ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(ほ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




(ホウタンガン)
抱胆丸
《東醫寶鑑》
「黒鉛2両半を鍋に入れて熔化したあと、水銀2両を入れてまぜ、砂のようになってから朱砂・乳香朱各1両を熱い容器に入れて柳の枝でこれを炒り、実大に丸め毎1丸づつ空腹時に井戸水で服用するが、患者が寝ているときは絶対に起こさず、自然に目がさめたときまた1丸飲ませる。
(ボウイイン)
防已飲
《寿世保元》《古今方彙》
「蒼朮(塩)・白朮・黄柏(酒)・防已・生地黄・・檳榔子・木通・甘草梢・犀角」水煎。
《医学入門》《古今方彙》
「防已1銭、桑白皮・赤茯苓・紫蘇葉各2銭、木香5分、生姜」煎服。
(ボウイトウ)
防已湯
[1]《備急千金要方》
「防已・茯苓・白朮・桂枝・生姜各4両、烏頭7枚、人参2両、甘草3両」
[2-1]《産宝》
「防已3分、桑白・蘇葉・茯苓各1両、木香1分」
[2-2]《東醫寶鑑》
「桑白皮・赤茯苓・紫蘇葉各2銭、防已1銭半、木香5片」作1貼し姜5片を入れ水煎服。
防已黄蓍湯 [1-1]《金匱要略》
「防已1両、甘草(炒)半両、白朮7銭半、黄蓍(去蘆)1両1分」
右麻豆大、毎抄五銭匕、生姜四片、大棗一枚、水盞半、煎八分、去滓温服、良久再服。喘者加麻黄半両。胃中不和者、加芍薬三分。氣上衝者加桂枝三分。下有陳寒者加細辛三分。服後當如蟲行皮中、從腰下如氷、後坐被上、又以一被繞腰以下、温令微汗、差。
[1-2]《金匱要略》《東醫寶鑑》
「防已・黄蓍各3銭、白朮2銭、甘草1銭半、姜3。棗2」水煎服。
[1-3]《金匱要略》《中薬臨床応用》
「木防已12g、黄蓍12g、白朮6g、生姜9g、大棗6g」水煎服。
[1-4]《金匱要略》《古今方彙》
「防已・黄蓍各2銭、白朮1銭半、甘草7分、生姜、大棗」煎服。
[1-5]《金匱要略》《医学正伝》《古今方彙》
「防已3銭、甘草1銭半、白朮2銭、黄蓍3銭半、生姜、大棗」水煎。
[1-6]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「防已1.0g、甘草0.5g、白朮0.8g、黄蓍1.1g、生姜0.8g、大棗0.8g」
生姜大棗以外の諸薬をカットして混合したもの5.0gの生姜大棗を加えて水240ccを以て煮て80ccに煮詰め滓を去り2回に分服。
[1-7]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「防已・黄蓍各5、朮・生姜・大棗各3、甘草1.5」
(ボウイジオウトウ)
防已地黄湯
《金匱要略》
「防已1銭、桂枝3銭、防風3銭、甘草2銭」
右四味、以酒一盃、浸之一宿、絞取汁、生地黄二斤咀、蒸之如斗米飯久、以銅器盛其汁、更絞地黄汁、和分再服。
(ボウイショウレキガン)
防已椒丸
《東醫寶鑑》
「防已・椒目・子(炒)・大黄各1両」作末し蜜で梧子大の丸剤。白湯で1日3回、10丸づつ呑む。
(ボウイブクリョウトウ)
防已茯苓湯
[1-1]《金匱要略》
「防已3両、黄蓍3両、桂枝3両、茯苓6両、甘草2両」
右五味、以水六升、煮取二升、分温三服。
[1-2]《東醫寶鑑》
「赤茯苓3銭、防已・黄蓍・桂枝各1銭半、甘草1銭」水煎服。
[1-3]《中薬臨床応用》
「漢防已15g、茯苓15g、黄蓍15g、桂枝6g、甘草(炙)3g」水煎服。
[1-4]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「防已・黄蓍・桂枝各3、茯苓6、甘草2」
(ボウフウインシ)
防風飲子
《医方集解》
「黄連・甘草・人参・当帰・葛根・防風・細辛・蔓荊子」
(ボウフウサン)
防風散
[1]《東醫寶鑑》
「防風・・白・甘菊・甘草各1両」作末し毎回2銭を茶で服用。
[2]《東醫寶鑑》
「活・防風・当帰・大黄・・梔子・薄荷各1銭、蝉退・甘草各5分、燈心20茎、苦竹葉10斤」水煎服。
(ボウフウゲン)
防風元
《東醫寶鑑》
「天麻・防風・人参各5銭、全蝎・白蚕・甘草各2銭半、朱砂・雄黄各1銭7分半」作末し蜜で実大の丸剤。人参湯or冬瓜仁湯で飲む。
(ボウフウトウ)
防風湯
[1-1]《劉河間》
「防風1銭半、赤茯苓(皮を去る)1銭、杏仁(皮尖を去り炒る)1銭、秦3分、黄3分、葛根3分、活8分、桂枝5分、甘草5分」
[1-2]《中薬臨床応用》
「防風・秦・活・当帰・杏仁各9g、茯苓・生姜各12g、桂枝6g、甘草3g」
[1-3]《東醫寶鑑》
「防風1銭半、当帰・赤茯苓・独活・杏仁・桂心・甘草各1銭、麻黄5分、黄・秦・葛根各3分、姜3分、棗2枚」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「防風・活・独活・各1銭2分半」作1貼し、煎じ湯で小蜈蚣散を調整して食べる。
[3]《東醫寶鑑》
「防風(酒炒)2両、片・人参・・麦門冬・甘草(炙)各1両」細末にし、毎回2銭を沸湯で点服する。食後1日3回服し、又切って煎服。
[4]《東醫寶鑑》
「活・防風・当帰・大黄・梔子・薄荷各1銭、蝉退・甘草各5分、燈心20茎、苦竹葉10斤」水煎服。
(ボウフウウンタントウ)
防風温胆湯
《東醫寶鑑》
