ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(ひ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)







(ヒカイシシンシツトウ)
滲湿湯
《瘍科心得集》《中薬臨床応用》
9g、黄柏9g、苡仁(生)15g、赤茯苓9g、牡丹皮9g、沢瀉9g、滑石(生)12g、通草3g」水煎服。
(ヒカイブンセイイン)
分清飲
《丹渓心法》
、烏薬、益智仁、石菖蒲」
《丹渓心法》《中薬臨床応用》
9g、益智仁6g、烏薬9g、石菖蒲5g、茯苓9g、甘草(生)3g」水煎服
《楊氏家蔵方》《古今方彙》
・益智仁・石菖蒲・烏薬各等分」水煎し、塩1捻りを入れて服す。
一方には、茯苓・甘草を加える。
(ヒジガン)
肥児丸
《和剤局方》
「神麹、黄連、使君子、麦芽、木香、檳榔子、肉豆」
(ヒシサッチュウガン)
榧子殺虫丸
《中薬臨床応用》
「榧子21g、檳榔子21g、紅藤21g、雄黄3g、大蒜汁9g」作末し丸にする
(ヒゾウエキイショウヨウトウ)
秘蔵益胃升陽湯
《寿世保元》《古今方彙》
「白朮2銭、黄蓍1銭半、人参1銭2分、甘草・陳皮・当帰・神麹各1銭、柴胡・升麻各5分、黄2分」水煎。
(ヒフシヨウホウ)
皮膚止痒方
《中薬臨床応用》
「苦参9g、百部15g、蜀椒9g、雄黄6g、硼砂6g」煎汁で患部を洗浄する。
(ビビョウイッポウ)
鼻病一方
《類案》《古今方彙》
「辛夷・薄荷各5銭、蒼耳子2銭半、白1両」作末し水で弾子大の丸剤。毎服2銭を食後「葱白湯」で送下す。或いは茶にて化しても亦治すべし。
(ビャクゴウコキントウ)
百合固金湯
[1-1]《医方集解》《中薬臨床応用》
⇒「百合固肺湯」
「生地黄9g、熟地黄9g、玄参15g、麦門冬9g、当帰9g、白芍9g、川貝母9g、桔梗6g、百合24g、甘草6g」水煎服、
[1-2]《趙庵方》
「百合、生地黄、熟地黄、玄参、貝母。桔梗、麦門冬、白芍薬、当帰、甘草」
《通雅》
「百合、芍薬、甘草、麦門冬、当帰、地黄、貝母、桔梗、玄参」
(ビャクゴウケイシトウ)
百合鶏子湯
《東醫寶鑑》
「百合7枚、卵黄1個」先に百合を水侵して一晩置き、白い泡が出ると、その水は捨て再び井戸水2升に煎じて1杯になったら滓を捨て、卵黄を入れ攪拌して温服。
(ビャクゴウカッセキサン)
百合滑石散
《東醫寶鑑》
「百合7枚、滑石3両、代赭石1両」煎じて温服。
(ビャクゴウサン)
百合散
《傷科補要》
「犀角・欝金・牡丹皮・黄連・当帰・川・赤芍・生地黄・百合・側柏葉・荊芥・山梔子・大黄」細末にし、温酒あるいは童便で服用。
《東醫寶鑑》
「百合・紫茸・貝母・白芍薬・前胡・赤茯苓・桔梗各1銭、甘草5分」水煎服。
(ビャクゴウジオウトウ)
百合地黄湯
《東醫寶鑑》
「百合7枚、地黄(生)汁1升」先に百合を煎じて、白い泡が出ると、その水を捨て、再び井戸水2升と地黄汁を入れ、1升5合まで煎じて、2回に分服。
(ビャクゴウセンポウ)
百合洗方
《東醫寶鑑》
「百合1升」水1斗に浸し、一晩置いて、その液で全身を洗う。
(ビャクゴウチモトウ)
百合知母湯
《東醫寶鑑》
「百合7枚、知母1両」先に百合を水に漬けて一夜置くと、白い泡が出る。その水は捨て、又井水2杯で煎じ、1杯になったら滓を去り、また井戸水2杯に別に知母を詰め1盞になれば滓は捨て、2つの汁を混ぜて煎じ、1杯半になったら、2回に分けて温服。
(ヒャッカコウ)
百花膏
《厳氏済生方》
「百合、款冬花」
(ヒャクシブキガン)
百子附帰丸
《東醫寶鑑》
=「百子建中丸」
