情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ストレス






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











ストレスを測る

ストレスタンパク質

無気力

外傷性ストレス障害

うつ状態



ストレス
ストレスとは?
  • 「ストレスに悩んだのは現代人ばかりでないらしい。
  • たとえば
  • 「はらわたが煮えくり返る」
  • 「肩の荷が下りる」といった表現はストレスそのものだろう。英語でも、心配でドキドキすることを、“I have Butterflies in the Stomach”(胃の中に蝶がいる)と表現する


  • 体内には、心拍数、血圧、呼吸数、体温などを一定に保つ機能<恒常性の維持(ホメオスタシス)が備わっている
  • この体内の恒常性にひずみが生じた状態を「ストレス」と呼ぶ






ストレスって何のこと?

  • ストレスという言葉は、もともと物理学で、物体の表面に加えられる圧力のことを指す言葉だった。人間にも使い始めたのは米の生理学者ウォルター・キャノン(1871〜1945)やカナダの医学者ハンス・セリエ(1907〜1982)。

  • セリエはストレスのことを“外界からの刺激に対する生体の反応”あるいは“反応した状態”と定義し、そのような反応を起こる刺激を“ストレッサー”と呼んだ。
    しかし、現在では、ストレスという言葉はかなりあいまいな用語となり、ストレッサーもストレスに含めている。






ストレス度をチェック
(財)日本ウエルネス協会
この1ヶ月の間で自分にあてはまる項目に○を付けて下さい。

《診断》 
  ○の数が5以下・・・・・正常。
  ○の数が6〜10・・・・軽いストレス。
  ○の数が11〜20・・・ストレス状態。
  ○の数が21〜30・・・重度のストレス状態



仕事のストレス判定図







(ストレス状態)
  • 心拍数が増えたり、
  • 血圧が上がったり、
  • 呼吸数が増えたり、
  • 眠れなかったり、
  • イライラしている時
  • を、ストレス状態にあるという。





ストレス(stress)の種類
  1. 物理的・科学的ストレス:
    • 暑さ寒さ、騒音など
  2. 生理的ストレス:
    • 疲労、病気
  3. 社会的・心理的ストレス:
    • 職場や学校での人間関係、仕事の不満、挫折感、老後の不安






ストレスは
自律神経系と内分泌系の2つの反応経路がある


(1)自律神経系(神経を通じて)
  • ストレスを受けると、交感神経が活性化され
  • 以下の反応がおきる
    1. 瞳孔が大きくなる
    2. 唾液の分泌を抑える
    3. 心拍数を上げる
    4. 胃の運動を抑える
    5. アドレナリンの分泌を促進する

  • 自律神経系が活性化すると、心臓や血管に作用し、
    • ・心拍数が増えたり、
    • ・血管が収縮して血圧が上がる

  • また、自律神経が胃腸の血液量を減らし、その動きを鈍くする。 その結果、
    • 食欲は減少し、
    • 胃液の分泌量が増えて
    ひどいときは胃潰瘍や急性胃炎などを引き起こす


(2) 内分泌系(ホルモンを通じて)
  • ストレスを感じると脳の下垂体からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が放出され、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が副腎に届くと、コルチゾールが放出されて以下の反応を引き起こす
    1. 白血球やリンパ球の性質を変化させ免疫力を低下させる
    2. グルコースの合成を促し、血糖値を上昇させる
    3. 筋肉への糖の取り込みが抑えられ、血糖値を上昇させる。

  • ストレス反応にかかわったホルモンは、ストレスホルモンと呼ばれる
  • その1つ、グルココルチコイド(糖質コルチコイド)は筋肉や肝臓に作用し、血液中の糖質が増え、戦う、逃げるなどの行動を引き起こす。








(長期の慢性的ストレス)
ストレスが長期におよぶと、
  • コルチゾールがACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の分泌を抑える調節機構に障害が起き、調節できなくなる。
  • その結果
    1. ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)およびコルチゾールの過剰な分泌が続き、
    2. 海馬が小さくなって、 うつ病の発症にかかわる可能性がある。