「半夏・枳殻・赤茯苓各5分、陳皮・防風各2分半、人参2分、甘草1分半、姜1片、紫蘇2葉」煎じ湯で大驚元・小驚元を調合して服用。
(ボウフウシャクヤクトウ)
防風芍薬湯
《東醫寶鑑》
「防風・白芍薬各2銭、黄1銭」水煎服。
(ボウフウツウセイサン)
防風通聖散
[1-1]《宣明論》《古今方彙》
・防風・当帰・白芍薬・連翹・薄荷・麻黄各4分、石膏・桔梗・黄各8分、白朮・山梔子・荊芥各5分、滑石2銭4分、芒硝4分、大黄4分、甘草1銭、生姜、水煎温服する。
[1-2]《宣明論》《漢方後世要方解説》
「当帰・芍薬・・梔子・連翹・薄荷葉・生姜・荊芥・防風・麻黄各1.2、大黄・芒硝各1.5、白朮・桔梗・黄・石膏・甘草各2、滑石3」
[1-3]《東醫寶鑑》
「滑石1銭7分、甘草1銭2分、石膏・黄・桔梗各7分、防風・・当帰・赤芍薬・大黄・麻黄・薄荷・連翹・芒硝各4分半、荊芥・白朮・梔子各3分半、姜3」水煎服。
[1-4]《宣明論》《龍野ー漢方処方集》
・防風・当帰・芍薬・連翹・薄荷葉・麻黄・芒硝・大黄・生姜各1.2g、石膏・桔梗・黄各2.5g、白朮・山梔子・荊芥各2.0g、滑石7.0g、甘草3.0g、干姜1.0g」
[1-5]《宣明論》《漢方治療の実際》
「当帰・芍薬・・梔子・連翹・薄荷・生姜・荊芥・防風・麻黄各1.2、大黄・芒硝各1.5、朮・桔梗・黄・石膏・甘草各2、滑石3」
(ボウフウチュウワトウ)
防風冲和湯
《東醫寶鑑》
=「加減冲和湯」
「防風・活各1銭半、白朮・・白・地黄(生)・黄各1銭、細辛・甘草各5分、姜3、葱3」水煎服。
(ボウフウテンマサン)
防風天麻散
《東醫寶鑑》
「防風・天麻・・活・白・草烏(炮)・白附子・荊芥穂・当帰・甘草各5銭、滑石2両」作末し蜜で弾子大の丸剤。毎回半丸or1丸を熱酒で化下する。or作末し蜜酒で1銭調服する。
(ボウフウトウキイン)
防風当帰飲
《医学入門》《古今方彙》
「滑石6両、大黄・黄・柴胡・防風・人参・甘草・当帰・芍薬各1両、生姜」煎服。
(ボウフウトウキインシ)
防風当帰飲子
《東醫寶鑑》
「滑石3銭、柴胡・人参・黄・甘草各1銭半、大黄・当帰・赤芍薬・防風各5分、姜3」水煎服。
(ボウフウトウキサン)
防風当帰散
《東醫寶鑑》
「防風・当帰・・地黄(生)各2銭半」水煎服。
(ボウフウビャクジュツボレイトウ)
防風白朮牡蛎湯
《東醫寶鑑》
「防風・牡蠣粉・白朮各等分」作末し毎回2銭を、酒or米飲で1日2~3回調下する。
(ボウショウトウ)
芒硝湯
《東醫寶鑑》
「芒硝2両半、滑石3両、冬葵子(炒)3合に滑石・葵子の粗末5銭半が半分ぐらい煮つまると芒硝1銭を入れて、もう一度煎じて空服時に服用。
(ボウソウサン)
蚌霜散
《東醫寶鑑》
「蚌粉・百草霜」各等分。末にし毎回2銭を糯米飲で調服する。
(ホイトウ)
補胃湯
《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍2銭、人参5分、甘草1銭、当帰・柴胡・升麻各3分、蒼朮1銭、青皮5分、神麹7分、黄柏3分」水煎食後服用。
《医学入門》《古今方彙》
「柏子仁・防風・細辛・桂心・陳皮各1銭、・呉茱萸・人参各1銭半、甘草5分」水煎。
(ホインガン)
補陰丸
《東醫寶鑑》
「熟地黄5両、黄柏(塩酒炒)・褐色知母(酒炒)・亀板(酥炙)各3両、鎖陽(酥炙)・枸杞子・白芍薬(酒炒)・天門冬各2両、五味子1両、乾姜(炒紫)4銭」作末し、煉蜜に猪脊髄3条を入れ、混ぜて梧子大の丸剤。毎回80~90丸を空腹時に温酒で飲む。
(ホインコウカトウ)
補陰降火湯
《医学正伝》《古今方彙》
「当帰・白芍薬(酒)・黄柏(酒)・知母(酒)・・熟地黄各等分」水煎。
(ホインサン)
補陰散
《東醫寶鑑》
=「補陰瀉火湯」
「白芍薬・当帰各1銭3分、白朮1銭2分、・熟地黄・知母・天門冬各1銭、陳皮・黄柏各7分、地黄(生)・甘草各5分、乾姜3分、姜3片」煎服。
補陰湯 [1-1]《万病回春》《古今方彙》
「人参・白芍薬(酒)・生地黄・熟地黄・陳皮・牛膝・小茴香(塩)・破故紙(酒)・当帰・茯苓・杜仲(酒)各1銭、知母(酒)・黄柏(酒)各7分、甘草(炙)3分、大棗肉」水煎。
[1-2]《万病回春》《漢方後世要方解説》
「当帰・茯苓各3、人参・芍薬・生地黄・熟地黄・陳皮・牛膝・破故紙・杜仲各2、小茴香・知母・黄柏・甘草・大棗・生姜各1」
[1-3]《万病回春》《漢方治療の実際》
「人参・芍薬各2、地黄4、陳皮・牛膝・破故紙・杜仲各2、当帰・茯苓各3、小茴香・知母・黄柏・甘草各1」
(ホインシャカトウ)
補陰瀉火湯
《東醫寶鑑》
「白芍薬・当帰・白朮各1銭3分、・熟地黄・治も(蜜炒)・天門冬各1銭、黄柏(蜜炒)・陳皮各7分、地黄(生)(酒洗)・甘草(炙)各5分、乾姜(炒)紫色)3分、姜3片」水煎服。
(ホエキヨウエイトウ)
補益養栄湯
《東醫寶鑑》
「熟地黄1銭半、当帰身1銭2分、白芍薬・白茯苓・白朮・陳皮各1銭、・人参・知母各7分、甘草5分、五味子9粒、姜3片」煎服。
(ホエイトウ)
補栄湯
《東醫寶鑑》
「当帰・白芍薬・生地黄・熟地黄・赤茯苓・梔子仁・麦門冬・陳皮各1銭、人参・甘草各5分、棗2、烏梅1を入れて水で煎服。
(ホカンガン)
補肝丸
[1-1]《沈氏尊生書》
「当帰・白芍・・生地黄・防風・活」を細末にし、桐の実大の蜜丸。
[1-2]《東醫寶鑑》
=「凉肝丸」
「四物湯+防風・活」蜜で丸めたもの。
(ホカンサン)
補肝散
[1]《東醫寶鑑》
