ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(ふ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)







(ブイガン)
蕪丸
《銀海精微》
「蕪・黄連・神麹・麦芽」各等分。小麦粉で練り緑豆大の丸薬にし、毎服10~15丸、重湯で服用。
(ブイサン)
蕪散
《東醫寶鑑》
「蕪・雷丸各5銭、乾漆(炒って煙りがなくなった)1銭」作末し温水で2銭調服。小児は半銭。
(ブイトウ)
蕪湯
《中薬臨床応用》
「蕪6g、榧子7粒、檳榔子9g、黄連2.5g、木香5g」水煎服。
(フウイントウ)
風引湯
[1-1]《金匱要略》
「大黄・乾姜・龍骨各4両、甘草・牡蠣各2両、寒水石・滑石・赤石脂・白石脂・紫石英・石膏各6両」
右十二味、杵、篩(ソシ、荒くふるい)、以韋嚢盛之。取三指撮、井花水三升、煮三沸、温服一升。
◎寸口脉遅而緩、遅則為寒。榮緩則為亡血、衛緩則為中風。邪氣中經、則身痒而疹、心氣不足、邪氣入中、則胸満而短氣。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「大黄・乾姜・竜骨各4.0g、桂枝3.0g、甘草・牡蠣各2.0g、寒水石・滑石・赤石脂・白石脂・紫石英・石膏各6.0g」
粉末とし1回分1.0gを汲み立ての井戸水120ccで煮て3回ほど沸騰したら火から下ろし40ccを服用。
[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄・乾姜・龍骨各4、桂枝3、甘草・牡蠣各2、寒水石・消石・赤石脂・白石脂・紫石英・石膏各6」
以上を細末して混和し、1日量9をとり、水150ccに入れ2、3沸騰させ、滓を去らずに、これを3回に分服する。
(フウカンガン)
風疳丸
《東醫寶鑑》
「青黛・黄連・天麻・五霊脂・夜明砂・・蘆薈各2銭、草竜胆・防風・蝉退各1銭半、全蝎2枚、乾蟾頭3銭」作末し猪胆汁で麻子大の丸剤。薄       
(フウシツイッポウ)
風湿一方
《中薬臨床応用》
「半楓荷30g、当帰12g、熟地黄15g、独活12g、桑寄生24g、鶏血藤24g」水煎服。
(フシツシンツウホウ)
風湿身痛方
《中薬臨床応用》
「鹿蹄草15g、活6g、防風6g、合歓皮12g、木瓜6g、蒼朮6g、紅棗9g」水煎服。
(フシツニホウ)
風湿二方
《中薬臨床応用》
「松節12g、半楓荷30g、鶏骨香12g、豆姜9g、当帰12g、熟地黄15g」水煎or(酒浸)して服用。
(フウテイサン)
風蔕散
《東醫寶鑑》   
「瓜蒂(炒)・赤小豆」各等分に作末し、各2銭を温漿水で調下するが、吐くことを限度とする。
(フウゾクコクトウ)
風栗殻湯
《中薬臨床応用》
「風栗殻6g、牛蒡子9g、桔梗9g、夏枯草12g、甘草節9g」2杯の水で7分目まで煎じ、1回で服用。毎日1剤で、3剤服用後に玄参牡貝湯に代える。
(フエンサン)
赴宴散
《東醫寶鑑》
「五倍子1両、黄柏(蜜炒紫色)・滑石各5分」作末し、毎回半銭を口内に塗る。
(ムシャサン)
無射散
《東洞家塾方》
「牡蛎・鹿角霜・軽粉各5分」
(フカンキンショウキサン)
不換金正気散
[1-1]《和剤局方》《勿誤薬室方函口訣》
「蒼朮・厚朴・橘皮・甘草・半夏・香各等分」
[1-2]《和剤局方》《中薬臨床応用》
「香6g、蒼朮9g、厚朴6g、製半夏9g、陳皮6g、甘草3g」細末にし1回9gを「生姜1g、大棗3g」の煎汁で服用。
[1-3]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「半夏6、蒼朮4、厚朴・陳皮各3、大棗・生姜各2、香1、甘草1.5」
[1-4]《東醫寶鑑》
「蒼朮2銭、厚朴・陳皮・香・半夏・甘草各1銭、姜3、棗2」水煎服。
[1-5]《和剤局方》《古今方彙》
「厚朴・陳皮・香・半夏・蒼朮各1銭、甘草半減、生姜、大棗」水煎。
[1-6]《和剤局方》《漢方治療の実際》」
「朮4、厚朴・陳皮・大棗・生姜各3、半夏5、甘草1.5、香1」
[1-7]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「厚朴・陳皮・香・半夏各3.5g、甘草1.5g、大棗2.0g、干姜1.0g」