ストレスを感じやすい性格

 
1.責任感が強い 
 2.世話好き
 3.完全主義者
 4.独りよがり
 5.感情を表に出さない人も、ストレスをためやすい。








恐怖を感じたとき、体の中では何が起きているか
  • 心配事があったり、強い恐怖を感じたとき、体の中では何が起きているかを調べるために、おもちゃのピストルに小麦粉が入った風船をセット。
  • ロシアンルーレットの要領で引き金を引く。
  • もし弾が発射されれば風船が割れ、頭に小麦粉をかぶってしまう実験をした

  • 結果は、
  • 血液中にカテコールアミンという物質が通常の2倍以上の量になっていた。
    • カテコールアミン(CA)
    • 心臓をドキドキさせたり、瞬発力を発揮する時に必要なホルモンで、強心剤としても使われる

  • 例えば、火事の時に思わぬ力が出て、思いものを持ち上がられるのはカテコールアミンのおかげ。
  • カテコールアミン(CA)が血管をギュッと収縮させ、手足の筋肉に大量の血液を送り込み、すごい力を発揮させてくれるのだ。
    ただし、カテコールアミンには血小板を凝固させる働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなる






メカニカルストレス
  • 生体内で臓器や筋肉が伸び縮みすることで発生する刺激のこと




ストレスが多くなって、心が折れ始めると出てくるサイン

ストレスを測る
  1. アルコール
    • お酒でストレスを解消しようとすると、二日酔い、ねぼう。
    • 喜怒哀楽がうまくコントロールできなくなる
    • 顔つきが変わってくる
  2. ミスが多くなる
    • ケガが多くなる
    • コンプライアンス違反やハラスメントが増える
    • 納期に間に合わなくなったり、
    • 職場の愚痴や批判が増える
  3. 欠席
    • 遅刻、早退、体調不良を理由に、突然有給休暇を取る
    • 転職したいと言い始める



ストレス解消には要注意
  1. ギャンブル
    • 依存しやすくなる
  2. アルコール
    • 習慣になると不眠からウツ傾向になりやすい
  3. たばこ










ストレス予防に
リラクセーション
  • 神経をしっかり休める。
  • アロマテラピー、
  • ヨガ、
  • 腹式呼吸、
  • 温泉

肉体を休める
  • 睡眠時間をしっかり確保する
  • マッサージで筋肉のコリをとる

レクリエーション
  • 笑いの効用
  • 感動して泣く
  • カラオケで熱唱する
  • ジョギング

非日常の環境に身を置く





不安が・・・ストレス生む
  • 会社の経営者から次のような質問うける。「私は毎日まことに多忙に過ごしているが格別具合の悪い所はない。ストレスなどは気持ちのもちようだ」と。 まさに其の通りである、以前米国で会社の重役は忙しいし、責任をおわされているからストレスによる体の不調を訴える人が多いのではないか?、と調べたことがある。

  • ところが
  • 会社の経営が順調の時はどんなに忙しくてもストレス症状を見せなかった
  • つまり血圧上昇とか胃潰瘍などは見られなかったのである。それどころか忙しさも楽しんでいるような様子さえ見えた。しかし会社の経営、社内の人間関係に問題が起こると急にストレスの症状を呈す人が多くなったのである。

  •   このことはサル山のサルを見るとよく分かる。
  • サルにはボスザルというのがいて、これはメスの支配、食物、住居のいずれも自分で勝手に決められる。これに対し、下っ端のサルは食物を食べていても、ときにボスにとられてしまったり、メスも支配出来ず、好きなメスをボスに取られたりする。このような時には、ストレスはすべて下っ端のサルに集中する。ところがボスが弱ってきて政権交代の時期が来ると若手の元気のよいサルがこれに挑戦する。何匹かの若手ザルはときには協力してボスザルを追い払ったりするのであるが、そのあとすぐ若手ザルの間に戦国時代が来る。あるサルは数日間ボスの地位を奪うが又すぐ奪いかえされたりする。こうなると一時的にボスザルになったサルにストレスのすべての病状が現れる。

