情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





膵炎






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








膵炎の漢方薬
急性膵炎
薬剤性膵炎
慢性膵炎





膵(すい)
「膵」の字は日本で作られた漢字(国字)。
  • 江戸時代の蘭学者《宇田川榛齋》がpancreasの訳字とした。
    (pan=すべて、creas=肉)
  • 中国では膵臓のことを「(yi)または「」と表記している。






すい臓
  • 胃の裏側にある長さ約15cm、上下幅約5cm、厚さ約2cm、重さ約70gの臓器。
  • 十二指腸に抱え込まれるように接している

  • 膵臓はインスリンとグルカゴンという2つのホルモンを分泌して血糖値を調節しているが、膵液も分泌している。この膵液はタンパク質も脂肪も糖類もこなごなに分解する強力な消化液です。
    • アミラーゼ→炭水化物
    • トリプシン→タンパク質
    • リパーゼ→脂肪
  • 膵臓のホルモン(インスリンやグルカゴン)は、膵臓の血液に流れ込んで全身に運ばれる。






腹膜後器官
  • 腹膜によって腹壁に固定されているものを腹膜後器官という。
  • 腹膜後器官には十二指腸、上行結腸、下行結腸、膵臓、腎臓、副腎、尿管などがある。
  • すい臓は
    • 胃の後方、脊椎や腹部大動脈、下大静脈の前方にある後腹膜の臓器です。
    • 背骨の上にのっかっている臓器





(膵液)

  • 膵液は1日に約1.2g分泌される。

  • 3大栄養素のすべてを消化する酵素を含んだ無色透明の液。
    1. タンパク分解酵素のトリプシノーゲン
    2. 脂肪分解酵素のリパーゼ
    3. 炭水化物分解酵素のアミラーゼ
    を含んでいる。

  • 膵液によって、
    • 炭水化物はブドウ糖に、
    • タンパク質はアミノ酸に、
    • 脂肪は脂肪酸など
    に細かく分解される。
  • 小さいブドウ糖などは門脈を通って肝臓に運ばれる。
  • 膵臓は体内工場と言われる肝臓に材料を提供している。


  • さらに重炭酸ナトリウムも含んでいるため、酸性の食物を中和する。

  • 膵液には食べ物を想像したり、見たり、ニオイを嗅いだり、味わったりすると分泌される性質がある。
    胃から腸に送られた酸性消化物が腸壁を刺激した場合も、消化管ホルモンが「消化中の食べ物の通過」を伝えて、膵液が分泌される。








膵臓の疾患には
  1. 急性膵炎・・・薬剤性膵炎 
  2. 慢性膵炎
  3. 膵ガン
  4. insulinoma(インスリノーマ
  5. glucagonoma(グルカゴノーマ
  6. Zolliger-Ellison症候群
  7. 膵嚢胞
  8. 自己免疫性膵炎・・・腹痛 が無いことが多く、黄疸が出ることが多い。




膵炎膵臓炎pancreatitis
膵炎(すいえん)
  • 「膵臓炎で炎症が急激に進む病気で、ひどいと膵臓の組織が壊死を起こし、命に関わります。
     膵液は膵臓でつくられ、十二指腸で腸液と混ざり合って活性化し、タンパク質や脂肪を分解する強い消化液になります。膵臓から十二指腸への膵液の出口は弁のような構造になっていて、腸液が逆流するのを防いでいる。ところが何らかの原因で、この出口から腸液などが膵臓内へ逆流し、膵臓の中で膵液を活性化すると膵臓自身もタンパク質で出来ているので、自分を消化して強い炎症となる。
     急性膵炎は軽症の場合、食事やアルコールを控えると、2、3日で痛みが軽くなるが、中等度、重症では痛みが長引き、膵臓酵素を膵臓自体を融解するのみならず、全身に回って肺や腎臓の働きを低下させ、生命の危険が高くなる


膵炎の原因:
  
<1>飲酒・・・40%。
    • 蒸留酒もリスク
    • 2011年、スウェーデンのカロリンスカ研究所のグループは、蒸留酒を多く摂取すると、急性膵炎になるリスクが上昇することを大規模な疫学調査で突き止めた。
  <2>胆石・・・20〜30%。
  <3>ウイルス感染。
  <4>高脂血症
  <5>原因不明。