(フカンキンタン)
不換金丹
《東醫寶鑑》
「薄荷3両、荊芥穂・白蚕・防風・元麻・甘草角1両、川烏(生)・白附子・活・細辛・・蝎梢・香各5銭」作末し蜜で弾子大の丸剤。
(フガサン)
不臥散
《東醫寶鑑》
=「青黛散」
「延胡索7枚、青黛2銭、猪牙角2両」作末し水でかき混ぜ、杏仁大の団子に作り、仰臥させて竹管で、男は左・女は右の鼻の中に入れ、薬が喉中に入って酸味を感じたら、起きて銅線1箇をくわえていると、ツバが出てきたらすぐ治る。
《東醫寶鑑》
1両半、石膏7銭半、藜蘆5銭、甘草(生)1銭半」細末にし口中に水を含み、1字(2銭半)を鼻中に吹き入れる。
(フジイン)
不二飲
《東醫寶鑑》
=「止瘧散」
「鶏心檳榔(雌雄)各2銭、常山・知母・貝母各等分を作1貼し、酒1鍾子で8分まで煎じ、あまり熱くしないで、一晩露に当て、発作が起きたとき五更に温服。
《万病回春》《古今方彙》
「常山、檳榔子、知母、貝母、生姜、桃脳」水煎し酒(少許)入れ一宿を露し発する日に臨み、、五更に温服す。午間(ひるま)は滓を再煎し服す。
(フショウバクロトウイセンザイ)
浮小麦櫓豆衣煎剤
《中薬臨床応用》
「浮小麦・櫓豆衣 各9g」200ccの水で、100ccまで煎じる。1日2回50mlずつ服用。
(フクゲンカケツトウ)
復元活血湯
《医学入門》《古今方彙》
「当帰、柴胡、穿山甲、甘草、紅花、括楼根、大黄(酒)、桃仁(泥)」水酒にて煎服。利するを以て度となす。
《医方発明》
「柴胡・瓜根・当帰・紅花・桃仁・穿山甲・大黄・甘草」
《医方発明》《中薬臨床応用》
「桃仁6g(打砕)、紅花6g、柴胡6g、穿山甲(炮)1.5g、大黄(酒炒)3g、当帰尾6g、天花粉3g、甘草2.5g」水煎服。
《東醫寶鑑》
「大黄2銭半、当帰1銭7分、柴胡1銭半、穿山甲(炒末)・瓜根・甘草各1銭、桃仁(炒)10箇、紅花5分」切って酒と水半々で煎服。
(フクゲンツウキサン)
復元通気散
《東醫寶鑑》
「白丑頭末2両、茴香(炒)・穿山甲各1両半、陳皮去白・延胡索・甘草(炙)各1両、木香5銭を細末にして毎2銭づつ姜湯または温酒で服用する。
(フクゲンタン)
復元丹
[1-1]《三因極一病証方論》
「附子2両、木香・茴香・蜀椒・独活・厚朴・蒼朮・橘皮・呉茱萸・桂枝各1両、沢瀉1両半、檳榔・肉豆各半両」
[1-2]《東醫寶鑑》
「沢瀉(略炒)・附子(炮)2両、木香・茴香(炒)・川椒・独活・厚朴・白朮(略炒)・橘皮・呉茱萸・桂心各1両、肉豆()・檳榔各5銭」作末し糊で梧子大の丸剤。紫蘇湯で50丸飲む。
(フクゲントウ)
復元湯
《寿世保元》《古今方彙》
「附子(熟)・乾姜(炮)・甘草・人参・五味子・麦門冬・黄連・知母・芍薬・ 生姜・大棗・葱白」温服。
(フクゲンヨウエイトウ)
復元養栄湯
《寿世保元》《古今方彙》
「人参1銭半、酸棗仁・黄蓍・白芍薬(酒)・当帰・地楡・白朮各1銭、荊芥8分、遠志5分、甘草3分、大棗」水煎。
(フクショウトウ)
復正湯
《寿世保元》《古今方彙》
「烏薬・防風・荊芥・細辛・黄・白芍薬(酒)・天麻・当帰・・白朮・茯苓・陳皮・半夏・枳殻・白・桔梗・白蚕・甘草・生姜」水煎。
(フクソウトウ)
復聡湯
《東醫寶鑑》
「半夏・赤茯苓・陳皮・甘草・蓄・木通・瞿麦・黄柏(塩炒)各1銭、姜3片」水煎服。
(フクミャクトウ)
復脈湯
《東醫寶鑑》
=「炙甘草湯」
「甘草(炙)2銭、生乾地黄(酒炒)・桂皮・麻子仁・麦門冬各1銭半、人参・阿膠珠各1銭、姜5、棗3、水2分、酒1分」煎じて半分になったら滓をさり、阿膠を入れ、再び煎じて1日3回温服。
(フクヨウタン)
復陽丹
《東醫寶鑑》
「澄茄・木香・呉茱萸・全蝎・附子(炮)・硫黄各5銭、乾姜1銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。姜湯Dせ30丸飲み、再び熱酒を人で汗を出す。
複方蒼耳子湯 《中薬臨床応用》
「蒼耳子15g、辛夷9g、金銀花9g、茜草根6g、菊花9g」水煎し、蜂蜜or砂糖を加えて服用。
(フクホウハンミョウソカプセル)
複方斑素カプセル
《中薬臨床応用》
「cantharidin 1mg、呉茱萸50mg、姜半夏50mg、山薬粉100mg、白粉100mg]
(フクホウロシャトウ)
複方砂湯
《中薬臨床応用》