「四製香附末12両、川・白芍薬・当帰・熟地黄・阿膠珠・葉(陳)各2両」作末し、石榴を皮のまま裂いて煎じた水で糊を作り、梧子大の丸剤。毎回100丸を空腹時に醋湯で呑む。
(ヒャクチュウイン)
百中飲
[1]《漢方治療の実際》
=「大百中飲」
「山帰来7、牛膝・沈香・川各0.5、甘草0.8、黄連・檳榔子・人参・大黄・桂枝・黄各0.7、杜仲1.4」
[2]《漢方治療の実際》
=「小百中飲」
「山帰来1.5、人参・当帰・川・茯苓・黄連各0.5、牛膝・甘草各0.3」
(ヒャクハイガン)
百盃丸
《東醫寶鑑》
「生姜1斤」皮を去り塩漬け一夜後焙乾、「橘紅・乾姜各3両、莪朮・三稜・甘草(炙)2銭、木香・茴香(炒)各1銭、丁香50枚、縮砂・白豆各30粒、益智仁20粒」作末し、毎回1両を蜜で5丸に作り、朱砂で衣を付けて、姜湯でかんで飲む。
(ヒャクテンコウ)
百点膏
《東醫寶鑑》
「黄連2銭」切って水1椀に入れ、半分まで煎じ、「防風8分、当帰身・甘草各6分、仁泥3分」を入れて煎じて滓を去り、蜜で煉って又煎じて、1日5~6回就寝時に、5~6回さす。
(ヒャクニチガイイン)
百日咳飲
《中薬臨床応用》
「百部、沙参、川貝母、白前」各3gを水400‹で200‹まで煎じ、1日6回に分服。
(ヒャクバイガン)
百倍丸
《東醫寶鑑》
「破故紙(炒)、牛膝(酒洗)・亀板(酥炙)各1両、肉蓉・竜骨各3銭、木子・乳香・没薬・自然銅(火醋淬9回)各2銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温酒or塩湯で30~50丸飲む。
(ヒャクブセン)
百部煎
《中薬臨床応用》
「百部9g、白前6g、紫9g、川貝母6g、沙参9g、陳皮5g、甘草5g」水煎服。
(ヒャクエンシ)
白円子
《東醫寶鑑》
「白元子の生料に木香・丁香・橘紅・天麻・全蝎・を加えて水煎し、姜汁を混ぜて食べる。
(ビャッキュウビワガン)
白枇杷丸
《中薬臨床応用》
「白30g、枇杷葉(裏の毛を去り蜜炙)15g、藕節15g、阿膠珠(蛤粉炒)15g」細末にし「生地黄」で濃煎し、うわずみを取って丸剤。毎回3g、を口に含んで溶かす。
(ビャッキョウサンサン)
[1]《証治準縄》《東醫寶鑑》
「黄桑葉1両、木賊・旋覆花・・荊芥穂・甘草3銭、細辛5銭」作末 し7銭を水煎し食後服用し、又は作末し2銭を荊芥湯で服用する。
[2]《魏氏家蔵方》
、天南星、生姜」
(ビャッコカケイシトウ)
白虎加桂枝湯
《金匱要略》
「知母6両、甘草(炙)2両、石膏1斤、粳米2合、桂(去皮)3両」
右、毎五銭、水一盞半、煎至八分、去滓、温服、汗出愈。
◎温瘧者、其脉如平、身無寒但熱、骨節疼煩、時嘔、白虎加桂枝湯主之。
《金匱要略》瘧病脉證并治第四。
《金匱要略》《漢方治療の実際》
「白虎湯桂枝4」
(ビャッコカソウジュツトウ)
白虎加蒼朮湯
《類証活人書》
「知母、甘草(炙)、石膏、蒼朮、粳米」
(ビャッコカソウジュツトウカゲン)
白虎加蒼朮湯加減
《中薬臨床応用》
=「石膏知母蒼朮湯加減」
「蒼朮9g、石膏(生)30g(打砕)(先煎)、知母12g、甘草6g、桑枝12g、防已9g、忍冬藤9g」水煎服。
(ビャッコカニンジントウ)
白虎加人参湯
[1-1]《傷寒論》
「知母6両、石膏(碎綿嚢)1斤、甘草(炙)2両、粳米6合、人参3両」
右五味、以水一斗、煮米熟、湯成去滓、温服一升、日三服。
◎服桂枝湯、大汗出後、大煩渇不解、脉洪大者、白虎加人参湯主之。
《傷寒論》辨太陽病脉證并治上第五。
[1-2]《傷寒論》
「知母6両、石膏(碎)1斤、甘草(炙)2両、人参2両、粳米6合」