  • もっと具体的な例としてはネズミに電気ショックを与える実験がある。この時ネズミに電気ショックを与える直前にブザーを聞かせ、ネズミに予告を与えると、予告なしにショックを受けたものよりストレスの症状が少ない。

  • このような研究から
  • ストレスが人間に病を起こすのは未来に不安を持った時に最もよく起こる。
  • つまり、人間は不安を持つと血圧も上がり、動脈硬化にもなることが分かってきたのである。

  • 1956年アリゾナ州のナホバインディアン居住区で近代医学が健康にどんな影響を与えるかの徹底研究がなされた。この地はその時まで全く孤立した地域であった。6年後の調査ではたしかに結核の死亡は減少したが、全体として、感染症を除くと余命(寿命)にはあまり変化がなかったということである。この中で乳児の死亡率は確かに減少した。しかし驚くことにこの地域以外で、この研究の対象として選ばれた未開発地域でも乳児の死亡率は減少してしまった。つまりこの地域へ行けば必ず治療を受けられ、治してもらえるという気持ちが病気を減少させたのである。
     このことは
  • 我々の病の多くが治療に対する不安から生じているということを示すものではないかと思われる





海外旅行
  • 海外旅行が盛んだが、旅行の在り方に問題はないだろうか?。日本の気候環境と大きく異なる場所へ出かけることは、身体に急激な環境適応を強いることを意味するからである。
     最近人気のオーストラリア。時差が気にならないことも手伝って1週間ばかりの短気旅行が目白押しだ。しかし、季節は全く逆。8月の平均気温は東京の27℃に対して、シドニーではわずか10℃。身体は急激な環境変化に対応するが、ようやく慣れ初めた頃には帰国。海外で「休暇」という意図とは逆に、身体はストレスを重ねることになる。
    欧米のビジネスマンは、海外出張中に身体の調整のために休暇が与えられるという。イギリスのある商社マンは、東京での2週間のビジネスの後で香港で2日は何もしない。異なる環境による身体のストレスを和らげる為の休暇だそうだ。
     いずれにせよ、身体に負担をかける急激な環境の変化は避けるのが望ましい。疲れて帰ってくる旅行でなく、本当の意味での休暇を求めるべきである。




アレキシサイミア
  • 自分の感情に気づいたり、感情を言葉で表現したりすることがうまくできない状態を「アレキシサイミア」といいます。

  • この傾向が強い人ほど、ストレスを受けていることを意識することが苦手です。

  • ストレスは元々は、体を守るために必要なものなので、ストレスをまるで感じなかったりストレス反応がにぶいのも問題です。
    適度のストレスはやる気やはげみの原動力にもなります







ストレスに強い?。
それとも弱い?
どれくらいストレスを感じているのだろうか
  • 近年、ストレスを測ることが職場などでさかんに試みられています。ストレスの実像も次第に分かってきたこともあり、個々の人に対応した処方を組み立てようというネライです。(坪谷英紀)
    Aさんは外資系メーカーのベテラン社員。長く商品開発の研究に携わっていたが、昨年、営業部門に配置換えになった。リストラで研究所が統廃合されたのだ。
    40代半ばでの今までと全く違う仕事にとまどうばかり。思うように成績が伸びない。上司からは毎日のようにイヤミを言われ、眠れない日々が続いた。近くの心療内科を受診したところ、軽いウツ病と診断された。
    厚生労働省の研究班は昨春まで、5年間かけて12000人を対象に職場におけるストレスを測定。データを基にチェックリストを作った。
    研究班の下光輝一東京医大教授(公衆衛生学)はこう指摘する。「チェックリストを使ってどんな症状を訴えているかを調べれば、その人ごとのストレス病の予防や対処法を立てられる。企業研修で使えば、部署ごとの状態も把握できる