「砂120g、昆布60g、海藻30g、烏梅30個」400~500‹のシロップにして、1日4回、15‹づつ服用。全量が1クール。
(フクツウイッポウ)
腹痛一方
《医宗必読》《古今方彙》
「黄連3銭、山梔子1銭半、陳皮・白豆各1銭、木香・釣藤鈎各8分、肉桂2銭、姜汁半鐘」
(ブクリュウカンサン)
伏竜肝散
《東醫寶鑑》
・葉各1銭半、伏竜肝1銭、赤石脂・麦門冬各7分、当帰・乾姜・熟地黄・肉桂各5分、棗2枚」煎服する。又は作末し米飲で2銭づつ服用。
(ブクリュウカンセン)
伏竜肝煎
《漢方治療の実際》
=「伏龍肝煎」
「伏竜肝(黄土)4」を器に入れ水400‹を加えて、良くかき混ぜ、静置しておき、その上澄液をとり、この水で小半夏加茯苓湯を煎じる。
《備急千金要方》
「伏竜肝・生姜・地黄各1両半、甘草・葉・赤石脂・桂枝各6銭」
《備急千金要方》
「黄土湯朮附+乾姜・牛膝・地楡・髪灰」
《三因極一病証方論》
「黄土湯附子」
(ブクリュウサン)
伏龍散
《普済本事方》
「多年堊壁土、土爐中土、伏竜肝」
(ブクリョウガン)
伏梁丸
《東醫寶鑑》
「黄連1両半、厚朴・人参各5銭、黄・桂皮・茯神・丹参各1銭、乾姜菖蒲・巴豆霜・川烏各5分、紅豆2分」作末し蜜で梧子大の丸剤。黄連湯で、初め2丸を飲み、1日1丸づつ増やし便が出たら、徐々に減らして、塊が小さくなったら止める。
(ブクシンサン)
茯神散
《証治準縄》《古今方彙》
「茯神1両、遠志・黄連・沙参各半両、人参・石菖蒲・羚羊角各7銭半、赤小豆49粒、甘草2銭半」水煎。
《万病回春》《古今方彙》
「茯神1銭半、茯苓・人参・菖蒲根各1銭、赤小豆5分」水煎。
《東醫寶鑑》
「茯神・生乾地黄・白芍薬・・当帰・桔梗・白茯苓・遠志姜製を作末して毎2銭を水2盃、燈心1銭、棗2枚と煎服。
(ブクシントウ)
茯神湯
《医学入門》《古今方彙》
「茯神、白朮、当帰、酸棗仁、人参、黄蓍、黄柏、甘草、燈心草」煎じ、先づ朱砂末を用いて舌上に点じ後に此湯を以て送下する。
《証治準縄》《古今方彙》
「茯神1銭半、遠志・酸棗仁各1銭2分、石菖蒲・人参・茯苓各1銭、黄連・生地黄各8分、当帰1銭、甘草4分、蓮肉7枚」水煎。
《東醫寶鑑》
「茯神・人参・遠志・通草・麦門冬・黄蓍・桔梗各7分、五味子・甘草各3分、姜2片」水煎服。
(ブクトガン)
茯菟丸
《和剤局方》
「菟絲子、五味子、石蓮子、白茯苓、山薬」
《証治準縄》
「菟絲子、白茯苓、石蓮子」
(ブクリョウイン)
茯苓飲
[1-1]『外臺』《金匱要略》
「茯苓・人参・白朮各3両、枳実2両、橘皮2両半、生姜4両」
右六味、水六升、煮取一升八合、分温三服、如人行八九里進之。
◎治心胸中有停痰宿水、自吐出水後、心胸間虚、氣満不能食、消痰氣、令能食。
[1-2]《外台秘要方》《中薬臨床応用》
「茯苓9g、白朮9g、党参9g、生姜5g、枳実6g、陳皮5g」水煎服。
[1-3]『外臺』《金匱要略》《漢方治療の実際》
「茯苓5、朮4、人参・生姜・陳皮各3、枳実1.5」
(ブクリョウインシ)
茯苓飲子
《東醫寶鑑》
「半夏製・赤茯苓・茯神・麦門冬・陳皮去白各1両、沈香屑・檳榔・甘草各5銭を切って毎7銭づつの貼をつくり、姜5片を入れて水で煎服。
(ブクリョウジュウエントウ)
茯苓戎塩湯
《金匱要略》
=「茯苓戎鹽湯」
「茯苓半斤、白朮2両、戎鹽(弾丸大)1枚」
◎小便不利、蒲灰散主之、滑石白魚散、茯苓戎鹽湯並主之。
(ブクリョウガン)
茯苓丸
《素女方》
「茯苓2両(消化不良加一倍)、附子(炮)2両(有風三分加一)、山茱萸3両(身癢三分加一)、杜仲2両(腰痛三分加一)、牡丹2両(腹中遊氣三分加一)、澤瀉3両(有水氣三分加一)、薯蕷3両(頭風加一倍)、桂心6両(顔色不足三分加一)、細辛3両(両目視三分加一)、石斛2両(陰湿癢三分加一)、肉蓉3両(身痿三分加一)、黄蓍4両(體痛疼三分加一)」 (三分加一=1/3を増加)
右十二味、搗篩蜜和丸如梧桐子先食服七丸日二服忌生葱生菜緒肉冷水大酢胡等物。
茯苓甘草湯 [1-1]《傷寒論》
「茯苓2両、桂枝(去皮)2両、甘草(炙)1両、生姜(切)3両」
右四味、以水四升、煮取二升、去滓、分温三服。
◎傷寒、汗出而渇者、五苓散主。不渇者、茯苓甘草湯主之。
◎傷寒厥而心下悸、宜先治水、當服茯苓甘草湯、却治其厥、不爾、水漬入胃、必作利也。茯苓甘草湯。
《傷寒論》辨厥陰病脉證治第十二
[1-2]《傷寒論》