「羚羊肉・防風各1両、人参・赤茯苓各7銭半、活・車前子・細辛・玄参・黄(炒)各3銭半」作末し毎回2銭を米飲で食後調服する。
[2]《東醫寶鑑》
「柴胡1銭半、白芍薬1銭、熟地黄・白茯苓・甘菊・細辛・甘草各7分、柏子仁・防風各5分」水煎服。
(ホカンセン)
補肝煎
《医宗金鑑》
「酸棗仁、熟地黄、当帰、白芍薬、
⇒補肝散《医方集解》
「香附子、夏枯草」
(ホカントウ)
補肝湯
《医宗金鑑》《中薬臨床応用》
「白芍薬15g、当帰12g、熟地黄12g、6g、麦門冬9g、木瓜6g、酸棗仁15g、甘草3g」水煎服。
(ホキウンピトウ)
補気運脾湯
《医学統旨》《古今方彙》
「人参・白朮各3銭、陳皮・茯苓各2銭半、黄蓍1銭、砂仁8分、甘草4分、(痰あれば半夏を加える)、生姜、大棗」煎服。
(ホキケンチュウトウ)
補気健中湯
[1-1]《済世全書》
=「補気建中湯」
「補中治湿湯当帰木通升麻+沢瀉白朮」
[1-2]《済世全書》《古今方彙》
=「補気建中湯」
「人参・黄蓍各8分、白朮・茯苓各1銭半、陳皮・蒼朮各1銭、厚朴・沢瀉・麦門冬各5分」水煎。
[1-3]《厳氏済生方》《漢方後世要方解説》
「白朮4、茯苓5、陳皮3、蒼朮3、人参3、黄2、厚朴2、沢瀉3、麦門冬3」
[1-4]《済世全書》《漢方治療の実際》
「朮6、茯苓5、陳皮3、人参3、黄2、厚朴2、沢瀉2、麦門冬3」
(ホキシャエイトウ)
補気瀉栄湯
《衛生宝鑑》《古今方彙》
「黄蓍・当帰・黄連・全蝎・地竜・蘇木各3分、人参2分、生地黄・黄各4分、連翹・升麻各6分、桃仁2個、桔梗5分、甘草1銭半、胡桐1分、虻虫1枚、水蛭(炒尽烟)、麝香(少許)」水煎温服。
(ホキシエケツトウ)
補気生血湯
《東醫寶鑑》
「人参・白朮・白茯苓・白芍薬・当帰・陳皮・香附子・貝母・桔梗・熟地黄・甘草各1銭」切って1貼づつにし、酒・水各半々で煎服。
(ホキテイツウトウ)
補気定痛湯
《万病回春》《古今方彙》
「当帰・・白芍薬(酒)・熟地黄各1銭、延胡索7分、桃仁・紅花各2分、香附子・青皮・沢瀉・牡丹皮各5分」水・童便・酒にて煎服。
(ホキトウ)
補気湯
《東醫寶鑑》
「黄蓍2銭、人参・麦門冬・桔梗・甘草各1銭、姜3片」水煎服。
《明医雑著附》《古今方彙》
「人参・陳皮・麦門冬・白朮各1銭、五味子・甘草各7分、黄蓍1銭、生姜、大棗」水煎食前に服す。
(ホキヨウケツトウ)
補気養血湯
《万病回春》《東醫寶鑑》
「人参・黄蓍・当帰・白朮・白芍薬(酒炒)・葉・阿膠・・青皮・香附子(炒)・縮砂(研)・甘草(炙)各1銭」水煎服。
(ホキュウガン)
補宮丸
《東醫寶鑑》
「鹿角霜・白茯苓・白・白朮・烏賊骨・白薇・白芍薬・牡蛎粉・山薬を各等分にして糊で梧子大に丸め米飲で50丸呑み下す。
(ホキョイン)
補虚飲
《医学入門》《東醫寶鑑》
「人参・麦門冬・山薬各1銭、白茯苓・茯神各8分、半夏(製)・黄蓍各7分、前胡・熟地黄各5分、枳殻・遠志(姜製)・甘草(炙)各3分、姜5片、黍米一握り」水煎服。
(ホキョトウ)
補虚湯
《医学入門》《古今方彙》
「人参・白朮各1銭、当帰・・黄蓍・陳皮各5分、甘草3分、生姜」煎服。
(ホキントウ)
補筋湯
《傷科補要》
「当帰・白芍・熟地黄・紅花・没薬・乳香・丁香・茯苓・陳皮・骨砕補」
(ホケイ)
補経固真湯
《東醫寶鑑》
「乾姜細辛・郁李仁泥・柴胡・甘草(炙)・陳皮・黄生各1銭、白葵花7朶 を切って黄を除いておいて、水2杯でまず煎じ、1杯半ぐらいになったら黄を入れて煎じて1杯ぐらいになったら空腹時に服用し、口に合う食べ物で押し込む。
《医学入門》《古今方彙》
「柴胡・黄・郁李仁・甘草各1銭、人参・乾姜各2銭、橘皮5分、白葵花1朶」水煎温服。
(ホケウトウ)
補血湯
《東垣試効方》
「黄蓍1両、当帰2銭」
当帰補血湯[1]《備急千金要方》に同じ
《明医雑著附》《古今方彙》
「人参1銭2分、・生地黄・陳皮・山梔子・甘草各5分、酸棗仁(炒)・白芍薬(炒)・当帰各1銭、五味子15個、茯神5銭、麦門冬1銭」水煎温服。
《中薬臨床応用》
「党参12g、鶏血藤30g、当帰15g、白芍薬9g、熟地黄18g」水煎服。
(ホコシガン)
補骨脂丸
[1]《和剤局方》
「補骨脂、菟絲子、胡桃肉」
[2]《東醫寶鑑》
「磁石(淬)1両2銭半、熟地黄・当帰・・肉桂・菟絲子・川椒・破故紙・白藜・葫芦巴・杜仲・白・菖蒲各2銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に葱白湯で50丸飲む。
(ホシンガン)
補真丸
《東醫寶鑑》
「鹿茸・巴戟・鍾乳粉各1両、葫芦巴・香附子・陽起石・川烏・肉蓉・菟絲子・沈香・肉豆・五味子各5銭」作末し羊の外腎の両対を葱・椒・酒で煮て、酒を入れて糊を作って搗いて梧子大の丸剤。毎回100丸を空腹時に米飲or塩湯で飲む。
(ホシンギョクロガン)
補真玉露丸
《東醫寶鑑》
「白茯苓・白竜骨水飛・韭子を酒に浸して炒ったものを各等分に作末して蜜で梧子大に丸め毎50丸を空腹時に温酒または塩湯で飲み、なるべく滋養分の多い食物で押し込む。
(ホシンコウ)
補真膏
《東醫寶鑑》
「人参4両、山薬(蒸熟去皮)・仁(蒸)・蓮肉・棗肉・杏仁・胡桃肉各1斤、沈香3銭」を同時に搗いて、「煉蜜3斤、真酥油1斤」を蜜で混ぜ、蒸して前記の薬を合わせて細末にしたものを、酥蜜に入れてかき混ぜて膏を作り、容器に入れて封をし、朝・就寝時に白湯で2匙飲む。
(ホシンガン)