五味、以水1斗、煮米熟、湯成、去滓、温服一升、日三服。此方、立夏 後立秋前、乃可服。立秋後、不可服・正月二月三月尚與服之。與之則嘔利 而腹痛、諸亡血虚家、亦不可與、得之則腹痛利者、但可温之、當愈。
◎傷寒若吐若下後、七八日不解、熱結在裏、表裏倶熱、時時悪風、大渇、舌上乾 燥而煩、欲飲水数升者、白虎加人参湯主之。
《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
◎若渇欲飲水、口乾舌燥者、白虎加人参湯主之。
《傷寒論》辨陽明病脉證并治第八。
◎服桂枝湯、大汗出後、大煩渇不解、脉洪大者、属白虎加人参湯。
《傷寒論》辨発汗後病脉證并治第十七。
◎太陽中熱者、是也、汗出悪寒、身熱而熱、白虎加人参湯主之。
《金匱要略》湿病脉證第二。
◎渇欲飲水、口乾舌燥者、白虎加人参湯主之。
《金匱要略》消渇小便利淋病脉證并治第十三。
[1-3]《傷寒論》《中薬臨床応用》
=「石膏知母加人参湯」
「西洋参6g(別)、石膏(生)60g(打砕先煎)、知母15g、甘草6g、粳米12g」水煎服。
[1-4]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「知母6.0g、石膏16.0g、甘草2.0g、玄米9.0g、人参2.0g」
水400ccを以て煮て米が煮えたら滓を去り、3回に分服。
[1-5]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「白虎湯人参3」
(ビャコゲドクトウ)
白虎解毒湯
《寿世保元》《古今方彙》
「石膏、知母、黄連、黄、黄柏、山梔子、甘草」水煎。
(ビャッコトウ)
白虎湯
[1-1]《傷寒論》
「知母6両、石膏(碎)1斤、甘草(炙)2両、粳米6合」
右四味、以水一斗、煮米熟、湯成去滓、温服一升、日三服。
◎傷寒脉浮滑、此以表有熱、裏有寒、白虎湯主之。
《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
◎三陽合病、腹満、身重、難以轉側、口不仁、面垢、譫語、遺尿。発汗、則譫語。下之、則額上生汗、手足逆冷。若自汗者、白虎湯主之。
《傷寒論》辨陽明病脉證并治第八。
◎傷寒脉滑而厥者、裏有熱、白虎湯主之。
《傷寒論》辨厥陰病脉證并治第十二。
◎譫語遺尿、発汗則譫語、下之則額上生汗、若手足逆冷、自汗出者、属白虎湯。《傷寒論》辨発汗吐下後病脉證并治第二十二。
[1-2]《東醫寶鑑》
「石膏5銭、知母2銭、甘草7分、粳米半合」水煎服。
[1-3]《傷寒論》《中薬臨床応用》
=「石膏知母湯」
「石膏(生)60g(打砕先煎)、知母15g、甘草6g、粳米12g」水煎服。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「知母5、粳米8、石膏15、甘草2」
(ビャクシツリサン)
白藜散
《張氏医通》
「白藜、菊花、蔓荊子、決明子、甘草、連翹、青子」
(ビャクシャクヤクサン)
白芍葉散
《東醫寶鑑》
「白芍薬2両、乾姜5銭をそれぞれ黄色くなるまで炒って作末し、1日2回づつ2銭を米飯で服飲する。
(ビャクジュツアンイサン)
白朮安胃散
《東醫寶鑑》
「罌栗殻(蜜炒)2銭、赤茯苓・白朮・車前子各1銭、五味子・烏梅肉各5分」水煎服。
(ビャクジュツシュ)
白朮酒
《東醫寶鑑》
「白朮(切焙)1斤、陳皮4両」
を切って水10杯を入れて煮、2杯の汁を取って濾過しまた滓は水で煎じて2杯を作り、また滓を搗いて煎じて汁1~2杯を絞って、前の汁と合わせて再煎し、2杯ぐらいになったら蜜4両を入れて、又煎じ、水に落とすと玉になるのを限度とし、1日2~3回、白湯で服用。」
(ビャクジュツコウボクトウ)
白朮厚朴湯
《東醫寶鑑》