「茯苓2両、桂枝2両、甘草(炙)1両、生姜1両」
右四味、以水四升、煮取二升、去滓、分温三服。
◎傷寒、汗出而渇者、宜五苓散。不渇者、属茯苓甘草湯。
《傷寒論》辨発汗後病脉證治第十七。
[1-3]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓・桂枝各2.0g、甘草1.0g、干姜1.0g」
水160ccを以て煮て80ccに煮詰め3回に分服。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「茯苓6、桂枝4、生姜3、甘草1」
(ブクリョウカンチュウト)
茯苓緩中湯
《肘後備急方》
「桂枝湯+黄・茯苓・枳実」
(ブクリョウケイシカンゾウタイソウトウ)
茯苓桂枝甘草大棗湯
《傷寒論》
=「苓桂甘棗湯」
(ブクリョウケイカントウ)
茯苓桂甘湯
《東醫寶鑑》
「茯苓6銭、桂枝4銭、甘草(炙)2銭」作1貼し「棗5枚」入れ、甘爛水 で先に茯苓飲苦両を煎じ2分ぐらい減ったら余薬を入れ、1鍾子ぐらいに なったら、滓を去り、1日3回服用。
(ブクリョウキョウニンカンゾウトウ)
茯苓杏仁甘草湯
[1-1]《金匱要略》
「茯苓3両、杏仁50箇、甘草1両」
右三味、以水一斗、煮取五升、温服一升、日三服。
◎胸痺、胸中氣塞、短氣、茯苓杏仁甘草湯主之、橘枳薑湯亦主之。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「茯苓6、杏仁4、甘草1」
(ブクリョウコウ)
茯苓膏
《素女方》
=靈膏《千金翼方》
「茯苓(浄去皮)、松脂24斤、松子人・柏子人各12斤」
(ブクリョウコハクサン)
茯苓琥珀散
《宝鑑》《東醫寶鑑》
「沢瀉1両、滑石7銭、赤茯苓・白朮・琥珀・猪苓各5銭、肉桂・甘草(炙)各3銭」を作末して毎3銭づつ水で一杯調下する。
(ブクリョウゴミシサン)
茯苓五味子湯
《東醫寶鑑》
「赤茯苓2銭、桂心・甘草各1銭半、五味子1銭2分」を水で煎服。
(ブクリョウサケイトウ)
茯苓佐経湯
《外科正宗》《古今方彙》
「茯苓・陳皮・半夏・白朮・蒼朮各1銭、香・沢瀉・甘草・葛根・柴胡・厚朴・木瓜各5分、生姜」水煎。
(ブクリョウサン)
茯苓散
《素女方》
「茯苓・鍾乳(研)・雲母粉・石斛・菖蒲・柏子人・菟絲子・続断・杜仲・天 門冬(去心)・牛膝・五味子・澤瀉・遠志(去心)・甘菊花・蛇床子・薯蕷・ 山茱萸・天雄(炮)・石葦(去毛)・乾地黄・蓉(並)等分。」
右二十味、擣篩以蜜和丸如梧桐子
(ブクリョウシギャクトウ)
茯苓四逆湯
[1-1]《傷寒論》
「茯苓4両、人参1両、附子(生用去皮破8片)1枚、甘草(炙)2両、乾姜1 両半」
右五味、以水五升、煮取三升、去滓、温服七合、日二服。
◎発汗、若下之、病仍不解、煩躁者、茯苓四逆湯主之。
《傷寒論》辨太陽病脉證治中第六。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓4.0g、人参1.0g、附子(生)0.3g、甘草2.0g、乾姜1.5g」
水200ccを以て120ccに煮詰め1回に30ccづつ2回に分服
[1-3]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「茯苓4、甘草・乾姜・人参各3、附子0.6」
(ブクリョウシシインチントウ)
茯苓梔子茵湯
《衛生宝鑑》《古今方彙》
「茵1銭、茯苓5分、山梔子・蒼朮・白朮各3分、黄6分、黄連・枳実・猪苓・沢瀉・陳皮・防已各2分、青皮1分」水煎。
(ブクリョウシャシントウ)
茯苓瀉心湯
《外台秘要方》
「茯苓、半夏、黄、黄連、乾姜、人参」
(ブクリョウシンシツトウ)
茯苓滲湿湯
《医学正伝》《古今方彙》
「黄・黄連・山梔子・木防已・白朮・蒼朮・陳皮・青皮・枳実各4分、赤茯苓・沢瀉各5分、茵6分、猪苓1銭」水煎温服。
《寿世保元》《古今方彙》
「猪苓、沢瀉、蒼朮、白茯苓、陳皮、枳実、黄連、黄、山梔子、防已、茵、木通、生姜」水煎。
《東醫寶鑑》
=「茯苓除湿湯」
「茵2銭、赤茯苓・沢瀉・猪苓各1銭、黄連・黄・梔子・防已・白朮・ 蒼朮・陳皮・青皮・枳実各5分」水煎服。
(ブクリョウソ)
茯苓蘇
《素女方》
