が起きた。両眼が急に暗くなり、少しも歩けなかったので、下男や下女に助けられて、ようやくのことで家に帰り着いた。
      家では平常から、伊豆の熱海温泉の湯ノ華が貯えてあって、これに浴するのが習慣であっったので、病人は早速これに浴した臥した。すると真夜中頃になって、頭痛と眼の痛みとが一層烈しくなり、堪えられなくなったので、翌日の早朝眼科の診察を受けた。
      ところがその某医は更に他の眼科某と立会の診察をなし、両人が相談して薬を与えた。然るに病勢がだんだん劇しくなったので、心配のあまり余《尾台榕堂》を迎えて治療を乞うた。
      余がこれを診ると、毒気は欝結して俄に解すべくもない。そこで、余は病人に言った。病毒が頗る劇しく、且つ、深いから、尋常の薬を服用していたのでは治らない。しかしよく余の言う通りにして治療をするならば失明はまぬかれるであろうが、薬の瞑眩を恐れて、平淡な薬を服していたのでは、再び天日を見ることはむづかしかろうと。
      すると病人は云った。少しでも視力を回復することが出来れば幸いである。何んで元の通りになろうなどとは望まないと。そこで、余は大剤の黄連解毒湯+石膏を与え、3日後に紫円1匁を服して快利を取るように指示した。すると前の2人の医者が来て、余の治療が乱暴であるといたく非難した。この2人の医者は眼科としては世に聞こえた有名な人々であったから、患家ではその説に迷って、遂にこれに治療を托し、余の言うことを用いなかった。しかし両医の治療も遂にその効験がなく、この患者はとうとう失明して長夜の人となった。
      後に余がその家に立ち寄ったところ、盲目になったその細君は、泣き伏して余に陳謝するのであった。前の職人某と、この薬種商の妻とは病状も病因も全く同じである。そしてその年齢さえも全く同じようであった。しかも1人は完全な人となり、1人は廃人となったのである。嘆ずべきことではあるまいか。」
      《荒木正胤》《井觀醫言》より
  2. 黄散
    1. 「越中の僧、○○なるもの、病みての後、明を失す。《吉益東洞》先生、黄散をつくりて之を飲む。僧その快利を喜び、乃ち量度を論ぜず。日夜之を飲む。久之して大いに血を吐す。而かれども性素より豪邁、益々之を飲みて止まず。卒かに以て明を復す。僧人に語りて曰く、まさに薬を服するの時に当たりて、剃髪する毎に、必ず川の臭いを聞くと。蓋しその気能く上達するなり。」《建珠録》
  3. 犀角散
  4. 柴胡桂枝乾姜湯
    1. 1漁夫、21歳。眼を患い、医生某、治を施すこと1年にして百端効無く、烏睛(黒目、虹彩のこと)全く曇闇した。ここにおいて医生の術尽き、これに謂って云うに、無効の薬を長服するよりは、早く家に帰って、盲者の業を学ぶ方がよい。たとえ、能くこれを治すと云う者があっても、必ずこれに欺されてはならないぞと、ここにおいて漁夫は大いに失意して、茫々然となて帰来し、医生の言を父母に告げ、相対して泣いた。
      隣人はこれを見るに忍びず、来たって治を乞うた。到って診するに、胸脇苦満し、且つ動がある。
      先生は微笑して云うに、このような証がどうして不治であろうぞ。200日足らずで、必ず全癒すると。家人はその言を喜び、且つこれを疑った。そこで柴胡桂枝乾姜湯と解毒湯を併進し、且つ一方を点眼すること10余日にして少しく明を得。続いて前方を与えること100余日にして、果たして旧に復した。《上田椿年》
    2. 潮深の1漁夫、40歳。両眼が腫痛し、白膜は紫色の筋を帯び、烏睛がまったく曇暗した。1医生が治を施すこと7年にして寸効もなく、来たって治を乞うた。これを診るに、寒熱往来して胸腹に動があるので、柴胡桂枝乾姜湯を与え、芎黄散及び甘汞丹を兼用して、その上に刺絡を施すこと数次にして、4ヶ月ばかりで全治した。《上田椿年》
  5. 大青竜湯
    1. 「職人の○○は、年が60余才であった。夏の盛りに暑気を犯して下総から帰ってくる途中で、突然に頭痛が発して両眼が痛んだ。家に帰って、藻を入れた風呂に浴して臥した。
      すると夜半になって頭と眼が甚だしく痛んで堪えられなくなったので、夜の明けるのを待って、余《尾台榕堂》の門を叩いて治療を乞うた。
      これを診ると、雙眼は腫れ塞がって、開くことが出来ず、周囲から真っ赤に充血して瞳子は暗く、ズキズキと痛んで裂けるようであった。悪寒と発熱が代わる代わる起こって嘔気がして腰が痛んだ。大便の様子を問うと、果たして45日間不通であることが判った。
      そこで余は言った。これは雷頭風という病気であるから一気にその病毒を除去しないと、にわかに盲らになってしまうと説明して、これに大青竜湯を与え、桃核承気湯を兼用し、両方の眼の四傍には蛭をくっつけて毒血を吸わせた。大便が1日34行づつあって、頭痛も次第に退き、充血も消退して、瞳子の暗いのも軽快し、服薬1ヶ月余りで全く平復し、それ以後再発することがなかった。」
      《荒木正胤》《井觀醫言》より
  6. 苓桂朮甘湯
    1. 「膳所候の臣、○○の女、初めに頭瘡を患う。いえての後、両目に翳を生じ、卒に以て失明す。《吉益東洞》先生を召して診治を求む。先生之を診す。上逆し、心煩し、時ありて小便快利せず。苓桂朮甘湯及び黄散を為りて、襍進す。時に紫圓を以て之を攻む。障の翳やや退く、左目は明を復す。是においてその族は或いは以為く「古方家、多く峻薬を用いて、瘴翳は退くと雖も、恐らくは不緯あるに至るなり」と。久左衛門も亦その言を然として大いに之を懼れ、乃ち謝して罷む。更に他醫を召して緩補の剤を服す。之を久しくして更に復、翳を生ず。漠々として見ること能わず。
      是において久左衛門、復(ふたたび)謁して曰く、「嚮(さき)に我が女、先生の庇を頼り、一目は明を復す。而して人の間阻に惑い、遂に復失明す。今甚だ是を悔ゆ。幸に再び之を治するは先生の恵みなり」うこと甚だ懇なり。先生因って、復之を診す。乃ち前方を服し数月にして両目明を復せり。」
      《建珠録》





チェック
黄斑変性症」「糖尿病性網膜症」「網膜剥離」「皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)」「黒内障」「側頭動脈炎」「緑内障」「エイズ」「多発性硬化症」「ベーチェット病







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬針灸