まず身体に異常
  • 質問では
    「時間内に仕事が処理しきれない」といった要因に加えて、「便秘や下痢をする」というような心や体の症状も聞いた。さらに、ストレスに強い体質や性格と思っているかどうか、周囲に支えてくれる人がいるかどうかなども尋ね、多角的に調査した・・・・
    その結果、
    • まず、身体的な反応が現れ、ストレスが加わり続けると、心理的反応が急激に出てきた
    1. 身体面での反応は・・・・・・
      • 「活気の低下」
      • 「疲労感」
      • 「身体愁訴」
      •    の順だった。
    2. 心理面では・・・・・・・
      • 「イライラ感」
      • 「不安感」
      • 「抑うつ感」
      •     の順だった
    さらに、この結果を踏まえ、仕事の要求度と裁量の自由度の2つの側面から調べた。

  • すると、
    1. 要求度が高くて、裁量度のあまり無い人が狭心症など心臓の血管に絡む病気になりやすいことが分かった。
    2. 仕事の要求度が多いだけでなく、少ない人も抑うつ状態に陥りやすい傾向があった。
    仕事が忙しすぎても、窓際に追いやられても、ウツ状態に陥りやすいのだ







ストレス障害
外傷性ストレス障害



急性ストレス障害
  • 「生きるか死ぬかのひどい状況に直面したとき、私たちは気持ちがマヒしたようになる。自分が自分でないような感じになったり、身の回りで起きていることがピンと来なかったり、現実感のない不思議な感覚になるといわれている。

  • こうした精神的なマヒ状態は「急性ストレス障害」の主要な症状のひとつで、大きな災害や激しい事故にあったときに起きる。その詳しいメカニズムはまだ分かっていないが、あまりのストレスの強さに自分の周りに精神的な防御壁を作って、その現実から自分を守ろうとしているのだろう。
  • これは、自分を守るための一種の精神的は防衛反応なのだ。
    そうしたとき、以前は、早く現実に目を向けて、気持ちの整理をすることが大切だと考えられていた。事故にあった本人も、自分が現実に圧倒されるしかなかった弱い人間のように思えて、早く現実に戻って自分に力があるということを示さなければいけないのではと考えてしまう。
    事故に一緒に遭い、親しい人を亡くした人も似たような心理状態になる。
  • そのつらさに向き合わないと亡くなった人に申し訳ないと考えてしまう。
  • その人を助けることができずに自分だけが生き延びていることに、罪悪感を抱く人が多い。
  • その人に何が出来た訳でもないが、なにか自分が悪いことをしたかのように思えてしまうのだ。そうすると、現実から目をそむける自分も許せなくなってくる。亡くなった人のためにも、苦しさに直面しないといけないと考えるのだ。

  • しかし最近の考えでは、あまり早く現実に向き合ってしまうと、かえってつらさが長引くことが分かってきた。
  • たとえていえば、傷がどこまで治っているか確かめるために傷口を開く(刺激する)ようなもので、むしろ悪化させてしまう。
  • それに気持ちも動揺しているときに焦って現実に足を踏み入れても、冷静に考えることが出来ず、悪い面だけが見えてしまう。
    こうしたときに、精神的な準備状態ができるまで焦らないで待つのが一番だ。現実を拒否できる自分を信じることで、現実に向き合える自分を育てることができるのだ




ストレス測定
(ストレスマーカー)

  • コルチゾール
    1. 副腎皮質から放出されるストレスホルモン
    2. 血液のほか、唾液中にも含まれる
      • 2014年、日立製作所は神戸大学の竹内俊文教授と共同で、唾液の成分からストレスを簡単に測る技術を開発した。
      • 大がかりな装置は不要で、数十分で測定できる。
      • 研究グループはコルチゾールと結合する穴が開いた高分子化合物を作った。結合しなかった穴は光るため、光の強さから唾液に含まれる微量のコルチゾール濃度を測定できる。

  • アミラーゼ
    1. 唾液や膵液に含まれる消化酵素。
    2. 急性ストレスを受けると、唾液中の濃度が増加する。
    3. 食事や運動の影響を大きく受ける

  • アドレナリン
    1. ストレスを受けて交感神経が活性化されると、副腎髄質から分泌される。
    2. 唾液には極微量しか含まれていない

  • 分泌型免疫グロブリンA
    1. 口や鼻などの粘液中に存在するタンパク質。
    2. 免疫機構にかかわる。
    3. 慢性ストレスによる免疫力の低下を判断できるマーカー

