なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
ステロイド
(副腎皮質ホルモン)


チェック
副腎皮質ホルモン」「ステロイドホルモン」「プレドニンくすり情報」「医薬品の略語」「薬効分類


ステロイド・・・体内での働き
糖質コルチコイドは、代謝を調節し、ストレスに対抗する。
  • 主な作用は、組織からアミノ酸を動員し、肝臓での糖新生を促進すること。


代謝作用
  • 健常者の副腎から、コルチゾル(ステロイドの一種)に換算して、1日当たり20〜30mgのステロイドが分泌されています。それが体内の血糖・脂肪・電解質・骨・筋肉の代謝に働きかけています。
  1. 【糖代謝】
    • ステロイドは、肝臓で糖を合成する働きを高めます。さらに、筋肉組織などが糖を利用するのを阻害します。その結果、血糖値が上がりやすくなります。そのため、糖尿病の患者はもちろん、糖尿予備軍の方も注意が必要です。
  2. 【脂肪の代謝】
    • ステロイドは、血液中のコレステロールや中性脂肪値を上げます。又、手足などの体の先端部分の脂肪組織から脂肪を放出させる作用もあります。そのため体の中心部で肥満が現れてきます(中心性肥満)。
  3. 【電解質作用】
    • ステロイド薬は、血液中のナトリウムを増加させ、カリウムを減少させます。ナトリウムが増えると、同時に体内の水分も増えるため、血液量そのものが増え、血圧が上昇します。カリウムが減少すると、筋肉の収縮がうまくできずに脱力感を感じたり、心臓の筋肉が正常に収縮できなくなって心電図に異常が出たり、心不全に陥ることがあります。
      この電解質作用は、ステロイドの種類で異なります。例えばコルチゾンは、プレドニゾロンの約2倍の電解質作用があります
  4. 【骨の代謝】
    • ステロイド薬は、骨の形成を低下させ、骨吸収を高め、総合的には骨量を低下させます。
  5. 【筋肉代謝】
    • 私たちの筋肉は黄紋筋(=随意筋)と平滑筋に分かれています。ステロイド薬は主に黄紋筋の代謝に働きます。肝臓で糖を合成するための材料として、筋肉組織のタンパク質を分解し、アミノ酸に変えて血液中に放出します。その結果、筋力が低下することがあります
    • 横紋筋融解症

中枢作用
  • ステロイド薬は脳内の細胞に働いて、レム睡眠を短くします。レム睡眠の状態では、ものを考える大脳皮質の眠りは浅くなります。また、ステロイド薬はムードや行動に影響を与えます

抗炎症作用
  • ステロイド薬の抗炎症作用は、ほかのどの薬物よりも強力です。ステロイド薬は、炎症が起こるときに必要なサイトカインとプロスタグランジンの産生と作用をブロックして炎症を抑えます。また、炎症をひどくする白血球の働きを抑えたり、血管の透過性を抑えることで、その抗炎症作用を高めます

免疫抑制作用
  • 免疫では白血球が主役で働いています。白血球はリンパ球の仲間です。リンパ球は血液中やリンパ節などの中にいて、自分の体と同じ成分かどうか識別する能力があります。そして、自分の成分でないものを見つけると、それを異物として分解・処理します。このような働きを免疫といいます。
    リンパ球が働きすぎて異常を起こし過剰に反応したのがアレルギーで、識別能力が狂って、自分の体を異物と勘違いしたのが自己免疫疾患です。
    ステロイド薬はリンパ球相互の働きを抑えたり、リンパ球が作り出す抗体を減少させたりして、免疫を抑えたり、アレルギーを抑えます。

副腎機能抑制作用
  • 副腎だけではステロイドは出来ません。脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が必要です。さらにそのACTHは大脳の視床下部でつくられるコルチコトロピン刺激ホルモン(CRF)にコントロールされています。すなわち、CRF→ACTH→ステロイドの順で作られます。そして作りすぎをコントロールするためにステロイドから下垂体・視床下部に直接働きかけることができます。
  • ステロイド薬を飲むとどうなるのでしょうか?
    1. 1錠飲むと、数時間、CRFやACTHは分泌されなくなります。そして血液中のステロイドが無くなると、CRFやACTHは再び分泌されるようになります
    2. 1日6錠、分3で飲むと、その日はCRFやACTHは出なくなります。
      1週間以内の服用であれば、ステロイドを止めた段階でCRFとACTHはすぐに分泌を始めます。
      1週間以上続けると、CRFとACTHを作り出す機能そのものが衰えてきます。さらに、副腎もACTHの刺激が無いのでステロイドを作らず萎縮していきます。
    3. ステロイド薬を1週間以上飲み続けているときに、急にステロイドを止めると、自分の副腎ではもうすでに自分のステロイドを作れなくなっているので、体内にステロイド不足が起こります。そのため、ステロイドは急に止めないことが大切です