「白朮・厚朴・半夏・桂心・香・青皮各1銭、乾姜(炮)・甘草(炙)各5分、姜3片、棗2」水煎服。
(ビャクジュツサン)
白朮散
[1-1]《金匱要略》
「白朮・・蜀椒(去汗)3分、牡蠣」
右四味、杵為散、酒服一銭匕、日三服、夜一服。但苦痛可芍薬。心下毒痛倍加。心煩吐痛不能食飲、可細辛一両、半夏大者二十枚、服之後、更以醋漿水服之。若嘔、以醋漿水服之、復不解者、小麦汁服之。已後渇者、大麦粥服之。病雖之勿置。
◎妊娠養胎、白朮散主之。
《金匱要略》婦人妊娠病脉證治第二十。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「白朮・川各4、蜀椒3、牡蠣2」散剤として1回量1.0gを日本酒少量で服用、日中3回夜1回服用。
[2-1]《東醫寶鑑》
「防風2両半、白朮1両2銭、牡蛎蝦3銭」を作末して毎2銭を温水で呑み下す。
[2-2]《宣明論》《古今方彙》
「牡蛎3銭、白朮1両2銭半、防風2両半」作末し毎服1銭、温水にて調下す。
[3]《東醫寶鑑》
「川烏(炮)・桔梗・白朮・附子(炮)・細辛各5銭、乾姜(炮)2銭半」作末し毎回2銭、水煎服。
[4]《東醫寶鑑》
「白朮5銭、人参2銭半、丁香1銭2分、甘草5分、姜5片」水煎服。
(ビャクジュツシャクヤクトウ)
白朮芍薬湯
《医学入門》《古今方彙》
「白朮、芍薬、甘草」水煎。
(ビャクジュツジョシツトウ)
白朮除湿湯
《東醫寶鑑》
「白朮1銭3分、地黄(生)・地骨皮・沢瀉・知母各1銭、赤茯苓・人参・柴胡・甘草各8分」水煎服。
(ビャクジュツトウ)
白朮湯
[1]《東醫寶鑑》
「白朮3銭、半夏・橘紅・白茯苓・五味子各1銭半、甘草5分、姜5片」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「白朮・当帰・黄各3銭」水煎服。
[3]《東醫寶鑑》
「白芍薬3銭、白朮・葛根各2銭、升麻・黄各1銭、甘草5分」水煎服。
[4]《医学正伝》《古今方彙》
「半夏5銭、白朮2銭、茯苓2銭、檳榔子2銭半、甘草3分、蒼朮1銭半、香1銭、生姜」水煎温服。
(ビャクジュツブクリョウトウ)
白朮茯苓湯
《東醫寶鑑》
「白朮・白茯苓・半夏各3銭、神麹(炒)1銭、麦芽麺5分、姜5片」煎服
(ビャクジュツボウフウトウ)
白朮防風湯
《東醫寶鑑》
「防風4銭、白朮・黄蓍各2銭」水煎服。
(ビャクジュツブシトウ)
白朮附子湯
[1-1]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
=「近効方朮附湯」
「附子(炮)0.3~1.0g(又は白川附子1.0~3.0)、白朮4.0g、生姜・大棗各3.0g、甘草2.0g」
[1-2]《東醫寶鑑》
「白朮3銭、附子(炮)・甘草(炙)各1銭、姜7、棗2」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「白朮・附子(炮)・蒼朮・陳皮・厚朴・半夏・赤茯苓・沢瀉各1銭、猪苓5分、肉桂4分、姜3片」水煎服。
(ビャクジュツワイガン)
白朮和胃丸
《東醫寶鑑》
「白朮1両半、厚朴・半夏各1両、陳皮8銭、人参8銭、枳実・檳榔各2銭半、甘草2銭、木香1銭半、乾生姜1銭」作末し蒸し餅で梧子大の丸剤。米飲で50丸飲む。
(ビャクジュツワイトウ)
白朮和胃湯
《医学正伝》《古今方彙》
「白朮1両半、半夏・厚朴各1両、陳皮8銭、人参5銭、枳実・檳榔子各2銭半、木香・甘草(炙)・乾姜各1銭半、生姜、大棗」水煎す。或いは細末を丸と為し米飲にて送下す。
(ビャクジュツワチュウトウ)
白朮和中湯
《寿世保元》《古今方彙》