補心丸
《東醫寶鑑》
「酸棗仁炒・柏子仁各3両、遠志姜汁炒2両半、当帰・生乾地黄・甘草各1両半、人参1両、茯神7銭、石菖蒲6銭、牛胆・南星・半夏各5銭、琥珀3銭、・麝香各1銭、金箔20片、を作末して蒸餅につくって緑豆大の丸剤、朱砂5銭に衣をつけ、姜湯で70~80丸づつ服用。
(ホジンガン)
補腎丸
[1]《東醫寶鑑》
「亀板(酒炙)4両、知母と黄柏の酒に浸して炒ったもの各3両、乾姜1両を作末して、粥で梧子大の丸剤、空腹時に塩湯で50~70丸呑み下す
[2]《東醫寶鑑》
「磁石(火醋淬7回)・菟絲子(酒製)各2両、熟地黄・肉蓉(酒浸焙)・石斛・五味子・枸杞子・楮実子・覆盆子(酒浸)・車前子(酒蒸)各1両、沈香・青塩各5銭」作末し蜜で丸め、空腹時に温水で50~70丸飲む。
[3]《東醫寶鑑》
「熟地黄・菟絲子(酒製)各8両、当帰身3両半、肉蓉5両、山茱萸2両半、黄柏(酒炒)・知母(酒炒)各1両、破故紙(酒炒)5銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で50~70丸飲む。
(ホジンゲン)
補腎元
《東醫寶鑑》
「肉蓉・枸杞子各1銭、巴戟・山薬・破故紙(炒)・茴香・牡丹皮各5銭、青塩2銭半」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で30~50丸飲む。
(ホジンジオウゲン)
補腎地黄元
《東醫寶鑑》
「黄柏1斤を切って地黄を晒して乾燥、地黄(生)半斤を酒に2日間浸いて蒸して膏を作り、黄柏と混ぜて乾燥、白茯苓4両、熟地黄・天門冬・人参・甘菊各2両、条(酒炒)・当帰・枳殻・麦門冬・片(生)各1両を作末し水で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で70~80丸飲む。
(ホジンシセキガン)
補腎磁石丸
《中医雑誌1958年10月号》
「磁石・甘菊花・石決明・肉蓉・兎絲子」各1両。以上を作末し、雄雀15羽の毛口足を去り、腸はそのまま残し、青塩2両で水3升と一緒に煮て、雄雀がドロドロになるまで煮て、水がなくなったら、上記の薬末と混和して、桐の実大の丸剤にする。毎服20丸、空腹時に温酒で飲む。
(ホジンソウキントウ)
補腎壮筋湯
《傷科補要》
「熟地黄・当帰尾・牛膝・山茱萸・茯苓・川断・杜仲・白・青皮・五加皮」
(ホジントウ)
補腎湯
《三因極一病証方論》
「沈香3分、人参5分、蒼朮5分、茯苓5分、黄蓍5分、木瓜5分、乾姜3分、附子5分、蘇葉2分、2分、甘草2分、独活3分」
《古今医鑑》《古今方彙》
「小茴香、延胡索、牛膝、当帰、杜仲、黄柏(酒)。知母(酒)、破故紙、生姜」煎服。
《東醫寶鑑》
「破故紙(炒)・茴香(酒炒)・延胡索・牛膝(酒洗)・当帰(酒洗)・杜仲(酒炒)・黄柏(塩水炒)・知母(塩水炒)各1銭、姜3片」水煎し空腹時に服用。
(ホジンメイモクガン)
補腎明目丸
《銀海精微》
「羊子肝4両、羚羊角1両、生地黄1両、肉蓉1両、枸杞子1両、防風1両、草決明子1両、楮実子5銭、菊花3銭、活2銭、当帰2銭」作末して、桐の実大の蜜丸にする。毎服20丸、1日3回。
(ホジンメイモオクサン

補腎明目散
《中薬臨床応用》
「潼藜、石菖蒲、女貞子、生地黄、菟絲子、夜明砂各30g」細末にし、毎回12gを水で服用。
(ホジンヨウヒガン)
補腎養脾丸
《東醫寶鑑》
「熟地黄(姜汁浸)2両、肉蓉・人参・黄蓍(蜜炙)・白朮・当帰(酒浸)・白茯苓・山薬各2両、杜仲(炒)・破故紙(炒)・牛膝(酒洗)・五味子各1両半、知母・黄柏(並酒炒)・白芍薬各1両、肉桂・沈香各7銭半、甘草(炙)5銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。温酒or米飲で100丸飲む。
(ホズイコウ)
補髄膏
《東醫寶鑑》
「黄蓍(蜜炒)2銭、白芍薬(酒炒)・当帰身各1銭半、甘草(炙)7分」作し1貼に水1杯・酒少々入れて煎服。
(ホズイタン)
補髄丹
《東醫寶鑑》
「雄猪脊膂1条、羊の脊膂1条、魚1枚、烏鶏」4味の骨を捨て、肉を缶に入れ柔らかく煮たあと、搗いて次の薬物を入れる。即ち「山薬(大)5条、蓮肉半斤、大棗100個、霜柿10個」を綺麗に洗って煮、やはり搗いて前の薬品を一緒に混ぜて、再び「明膠4両、黄3両」を入れ弱火でゆっくりと、前の8種に入れながら再び搗いて膏を作り、平胃散末・四君子湯末・知母・黄柏末各1両を混ぜて10両になったら、又白蜜を入れて炒り、青石のうえに放置し、棒でどろどろになるまで叩いて梧子大の丸剤。毎回100丸を棗湯で飲む
(ホセイコウ)
補精膏
《東醫寶鑑》
「山薬(細末)8両、胡桃肉(細研泥)4両、杏仁(炒)4両細末、雄牛前脚髄4両、白蜜1斤」髄と蜜を煎じて滓を去り、前記の3末を入れてかき混ぜ、容器に入れて密封し、重湯で半日間煎じて、毎回1匙を温酒で調服する。
(ホソントウキサン)
補損当帰散
《和剤局方》《東醫寶鑑》
1両半、桂心・川椒・当帰・甘草各7銭半、附子・沢蘭各2銭半」末にし2銭づつ温酒で飲む。
(ホチュウエッキトウ)
補中益気湯
[1-1]《内外傷弁惑論》《古今方彙》
「人参・白朮・当帰・甘草(炙)・陳皮各1銭、柴胡・升麻各2分、黄蓍(蜜炙)1銭半、少しく黄柏(炒)を加え、以て腎水を救いて能く陰中の伏火を瀉し、紅花は心に入り血を養う。左に生姜、大棗を加え、水煎し空心服す」