ステロイドホルモン
ステロイドは
  1. それ以外のホルモンに比べ、その受容体がほぼ全身にあるという特徴があります。そのために、広範囲の疾患に有効ですが、反対にまた副作用も広範囲に起きてきます
  2. 副腎皮質ホルモンは、いずれも、コレステロールと17-α水酸化酵素から、種々の酵素の働きを経て生合成されます
副腎から・・・
  1. 副腎の内部:
    • 「副腎髄質」と呼ばれアドレナリンとノルアドレナリンを分泌しています。
  2. 副腎の外側
    • 副腎皮質」と呼ばれ、副腎皮質ホルモンを分泌しています。副腎皮質はさらに3層に分かれています。外側から『球状層』と『束状層』、内側が『網状層』と呼ばれています
    • 球状層
      • 「アルドステロンが分泌される。これは血漿の塩分(ナトリウム・カリウム)、血圧および血液量の調節を行っているホルモンで、このグループのホルモンを『鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイド)』と呼びます。
    • 束状層
      • 「主にコルチゾールを呼ばれるホルモンが分泌される。この系列のホルモンでは糖代謝などに影響を与えるので、『糖質コルチコイド(グルココルチコイド)』と呼ばれています。
    • 網状層
      • 網状層からは性ホルモン、主にアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されます。


ステロイドホルモンの適応症
1.亜急性甲状腺炎
2.悪性リンパ腫(類似疾患を含む)
3.アナフィラクトイド紫斑
4.アレルギー血管炎
5.アレルギー性鼻炎
6.陰茎硬結
7.うっ血性心不全
8.ウェーバー・クリスチャン病
9.ACTH単独欠損症
10.エリテマトーデス
11.円形脱毛症
12.外眼部の炎症性疾患
13.潰瘍性大腸炎
14.潰瘍性慢性膿皮症
15.下垂体抑制試験
16.花粉症
17.顆粒球減少症
18.眼窩の炎症性疾患
19.眼筋の炎症性疾患
20.肝硬変
21.乾癬
22.顔面神経麻痺
23.顔面播種状粟粒性狼瘡
24.気管支喘息
25.急性感音性難聴
26.急性唾液腺炎
27.急性中耳炎
28.急性副腎皮質機能不全
29.凝固因子障害による出血素因
30.強皮症
31.筋硬直症
32.激症肝炎
33.結核性胸膜炎(抗結核剤と併用)
34.結核性腹膜炎(抗結核剤と併用)
35.結核性心嚢炎(抗結核剤と併用)
36.血管運動性鼻炎
37.血清病
38.原因不明の発熱
39.限局性腸炎→「クローン病
40.好酸性肉芽腫
41.甲状腺疾患による悪性眼球突出症
42.甲状腺中毒症
43.喉頭炎
44.喉頭浮腫
45.喉頭ポリープ(および結節)
46.紅斑症
47.紅皮症
48.硬直性脊椎炎
49.昆虫毒
50.再生不良性貧血
51.サルコイドーシス
52.耳管狭窄症
53.視神経の炎症性疾患
54.湿疹
55.紫斑病
56.若年性関節リウマチ
57.蛇毒
58.嗅覚障害
59.重症感染症(化学療法を併用)
60.重症筋無力症
61.重症消耗性疾患の全身状態改善
62.掌蹠膿疱症
63.小舞踏病
64.食道拡張術後(および術後の後療法)
65.食道の炎症
66.進行性壊疽性鼻炎
67.侵襲後肺水腫
68.新生児スクレーマ
69.滲出性中耳炎
70.ジンマシン
71.成年性浮腫性硬化症
72.脊髄蜘蛛膜炎
73.前眼部の炎症性疾患
74.全身性血管炎
75.喘息性気管支炎
76.先天性表皮水疱症
77.前立腺ガン
78.臓器移植
79.組織移植
80.帯状疱疹
81.多発性筋炎
82.多発性硬化症
83.胆汁欝滞型急性肝炎
84.デューリング疱疹状皮膚炎
85.天疱瘡群
86.特発性低血糖症
87.内眼の炎症性疾患
88.難治性口内炎
89.難治性舌炎
90.乳ガンの再発転移
91.ネフローゼ
92.ネフローゼ症候群
93.粘膜皮膚眼症候群(スチーブンス・ジョンソン症候群)
94.脳脊髄炎
95.肺結核
96.白血病
97.鼻茸
98.皮膚炎
99.びまん性間質性肺炎
100.副腎性器症候群
101.副腎摘徐
102.副腎皮質機能障害による排卵障害
103.副腎皮質機能不全患者への外科的侵襲
104.副鼻腔炎
105.扁平苔癬
106.末梢神経炎
107.慢性肝炎
108.慢性関節リウマチ
109.慢性唾液腺炎
110.慢性中耳炎
111.慢性副腎皮質機能不全
112.メニエール病(症候群を含む)
113.毛孔性紅色粃糠疹
114.薬剤性アレルギー
115.薬剤性中毒
116.溶血性貧血
117.痒疹群
118.卵管整形後の癒着防止
119.リウマチ性多発筋痛
120.リウマチ熱
121.類乾癬
122.レイノー病