「当帰(酒洗)上、白芍薬(炒)上、白朮(炒)上、茯苓中、陳皮中、黄(炒)中、黄連(紅ある者には多く(炒)を加える)、甘草下、木香(少許)」水煎食前に服す。
(ビャクシガン)
白丸
《東醫寶鑑》
「白(新)」切って蘿葡汁に浸して晒し、乾燥して作末、蜜で弾子大の丸剤。毎回1丸を噛んで茶or荊芥湯で飲む。
(ビャクシサン)
白散
《東醫寶鑑》
「白」蘿葡汁に漬けて乾燥、作末し毎回2銭、食後温服。
《証治準縄》《古今方彙》
「麻黄・草豆各1銭半、黄蓍・桂枝各2銭半、呉茱萸・白各4分、藁本3分、活8分、当帰・熟地黄各5分、升麻1銭」作末し、先づ水を用いて嗽洗い、薬を以て之を擦り、或いは煎じ服すも亦可なり。
(ビャクゼントウ)
白前湯
《中薬臨床応用》
「白前9g、紫9g、款冬花9g、杏仁6g、法半夏6g」水煎服。
(ビャクブシガン)
白附子丸
《東醫寶鑑》
「白附子(炮)・天南星(炮)・半夏(姜製)・旋覆花・甘菊・天麻・川・橘紅・白蚕(炒)・乾姜各1両、全蝎(炒)5銭」作末し、生姜半斤を取って汁を絞り、糊で梧子大の丸剤。荊芥湯で50丸飲む。
(ビャクブシサン)
白附子散
[1]《東醫寶鑑》
「白附子1両、麻黄節・川烏・南星各5銭、全蝎5箇、乾姜・朱砂・麝香各2銭半」作末し温酒で5分服用し、横になる。
[2]《東醫寶鑑》
「白附子・密陀僧・白茯苓・白・官粉」各等分に作末し、蘿葡煎湯で顔を洗った後、薬を羊乳に混ぜて塗り、翌朝洗う。
(ハクビゲン)
白微元
《東醫寶鑑》
「白薇5銭、防風・活・白藜(炒)・石榴皮各2銭半」作末し米粉糊で梧子大の丸剤。白湯で30丸飲む。
(ハクビトウ)
白微湯
《神農本草経》《東醫寶鑑》
「白薇・当帰各1両、人参半両、甘草2銭半」末にし毎回5銭を水煎温服。
《普済本事方》
「白薇・当帰各1両、人参半両、甘草1分」《雑病翼方》
《普済本事方》
「白薇9g、当帰15g、党参9g、甘草6g」水煎服。
(ビャクヘイシ)
白餅子
《東醫寶鑑》
「滑石・軽粉・白附子・南星(炮)各1銭」作末し、「巴豆(去皮膜)24粒」水1升で煎じて細研し、糯米飯で緑豆大の丸餅。3歳以下は1~2餅、3以上は3~5餅を葱白湯で食べる。
(ビャクリュウガン)
白竜丸
《東醫寶鑑》
「鹿角霜・牡蛎蝦各2両、竜骨生1両を作末し、酒麺糊で梧子大に丸め、空腹時に温酒、または塩湯で30~50丸づづ服用する。
(ビャクレンゲン)
白歛元
《東醫寶鑑》
「鹿茸の毛を取り、醋で蒸して炒ったもの2両、白・金毛狗背各1両を作末して醋と醋で煎じた水に糯米糊をまぜ梧子大に丸め、空腹時に温酒で50~70丸を呑み下す。
(ヒウサン)
烏散
《世医得効方》《東醫寶鑑》
「角・木子・紫金皮・白・半夏・烏薬・当帰・川・川烏各1両2銭半、草烏・茴香・半拏草各2銭半、木香1銭」作末し骨折・脱臼に毎回2銭を好紅酒と調下すると麻痺させ、痛みを止めた後、手術する。
(ヒキガン)
肥気丸
《東醫寶鑑》
「柴胡1両、黄連7銭、厚朴5銭、川椒4銭、甘草3銭、人参・莪朮・昆布各2銭半、角・白茯苓各1銭半、乾姜・巴豆霜各5分、川烏2分」作末し蜜で梧子大の丸剤。初め2丸を食べ、1日1丸づつ増やし、便が出たらだんだん減量し、塊が小さくなったら止める。
(ヒジガン)
肥児丸
《和剤局方》
「肉豆、使君子、麦芽、黄連、神麹、檳榔子、木香」
(ヒキガン)
痞気丸
《東醫寶鑑》
「黄連8銭、厚朴4銭、呉茱萸3銭、黄2銭、縮砂1銭半、白茯苓・人参・沢瀉各1銭、茵・乾姜各1銭半、川烏・川椒各5分、桂皮・巴豆霜各4分、白朮2分」作末し蜜で梧子大の丸剤。
(ヒゲンタン)
秘元丹
《東醫寶鑑》
「竜骨を酒で煮て炙ったもの、霊砂水飛各1両、縮砂・詞子少者取肉各5銭を作末して糯米糊で緑豆大に丸め温水で15丸づつ服用する。
