ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(へ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)





(ヘイイサン)
平胃散
[1-1]《簡要済衆方》
「蒼朮1銭、厚朴5分、橘皮9分、甘草4分」
[1-2]《東醫寶鑑》
「蒼朮2銭、陳皮1銭4分、厚朴1銭、甘草6分を作して姜3棗2を入れて水で煎服。または作末して姜棗湯で2銭づつ点服。
[1-3]《和剤局方》《中薬臨床応用》
「蒼朮9g、厚朴6g、陳皮6g、甘草3g」水煎服。
[1-4]《《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「蒼朮4、厚朴3、陳皮3、生姜2、大棗2、甘草1」山子・神麹・麦芽各2.0を加え、加味平胃散と名付ける
[1-5]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「白朮6.0g、厚朴3.0g、陳皮3.5g、甘草・大棗各2.5g、干姜1.0g」
[1-6]《和剤局方》《漢方治療の実際》
「朮4、厚朴・陳皮各3、生姜・大棗各2、甘草1」
(ヘイイチユトウ)
平胃地楡湯
《東醫寶鑑》
「蒼朮・升麻・附子炮1銭、地楡7分、葛根・厚朴・白朮・陳皮・赤茯苓各5分、乾姜・当帰・神麺炒・白芍薬・益智仁・人参・甘草(炙)各3分、姜3、棗2枚入れて作して1貼を水で煎服。
(ヘイイブンショウトウ)
平胃分消湯
《東醫寶鑑》
「半夏・白朮・陳皮・厚朴各1銭、黄連・青皮・枳殻各8分、甘草5分、姜5片」水煎服
(ヘイキサン)
平気散
《東醫寶鑑》
「白丑頭末2両半、大黄(生半炒)7銭、陳皮(去白)5銭、青皮・檳榔各3銭」細末にし毎回3銭を姜湯で調下する
(ヘイカンイン)
平肝飲
《多紀櫟窓》
「柴胡・芍薬・香附子各4.0g、青皮・別甲・檳榔子・莪朮・呉茱萸・甘草各2.0g」
(ヘイカンインシ)
平肝飲子
《医学入門》《古今方彙》
「防風・枳殻・桔梗・桂皮・赤芍薬各5分、当帰・川・木香・人参・橘皮・甘草・檳榔子各2分、生姜」水煎。
(ヘイカンコウアツトウ)
平肝降圧湯
《中薬臨床応用》
「牛膝・白藜・竜骨各15g、代赭石30g、白芍薬・玄参各12g、釣藤鈎9g、天門冬6g、甘草3g」水煎服。
(ヘイカンジュンキホチュウガン)
平肝順気保中丸
《東醫寶鑑》
「白朮(土炒)4両、香附子(童便浸3回炒)3両、陳皮2両半、川・枳実・黄連(姜炒)・神麹(炒)・山子各2両、半夏(製)1両半、梔子(姜汁炒)・蘿葡子(炒)・白茯苓・乾生姜・呉茱萸各1両、麦芽(炒)7銭、青皮(香油炒)6銭、縮砂(炒)、甘草(炙)各4銭、木香3銭」作末し竹瀝に神麹を入れ、糊を作って緑豆大の丸剤。白湯で100丸飲む。
(ヘイカンリュウキイン)
平肝流気飲
《万病回春》
「当帰1銭、山梔子(塩)・香附子(便)・白芍薬(酒)各8分、茯苓・橘皮(塩)各1銭、黄連(酒炒)8分、青皮(醋炒)・半夏・川各6分、厚朴・柴胡各7分、甘草(炙)・呉茱萸各4分、生姜」煎服。
(ヘイスイガン)
平水丸
「賓丸」
「甘遂・芒硝・芫花・商陸・呉茱萸」
(ヘイチントウ)
平陳湯
《東醫寶鑑》
「蒼朮・半夏各2銭、厚朴・陳皮・赤茯苓各1銭2分半、甘草7分、姜3、棗2」煎服。
(ヘイソクガン)
平丸
《東醫寶鑑》
「鮒(大)の内臓を捨て、その中にニンニクを入れて温紙でくるみ、黄土でもう一度くるんでり、うろこと骨は捨て、平胃散末を混ぜて臼で搗いて梧子大の丸剤。30~50丸、空腹時に米飲で飲む。
(ヘイハイサン)
平肺散
《東醫寶鑑》
「陳皮1銭、半夏・罌栗殻・薄荷・紫蘇葉・烏梅肉・紫・知母・桑白皮・五味子・杏仁・桔梗各7分、甘草5分、姜3片」水煎服。
(ヘイハイトウ)
平肺湯
《東醫寶鑑》