「茯苓5斤(灰汁煮十遍清水煮十遍)、松脂5斤(煮如茯苓法毎次煮四十遍)、 天門冬(生)5斤(去心皮暴乾作末)、牛酥3斤(錬三十遍)、白蜜3斤(煎令 沫盡)、3斤(錬三十遍)]
(ブクルオウゾウカコウ)
茯苓造花
《東醫寶鑑》
「白茯苓・蓮肉・山薬・仁各4両、白晩粳米2升、砂糖1斤」作末しこ ねて容器に入れ、竹刀で搗いて蒸し、晒し乾燥し服用。
(ブクロウタクシャトウ)
茯苓沢瀉湯
[1-1]《金匱要略》
=「茯苓澤瀉湯」
「茯苓半斤、沢瀉4両、甘草2両、桂枝2両、白朮3両、生姜4両」
右六味、以水一升、煮取三升、内沢瀉再煮取二升半、温服八合、日三服。
◎胃反、吐而渇、欲飲水者、茯苓沢瀉湯主之。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「附子(炮)8.0g、沢瀉・生姜各4.0g、甘草1.0g、桂枝2.0g、白朮3.0g」
水400ccを以て沢瀉以外の薬を煮て120ccに煮詰め沢瀉を入れて煮直して100ccに煮詰め3回に分服。
[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「茯苓・沢瀉各4、朮・生姜各3、桂枝2、甘草1.5」
(ブクリョウチョウケツトウ)
茯苓調血湯
《東醫寶鑑》
「赤茯苓1銭半、赤芍薬・・半夏麺各7分、前胡・柴胡・青皮
・枳穀・桔梗・桑白皮・白茅根・燈心・甘草各5分、姜5片、蜜
2匙を入れ水で煎服。
(ブクリョウトウ)
茯苓湯
《方読便覧》
「香蘇散《和剤局方》+茯苓・白朮・烏薬・木瓜」
《寿世保元》《東醫寶鑑》
「当帰・・白芍薬・熟地黄・白朮・赤茯苓・沢瀉・条・梔子(炒)・麦門冬・厚朴・甘草各7分、姜5片」水煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「赤茯苓・沢瀉・香附子・陳皮・桑白皮・大腹皮・乾姜各等分」水煎し、或いは、防已、棗肉を丸となすも亦好し。
《証治準縄》《古今方彙》
「赤茯苓・沢漆(葉微炒)・白朮各1両、桑白皮・黄・射干・防已・沢瀉各3両」を毎に5銭匕うぃ服し、先に水3盞を以て大豆1合を煎じて2盞を取り、渣を去り、薬を内に入れて煎じて1盞を取り、分ちて2服と為す。
《東醫寶鑑》
「赤茯苓・桑白皮各1銭半、防風・桂皮・・芍薬・麻黄各1銭」作1貼し「棗2枚」入れ水煎服。汗を出せば効く
(ブクリョウドウスイトウ)
茯苓導水湯
《医宗金鑑》
「木瓜・木香・檳榔・大腹皮・白朮・茯苓・
猪苓・沢瀉・桑白皮・紫蘇葉・縮砂仁・陳皮」
(ブクリョウハンゲトウ)
茯苓半夏湯
[1]《東醫寶鑑》
「半夏製3銭、赤茯苓2銭、姜7片」を水で煎服。
[2-1]《東醫寶鑑》
「半夏2銭、赤茯苓・陳皮・蒼朮・厚朴各1銭、香8分、縮砂・乾姜・甘草(炙)各5分、姜3、梅1」煎服。
[2-2]《万病回春》《古今方彙》
「茯苓・半夏・蒼朮・厚朴・陳皮各1銭、沙参5分、香8分、烏梅1個、乾姜・甘草各3分、生姜:水煎し徐々に温服。
[3]《東醫寶鑑》
「麦芽(炒)1銭半、白朮・白茯苓・半夏・神麹各1銭3分、橘紅・天麻各1銭、姜5片」水煎服。
(ブクリョウビャクジュツトウ)
茯苓白朮湯
[1-1]《仁斎直指方》
「苓姜朮甘湯+桂枝・蒼朮各等分」
[1-2]《東醫寶鑑》
「赤茯苓・蒼朮・白朮・乾姜・桂心・甘草各1銭」水煎服。
(ブクリョウホシントウ)
茯苓補心湯
[1-1]《婦人大全良方》
「当帰・・芍薬・地黄・枳実・半夏・茯苓・桔梗・蘇葉・柴胡・橘皮・葛根各7分、人参5分、木香5分、甘草3分、生姜」
[1-2]《東醫寶鑑》
「白芍薬2銭、熟地黄1銭半、当帰1銭3分、・白茯苓・人参・前胡・半夏各7分、陳皮・枳穀・桔梗・乾葛・紫蘇葉・甘草各5分、姜5片、棗7枚を入れて水で煎服。
[2-1]《備急千金要方》
「茯苓4両、桂枝2両、甘草2両、大棗20枚、紫石英1両、赤小豆24枚、人参1両、麦門冬3両」
[2-2]《万病回春》《古今方彙》
「茯苓・人参・白朮・当帰・生地黄・酸棗仁・白芍薬・麦門冬・陳皮・黄連各等分、甘草3分、烏梅1個、大棗2枚、浮小麦1撮」水煎、服するに臨み辰砂末5分を入れる。食遠に服す。
[2-3]《東醫寶鑑》
「白茯苓・人参・白朮・当帰・生地黄・酸棗仁(炒)・白芍薬・麦門冬・陳皮 ・黄連各1銭、甘草3分、朱砂5分(別に作末しておく)、棗2枚、烏梅1、 浮小麦100粒と煎服。
(ブケイトウ)
附桂湯
《医学入門》《古今方彙》
