ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ステント



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




ステント
Aさんは7年前に狭心症と診断され、30代のうちから動脈硬化が進んでいた。
  • 「タバコを吸い、運動不足と食べ過ぎの生活を送っていたのがたたったようです。治療を受けてせっかく調子が良くなったので、今後、生活に気を付けたい」
    Aさんが受けたのは外科手術ではなく、ステントと呼ばれる小さな器具で冠動脈の内側を押し広げる治療だ。ステントは円筒形をした金属製の網のようなもの。筒を細くした状態にして、腕や脚の動脈からカテーテルを通して冠動脈まで送り込む。医師がX線で心臓の様子を見ながら冠動脈が狭いところでステントを広げる操作をする。
    カテーテルを使って冠動脈を広げる治療は経皮的冠動脈形成術(PTCA)と呼ばれ、日本では約20年前から始まった。当初は風船のような器具で内側から広げていたが、治した冠動脈が後で再び狭くなる再狭窄が起こる難点があった。ステントが使われるようになったのは10年ほど前からだ。
    ステントを使った治療に早くから取り組んできた小倉記念病院(北九州市)の延吉正清・副院長は「世界中で実施されているPTCAのうち約6割でステントが使われ、再狭窄防止に役立っています」という。」



新しいステント
  1. 千葉西総合病院(松戸市)の三角和雄院長らのグループは、薬物が徐々にしみ出すステント(金網状の細い管)を使うと、心筋梗塞や狭心症の再発リスクを抑える効果があることを確認。成果は2005年3/19日本循環器学会で発表。
    米メーカーが開発した「サイファーステント」には、免疫抑制剤の一種であるシロリムスが塗布されている。この薬剤が約3ヵ月かけて徐々に溶け出し、再狭窄を招く細胞の増殖を抑える。日本では2004年に厚生労働省が承認し、5月から輸入されるようになった。
    三角院長らは、千葉西総合病院のほか、横須賀共済病院、宇都宮済生会病院、都立墨東病院など、新型ステントの使用が多い7施設の439例を調査した。狭くなった血管を広げた部分にステントを挿入して半年以内に再狭窄が起こり治療したのは13人で、全体の3%にとどまった。
    従来のステントでは20%〜30%が再狭窄を起こしていた。
  2. ステントの表面を硬質炭素で被覆して血栓がくっつかないようにする技術を、高橋孝喜・東京大学教授と鈴木哲也・慶応義塾大学教授、川澄化学工業などのチームが開発した。
    チームはフッ素ガスを加えた装置内でプラズマを使いステントの表面を硬質炭素材料の「ダイヤモンドライクカーボン(DLC)」で覆う加工技術を開発。DLCの中にフッ素が15〜20%含まれると血液が表面に付きにくくなるとともに化学物質への耐性が上がる。
    血液を流した実験で血栓ができるのは、・・・従来比1/10以内だった



薬剤溶出ステント
  • 2009年、承認取得。冠動脈の詰まりを血管内に入れたカテーテルで解消する手術の後に、患部に留置する。表面に免疫抑制剤の一種「ゾタロリスム」を塗布して、血管の再狭窄を防ぐねらい。



生体で分解
  • 2010年、「体内で2〜3年で溶けて無くなる」生分解型の心臓疾患用ステント。素材は植物由来のポリ乳酸。開発したのは、京都医療設計



内皮形成
  • 2010年、物質・材料研究機構は、東京大学やニプロと共同で、狭心症などの治療器具であるステントの高性能タイプを開発した。ブタの実験では治療した血管に血栓ができるのを防ぎ、約2週間で血管内皮も形成された。
    今回使用した薬剤は「タミバロチン」。これを混ぜる材料として、クエン酸架橋アルカリ処理ゼラチン高分子マトリックスという材料を新たに開発した。



術後の運動療法
  • 2010年、米メイヨークリニックの研究チームは、1994年〜2008年の間にメイヨークリニックで狭心症や心筋梗塞でステント治療を受けた患者2351人を調べた。
    4割の人が厳密に管理された運動や食事なおdの心臓リハビリテーションを実践した。
    リハビリを実践した人はしなかった人に比べて約6年間で死亡率が45〜47%下がることが分かった。



血管を温めて再狭窄を防ぐ
  • 2014年、慶應義塾大学の荒井恒憲教授らは、熱で血管を温め軟らかくしてから薬剤を塗ったバルーン(風船)で広がる。
  • 薬剤が血管に作用して再狭窄を防ぐ。
  • 研究チームは血管を温めるとその成分であるコラーゲン繊維が軟らかくなるのに着目。
  • カテーテルの先からレーザーを照射し、その熱で血管を軟らかにした後、バルーンで血管を傷つけずに押し広げる。抗がん剤の「パクリタキセル」をバルーンに塗った。
  • ブタの頸動脈を使い実験。レーザー照射で血管を70℃に温めた後、薬剤を塗布したバルーンを1分間、血管内に挿入。薬剤が血管壁の内膜を超えて作用していた。
  • 従来のステントやバルーンでは、膝の下の血管を治療しても再狭窄が高い確率で起きていた。










京都府立医科大学の松原弘明教授らは2004年2/14、急性心筋梗塞患者の太ももから採取した血液中の細胞を心臓の動脈に注入し、心臓血管をよみがえらせる新しい治療法の臨床試験を始めたと発表。
太ももの血液から『血管内皮幹細胞』という細胞を10億個取り出し、この患者の心臓冠動脈にカテーテルで注入。

2008年、立命館大学の野方誠准教授らは、極細の鉗子を持つカテーテルを開発した。対外から体内の物体を操作するロボットハンドのような機能を持つ。カテーテルは中空の管で、血管内に入れて動脈瘤のなどの治療に使う医療器具。血管を広げ血流を良くするステントや、逆に患部への血流を防ぐためのコイルを血管に挿入するために使われる。
今回開発したカテーテルは、先端部に直径0.5_bの金属製の棒2本でできた鉗子を持つ。先端部で牽引して物体をつかんだり離したりできる。一度血管に入れたあと、不要になったステントやコイルを回収するのも容易にできる。

通常はカテーテルを大腿部の血管から挿入するのに対し、TRI(経橈骨冠動脈インターベンション)は手首の血管から挿入し、患部の心臓血管まで到達させる。










関連情報 心筋梗塞の病院ランキング
心筋梗塞の漢方薬
胸痛
狭心症
心臓病
虚血性心疾患」
心臓発作







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査