膵炎の症状
  • 突然に起きるみそおちの痛みで、痛み方は鈍痛から激痛まで様々だ。
  • 痛みが強い時には、仰向けに寝ると一層強くなるため、背中を丸め、膝を抱えて横になる急性膵炎独特の姿勢をとる。
  <1>激烈な腹痛:・・・心歯煤E背部へ放散する。
  <2>悪心・嘔吐。
  <3>皮膚の着色斑


  • 突然激しい腹痛を起こして、顔面蒼白となり冷や汗が出たり吐いたりします。
  • 慢性化すると、体全体が痩せてきたり、ヘソの当たりが時々痛むこと以外、目立った症状はありません
  • 急性膵炎や慢性膵炎のある時期の症状は、
    1. 上腹部痛が続く(腹痛)、
    2. 背中の痛み、
    3. 吐き気、
    4. 何となく腰も痛い、
    5. 腹部の膨満感
    など。
  • 特に食事で高脂肪食を食べると消化酵素が過剰に分泌され、それが刺激となって、食後数時間後ぐらいから痛むことがある。
  • 胃潰瘍と間違われやすい


(副作用で膵炎)
  • 「アルドメット」「コナン」「ザンタック」「セレスタミン」「ゾビラックス」「ダイクロトライド」「タガメット」「デパケン」「ノルバスク」「ブリプラチン」「フルイトラン」「プレドニン」「ペンタサ」「ラシックス」「リウマトレックス」「リピトール」


(膵炎に使用不可の薬)
  • [アザチオプリン][イセチオン酸ペンタミジン][NSAIDs][L-アスパラギナーゼ][ガンシクロビル][5-FU][サラゾスルファピリジン][ジダノシン][スルファドキシン][チアジド系利尿薬][副腎皮質ステロイド薬][プロポフォール][ミゾリピン][メトトレキサート][ラミブジン]







診断 胃潰瘍胆石症 ・腎結石・虫垂炎 イレウス などに似た症状ですが、痛みが上腹部の左に寄った部分や左の肩へ放散することと、血液検査で膵臓から分泌される酵素(アミラーゼ)量を調べることで分かります。






→「急性膵炎」「慢性膵炎




(1)酵素を測定:
(2)セクレチン試験: 
(3)Bentiromide試験
(4)糞便検査
(5)糖同化機能検査:高血糖・糖尿をチェックする。
(6)脂肪消化試験




<1>アミラーゼ
<2>リパーゼ:
  1. トリグリセライドを分解する酵素。
  2. 血中リパーゼ活性の上昇はアミラーゼより遅れる
<3>エラスターゼ:
  1. 腱・動脈壁を構成する硬蛋白であるエラスチンの分解酵素。
  2. 種類
    • [膵エラスターゼ・1]・・・診断に用いる。
      [膵エラスターゼ・2]血中α1AT、α2Mと結合している。
  3. 高値を示す疾患:
    • 急性膵炎・膵ガン・慢性膵炎
<4>トリプシン:
  • 「トリプシンは血中α1AT、α2Mなどの阻害物質やトロンビンなどと共存しているために酵素活性を特異的に測定できない。」






「パンクレオザイミンおよびセクレチンは膵液の分泌を促進する一種のホルモンで、パンクレオザイミンは膵液中の酵素量を増加させ、セクレチンは水及び重炭酸塩分泌を増加させる。


2010年、テルモとオリンパスメディカルシステムは、膵胆管の内視鏡治療に使うガイドワイヤを共同開発した。0.025インチ(0.63_b)の細さのガイドワイヤで、口から十二指腸まで挿入して、膵胆管内の患部にまで細長い管状の治療用処置具を導く。




検査項目 正常値 検査の目的






60〜400IU/l 膵臓病の
有無






調






9〜40IU/l
尿





100〜2100IU/l





73.4%以上 BT-PABA服用後の薬物の尿中排泄量




・液量(2.8〜5.0ml/kg)

・最高重炭酸濃度(78〜142Eq/l)

・アミラーゼ量(1349〜3631/kg)
セクレチン注射後の膵液の分泌状態
尿糖 陰性 尿中の糖濃度の検査。
糖尿病や腎性糖尿で陽性となる






調

血糖
(空腹時)
65〜110mg/dl 糖尿病の
検査

漿




8〜11µU/ml






205〜285µmol/l








2時間値:

200mg/dl以下






A1c
4.3〜5.8% 糖尿病の
管理状態
CA19-9 35U/ml以下 膵ガンの
治療効果





CEA 5ng/ml以下
超音波検査 膵臓の腫瘍の有無を画像で診断する
CT検査


チェック
急性膵炎」「薬剤性膵炎」「慢性膵炎膵炎の漢方薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査