「附子3銭、肉桂1銭、黄柏・知母・升麻・甘草各5分、黄蓍1銭半、人参7分」水煎。
(ブシオンチュウトウ)
附子温中湯
《東醫寶鑑》
「附子(炮)・乾姜(炮)各1銭半、人参・白朮・白茯苓・白芍薬・甘草各1銭、 厚朴・草豆()・陳皮各6分」水煎し空腹時に服用。
(ブシガン)
附子丸
《東醫寶鑑》
「附子(炮)5銭、巴豆霜1銭、砒霜半銭」細研しで溶かして梧子大の丸剤
(ブシコウベイトウ)
附子粳米湯
[1-1]《金匱要略》
「附子(炮)1枚、半夏半升、甘草1両、大棗10枚、粳米半升」
右五味、以水八升、煮米熟湯成、去滓、温服一升、日三服。
◎腹中寒氣、雷鳴切痛、胸脇逆満、嘔吐、附子粳米湯主之。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「附子(炮)0.3g、半夏8.0g、甘草1.0g、大棗2.5g、玄米7.0g」
水320ccを以て煮て米が煮えたら滓を去り3回に分服。
[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「附子0.6、粳米6、半夏5、大棗3、甘草1.5」
(ブシサン)
附子散
[1]《東醫寶鑑》
「附子(大)1個」泥土で作った容器に入れ、四方を炙ると焼けてくる、すると水が出、その水が乾くと「生姜汁」をまた注いで火で炙り、作末して栗米飲で1銭を調下する。
[2]《東醫寶鑑》
「附子(炮)2銭半、桂心・当帰・白朮各2銭、半夏(製)・乾姜(炮)各1銭」作1貼し、「姜3片」を入れて水煎服。
(ブシサンシュユトウ)
附子山茱萸湯
《東醫寶鑑》
「附子(炮)・山茱萸各1銭半、半夏・肉豆各1銭2分半、木瓜・烏梅各1銭、丁香・香各7分、姜7、棗2」水煎服。
(ブシシャシントウ)
附子瀉心湯
[1-1]《傷寒論》
「大黄2両、黄連1両、黄1両、附子(炮去皮破別煮取汁)1枚」
右四味、切三味、以麻沸湯二升漬之、須臾絞去滓、内附子汁、分温再服。
◎心下痞、而復悪寒、汗出者、附子瀉心湯主之。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「大黄2.0g、黄連・黄各1.0g、附子(炮)0.6g(又は白川附子1.0g)」
[1-3]《傷寒論》《東醫寶鑑》
「大黄・黄・黄連各2銭、附子(炮)2銭<別煎汁を取る>」百沸湯に3味を入れ、しばらくして滓は捨て、附子汁で温服する。
[1-4]《傷寒論》《奥田謙蔵》
「大黄4.0、黄連・黄各2.0、附子2.0」
右四味、先づ沸湯六勺を以て三味を漬し、須臾にして絞り、滓を去り、別に水六勺を以て、附子を煮て二勺を取り、滓を去り、之を合して一回に温服す。
(ブシトウ)
附子湯
[1-1]《傷寒論》
「附子(炮・去皮破8片)2枚、茯苓3両、人参2両、白朮4両、芍薬3両」
右五味、以水八升、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。
◎少陰病、得之一二日、口中和、其背悪寒者、當灸之、附子湯主之。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「附子(炮)0.6g(又は白川附子1.0~2.0g)、茯苓・芍薬各3.0g、人参2.0g、白朮4.0g」
[1-3]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「熟附子片12g、白朮9g、党参12g、白芍薬6g、茯苓9g」水煎服。
[1-4]《東醫寶鑑》
「白朮4銭、茯苓・芍薬各3銭、附子(炮)・人参各2銭」水煎服。
[1-5]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「附子0.6、茯苓・芍薬各4、朮5、人参3」
[2-1]《備急千金要方》
「附子湯《傷寒論》+桂枝・甘草」
[2-2]《東醫寶鑑》
「附子(生)・白芍薬・桂皮・人参・白茯苓・甘草各1銭、白朮1銭半、姜7 片」水煎服。
[3]《聖済総録》
「桂枝加附子湯《傷寒論》+地黄」
(ブシリチュウトウ)
附子理中湯
[1-1]《和剤局方》《漢方治療の実際》
「理中湯(人参湯)+附子0.6」
[1-2]《東醫寶鑑》
「附子(炮)・人参・白朮・乾姜(炮)・甘草(炙)各1銭」水煎服。