  • クロモグラニンA(CgA)
    1. 急性ストレスがかかると、カテコールアミンと一緒にクロモグラニンAが分泌される。
    2. クロモグラニンAは酸性の糖タンパクで、精神的ストレスで唾液中に放出され、肉体的疲労には反応しない。
    3. 唾液に分泌されるCgAはコルチゾールよりも早く、心理的ストレスのよい指標といわれている。





体から抵抗物質が放出される
ストレスを解消するために

  • β-エンドルフィン

  • コルチゾール(CS)
    • (肉体的ストレス、精神的ストレスの指標)

  • クロモグラニンA
    • (精神的ストレスのみ)
    • 唾液中のクロモグラニンAを測定することでストレス負担がわかる。
    • ストレスが減少するとアルファ波が観測できる。





ストレスをため込むと無気力
重ければ、 脳卒中や心臓病、 軽くても肩こりや腰痛 といった疾患を生じる
  • 病気や体の不調に表れてなくても、怒りを溜め込めば、結果として感情の起伏の乏しい無気力な人間が出来上がる


ホルモン・自律神経・免疫
  • セリエのストレス学説によって、ストレスが自律神経系とホルモン系の2つのシステムに大きな影響を及ぼしていることが明らかにされましたが、最近ではストレスが免疫系にも強い影響を与え、悪いストレスが免疫系の正常な働きを狂わせることも分かってきました。」
    「ストレスを感じると、その情報は大脳辺縁系を通して視床下部を刺激し、視床下部は交感神経を興奮させるとともにホルモン系を活性化して、ストレスに対する身体の適応性を高めます。
  • ところが、慢性的なストレスが続くと、自律神経系とホルモン系、免疫系が正常に機能しなくなり、それが心の不安や恐れ、あるいは身体症状となって現れてきます
  • 例えば
  • 遊離脂肪酸が増加して、食欲を刺激する・・・
  • 交感神経を刺激させすぎて、副交感神経とのバランスが崩れる
  • 愛情遮断性小人症・・・
    • ピーターパンの創作者であるJ.Mバリンがそうだった
  • 血糖値が正常範囲なのに・・・
    • HbA1cが高い人はストレス過剰が疑われると言う






ストレスを感じているとき
言って欲しい
言葉
言って欲しくない
言葉
<1>“わかるわ”
<2>“がんばって”
<3>“なんとかなるわよ”
<1>“がんばって”
<2>“くよくよしないで”
<3>“あなたらしくないわよ”
<4>“たいしたことないわよ”
<5>“やめちゃえば”
  • [むっつり]しているのと、[スマイル]しているのを比べると、同じストレスを受けていても、[スマイル]の方がダメージが少ない
  • ストレスを感じやすい場所は、鼻のあたまです」。
    サーモグラフィでその場所の温度を測ると、ストレスを感じているほど、温度が下がる
  • ストレスを感じている者には、<激励よりも理解を>
    • ストレスを感じたら、早寝早起きなど、すこしの生活リズムから見直し、ちょっとした運動を取り入れて汗をかくことから始めよう。






笑う門に福来る
笑うことでNK細胞の活性度が上昇する

(わらいの予感)
  • 米ロマリンダ大学の研究者らは自分が大笑いしそうだと予感するだけで、免疫力を引き上げる成長ホルモンや、快感をもたらすβエンドルフィンの分泌が高まることを発見した。
    16名の男女を2グループに分け、一方にはコメディ映画を見てもらい、もう一方には自由に雑誌を読んでもらった。ビデオが始まる直前に映画のグループの血液を採取したところ、雑誌のグループの
       1.3倍のβ-エンドルフィン、
       1.9倍の成長ホルモンが含まれていた。