[1-2]《内外傷弁惑論》《勿誤薬室方函口訣》
「黄蓍・甘草・人参各1銭、升麻・柴胡各2分、橘皮・当帰・白朮各1銭」
[1-3]《東醫寶鑑》
「黄蓍1銭半、人参・白朮・甘草各1銭、当帰身・陳皮各5分、升麻・柴胡各3分」水煎服。
[1-4]《寿世保元》《古今方彙》
【加減方】
<1>左右には:「+防風・活・天麻・半夏・天南星・木香」。
<2>語言蹇渋には:「+石菖蒲・竹瀝」。
<3>口眼斜には:「+生姜・黄連(炒)・活・防風・荊芥・竹瀝・姜汁」。
<4>中風で面目十指マヒ:「+附子(炮)・木香・活・防風・烏薬。麦門冬」。
<5>善く飲み、舌本強硬、語言清からざる:「+神麹・麦芽・乾葛・沢瀉」。
[1-5]《内外傷弁惑論》《龍野ー漢方処方集》
=「医王湯」
「人参・白朮・当帰・陳皮各3.0g、柴胡・升麻・甘草各2.0g、黄蓍3.5g」
[1-6]《内外傷弁惑論》《漢方治療の実際》
=「医王湯」
「黄蓍・人参・朮各4、当帰3、陳皮・生姜・大棗・柴胡各2。甘草1.5、升麻1」
[2]《明医指掌》
「補中益気湯《内外傷弁惑論》+赤石脂」
(ホチュウショウシツトウ)
補中勝湿湯
《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍、連翹、升麻、柴胡、防風、当帰、生地黄、白芍薬、陳皮、人参、甘草」水煎。
(ホチュウチシツトウ)
補中治湿湯
補中治湿湯(ほちゅうじしつとう)[1-1]《医林集要》
「人参・蒼朮・茯苓・橘皮・麦門冬・当帰・木通各9分、黄6分、厚朴・升麻各3分」
[1-2]《東醫寶鑑》
「人参・白朮各1銭、蒼朮・陳皮・赤茯苓・麦門冬・木通・当帰各7分、黄5分、厚朴・升麻各3分」水煎服。
[1-3]《古今方彙》
「人参・白朮各1銭2分、蒼朮・茯苓・陳皮・麦門冬・当帰・木通各9分、黄6分、厚朴・升麻各3分」水煎。
[1-4]《医林集要》《漢方後世要方解説》
「人参3、白朮3、茯苓5、蒼朮3、陳皮3、麦門冬3、当帰3、木通2、黄3、厚朴2、升麻0.5」
[1-5]《医林集要》《漢方治療の実際》
「人参・朮・茯苓・橘皮・麦門冬・当帰・木通・黄・厚朴・升麻各2」
(ホテンガン)
補天丸
[1]《東醫寶鑑》
「紫河車(綺麗に洗って竹器に入れ、長流水で1~2時間漬けて小さい瓦盆に入れたものを大きい器れ物で爛熟するまで蒸して、糊のようになったら広げて、先ず自然汁を絞って、滓は石臼で搗き、絞った汁と混ぜる)・黄柏・亀板各2両、杜仲・牛膝各1両、五味子7銭、陳皮・乾姜各5銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。温酒or白湯で70丸飲む。
[2]《東醫寶鑑》
「紫河車(綺麗に洗って、布で絞って乾燥)・補腎丸の材料を搗いて作末し、焙乾し又細研して酒で煮た米の糊で梧子大の丸剤。
(ホテンタイゾウガン)
補天大造丸
《東醫寶鑑》
「紫河車(綺麗に洗って竹器に入れ、長流水で1~2時間漬けて小さい瓦盆に入れたものを大きい器れ物で爛熟するまで蒸して、糊のようになったら広げて、先ず自然汁を絞って、滓は石臼で搗き、絞った汁と混ぜる)、地黄当帰(酒洗)・茴香(酒炒)・黄柏(酒炒)・白朮(炒)各2両、生乾地黄(酒炒)・天門冬・麦門冬・牛膝(酒洗)・杜仲(炒)各1両半、枸杞子・五味子各7銭、陳皮・乾姜各2銭、側柏葉(東向焙)2両」作末し、河車を入れ搗いて梧子大の丸剤。
(ホハイアキョウサン)
補肺阿膠散
《銭乙方》《小児薬証直訣》
「阿膠(蛤の殻の粉末と炒る)15、馬兜鈴・炙甘草・牛蒡子(炒)各10、杏仁(皮と先端を去る)7・糯米根10」作末して、服用。
《小児薬証直訣》《中薬臨床応用》
「阿膠9g、馬兜鈴6g、牛蒡子6g、杏仁6g、甘草3g、糯米9g」水煎服。
(ホハイサン)
補肺散
《東醫寶鑑》
=「阿膠散」
「阿膠珠2銭、鼠粘子・糯米(炒)各1銭2分、馬兜鈴(炒)7分、甘草(炒)5分、杏仁麩炒9箇を水で煎服。
(ホハイトウ)
補肺湯
[1]《永類鈴方》《東醫寶鑑》
「桑白皮(蜜炒)・熟地黄各3銭、人参・紫・黄蓍・五味子各1銭」水煎し、蜜1匙入れ服用。
[2]《北京中医研究院方》《中薬臨床応用》
「訶子3g、五味子9g、猪肺1対」猪肺を洗浄して薬物と共に軟らかくなるまで煮てから薬物を去り、数回に分けて、猪肺と薬液を服食する。
[3]《備急千金要方》
「五味子3両、桂枝1両、麦門冬1升、大棗100枚、粳米2合、桑白皮1升、款冬花1升、乾姜2両」
[4]《医学正伝》《古今方彙》
「半夏・陳皮・五味子・乾姜・杏仁・桂心各5分、細辛・阿膠・甘草(炙)各2分半、生姜、大棗」水煎温服。
(ホハイビャクゴトウ)
補肺百合湯
《済世全書》《古今方彙》
「人参・百合・訶子・罌栗殻(微炒)・天門冬・生地黄・紫・知母・馬兜鈴・青木香各1銭、陳皮7分、甘草2分、生姜、烏梅」水煎食遠に服す。
(ホヒエキシントウ)
補脾益真湯
《証治準縄》《東醫寶鑑》
「丁香・木香・訶子皮・陳皮・厚朴・草果・肉豆・白茯苓・人参・白朮・桂枝・半夏・附子(炮)・甘草(炙)各2分、全蝎(炒)1枚、姜2、棗1」水煎服。
(ホヒサン)
補脾散
《寿世保元》《古今方彙》
「人参・白朮各1銭、白芍薬(酒)・白茯苓各8分、沈ぽい・各6分、黄蓍・当帰・甘草(炙)各4分、生姜」水煎。
(ホヒトウ)
補脾湯
[1]《東醫寶鑑》
