不眠症
朝起きられない
体内時計
ナルコレプシー




睡眠リズム障害
睡眠時間が前後にずれてしまう。
  • 睡眠リズム障害は毎日同じ時間に眠るのが難しい病気。
    就寝してから眠りに入る時間が毎日1時間ずつ遅れていく。


睡眠相後退症候群
  • 人の体は体内時計で覚醒と睡眠のリズムを調節しているが、周期は1日約25時間と長い。生活の中で24時間に調整している。この症候群では、調整がうまくいかなくなる。
    Aさんの場合夜なかなか眠れず、明け方になることもしばしば。朝は起きられないが、睡眠は7時間程度きっちりとれる。
  • 体が求める睡眠の時間帯が、社会と合わないのが問題なのだ。
    睡眠障害外来がある国立精神・神経センター武蔵病院長の梶村尚史さん(43)は「怠けているように見えるが、自分では治せない睡眠。覚醒リズム障害という病。不登校の子供の一部にも見られる」と指摘する。
    米国では不眠症の5〜10%が睡眠相後退症候群と言われる。睡眠・覚醒リズム障害にはこのほか、毎日1時間程度睡眠時間が後にずれていくタイプや、規則性の無いものもある。
    梶村さんは、「もともと夜型タイプの人が不規則な生活によって発症することが多い。体内時計の機能不全によるものと考えられる」と言う。
    治療法は、直視するとややまぶしい2000ルクス以上の光を、起床すべき時間帯に2、3時間浴びる、高照度光両方の効果が高いとされる。網膜を通して体内時計に関係する脳の視床下部に光の刺激を受けることで、リズムが整えられていく。
    Aさんは、高い照度の照明器具を天井に据え付けた光治療室に入院。退院後も蛍光灯のような光治療器を借りて、毎朝1時間光を浴びてから出勤する。「光治療を受けていれば大丈夫という自信もついてきた。夏場は外光もいい」と言う



起きられない、眠れない
  • 「名古屋市の郵便局員(34)は、2年ほど前にインターネットを始めてからずっと睡眠不足を感じている。休みの前日は朝まで熱中。翌日は午後遅くに起き、夜はなかなか眠れない。休み明けには出勤すると、午前中はボーッとして仕事が進まない。
    半年して「体を壊す」と思い、徹夜は止めたが、今も週4、5日は午前零時過ぎになる。「すぐには治らない。インターネットは趣味だからやめません」
    リズム障害が不登校につながると、事態は深刻だ。
    愛知県内の男子高校生は1年ほど前から、朝起きられなくなった。友達と遅くまで遊ぶことが増え、睡眠時間帯が後ろにずれたらしい。この春、学校に行けなくなった。母親に起こされると無意識に払いのけ、暴れた。
    親が病院を訪ね、リズム障害と分かった。夏休みに10日余り入院して投薬治療を受けた。9月に入って1日は普通に登校。だが、喜びの余り寝付けず、翌朝は起きられなかった。
    「なんで僕だけなの」
     失望から、今は病院にも行っていない。
    「人間は約25時間の周期で睡眠覚醒リズムを示す。普通は朝日や朝食といった要因で調整し、24時間周期で生活しているが、リズム障害になると、通常の生活環境ではこれに同調出来ない。精神科的疾患がない場合、ビタミンB12を3週間飲み続け、毎朝、起床時に3000ルックス以上の強い光を浴びる生活を2ヶ月ほど続けると約6割が回復する。寝つきの悪い人は睡眠薬を併用すること もある。
    名古屋大医学部精神科の太田龍朗教授は1982年、睡眠覚醒リズム障害の症例を初めて学会に発表した。「思春期の発症が多く、中学生の不登校の2〜3割は、リスム障害の疑いがある。発達段階の脳は環境の変化に影響を受けやすいのではないか」と話す。本人や親が夜型という場合が多い。
     大阪回生病院が今春開いた睡眠医療センターの、これまでの1107人の新患のうち、リズム障害の患者が31人いた






埼玉医科大学と国立精神神経センターなどは、夜眠れずに昼間寝てしまうなど昼夜の周期が狂ってしまう病気の原因と考えられる遺伝子変異を見つけた。之を手がかりに発病の仕組みを調べる。患者によって異なる発症の違いが分かれば体質に応じた最適な治療法の開発につながる。
睡眠周期に異常が生じる病気には、眠たくなる時間がどんどん後ろにずれるタイプや昼夜が逆転するケース。1日のリズムが全く無くなるものなど様々。埼玉医大の海老沢尚光子と精神神経センターの高橋清久総長らのグループはこうした病気で悩む患者の遺伝子を調べ健常者と比較した。調査は各器官の倫理委員会の承認と被験者の同意を得て進めた。
その結果、睡眠周期が後ろにずれる患者で、昼夜のリズムを決めるホルモン(メラトニン)と結合するタンパク質の遺伝子の異常が普通の人の3倍近い14%の割合で見つかった。
またリズムを作るのに関係する別のタンパク質(PER3)の遺伝子で20種の一塩基変異多型(SNP)が見つかった。
SNPは塩基配列(遺伝暗号)の1文字だけが異なる遺伝子の個人差。このうち特定の5つの組み合わせを持つ人は健常者では2%しかいないが、昼夜が逆転するタイプの患者では15%が持っていることが分かった。発見した遺伝子変異と症状の関係を詳しく調べることで昼夜のリズム障害を引き起こす原因の解明につかがると研究グループではみている。
体のリズムを決めるの体内時計は哺乳動物では脳の中心部にある視交叉上核という部分にあり、関連する遺伝子がすでに10個程度見つかっている。皮膚などの組織でも体内時計の遺伝子が発見されている



2012年、国立精神・神経医療研究センターは、夜に眠れず昼間に眠くなる睡眠リズム障害の原因の一端を解明した。
研究チームは患者6人、夜勤従事者8人、標準的な生活リズムの9人を対象に実験した。
昼夜が分からないように隔離した実験室で14日間過ごしてもらい、その間のホルモン分泌や体温などのデータから、その人の1日の長さを表す「体内時計」の周期を測った。
  1. 標準的な人の体内時計・・・・・24時間7分
  2. 患者の体内時計・・・・・・・・・・24時間29分
体内時計のズレを毎日調整するのが難しく、慢性的な時差ぼけ状態に陥っていると考えられるという。
また夜勤従事者の一部には、体内時計の周期が睡眠リズム障害の患者と同程度に長い人がいた。夜勤従事者が睡眠障害を発症しやすいことが裏付けられたという。
体内時計は朝に目覚め夜に眠くなるといった1日のリズムを刻む体の仕組み。
血圧や体温を正常に保つのに欠かせないメカニズム。







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