光フィードバック法
・・・α波を増やしてストレス解消。




SOD
  • 活性酸素本来の役目は、外的から体を守ることだ。そのため血中には活性酸素を無害化するSODという酵素が含まれている。ストレスで活性酸素が発生しても、このSODを豊富に持っていれば安心。
    ではどうすればSODが多くなるのだろうか?
     実は普段から、ある程度ストレスを感じている人の方がSODは多いのだ。つまり、ストレスから逃げず、軽いストレスに慣れておくことが大切なのだ。また、人間関係や仕事の嫌なことについては、「馬耳東風」(
    )で受け流すことも大切だ。現代はストレスの多い社会と言われている。どうせ逃げることが出来ないのであれば、日常生活の中でストレスと仲良く暮らしながら、ストレスに強い体を育てたい
    (NHKためしてガッテン)




自律訓練法
  • 仕事量が多いから、といって自分で自由に仕事を減らすのは難しい。
    飲酒は、適度なら解消につながるかも知れないが、度を超すと体を壊す。
    心療内科で試みられているのが、
    ストレスへの抵抗力を高める方法だ。
    東京都板橋区の日本大付属板橋病院では、村上正人・心療内科長を中心に、心身症の患者らを対象に「自律神経・自立訓練法」を指導している。
    早稲田大人間科学部の野村忍教授(心身医学)が東大病院の医師時代に、自律神経・自立訓練法を指導したことがある。
    対象は、自律神経失調症などの18歳〜65歳までの男女39人。
    結果は、
    6人が「有効」で、
    5人が「やや有効」、
    1人が「無効」だった。
    こうした経験を基に、野村教授は、次のようにアドバイスする。
    「この訓練法を修得するには専門家による指導が必要です。でも、井戸端会議やカラオケなど、心地よいと思う自分なりのやり方で解消できればいい




タンパク質
  • 2010年、脳の神経細胞にある特定のタンパク質が外界からにストレスに反応し、うつ病にならないように脳を守っている可能性が高いと(マウス実験)とする報告を的崎尚群馬大学客員教授が米神経学会誌に行った。
    このタンパク質は細胞表面にある「
    SIRPα」。
  • 別のタンパク質「CD49」と結合し、細胞外の信号を受けとって伝えるが役割は不明だった。
    的崎教授らは、遺伝子操作でSIRPαを持たないマウスを作製し実験。足の届かない水槽で強制的に泳がせてストレスを与えると、逃げられないと絶望して暴れるのを止める「無動時間」が正常なマウスに比べ長かった。
    CD47を持たないマウスでも同様の結果で、強いウツ傾向を示した。
    正常マウスでは、こうしたストレスを受けると、ストレスの応答で重要とされる海馬や扁桃体などの領域でSIRPαにリン酸が付け加わる「リン酸化」が起きていたが、CD47を持たないマウスではリン酸化が弱かった。
  • このため、的崎教授らは、SIRPαがCD47と結合、リン酸化し、ストレスから脳を守っていると結論づけた





ストレスと亜鉛・銅
  • ストレスで、血液中の亜鉛濃度が減少し、 (Cu)濃度が増加する。
    ストレスが強いほど、血液中の亜鉛は減少して肝臓へ向かう

ストレスで、メタロチオネインが増加する

  • メタロチオネインは 肝臓で合成される。そのためには亜鉛が不可欠の因子である。従って、亜鉛は血液中から肝臓へと移動する。
    「ストレスが強いほど、血液中の亜鉛は低下して肝臓へ向かうこと になる。一方、肝臓で合成されたセルロプラスミンが、ストレスによって血液中に放出される。このタンパク質はと結合するため、血液中の銅濃度は増えることになる。


セルロプラスミン(CER
  • ストレスで血液中に、を輸送するタンパク質である『セルロプラスミン』が放出される。








ストレス死はマグネシウム(Mg)不足

  • 米国の健康雑誌『レッツ・リブ』4月号は、ライターのマーティン・ズッカー氏の「過度のストレスとマグネシウム(Mg)摂取不足は深刻なトラブルを招く」とした記事を掲載した。

  • Mgは体内での300種類以上の酵素反応に必要不可欠な役割を果たし、細胞のエネルギー生成、筋肉弛緩や脂肪・タンパク質・核酸の合成・骨格の維持を行っている。

  • これが不足すると、 ことはもちろん、生命の危険が高まる心臓発作などの循環器系疾患まで発展する。

  • 農務省は米国人の75%以上がMg不足だと報じた。
    1. これは精製加工食品を摂取する食生活が大きく影響している。
    2. 又、脂肪は腸内でMgと結合し、吸収させずに排泄される。