[1-3]《和剤局方》《古今方彙》
「人参(去蘆)・附子(炮・去皮臍)・乾姜(炮)・甘草(炙)・白朮各3両」水1盞を以て7分に至り、空心食前にやや熱して服す。
[1-4]《閭氏小児方論》《中薬臨床応用》
「熟附子片6g、乾姜6g、党参15g、白朮9g、甘草(炙)3g」
[1-5]《仁斎直指方》
「理中湯+附子」
[2]《東醫寶鑑》
「附子(炮)・乾姜(炮)各1銭半、人参・白朮・白茯苓・白芍薬・甘草各1銭、厚朴・草豆()・陳皮各6分」水煎し空腹時に服用。
(フショウバクロトウイセンザイ)
浮小麦櫓豆衣煎剤
《中薬臨床応用》
「浮小麦、櫓豆衣」各9g、200‹の水を加え100‹まで煎じる。1日2回、50づつ服用。
(ブウンサン)
巫雲散
《東醫寶鑑》
「胆礬・五倍子・百薬煎・青枯桃皮・酸石榴皮・訶子皮・木瓜皮・猪牙角・何首烏・細辛各等分」作末し蜜で丸め、熱酒で延ばして貼る。
(ブシントウ)
巫神湯
[1-1]《原南陽》《漢方治療の実際》
「五苓散+木香・黄連各2、乾姜1」
[1-2]《原南陽》《医事小言》
「茯苓1銭、朮・猪苓・沢瀉・桂枝各5分、乾姜4分、黄連3分、木香1分」
[1-3]《原南陽》《漢方後世要方解説》
「茯苓6、白朮・猪苓・沢瀉・桂枝各3、乾姜・黄連各2、木香1」
[1-4]《原南陽》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓・沢瀉各4.0g、白朮・猪苓・桂枝・黄連各3.0g、乾姜2.0g、木香1.5g」
(フサイショウドクイン)
普済消毒飲
《李東垣》《外科正宗》
「黄・黄連・柴胡・桔梗・升麻・玄参・連翹・板藍根・馬勃・白彊蚕・牛蒡子・陳皮・薄荷・甘草」
(⇒消毒飲)《医方集解》《中薬臨床応用》
「板蘭根12g、黄9g、黄連6g、連翹9g、升麻3g、柴胡9g、牛蒡子9g、玄参9g、馬勃5g、白蚕6g、薄荷5(後下)、桔梗6g、陳皮6g、甘草3g」水煎服。
(フサイショウドコウインシ)
普済消毒飲子
《東醫寶鑑》
「黄(酒炒)・黄連(酒炒)各5銭、人参3銭、陳皮・桔梗・玄参・柴胡・甘草各2銭、鼠粘子・馬勃・板蘭根・連翹各1銭、升麻・白蚕各5分」作末し、半分は白湯で調合してときどき呑み、半分は蜜で梧子大の丸剤。
(フケイトウ)
艀経湯
《東醫寶鑑》
「姜黄2銭、当帰・海桐皮・白朮・赤芍薬各1銭、活・甘草各5」作して「姜3片」を入れて煎じ、沈香磨汁を少し入れて服用。
(フウサイガイ)
封臍艾
《東醫寶鑑》
「葉(陳)・蛇床子各1両、木子2箇」作末し水と混ぜ綿でくるんで臍の上に貼り付けて紙でそれをかこってアイロンがけする。
(フヒショウミャクサン)
扶脾生脈散
[1-1]《医学入門》
「人参・当帰・芍薬各1銭、黄蓍2銭、五味子5分、麦門冬5分、紫2銭、       甘草5分」
[1-2]《医学入門》《漢方治療の実際》
「人参・紫苑・黄蓍各2、五味子・甘草各1.5、当帰・芍薬各4、麦門冬6」
◎「生脈散+黄蓍・紫・白芍・当帰」
(フヨウジョイトウ)
扶陽助胃湯
《東醫寶鑑》
「附子(炮)2銭、乾姜(炮)1銭半、草豆・益智仁・白芍薬(酒炒)・人参・甘草(炙)・官桂各1銭、呉茱萸・白朮・陳皮各5分、姜3、棗2」水煎服。
(フロウリチュウサン)
扶老理中散
《備急千金要方》
「加味理中湯《備急千金要方》+附子」
「附子理中湯《仁斎直指方》+麦門冬・茯苓」
(ブッシュサン)
仏手散
[1]《東醫寶鑑》
「芒硝1両、白蚕5銭、甘草2銭半、青黛1銭」作末し、少しづつ喉中にふりかけ、重いときは竹管で吹き入れる。
[2]《東醫寶鑑》
「薄荷葉2両、芒硝1両、甘草7銭、桔梗・蒲黄各5銭、青黛2銭」作末し少しづつ竹管で吹き入れる。
(ブッシュハイショウトウ)
仏手敗醤湯
《中薬臨床応用》
「仏手柑30g、敗醤草9g」水煎服。1日1剤、3~4回に分けて温服。
(フヘイガン)
浮萍丸
《東醫寶鑑》
=「去風丹
「紫背浮萍を7月上旬に採取し、竹篩いで漉して酒で乾燥し、作末して弾子大の蜜丸。毎回1丸を豆淋酒で服用。」
(フヘイサン)
浮萍散
《万病回春》《古今方彙》
「浮萍、当帰、、荊芥、麻黄、甘草、赤芍薬」各2銭、水煎温服し汗を出す。
《万病回春》
「浮萍・当帰・・荊芥・麻黄・甘草・芍薬各2銭」
《東醫寶鑑》
=「水聖散」