「麦芽(炒)・甘草(炙)各1両半、人参・白茯苓・草果・乾姜(炮)各1両、厚朴・陳皮・白朮各7銭半を切って5銭づつ水で煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「白朮1銭3分、白芍薬(酒炒)1銭、白茯苓・半夏各7分、陳皮・黄蓍(蜜水炒)・人参・当帰・・肉豆()・乾葛・神麹(炒)各5分、黄連(炒)・甘草(炙)各3分」水煎し、ゆっくり飲む。
(ホフイン)
補飲
《東醫寶鑑》
「生黄絲絹1尺をよって白牡丹根皮2銭、白末1銭」水で煮て、絹が飴のようになったら、空腹時に頓服。
(ホヨウカンゴトウ)
補陽還五湯
《医林改錯》《中薬臨床応用》
「黄蓍(生)30~120g、当帰尾6g、赤芍薬5g、地竜3g、3g、桃仁3g、紅花3g」水煎服。
(ホイントウ)
補陽湯
《東醫寶鑑》
「柴胡1銭半、活・独活・人参・甘草・熟地黄・白朮・黄蓍各5分、沢瀉・陳皮・防風・白芍薬・生黄・白茯苓・知母・当帰各3分、肉桂1分」水煎し空腹時に服用。朝は補陽湯を、就寝時は連柏益陰丸を服用。
(ホイントウ)
蒲茵湯
《中薬臨床応用》
「蒲公英・茵蒿・土茯苓・茅根・田基黄各15g」水煎服。
(ホウオウコウ)
蒲黄膏
《東醫寶鑑》
「細辛・蒲黄各5銭、杏仁・神麹各7銭半」作末し、杏仁膏で棗核大に丸め、緒でくるんで耳をふさぐ。
(ホウオウサン)
蒲黄散
[1]《東醫寶鑑》
「蒲黄・滑石」を各等分に作末し、毎2銭を卵で服用。
[2]《証治準縄》《中薬臨床応用》
「蒲黄・冬葵子・地黄(生)各15g」細末にし毎回3gを水煎服。
(ホウコウエイトウ)
蒲公英湯
[1-1]《奥劣斎》《漢方後世要方解説》
「蒲公英8、当帰6、山薬4、香附子・牡丹皮各3」
[1-2]《奥劣斎》
「蒲公英1銭6分、当帰1銭、莎草5分、牡丹皮2分、薯蕷7分」
[1-3]《奥劣斎》《漢方治療の実際》
「蒲公英8、当帰6、香附子・牡丹皮各3、山薬4」
(ホハイサン)
蒲灰散
《金匱要略》
「蒲灰7分、滑石2分」
右二味、杵為散、飲服方寸匕、日三服。
(ホアンビャクジュツサン)
保安白朮散
《東醫寶鑑》
「白朮・黄各等分」切って瓦上で炒り、作末して、毎回3銭に「姜3、棗1」を入れ煎服。
(ホアンバンレイタン)
保安万霊丹
《外科正宗》
「茅朮8両。全蠍・石斛・当帰・甘草・明天麻・・活・防風・北細辛・川烏(湯に漬けて皮を去る9・何首烏各1両、明雄黄6銭」以上を細末にし、蜜丸にする。薬1両ごとに4丸とするのと、1両を6丸にするのと,1両を9丸にしろのと3種類ある。朱砂6銭を細末にして衣とし、磁器のカメに貯蔵。患者の年齢・老壮と病勢の緩急によって、加減して用いる
(ホカンサン)
保肝散
《万病回春》《東醫寶鑑》
・当帰・地骨皮・蒼朮・白朮・密蒙花・活・天麻・薄荷・柴胡・藁本・石膏・木賊・連翹・細辛・桔梗・防風・荊芥・甘草各5分、梔子・白各3分」水煎し食後服用。
(ホゲンサイギャクイン)
保元截瘧飲
《古今方彙》
「黄蓍・白朮・当帰・柴胡・檳榔子・常山・知母・貝母・半夏各1銭、陳皮7分、人参・升麻各5分、甘草(炙)3分、生姜、大棗」水煎温服。
(ホゲントウ)
保元湯
《景岳全書》
「黄蓍9g、党参9g、甘草3g、肉桂2g」水煎服。
《医方啓蒙》
「黄蓍2銭、人参1銭、甘草5分」水姜煎。
《博愛心監》《古今方彙》
「人参2銭、黄蓍3銭、甘草1銭、生姜」水煎。
(ホサントウ)
保産湯
《中薬臨床応用》
「杜仲9g、続断9g、菟絲子6g、桑寄生9g」
(ホシントウ)
保真湯
《東醫寶鑑》
「当帰・生乾地黄・白朮・人参・黄蓍(蜜炒)各1銭、赤芍薬・甘草(炙)各8分半、天門冬・麦門冬・陳皮・白芍薬・知母(炒)・黄柏(炒)・五味子・柴胡・地骨皮・熟地黄各3分半、蓮心・赤茯苓・白茯苓各6分」作し、「姜3、棗2」を入れて吸い煎服。
(ホセイタン)
保生丹
《東醫寶鑑》
「南星(炮)2銭半、朱砂・牛黄・活各1銭2分半、麝香6分、蝎梢7枚、白蚕3枚」作末し棗肉で緑豆大の丸剤。2丸を薄荷湯で服用。
(ホセイトウ)
保生湯
《東醫寶鑑》
「白朮・香附子・烏薬・橘紅各2銭、人参・甘草各1銭、姜3」水煎服。
《寿世保元》《古今方彙》
「人参、烏梅、香附子、甘草(炙)、陳皮、生姜」水煎し徐々に温服。
(ホセイトウ)
保精湯
《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・・白芍薬・生地黄姜汁炒・麦門冬・黄柏(酒炒)・知母(蜜炒)・黄連姜汁炒・梔子童便炒・乾姜炒黒・牡蛎蝦・山茱萸肉各5分を煎じて空腹時に服用する。
(ホジュドウケイケンホウ)
保寿堂経験方
「石膏、防風、荊芥、細辛、白」
(ホタイイン)
保胎飲
《医学入門》《古今方彙》
「当帰・・芍薬・熟地黄・半夏・茯苓・甘草・白朮・黄蓍・阿膠・葉・地楡各7分、生姜」煎服。
(ホチュウトウ)
保中湯
《東醫寶鑑》
「白朮(土炒)2銭、黄・黄連(並土炒)・香・梔子(姜汁炒)各1銭、半夏・陳皮・赤茯苓各8分、縮砂3分、甘草2分」作して1貼に「姜3片」入れ吸いに黄土泥を混ぜて澄清水を取って煎じ、滓を去り、少し冷やしてたびたび飲む。
《万病回春》《古今方彙》
「香梗・白朮・黄(土炒)・山梔子(姜汁炒)各5分、砂仁3分、黄連(土炒)1銭、半夏・茯苓・陳皮各8分、甘草2分、生姜」長流水に嬌泥)を和して澄清して煎じ、やや冷やし頻ちに服す。
(ホメイサン)
保命散
《東醫寶鑑》