(ヒシンガン)
秘真丸
《東醫寶鑑》
「白竜骨1両をくだいて、大訶子皮5個、朱砂5銭、縮砂5銭をそれぞれ作末して餅米粥に緑豆大に丸め朱砂をふりかけ、空腹時に塩・酒で2丸づつ飲み、寝しなに冷水で3丸飲み下す。あまり多く飲んではいけない。
(ヒセイゲン)
秘精元
《東醫寶鑑》
「牡蠣()・菟絲子(酒製)・竜骨・五味子(生)・韭子(炒)・白茯苓・白石脂()・桑蛸(酒炙)」各等分に細末、酒糊で梧子大の丸剤。
(ヒデヌショウホウ)
秘伝烏鬚方
《東醫寶鑑》
「五倍子」砕いて灰は捨て、砂鍋内に入れ炒って煙がなくなったら、青布巾を水にしたして薬をもみつけ、作末して毎回1銭半づつ使う。
(ヒデンコウキトウ)
秘伝降気湯
《東醫寶鑑》
「桑白皮1銭、陳皮・枳穀・柴胡・甘草(炙)各5分、地骨皮・五加皮・骨砕補・詞子皮・草果・桔梗・半夏麺各3分、姜3片、紫蘇葉」水で煎服。
(ヒデンサンセンコウ)
秘伝三仙
《東醫寶鑑》
「人参・山薬・蓮肉・白茯苓・仁各5両」別々に作末し「白蜜・砂糖屑各1斤、糯米粉3升、粳米粉7升」を作末し、みんなを混ぜ、蒸して晒し乾燥後、再び作末して1日3~4回、大きい匙1杯を白湯で調服する。
(ヒシュユナイショウゲン)
秘伝茱萸内消元
《東醫寶鑑》
「呉茱萸(酒浸)半分、醋浸半分して一晩置いて焙乾)・山茱萸・馬蘭花(醋浸焙)・川連肉・肉桂・黒丑頭末(茴塩炒)・延胡索(炒)・陳皮(去皮)・青皮(去皮)・海藻(洗焙)・桃仁(炒)・木香各5銭」作末し、酒糊で梧子大の丸剤。塩湯or温酒で50~70丸飲む。
(ヒデンジュンキサン)
秘伝順気散
《東醫寶鑑》
「青皮・枳殻・桔梗・烏薬・人参・白朮・白茯苓・半夏・川・白・細辛・麻黄・防風・乾姜・白蚕・甘草各6分、姜5片」水煎服。
(ヒデンシオウコウ)
秘伝神応膏
《東醫寶鑑》
「片脳・熊胆・血竭・牛黄・乳香・没薬各5分」作末し「蝸牛肉」と搗いて膏を作り、毎夜患部を洗って塗る。
(ヒチュウサン)
秘中散
《東醫寶鑑》
「人参・白朮・白茯苓・甘草(炙)・乾葛・黄蓍・白扁豆(炒)・香各2分半」作末し「姜5、棗2」入れて水煎服。
(ヒホウケタイガン)
秘方化滞丸
《東醫寶鑑》
「三稜()・莪朮()各4銭8分、半夏(製)・木香・丁香・青皮・陳皮去白・黄連各2銭半、巴豆肉(一晩浸・乾)6銭、烏梅肉(焙乾)5銭」細末にし烏梅末に白麺少々入れ糖を作り黍米大の丸剤。5~10丸服用。
(ヒホウセイヒガン)
秘方清脾丸
《東醫寶鑑》
「白朮1両半、半夏・青皮・黄各1両、人参・檳榔・草果・莪朮・厚朴各5銭、姜黄・甘草各3分」作末し飯で梧子大の丸剤。白湯で60~70丸飲む。
(ヒホウダツメイサン)
秘方奪命散
《東醫寶鑑》
「天花粉2銭、穿山甲・蛤粉(炒)・赤芍薬・甘草節各1銭、防風・白・角刺・金銀花・陳皮各7分、当帰尾・貝母・乳香各5分」作1貼し、好酒を大きい茶碗1杯で煎服。
(ヒホウヨウゾウトウ)
秘方養臓湯
《東醫寶鑑》
「罌栗殻(蜜炒)1銭半、陳皮・枳殻・黄連・木香・烏梅・厚朴・杏仁・甘草(炙)各7分、黒豆30粒、大棗2枚」水煎服。
(ヒセンンジョウシ)
避選錠子
《東醫寶鑑》
「朱砂1両、牛胆南星7銭、防風・川烏・天麻・川・白・人参・薄荷・木香・白朮・茯神各5銭、牛黄・竜脳・乾生姜・白附子各3銭、麝香2銭、全蝎(生)20個、白蚕(生)21個」細末にし、「麻黄1斤、甘草8両、蜂蜜2両」を煮詰めて膏を作り薬末を入れて混ぜ、1両で10錠を作り金箔で衣をして、毎回1錠を温酒で化下する。
(ヒッコウサン)
必効散
[1]《東醫寶鑑》
「子(炒)・草竜胆・梔子・黄各1銭、茵2銭」水煎服。
