チェック
倦怠感」「疲れやすい」「脱力感」「だるい」「元気がない」「スポーツで結果が出ない「勃起不全」「ストレス」「不安」「性欲がない」「インポテンス」「バイアグラ




グリコーゲン・ローディング
  • マラソンやトライアスロンなどのスタミナが必要なスポーツでは、エネルギー源として炭水化物が重要であるとされ、試合前日にご飯やモチやパスタなどを食べる選手が多い。

    炭水化物は分解されてブドウ糖となって吸収され、グリコーゲンとなって細胞内に貯蔵されるが、その貯蔵量は体重のわずか1%と少ない。そのため競技前に筋肉や肝臓にそれを大量に貯蔵しておくことが、持久性スポーツのスタミナ持続に役立つとされる。
    又、1gのグリコーゲンがブドウ糖となり、さらに燃焼してエネルギーになると、3.3gの水が発生するから(1gの脂肪では約1gの水しか発生しない)、グリコーゲンを高めることは体内に水分を貯留することになって運動中の脱水の予防になるという。

    このようなことから、スタミナ向上のためには、脂肪やタンパク質を減らして炭水化物を多食することが有効であり、その食べ方は「グリコーゲン・ローディング」とか「カーボ・ローディング」とか呼ばれる。

    また、グリコーゲン合成に必要とされるカリウムは、[バナナ]や[キウイフルーツ]などの果物に豊富なため、それらを炭水化物と一緒に摂ることはグリコーゲンの合成に有利だし、カリウムはまた運動中に起こりやすい筋肉のケイ レン(痙攣)を予防してくれる。

    ドイツの栄養学者のニコライ・ウォルムは、スポーツ選手を対象にした研究の結果、炭水化物を70%含む食事により筋肉に貯蔵されるグリコーゲン量は通常の食事の2倍であったとし、「スポーツ選手が最大限の能力を発揮するためには、エネルギーの60%以上を炭水化物の形で摂取する必要がある」と報告している。
    特に、[ジャガイモ]や[バナナ][パン]は脂肪分が少なく、炭水化物が豊富である上に、必要量のタンパク質も十分に含まれている理想的な食品であるとしている。

    しかし、グリコーゲン・ローディングという栄養療法は、トレーニング期を含めて炭水化物食を摂り続けるというものではない。
    体作り(筋肉や骨)の時期や練習の多い時は高タンパク・高脂肪食を摂り、試合前に炭水化物食に切り替えることによって、運動前のグリコーゲン貯蔵量を大きくするというものである。決して菜食だけでスタミナの向上が約束されるというわけではない。(井上勝六著「成人病を防ぐ現代人の食事学」参照)





マラソンは脳との闘い
  • 泰羅雅登・東京医科歯科大学教授は、100`異常のウルトラマラソンに挑戦している。
  • レースも半ばを過ぎると、膝や腰に違和感を感じたり、横っ腹が痛くなったりする。
  • しかし、しばらく我慢していると痛みが消えることが多い。
  • レースやトレーニングで体に負荷をかけていると、脳がどこかの偽りの痛みや張りをつくって“もうやめなさい”と催促してくるような気がする。
  • 「ランナーが感じているのとを脳医科学で厳密に実証することは無理だけれど、脳が痛みをつくって体にリミッターをかけるというのはありうること」と泰羅教授。
  • 30`の壁・・・・ウソ?
  • 30`の壁もリミッターで偽物の可能性があるという。
  • 「30`でつらくなって失速するのは、30キロの壁の存在を周囲から吹き込まれているからかもしれない。頭でっかちになっているから、そういうことが起こるのでは?」(泰羅教授)。




民間療法 ○「アミノ酸亜鉛」「」「コンドロイチン
紅参こうじん
レスベラトロール




スタミナが無いときの漢方薬
  1. 九味檳榔湯
  2. 牛黄清心丸
  3. 五苓散
  4. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  5. 柴胡桂枝乾姜湯
  6. 滋陰降火湯
  7. 小建中湯
  8. 小柴胡湯
  9. 参蘇飲
  10. 真武湯
  11. 天王補心丸
  12. 当帰建中湯
  13. 八味地黄丸
  14. 白虎加人参湯
  15. 平胃散  
  16. 補中益気湯
  17. 苓桂朮甘湯
  18. 苓姜朮甘湯
  19. 六味丸





倦怠感」「疲れやすい」「脱力感」「だるい」「元気がない」「スポーツで結果が出ない「勃起不全」「ストレス」「不安」「性欲がない」「インポテンス」「バイアグラ






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査