「枯白礬・朱砂各1銭、馬牙硝5銭」作末し毎回2銭の白鵝糞を搗いて調合し、舌に1日3回塗る。
(ホメイショウジオウサン)
保命生地黄散
《東醫寶鑑》
「生地黄・熟地黄・枸杞子・地骨皮・天門冬・白芍薬・黄蓍・柴胡各1銭、黄・黄連・甘草各5分を水で煎服。
(ホヨウカフウタン)
保幼化風丹
《東醫寶鑑》
「南星・半夏・川烏・白附子各1両、欝金5銭」作末し朧月の黄牛胆の中に入れて100日間陰干しし、細末して毎回1両に「雄黄・朱砂・砂糖・焔硝各1銭、片脳・麝香少し」入れて作末し、蜜で豌豆大の丸剤。燈心薄荷湯で1~2丸服用。
(ホレイタン)
保霊丹
《東醫寶鑑》
「朱砂1両、山豆根5銭、雄黄・黄丹・麝香・黄薬子・続膸子(去皮)・巴豆(去皮)(油は捨てない)・斑猫(去頭・足・翅)各2銭半、赤石蜈蚣(生)1条、赤石蜈蚣(火を入れて糯米で半生に炒る)1条」作末し、粥を作り、これを端午・重陽・朧日に修製作末し、犬・鶏・婦人に見せず、糯米の糊で実大に作丸し、陰干しして貯蔵して置いて、各1丸をそのまま呑み下すと薬丸が凝血と共に下るが、これを捨てずに水で洗っておいて、そのあと又使う。
(ホワガン)
保和丸
[1]《丹渓心法》【中成薬】
「山子・神麹・半夏・茯苓・陳皮・連翹・子・麦芽」1回9~12gを湯or麦芽湯で服用。
[2]《東醫寶鑑》
「山肉1両、半夏(薑製)・蘿葡子(炒)・黄連(炒)・陳皮各5銭、神麹(炒)3銭、麦芽(炒)2銭」作末し神麹糊で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸飲む。
[3]《東醫寶鑑》
「白朮5両、陳皮・半夏・茯苓・神麹・山肉各3両、連翹・香附子(酒炒)・厚朴・蘿葡子(炒)各2両、枳実・麦芽・黄連(酒炒)・黄(酒炒)各1両」作末し、姜汁糊で梧子大の丸剤。茶湯で50~70丸飲む。
(ホワトウ)
保和湯
《東醫寶鑑》
「知母・貝母・天門冬・款冬花各1銭、麦門冬・天花粉・苡仁・杏仁・五味子各7分、馬兜鈴・紫・百合・桔梗・阿膠・当帰・生乾地黄(炒)・甘草(炙)各3分半、紫蘇葉・薄荷各2分」作し、1貼に姜3片を入れ煎じて半分ぐらいになったら滓を去り、飴糖を大匙1杯入れ、1日3回食後服用。
(ホウカサン)
蜂窩散
《東醫寶鑑》
「露蜂房・白藜・川椒・葉・葱根・荊芥・細辛・白各1銭」水煎し、熱いうちにうがいし、冷えたら吐き出す。
(ホウキョウガン)
蜂薑丸
《東醫寶鑑》
「便香附・白蚕(炒)・海蛤粉・露蜂房・杏仁・神麹」各等分。作末し姜汁・竹瀝に蜜を入れて桜桃大に丸めて呑む。
(ホウボウコウ)
蜂房膏
《太平聖恵方》
「露蜂房、蛇退、玄参、蛇床子、黄蓍、杏仁、乱髪霜、鉛丹、」
(ホウシャゲン)
硼砂元
《東醫寶鑑》
「寒水石2両、硼砂5銭、馬牙硝1銭、竜脳・麝香各5分」作末し甘草5銭を汁を出して薬末で煎じて膏を作り、実大に丸めて呑み、又末を塗る。
(ホウシャサン)
硼砂散
[1]《東醫寶鑑》
「硼砂・琥珀・赤茯苓・蜀葵子・陳橘皮各3銭」作末し、2銭を「葱白2茎、麦門冬21粒、蜜2匙」を煎じた湯で空腹時に服用。
[2]《東醫寶鑑》
「硼砂・馬牙硝・滑石・寒水石各5銭、竜脳・白礬各3銭」細末にし水で半銭を服用。
(ホウヨウガン)
抱甕丸
《東醫寶鑑》
「芫花・呉茱萸・川烏・秦・柴胡・白蚕・巴戟・巴豆」各等分。作末し、蜜で梧子大の丸剤。蜜酒で呑む。
(ホウリュウガン)
抱竜丸
《銭乙方》
「天南星4両、竺黄1両、雄黄(水飛)5銭、辰砂5銭、麝香1銭」を末にし、甘草水で丸とする。
(ホウカンシャハクサン)
宝鑑瀉白散
《玉機微義》《古今方彙》
「桑白皮・地骨皮・知母・陳皮・桔梗各5分、細辛・青皮・黄・甘草(炙)各3分、生姜」水煎。
(ボウユウサン)
忘憂散
《東醫寶鑑》
「琥珀」作末し、毎回半銭を萱草根一握りの煎じ湯で調下する。
(ホウギョサイトウ)
膨魚鰓湯
《中薬臨床応用》
「膨魚鰓9g、麦門冬12g、沙参12g、人参葉9g、秦皮9g、竹茹12g、絲瓜絡9g、桔梗9g、北紫草9g」水煎服。
(ホウロウイッポウ)
崩漏一方
《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍・人参・・蒲黄・地楡各5分、白朮・当帰・白芍薬(酒)・熟地黄各1銭、升麻3分、香附子(炒黒)」水煎。
《寿世保元》《古今方彙》
「当帰・人参・黄蓍・阿膠・荊芥・黄(酒)・葉(醋)・梔子(黒)・地楡各1銭、蒲黄・黄連(酒)・白朮・生地黄各1銭半、7分、防風・白芍薬(酒)各8分、甘草3分、生姜、大棗」水煎、
(ボキガン)
戊己丸
《和剤局方》
「川黄連・呉茱萸・白芍薬」各等分を作末して、米を糊状に煮て、桐の実大の丸剤にし、1回に30丸服用。
《東醫寶鑑》
「黄連・呉茱萸・白芍薬」各等分に作末し、麺糊で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で50~70丸飲む。
(ボクオウガン)
朴黄丸
「厚朴・大黄・木香・陳皮」
(ボクソクトウ)
撲湯
《本朝経験》
「撲・大黄・忍冬・木通・防風・独活・・牛膝・附子」
《本朝経験》
「撲・大黄・忍冬・防風・独活・桂枝・甘草」
(ボクブガン)
墨附丸
《東醫寶鑑》
「四製香附子1斤、浄熟艾4両に醋1椀を入れ煎じて乾かしたら、石臼で搗いて餅をつくり、新しい瓦の上に乗せて(焙乾)し、白茯苓・当帰・・熟地黄・京墨火・紅醋淬各1両、木香5銭を作末して醋糊で梧子大に丸めて温酒で70~80丸呑み下す。