「晩春の霜を受けた浮萍」採集して綺麗な瓦の上に広げて乾燥、瓦を1日1 枚づつ取り替え、陰干しにして細末し、水で肛門を綺麗に拭いた後、薬を 塗る。
(フワトウ)
敷和湯
《東醫寶鑑》
「半夏・五味子・枳実・白茯苓・訶子・乾姜(炮)・陳皮・甘草(炙)各1銭、棗2枚」水煎服。
(ブンキイン)
分気飲
《東醫寶鑑》
「桔梗・赤茯苓・陳皮・桑白皮・大腹皮・枳殻・半夏(麹)・蘇子(炒)・蘇葉各1銭、草果・甘草各5分作1貼し、姜3、棗2」水煎服。
(ブンキシソイン)
分気紫蘇飲
《医学入門》《古今方彙》
「紫蘇葉1銭6分、大腹皮・桑白皮・甘草・桔梗・草果・茯苓・五味子各2分、生姜」煎じ、塩(少許)入れて温服。
(ブンキホシントウ)
分気補心湯
《袖珍方》《古今方彙》
「大腹皮(炒)、香附子、茯苓、桔梗、、前胡、青皮、枳殻、甘草、細辛、木香、生姜、大棗」水煎。
(ブンショウトウ)
分消湯
[1-1]《万病回春》《和田泰庵方函》
「蒼朮2分5厘、茯苓6分5厘、橘皮3分、厚朴4分、枳実2分5厘、猪苓3分5厘、沢瀉4分、莎草5分5厘、大腹皮2分5厘、縮砂2分5厘、木香1分8厘、燈心草、生姜」右13味。
[1-2]《東醫寶鑑》
「蒼朮・陳皮・厚朴・枳実・赤茯苓各1銭、香附子・猪苓・沢瀉・大腹皮各8分、縮砂6分、木香3分、姜2、燈心1」水煎服。
[1-3]《万病回春》《漢方後世要方解説》
「蒼朮・白朮・茯苓各2.5、陳皮・厚朴・香附子・猪苓・沢瀉各2、枳実・大腹皮・砂仁・木香・燈心草・生姜各1」
[1-4]《万病回春》《古今方彙》
「蒼朮・白朮・厚朴・枳実・陳皮・茯苓各1銭、砂仁7分、木香3分、香附子・猪苓・沢瀉・大腹皮各8分、生姜、燈心草」水煎。
[1-5]《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「蒼朮・白朮・厚朴・枳実・陳皮・茯苓各3.0g、縮砂2.0g、木香1.0g、香附子・猪苓・沢瀉・大腹皮各2.5g、燈心1.5g、干姜0.5g」
[1-6]《万病回春》《漢方治療の実際》
「朮5、茯苓2.5、陳皮・厚朴・香附子・猪苓・沢瀉各2、枳実・大腹皮・縮 砂・木香各1、生姜3、燈心草2」
(ブンシンキイン)
分心気飲
[1-1]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「桂枝・芍薬・木通・半夏・青皮・陳皮・茯苓・活・桑白皮各2、燈心草・大腹皮・蘇葉・大棗・生姜・甘草各1.5」
[1-2]《東醫寶鑑》
「紫蘇葉1銭2分、甘草炙7分、半夏製・枳穀各6分、青皮・陳皮・木通・大腹皮・桑白皮・木香・赤茯苓・檳榔・莪朮・麦門冬・桔梗・桂皮・香附子・香各5分、姜3、棗2、燈心10茎を入れて、煎服。
[1-3]《和剤局方》《古今方彙》
「官桂・茯苓・半夏・木通各3銭半、桑白皮・陳皮・青皮・活・大腹皮各5 銭、紫蘇葉2両、赤芍薬3銭半、甘草2銭半、生姜、大棗、燈心草」水煎。
[1-4]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「桂枝・茯苓・半夏・木通・芍薬各2.5g、桑白皮・陳皮・青皮・活・大腹皮各3.5g、紫蘇葉2.0g、大棗・燈心各1.5g、干姜0.5g」
[1-5]《和剤局方》《漢方治療の実際》
「桂枝・芍薬・木通・半夏・甘草・大棗・燈心草・生姜各1.5、桑白皮・青皮・陳皮・大腹皮・活・茯苓・蘇葉各2」
(ブンシンキインシンポウ)
分心気飲真方
《仁斎直指方》《古今方彙》
「紫蘇葉(茎葉)3両、半夏・枳殻各1両半、青皮・陳皮・大腹皮・桑白皮・木通・赤茯苓・木香・檳榔子・莪朮・麦門冬・桔梗・肉桂・香附子・香各1両、甘草1両2銭半、生姜3片、大棗2枚、燈心草10茎」煎服。
(ブンゴウトウ)
文蛤湯
《金匱要略》
「文蛤5両、麻黄3両、甘草3両、生姜3両、石膏5両、杏仁50枚、大棗12枚」
右七枚、以水六升、煮取二升、温服一升、汗出即癒。
(ブンゴウサン)
蚊蛤散
[1]《東醫寶鑑》
「五倍子・白膠香・牡蛎粉を等分にして患部にぬる。
[2]《東醫寶鑑》
「五倍子末を「白礬・蛇床子」煎じ湯に入れて薫洗した後、「赤石脂末」を芭蕉葉のうえに塗って肛門内に挿入し、又薬を入れた容器を尻にあてがってつかるようにする。









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