[2]《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・地黄(生)・赤茯苓・滑石・牛膝・山梔子・麦門冬・枳殻・蓄・木通・知母(酒炒)・黄柏(酒炒)各7分、甘草5分、燈心1」水煎し空腹時服用。
(ヒッショウサン)
必勝散
《和剤局方》《古今方彙》
「人参、蒲黄(炒)、小薊、地黄、当帰、烏梅、川」水煎温服。
(ヒツヨウカンキツトウ)
必用方甘桔湯
《東醫寶鑑》
「桔梗2銭、甘草・荊芥・防風・黄・薄荷各1銭」水煎し徐々に服用。
(ヒセイゲン)
脾積元
《東醫寶鑑》
「莪朮1両半、三稜1両、青皮5銭、良姜(醋煮切片焙乾)・木香・百草霜・巴豆霜各2銭半」作末し麺糊で麻子大の丸剤。
(ヒヤクガン)
脾約丸
《東醫寶鑑》
=「麻仁丸」
「大黄(蒸)4両、枳実・厚朴・赤芍薬各2両、麻子仁1両半、杏仁1両2銭半」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温湯で50丸飲む。
(ヒワイン)
比和飲
《東醫寶鑑》
「白朮・白茯苓・神麹(炒)各1銭、香・陳皮・縮砂・甘草各5分、陳倉米1合」作し、1貼にまず順流水3升に伏竜肝末を混ぜ、1升半の清澄を取って、薬と姜3、棗2を同時に煎じて7分ぐらいになったら滓を去り、1日2~3回づつ服用。
《寿世保元》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・神麹各1銭、香5分、陳皮5分、砂仁5分、甘草3分」陳倉米を用いて水煎し、伏竜肝末を攪渾して澄し取り、「生姜・大棗」同じく煎じやや冷やして服す。
(ヒワタン)
比和丹
《類証治栽》
「人参、白朮、茯苓、甘草、陳皮、砂仁、香、神麹、陳米、伏竜肝、生姜、大棗」
(ビキュウエン)
備急円
[1-1]《金匱要略》
「大黄1両、乾姜1両、巴豆(去心熬外研如脂)1両」
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄・乾姜・巴豆」各等分。作末し、煉蜜で丸とし、1回量0.5飲む。
[1-3]《金匱要略》
=「大呂丸」「三物備急丸」
「巴豆(去殻)・乾姜・大黄各4.0」
(ビキュウガン)
備急丸
=「備急円」「三物備急丸」
《東醫寶鑑》
=「独行丸」
「大黄・乾姜・巴豆霜各1両」末にし蜜と混ぜて搗いて小豆台の丸剤。
(ビキュウタン)
備急丹
《東醫寶鑑》
「青黛・芒硝・白蚕各1両、甘草4両」作末し朧月半胆に黄色のあるものを選んで薬末を入れ、49日が過ぎた後作末して、喉中に吹き入れると特効がある。
(ビキュウゴソウゲン)
備急五嗽元
《東醫寶鑑》
「肉桂・乾姜・莢」各等分。作末し蜜で梧子大の丸剤。温水で15丸呑む。
(ビカトウ)
備化湯
《東醫寶鑑》
「木瓜・茯神各1銭半、牛膝・附子(炮)各1銭2分半、熟地黄・覆盆子各1銭、甘草7分、姜5片」水煎服。
(ビエンガン)
鼻淵丸
【中成薬】
「蒼耳子・辛夷・菊花・金銀花・茜草」
(ビフブンコウシュウホウ)
鼻不聞香臭方
《東醫寶鑑》
「薄荷3銭、細辛・白・防風・活・当帰・川・半夏・桔梗・陳皮・赤茯苓各1銭」水煎服。
(ビソエンホウ)
鼻炎方
《中薬臨床応用》
「露蜂房5g、辛夷6g、白藜9g」水煎服。
(jヒチョウカガン)
澄茄丸
《東醫寶鑑》
「薄荷葉3銭、荊芥穂1銭半、澄茄5分」作末し蜜で桜桃大の丸剤。
(ヒチョウガゲン)
澄茄元
《東醫寶鑑》
「澄茄・白豆・縮砂・青皮・蘿葡子・木香・陳皮各7銭半、肉豆・茴香・桂皮・丁香各3銭7分半」作末し麺糊で梧子大の丸剤。陳皮湯で30~50丸呑む。
(ヒハツヘイ)
撥餅
《東醫寶鑑》
「撥・香附子・大蒜」搗いて餅を作り、炒って広げて顋門に貼る。