    • ・脂肪を多く摂る偏食
    • ・アルコール、
    • ・燐酸塩を含むソフトドリンク
    • ・軟水
  • Mg欠乏の原因となるようだ。
    Caの多量摂取はCaMgのバランスの失調を招く。

  • 乳製品を多食するフィンランドでは4:1で、若年層から中年男性の心臓発作脳卒中の最多発国となっている。
  • 米国はそれに次ぐ多発国だが、NIHはCaの摂取量を1500mgに設定している。
  • 現状、米国人のMg摂取量は300mg/日の為、これを実践するとCa対Mgの摂取比は5:1になり、フィンランドを追い越すことになる。
  • だが、栄養基準のCa800mg以上摂ることは好ましいため、特に2:1のCa:Mgのバランスを堅持することが重要となる。
  • CaMgは典型的な相互作用物質でバランスを摂れば協力しあい効果が高まるが、一方を過剰摂取すると尿排泄を促す拮抗作用となる




血液でストレスを測定
  • 2014年、大阪健康クラブは血液成分からストレスを測定する手法を開発した。
  • ストレスを感じると、副腎が分泌するタンパク質「サイトカイン」「ケモカイン」が増えることに着目。
  • 独自の手法で数値化する。基準値を上回るとストレス過多として本人に伝えるという。
  • 企業の健康診断結果と組み合わせ、うつ病をはじめ精神疾患の早期発見や過労防止に役立てる
  • 分析手法は同社の関山敦生氏が兵庫医科大学先端医学研究所の研究員だった特に確立。日本、欧州、中国、ロシアで特許を取得。






親が受けたストレスが子供に遺伝する
ハエで解明
  • 2011年、理化学研究所は、親が受けたストレスが子孫に遺伝する仕組みの一端を解明した。
  • ショウジョウバエを使った実験で、卵の状態で高熱にさらされるとDNAに結合するタンパク質の作用で遺伝子の働き方が変わり、その変化が子孫にまで伝わることを確認。
  • 成果は米科学誌セルに6/24掲載。

  • 親が受けたストレスが子孫にも影響を及ぼす現象は植物などで知られている。
  • DNAの塩基配列は変わらずに、遺伝子の働き方の変化が伝わっていると考えられているが、その仕組みはよく分かっていない
  • 理研の石井俊輔主任研究員らは、DNAに結合して遺伝子の働きを調節するタンパク質「ATF-2」に注目。
    ATF-2はショウジョウバエの目の色の決定に関わり、ATF-2がDNAから外れると目の色が白から赤に変わる。
    ハエの卵を高熱にさらしたり、幼虫に塩分の強いエサを与えたりしてストレスを加えると、ATF-2からDNAから外れ、目の色が赤くなることが分かった。

    さらに、このハエの子孫でも目の色が赤くなっていた。2世代続けてストレスを与えた場合では、その後3世代にわたって目の色が変わった。
    DNAを作る塩基の配列は変わらず、ATF-2による遺伝子の働き方の変化が何らかの仕組みで子孫に伝わっていると考えられる。
  • マウスでもATF-2によく似たDNA結合タンパク質が知られており、ヒトを含めたほ乳類にも共通した仕組みがあるかもしれない
線虫で確認
  • 2017年1/9、西田栄介・京都大学教授(細胞生物学)が確認。
  • 研究チームは3つのストレスをそれぞれ数百匹の線虫に数日間与えた。
  • その後、ストレスを加えなかった線虫のグループと、害のある溶液に浸し、何日生き延びるかを比べた。
  • すると、ストレスを与えた線虫は、寿命とストレス耐性が約20%増加。
  • その子や子孫を調べると、ストレスを与えずに育てた線虫に比べて寿命と耐性が約10〜20%増えていた。




ストレスを測る無気力」「外傷性ストレス障害うつ状態








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査