「(炒)2銭、桑白皮(炒)・桔梗・枳殻・半夏・紫蘇葉各1銭、麻黄7分半、甘草5分、姜5片」水煎服。
(ヘイホキジュツガン)
平補枳朮丸
《東醫寶鑑》
「白朮3両、白芍薬1両半、陳皮・枳実・黄連各1両、人参・木香各5銭」作末し荷葉を濃く煎じた湯で糊を作って梧子大の丸剤。米飲で100丸飲む。
(ヘイホゲン)
平補元
《東醫寶鑑》
「兎絲子酒製・山茱萸を酒に浸して焙ったもの、当帰・益智仁各5銭、川練肉・牛膝・胡蘆巴(炒)・杜仲(姜汁炒)・巴戟・肉蓉の酒で浸したもの各3銭半、乳香2銭を作末し、糯米糊で梧子大に丸め、棗湯または塩湯で50丸呑み下す。
(ヘイホチンシンタン)
平補鎮心丹
《東醫寶鑑》
「竜歯2両半、熟地黄・天門冬・遠志・山薬各1両半、白茯苓・白茯神・五味子・車前子・肉桂・麦門冬1両2銭半、朱砂水飛為衣・人参各5銭、酸棗仁炒2銭半を作末し梧子大に蜜で丸め、朱砂で衣をつけ空腹時に温酒または米飯で30~50丸を服用する。
(ヘイキンタン)
坪金丹
《東醫寶鑑》
=「一坪金」
「熟地黄2両、地骨皮・蓮花芯・槐角子(酒に1日漬け・春秋3日・冬6日目に取り出し晒し乾燥)・薄荷各3両、没石子1両、人参・木香各5銭」作末し蜜で実大の丸剤。毎回1丸を温酒で1日3回飲む。
(ヘキキンサン)
碧金散
《東醫寶鑑》
「苦蓮根1両、鶴虱・檳榔・使君子肉・青黛各5銭、麝香2銭半を作末し、大人は2銭、小児は半銭を空腹時に猪肉の煮た水で調服する。
(ヘキセツ)
碧雪
《東醫寶鑑》
「蒲黄・青黛・硼砂・甘草」各等分に作末し、指で口中に塗る。
(ヘキウンタン)
辟瘟丹
「羚羊角・朴硝・牙皀・広木香・黄柏・茅朮・茜草・黄・半夏(姜製)・文蛤・銀花・川楝子・犀角・川朴・川烏・玳・大黄・香・玄清石・広欝金・茯苓・香附子・桂心各3両。赤小豆・降真香・鬼箭羽・朱砂・毛慈姑・大棗各4両。甘遂・大戟・桑白皮・千金霜・桃仁霜・檳榔・蓬莪朮・胡椒・子・西牛黄・巴豆霜・細辛・白芍・公丁香・全当帰・禹余粮・滑石・山豆根各1両。麻黄・麝香・菖蒲・水安息香・乾姜・蒲黄・丹参・天麻・升麻・柴胡・紫蘇葉・川・草河車・檀香・桔梗・白各2両。紫8銭。芫花5銭。斑30匹。蜈蚣7条。石竜子3条」
(ヘキジャタン)
辟邪丹
[1]《東醫寶鑑》
「緑豆・雄黒豆各49粒、信砒(細研)半銭、黄丹1銭、朱砂2銭」作末し水を垂らして混ぜ、30粒に作って毎回1粒を東南に伸びた桃枝7枚の汁で炒り、水を混ぜて早朝陽の昇るとき、東に向かって飲む。
[2]《東醫寶鑑》
「人参・赤茯神・遠志・鬼箭羽・石菖蒲・白朮・蒼朮・当帰各1両、桃奴5銭、雄黄・朱砂各3銭、牛黄・麝香各1銭」作末し酒糊で竜眼大に丸め、金箔で衣をし、毎回1丸を就寝時に木香湯で飲む。
(ヘキセンジョウシ)
辟選錠子
《東醫寶鑑》
「朱砂1両、牛胆南星7銭、防風・川烏・天麻・川・白・人参・薄荷・木香・白朮・茯神各5銭、牛黄・竜脳・乾生姜・白附子各3銭、麝香2銭、全蝎(生)20個、白蚕(生)21個」細末にし、「麻黄1斤、甘草8両、蜂蜜2両」を煮詰めて膏を作り薬末を入れて混ぜ、1両で10錠を作り、金箔で衣をし、毎回1錠を温酒で化下する。
(ヘキレキサン)
霹靂散
《東醫寶鑑》
「附子1個」炮過し、その冷灰で半時間焙って取り出し、半個を細く切り、臘茶1銭と水1盞で煎じ6分程なったら、滓が捨て熟蜜半匙を入れて飲む。
(ベッコウカゲン)
鼈甲飲加減
《中薬臨床応用》
「鼈甲(醋炙)30g(打砕先煎)、黄蓍9g、白朮6g、檳榔子9g、厚朴3g、白芍(炒)9g、陳皮6g、甘草1.5g、当帰15g、何首烏(製)30g、生姜9g、大棗5g」水煎服。
(ベッコウインシ)
鼈甲飲子
《東醫寶鑑》
「鼈甲2銭、白朮・黄・草果・檳榔・川・陳皮・厚朴・白芍薬各1銭、甘草5分、姜3、棗2、梅1」水煎服。
(ベッコウガン)
鼈甲丸
[1]《外台秘要方》
「鼈甲・芍薬・枳実・人参・檳榔各8分、訶黎勒・大黄各6分、桂枝・橘皮各4両」篩で搗いて梧子大の蜜丸。空き腹に20丸酒服する。