(ビワシオウトウ)
枇杷止嘔湯
《中薬臨床応用》
「炙枇杷葉(姜汁塗)12g、布渣葉・山薬各15g、香附子・葛根各9g、鶏内金6g」
(ビワセイハイイン)
枇杷清肺飲
《医宗金鑑》
「枇杷葉・黄連・黄柏・山梔子・桑白皮・沙参・甘草」
(ビワトウ)
枇杷湯
《中薬臨床応用》
「枇杷葉・生地黄各12g、茅根24g、菊花・杏仁・川貝母各9g、甘草4.5g」
(ビワヨウサン)
枇杷葉散
《医学入門》《古今方彙》
「枇杷葉・陳皮・厚朴・丁香各5分、香7分半、麦門冬・木瓜・茅根各1銭、甘草(炙)2分」
《和剤局方》
「香・木香・呉茱萸・肉桂・枇杷葉・甘草・莪朮」
(ヒョウオウサン)
氷黄散
《東醫寶鑑》
「焔硝・大黄末各5銭」水で調合して塗る
(ヒョウコトウ)
氷壺湯
《峰普済方》
「高良姜、大棗」
(ヒョウバイガン)
氷梅丸
《東醫寶鑑》
「南星(大)35個、半夏(大)・白礬・白塩・防風・朴硝各4両、桔梗2両、甘草1両、梅実(大熟)100箇」先に硝塩を水で一昼夜漬けて、各薬を砕いて入れて水に入れかき混ぜ、梅の実は7日目に取り出して晒して乾燥、又前の水に入れてしみ込ませ、晒して乾燥後、磁器に入れて密封して、使うとき綿でくるんで口に入れて吸って呑み込む。
(ヒョウバクガン)
氷蘗丸
《東醫寶鑑》
「黄柏・薄荷・硼砂各等分、竜脳半分」作末し蜜で梧子大の丸剤。
(ヒョウサクサン)
氷硼散
《医宗金鑑》
「竜脳1.2g、硼砂(炒)15g、朱砂1.8g、元明粉15g」細末にし、毎日5~6回噴霧器or紙筒で患部に噴霧。
《外科正宗》
「竜脳、朱砂、玄明粉、硼砂」
(ヒョウサクタンバンサン

氷硼胆礬散
《中薬臨床応用》
「竜脳1.5g、硼砂3g、胆礬1g、燈心草(炭)5g」細末にし、3時間に1回づつ咽喉部に吹き付ける。
(ヒョウオウサン)
冰黄散
《中国民間験方》
「硼砂40、明粉30、人中黄4、雄黄8、大梅4」微細末にする
(ヒョウサクサン)
冰硼散
《外科正宗》
「冰片5、朱砂6、玄明粉50、硼砂50、胆礬5、蒲黄7」
(ビンウゴウザイ)
檳烏合剤
《中薬臨床応用》
「檳榔子9g、烏梅3g、甘草1g」水煎し早朝空腹時に服用。
(ビンソサン)
檳蘇散
《医方大成》
「香蘇散《和剤局方》檳榔・木瓜」
《厳氏済生方》《古今方彙》
「紫蘇梗・香附子各2銭、甘草・陳皮・檳榔子・木瓜各1銭、生姜、葱白」煎服。
(ビンロウガン)
檳榔丸
《太平聖恵方》
=「梹榔丸」
「檳榔、大黄、鼈甲、柴胡、木香、白朮、枳殻」
(ビンロウカクシツサン)
檳榔鶴虱散
《外台秘要方》《漢方後世要方解説》
「当帰・桔梗・芍薬・橘皮・鶴虱各2.5、人参・桂枝各2、檳榔3、大棗・生姜各1」
(ビンロウエッキトウ)
檳榔益気湯
《証治準縄》《古今方彙》
「補中益気湯檳榔子・枳殻」
(ビンロウサン)
檳榔散
《証治準縄》《古今方彙》
「檳榔子、木香、小茴香」童便を以て煎服。
一方に、「木香散」あり、前方より小茴香木通・生姜・葱白を加え水煎。
《外台秘要方》《勿誤薬室方函口訣》
「檳榔16分、茯苓8分、人参6分、橘皮6分、撥6分」
《東醫寶鑑》
「蒼朮2銭、香附子・紫蘇葉・陳皮・木瓜・檳榔・活・牛膝各1銭、甘草5分、姜3片、葱白3茎」煎服。
(ビンロウサンリョウ)
檳榔散料
《太平聖恵方》
「檳榔・枳実・大黄各1両、独活・茯苓・羚羊角・沈香・川各半両、甘草」


関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍









なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