(ボタンゴトウサン)
牡丹五等散
《漢陰噫乗》
「牡丹皮・防風・黄柏・桂枝各1分、桃仁2分」作末し酒服。小児は乳に和して服用。
(ボタンサン)
牡丹散
《霊苑方》
⇒大黄牡丹皮湯《金匱要略》
《証治準縄》
「莪朮・牛膝・赤芍各3両。京三稜1両半。桂心・延胡索各1両。」を粗末にし、毎回3銭を、水酒各半杯で煎服。
《和剤局方》
「牡丹皮・乾漆・蘇木・莪朮・鬼箭羽・甘草・当帰・桂心・芍薬・延胡索・陳皮・紅花・烏薬・没薬」
(ボタントウ)
牡丹湯
《聖済総録》
「牡丹皮、赤芍薬、防風、甘菊花、、活、半夏、甘草、生姜、薄荷」
(ボタンピサン)
牡丹皮散
《太平聖恵方》
「大黄牡丹皮湯+木香・芍薬・敗醤」
《外科正宗》《古今方彙》
「人参・牡丹皮・白芍薬・茯苓・黄蓍・苡仁・桃仁・白・当帰・各1銭、木香3分、甘草・肉桂各5分」水煎食前服用。
(ボタンピトウ)
牡丹皮湯
《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・牡丹皮各1銭半、白芍薬・生乾地黄・陳皮・白朮・香附子各1銭、・柴胡・黄各7分、甘草4分」を水で煎服。
(ボバンタン)
牡礬丹
《東醫寶鑑》
「牡蠣粉・黄丹各2両、枯白礬4両」作末し、就寝時に痒いとこるに塗る。
(ボレイガン)
牡蛎丸
《証治準縄》
「牡蠣、阿膠、鹿角膠、当帰身、続断、乾姜、赤石脂、代赭石」
(ビレイサン)
牡蛎散
[1-1]《医方集解》
「牡蛎・麻黄根・黄蓍・小麦」
[1-2]《三因極一病証方論》《中薬臨床応用》
「牡蛎()15g、黄蓍12g、麻黄根6g、浮小麦18g」水煎服。
[1-3]《東醫寶鑑》
「牡蛎()・黄蓍・麻黄根」各等分に作
[2]《東醫寶鑑》
「牡蠣蝦・麻黄根・黄蓍・知母各1両を作末して浮小麦を煎じた湯で2銭づつ服用する。切って煎じて飲んでも良い。
丹渓の自汗の治法は防風・黄蓍・白朮・牡蠣粉・麻黄根を各等分にして水で煎服。
(ボレイタクシャサン)
牡蠣澤瀉散
[1-1]《傷寒論》
=「牡蛎沢瀉散」
「牡蠣(熬)・澤瀉・蜀漆(煖水洗去腫)・子(熬)・商陸根(熬)・海藻(洗去腥)・楼根各等分」右七味、異擣、下篩為散、更於臼中治之、白飲和服方寸匕、日三服。小便利、止後服。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「牡蠣・沢瀉・括呂根・蜀漆・子・商陸・海藻各3」
(ボレイトウ)
牡蠣湯
《金匱要略》
「牡蠣(熬)4両、麻黄(去)4両、甘草2両、蜀漆3両」
右四味、以水八升、先煮蜀漆、麻黄、去上沫、得六升、内諸薬煮取二升、温服一升。若吐、則勿更服。
(ボレイホントントウ)
牡蛎奔豚湯
《外台秘要方》
「牡蛎3両、桂心8両、李根白皮1斤、甘草2両」
(ホンジホウヨウカンゲン)
本事方羊肝元
《東醫寶鑑》
「白羯羊肝の子肝を薄く切って瓦の上で焼いて「熟地黄1両半、菟絲子・決明子・車前子・地膚子・五味子・枸杞子・蔚子・苦子・青子・仁・麦門冬・沢瀉・防風・黄・白茯苓・桂心・杏仁・細辛各1両」を蜜で梧子大の丸剤。温水で30~50丸、1日3回飲む。
(ホンポウシャクヤクトウ)
本方芍薬湯
《活法機要》《古今方彙》
「芍薬2銭、当帰・黄・黄連各1銭、大黄7分、肉桂・木香・檳榔子・甘草各5分」水煎。
(ホンポウジンリョウビャクジュツサン)
本方参苓白朮散
《和剤局方》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・山薬・甘草各2両、白扁豆1両半、蓮肉・桔梗・苡仁・縮砂各1両」細末にし毎服2銭、棗湯にて調下。
(ホンポウリュウタンシャカントウ)
本方竜胆瀉肝湯
《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「柴胡(梢)、沢瀉、車前子、木通、生地黄、当帰、竜胆」水煎。
(ホントンガン)
奔豚丸
《東醫寶鑑》
「厚朴7銭、黄連5銭、川楝子3銭、白茯苓・沢瀉・菖蒲各2銭、延胡索1銭半、全蝎・附子・独活各1銭、川烏・丁香・巴豆霜各5分、肉桂2分」作末し蜜で梧子大の丸剤。塩湯で呑む。
(ホントントウ)
奔豚湯
[1-1]《金匱要略》
「甘草・・当帰各2両、半夏4両、黄2両、生葛5両、芍薬2両、生姜4両、甘李根白皮1升」
右九味、以水二升、煮取五升、温服一升、日三、夜一服。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「甘草・・当帰・黄・芍薬各2、半夏・生姜各4、葛根5、李根皮8」
[2-1]《肘後備急方》
「桂枝3両、半夏1升、人参2両、呉茱萸1升、甘草2両、生姜1升」
[2-2]《備急千金要方》
「奔豚湯《肘後備急方》」に同じ。
[3]《広済》
「李根皮8両、半夏7両、乾姜4両、茯苓3両、人参2両、甘草2両、附子1両、桂心2両」《雑病翼方》
[4]《東醫寶鑑》
「半夏2銭、・当帰各1銭半、甘李根皮・乾葛各1銭、黄・芍薬・甘草各7分、姜3、棗2」水煎し空腹時に服用。
[5]《医学入門》《古今方彙》
「乾葛6分、・当帰・半夏各1銭、黄・甘草各5分、李根皮(桑白皮代用可)6分、生姜」水煎。
(ボンエントウ)
盆炎湯
《中薬臨床応用》
「白花蛇舌草45g、両面針9g、穿破石15g」水煎服



関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