[2]《東醫寶鑑》
=「瘧母丸」
「鼈甲(醋煮)1両、三稜・莪朮・香附子・青皮・桃仁・紅花・神麹・麦芽・海粉各5銭」作末し、醋糊で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸飲む。
(ベッッコウサン)
鼈甲散
[1]《聖済総録》
「鼈甲1両、芍薬・当帰・川・茯苓・木香各半両、柴胡1両、白朮半両、黄蓍1両、甘草1分、人参3分」
[2]《沈氏尊生書》
「鼈甲、柴胡、知母、秦、当帰、青蒿、烏梅、地骨皮」
[3]《東醫寶鑑》
「鼈甲2銭、犀角・前胡・黄・地黄(生)各1銭、枳殻8分、烏梅2箇」水煎服。
(ベッコウセンガン)
鼈甲煎丸
《金匱要略》
「鼈甲(炙)12分、烏扇(焼)3分、黄3分、柴胡3分、鼠婦(熬)3分、乾姜3分、大黄3分、芍薬5分、桂枝3分、(熬)1分、石葦(去毛)3分、厚朴3分、牡丹(去心)5分、瞿麦2分、紫3分、半夏1分、人参1分、虫(熬)5分、阿膠(炙)3分、蜂巣(炙)4分、赤消12分、(熬)6分、桃仁2分」
右二十三味、為末、取鍛竃下灰一斗、清酒一五斗、浸灰、候酒盡一半、着鼈甲於中、煮令泛爛如膠漆、絞取汁、内諸薬、煎為丸如梧子大、空心服七丸、日三服。
(ベツゲンカシュウサン)
別減何首烏散
《東醫寶鑑》
「何首烏・蔓荊子・石菖蒲・荊芥穂・苦参・威霊仙・甘菊・枸杞子各等分」毎回3銭を蜜茶で調下する。
(ベツゲンカンロイン)
別減甘露飲
《東醫寶鑑》
「熟地黄・地黄(生)・天門冬・黄・枇杷葉・茵・枳殻・石斛・甘草各1両、犀角3銭」作末して毎回2銭水煎服。
(ベツリサン)
別離散
《東醫寶鑑》
「白朮1両、天雄・附子・肉桂・乾姜・茜根各3銭、茵葉・桑寄生各5銭、細辛・菖蒲各2銭を作末して毎2銭を空腹時に白湯で服用し、重いと雄・附・姜・桂を抜き、知母・黄柏各3銭、当帰・地黄各5銭を加える。
(ヘンインタン)
返陰丹
《東醫寶鑑》
「硫黄5両、太陰玄精石・硝石各2両、乾姜・附子・桂枝各5銭」作末し鉄銚へ先に玄精、次に硝石各1両半を敷くとき、その中間に硫黄末と玄精・硝石の余りを敷いて薄い蓋を薬末にかぶせた後、炭3斤で焼くが煙が出ないようにし、ちょうどいいときに取り出して瓦盆に容れ、蓋をして地上に放置してから冷えと後、余薬を入れ作末して糊で梧子大の丸剤。
(ヘンセイシンキイン)
変製心気飲
[1-1]《本朝経験》《龍野ー漢方処方集》
「桂枝・檳榔子・別甲・枳実各3.0g、茯苓・半夏・木通各4.0g、桑白皮・蘇子・甘草・呉茱萸各2.0g」
[1-2]《本朝経験》《漢方後世要方解説》
「茯苓・半夏各5、木通3、桂枝・檳榔各2.5、蘇子・別甲・枳実各2、桑白皮・呉茱萸・甘草1」
[1-3]《本朝経験》《漢方治療の実際》
「桂枝・檳榔各2.5、茯苓・半夏各5、木通3、蘇子・別甲・枳実各2、桑白皮・甘草・呉茱萸各1」
(ヘンズツウトウ)
偏頭痛湯
《中薬臨床応用》
「天麻15g、白12g、川・白花蛇・地竜各9g」水煎し、2回に分けて服用。
(ヘンヒクギョウトウ)
榧駆蟯湯
《中薬臨床応用》
「蓄9g、榧子肉12g、檳榔子12g、槐花米12g、十大功労30g」水煎服。
(ヘンフクサン)
蝙蝠散
《東醫寶鑑》
「蝙蝠の腹を切って内蔵を出し、朱砂3銭を入れ瓦で焼くと溶けるが、さまして作末し、1匹を4分にし空腹時に服用する。小人は5回分。
(ベンソクイッポウ)
便毒一方
《済世全書》《古今方彙》
「当帰、川、白芍薬、生地黄、黄連、枳殻、防風、荊芥、槐花、地楡、烏梅、甘草、椿根」水煎、食前に服す。


関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍








なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