ジフラール
ダイアコート
デルモベート









外用薬の副作用

1.皮膚が薄くなる。
2.毛細血管が拡張して、皮膚が赤くなったり、赤いブツブツが出来る。
3.紫斑が出来る
4.ニキビが出来やすくなる。
5.毛深くなる
6.皮膚が乾燥してかゆくなったり、さめ肌、カサカサしてひび割れする。
7.色素沈着して皮膚が褐色になったり、色が抜けて白くなる
8.細菌・真菌(カビ)・ウイルスなどに感染しやすくなる。
9.白内障緑内障になりやすい
マイザー
メサデルム
リンデロンDP
テクスメテン
ネリゾナユニバーサル
トプシム
ビスダーム
アドコルチ
ポアラ
ザルックス
リンデロンV
ベトネベート
プロパデルム
リドメックスコーワ
フルコート
パンデル
ケナコルト
レダコート
ロコルデン
ロコイド
キンダベート
デクタン
ヴェリダムメドロール
プレドニン
コートリル

ステロイド外用薬の吸収率

副腎皮質ホルモン(内服薬)の副作用

ムーンフェイス満月のように顔が丸くなる
多尿
月経異常
食欲の異常亢進or食欲不振
ニキビに似た発疹。→ドーピング
毛深くなる
萎縮性皮膚線条
皮膚が薄くなることで、シワ・スジが出来る
色素沈着(褐色のシミのようなものができる)
紫斑
皮下溢血(皮下に内出血がおきて、赤い斑点や打ち身のような紫色の斑点が出来る)
血圧亢進
興奮
不眠
多幸症(普通なら深刻に悩む状況にあるのに、気にしないで幸せ一杯に感じてしまう、病的高揚状態)


骨粗鬆症
筋肉が萎縮する
無菌性骨頭壊死
大腿骨の骨盤に入っている部分が痛くなり、ひどくなると変形したり、骨折しやすくなる
白内障
緑内障
血栓症
血管が弱くなり、出血しやすくなる

躁状態。うつ状態もある
胃潰瘍十二指腸潰瘍
糖尿病にかかりやすくなる。or糖尿病が悪化する。
感染症にかかりやすくなる。
○副腎皮質不全:副腎皮質の機能が低下する結果、
  (1)
だるい、           
  (2)疲れやすい
  (3)
筋肉や節々が痛む、→「関節が痛い
  (4)
ストレスに弱くなる

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
死因
盗聴




副腎皮質ホルモン
コルチゾン・ヒドロコルチゾン類 コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウム [サクゾシン]
[ソル・コーテフ]
血中半減期:90分
抗炎症作用(プレドニゾロンの1/5)
酢酸コルチゾン [コートン]
酢酸フルドロコルチゾン [フロリネフ]
ヒドロコルチゾン [コートリル]
リン酸ヒドロコルチゾンナトリウム [クレイトン]
デキサメサゾン類 酢酸デキサメタゾン [酢酸デキサメタゾン懸濁] 血中半減期:300分
抗炎症作用(プレドニゾロンの10倍)
デキサメタゾン [デカドロン]
パルミチン酸デキサメタゾン [リメタゾン]
リン酸デキサメタゾンナトリウム [オルガドロン]
[デカドロン]
トリアムシノロン類 トリアムシノロン [レダコート] 血中半減期:200分
抗炎症作用(プレドニゾロンの1.5倍)
トリアムシノロンアセトニド [ケナコルト-A]
パラメタゾン類 酢酸パラメタゾン [パラメゾン] 抗炎症作用(プレドニゾロンの10倍)
プレドニゾン、プレドニゾロン類 コハク酸プレドニゾロンナトリウム [水溶性プレドニン] 血中半減期:150分
酢酸ハロプレドン [ハロアート]
プレドニゾロン [プレドニゾロン]
[プレドニン]
[プレドハン]
リン酸プレドニゾロンナトリウム [ドージロン]
[プレドネマ]
ベタメタゾン類 ベタメタゾン [リネステロン]
[リンデロン]
リン酸ベタメタゾンナトリウム [ステロネマ]
合剤 [リンデロン懸濁]
メチルプレドニゾロン類 コハク酸メチルプレドニゾロンナトリウム [ソル・メドロール] 血中半減期:180分
抗炎症作用(プレドニゾロンの1.2倍)
酢酸メチルプレドニゾロン [デボ・メドロール]
メチルプレドニゾロン [メドロール]
合剤 [セレスタミン] 長期連用に注意



ドーピングで副作用



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